iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

屋根の割れ目やヒビはどう対処する?修理店に頼むメリットとは

屋根の割れ目やヒビはどう対処する?修理店に頼むメリットとは

長く住んでいる家では、屋根が割れたりヒビが入ったりすることは珍しくありません。
いざというときの対処法を考えておきましょう。
またDIYでの修理は、プロの業者に任せる以上のメリットはあるのかどうかも考えていきたいと思います。

屋根が割れる原因とは

修理の前に、どうして屋根に割れ目やヒビが入るのかを知っておく必要があります。
そのうえでできる限りの対策をとっておくことが大事です。

災害や天候

日本は世界的に見て自然災害の多い国です。
夏から秋にかけて大雨や台風が何度も起きるので、建物が傷みやすい傾向にあります。
屋根は災害から室内を守ってくれる部分なので、逆をいえばもっともダメージが蓄積しやすい部分でしょう。

大きな自然災害がなくても長年湿気や風雨にさらされた屋根は、少しずつ傷んでいきます。
その結果、ある日突然割れ目やヒビが入ることは珍しくありません。
雨の多い地域であればとくに注意が必要です。

老朽化

時間が経つに従い物質の耐久力が弱まっていくことを「経年劣化」といいます。
そして、どれほど丈夫にできている家屋でも劣化を避けられません。
原材料や天候などに左右されるものの緩やかに経年劣化は進行していきます。

屋根の場合は最初は非常にわずかな傷が入るだけであっても、時間が経つにつれてどんどん老朽化するため深刻です。
気づいたときには雨漏りがするほどにヒビ割れてしまうこともあります。

凍害

平均気温の低い地方では頻繁に起こる天災の一種です。
水分を含んだ木などの資材は冷たい空気にさらされることで凍結し、暖かい空気にさらされると温度が上がり解凍されます。

凍結と解凍によって資材は膨張と収縮を繰り返して次第に劣化します。
この現象が「凍害」です。
凍害は壁や屋根で顕著に表れ、甚大な被害につながることもあります。

屋根をDIYで直せるか

自力で屋根を修理するのもひとつの方法です。
ただ大工仕事になじみがない場合、屋根の修理は難易度が高いといえるでしょう。

防水シート

安全かつ手軽な手段です。
「防水シート」はロール状で売られていることが多く、必要なサイズに切り取って屋根の割れ目などに貼ります。
シートそのものに粘着性があるので特別な道具がなくても張りつけることが可能です。

ただし防水シートは決して頑丈とはいえないため、あくまでも応急措置です。
短期間で穴が開いたり破れたりすることもよくあります。
本格的に修理するまでの応急処置であることを忘れてはいけません。

コーキング剤

小さな隙間に流し込み埋めるためのアイテムです。
屋根の割れ目やヒビを見つけて「コーキング材」で埋めるだけなので、DIY初心者でも簡単に使えます。
作業時間が短いのも大きなメリットでしょう。

デメリットは素材を選ぶこと。
「日本瓦」や「コロニアル」の横軸に対してはコーキング材を使っても補修ができません。
これらの横軸は排水の導線になっているのでコーキング剤で塞いでしまうと雨水の排水路が絶たれ、却って屋根に雨水がたまってしまう原因となります。

パテ

瓦屋根に対して有効な修繕方法です。
瓦の破損部分にパテを塗り込んで元の形を再現します。
乾いたパテは耐久性も強く、頑丈な屋根を取り戻せるのは魅力です。

そのかわりパテの塗り込み作業には手間がかかり、中級者~上級者向けのテクニックといえるでしょう。
時間も体力も費やすので、1日に何枚も瓦を直さなくてならない場合には向きません。

DIYで屋根を修理するデメリットとは

コストがかからず自分のペースで作業できるのはDIYの利点です。
ただし、デメリットもあるので作業する前にはよく考えましょう。

けがをする恐れがある

高所作業を自分でやらなければならないのは無視できないデメリットです。
決して安全とはいえない足場で精密な動きを求められるため、難易度はかなり高くなります。
万が一足を滑らせたら大怪我をしてしまうでしょう。

慣れている人やプロの職人は、高所作業をするとき最初に足場を組むところから始めます。
ただ、DIY初心者がそこまでの設備を用意することは困難でしょう。
結果的にリスクを抱えたままの状況で修理に入ることが多いのです。

完成度が低くなる

DIY慣れしていない人だとどうしても修理のクオリティは下がります。
たとえばパテを塗る場合、丁寧に作業しないと凸凹を隠し切れないので外観が悪くなりがちです。
いかにも「家が古くなって応急措置をした」という印象の屋根になりかねません。

よりひどいのは割れ目やヒビを見逃したまま作業を終えてしまうこと。
素人の目には小さな破損を見落としてしまう可能性があります。
時間をかけて作業したにもかかわらず、雨漏りなどの症状が直らないこともあるでしょう。

