iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

屋根の破風板とは?役割や修理・交換のタイミングを解説します

屋根の破風板とは?役割や修理・交換のタイミングを解説します

屋根の破風板(はふいた)が破損してしまう、腐食してしまうといったトラブルは意外とあります。
そこで今回は「破風板の重要性」「修理の方法」「DIYができるかどうか」などについて解説します。

破風板とは

一般的な木造住宅の場合、屋根には勾配が付いているため横から見ると三角形に見えます。
この三角の頂点、すなわち屋根の頂上から勾配に沿って側面に取り付けられた板の名前が「破風板(はふいた)」です。

似たものとして「鼻隠し」がありますが、これは垂木の小口(屋根下地木材の先端)に打ち付けます。
屋根側面に地面と平行して取り付けられているのが鼻隠しです。
どちらも初めて耳にする方が多いのではないでしょうか。

破風板が担っている役割

この板にはどのような役割があるのでしょうか。
建物にはさまざまな部材が使用されていますが、ひとつとして意味のないものはありません。
破風板にも当然以下のような役割があります。

美観を向上させる

破風板が取り付けられていないと、屋根下地となる垂木の側面がそのまま見えてしまいます。
垂木は下地として使用する都合上、節も多く屋根の構造がダイレクトに見えてしまうため見た目がよくありません。
破風板の設置により美観を向上させているのです。

現代における住宅の破風板は、シンプルなデザインが大半を占めますが、かつては美しい彫刻が施されたものも多くありました。
現在でも、神社やお寺などに使用されるものは彫刻を施すなどして装飾性を高