被害が大きくなってしまう

プロではありえないような失敗がDIYでは起こりえます。
素人は屋根の上を移動する際、危険な部分ややってはならない動作を把握しているわけではありません。
そのため屋根を踏み抜いたり、瓦を割ったりして却って被害を拡大させてしまうのです。

専門業者の場合、屋根の状況をしっかり点検してから本格的な作業に移ります。
個人のDIYではそうしたメンテナンスが不十分である場合が多く、また作業時間も長いです。

修理店に依頼するメリット

DIYに慣れていないのであれば専門の修理店に任せるのが得策です。
また、たとえDIYの経験があったとしても外注するメリットは大きいといえるでしょう。

仕上がりが美しい

家屋の屋根は多くの人に見られる部分です。
近所の人だけでなく通行人や親戚などの目に留まる可能性が高いです。
屋根は家の印象を決定づけるため、DIYでの修理が不十分だと外観のイメージが損なわれるかもしれません。

結果的にコストがかからない

DIYは修理店に頼むより費用を抑えられると思われがちです。
ただ、DIYでも素材や道具を自分でそろえなくてはなりません。
また時間と労力もとられるので、まったくコストがかかっていないわけではありません。

そのうえ修理をうまくできなかった場合、同じ箇所の修理をやり直さなくてはならなくなります。
そうなると追加で無駄な費用がかかってしまいます。
最初からプロに依頼することで、結果的には安く修理できるでしょう。

作業が早い

もしも屋根に割れ目やヒビが発生したとしてすぐに作業できるとは限りません。
資材を準備したりスケジュールを組んだりする必要があります。
修理方法がわからないならネットや本で調べなくてはなりません。

こうした準備に時間をかけている間にも、屋根の状態はどんどん悪化していきます。
近隣の修理店に依頼すればすぐ駆けつけてくれますし、作業完了までもスムーズです。

サポートが充実している

修理店に依頼した場合「アフターケア」まで任せられる場合がほとんどです。
定期的に屋根を点検してくれたり、一定期間内に再発したトラブルについては無償で対応してくれたりする場合もあるので、心強いシステムだといえます。

また依頼した部分の修理だけでなく、屋根全体のメンテナンスを行ってくれる業者も珍しくありません。
的確なアドバイスをしてくれるので、家主が気づかなかった問題を未然に防げます。

優良な修理業者の見つけ方

屋根の修理を低コストかつ安全に終わらせるには、優良業者を見つけることが大事です。
いくつかのポイントを押さえてリサーチしましょう。

地域で評価されている業者を探す

良い修理店を見つけるコツは、地元で慕われている業者をリサーチすることです。
通常、修理店を探すときは全国的な知名度の高いところを優先してしまいます。
しかし、家屋の修理は地域性と密接な関係があるので注意しましょう。

屋根であれば仕上げのときに周囲との兼ね合いを計算しなくてはなりません。
その土地の気候も考慮するべきです。
地元で評価されている修理店なら、それらのポイントも安心して任せられます。

見積書をすみずみまでチェックする

本格的に仕事を頼む前に見積書を出してもらうのは基本です。
ただし金額だけをチェックして契約を結ばないようにしましょう。
なぜなら、見積書はあくまで営業活動の一環である可能性もあるからです。

見積書の額面が安くても後から「雑費」「交通費」などの名目で料金を追加してくる業者もあります。
見積書を読み込んだときに不審な点の多い業者は除外しましょう。

実績を確認する

有名な修理業者でも「屋根の修理」という一点にしぼって実績を調べるべきです。
たとえば壁や窓、扉などと比べて屋根の修理は手順がまったく異なります。
プロであっても手間取ることは珍しくありません。

ホームページや口コミサイトを見れば、修理業者の実績を簡単に確認できます。
その中で屋根修理についての記述があるかに注目しましょう。
希望の修理方法があるならそれを扱っているのかも知りたいところです。

最安修理ドットコムなら、近くにある修理業者をリストアップして比較検討することができます。

実際に話をしてみる

ネットだけを見て決めるのではなく、実際に担当者と話をしてみることが肝心です。
一方的に提案してくるだけで家主の希望をくみ取ってくれない場合があります。

屋根の修理を頼むとすれば、ある程度のコミュニケーションが必要です。
信頼関係を結ぶのが難しい相手とは満足なやりとりができないかもしれません。

まとめ

屋根は生活を左右するだけでなく見る人からも目立ってしまう部分です。
もしも割れたりヒビが入ったりしてしまったら早めに修理をしましょう。
その場合、DIYにこだわらず業者に頼むのが理想です。

業者であれば現状を見て柔軟に提案をしてくれます。
作業そのものの質も高く、再発しにくい状態にしてもらえます。
労力や時間を考えれば、DIYで修理するよりも業者に依頼する方がコストパフォーマンスに優れているでしょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加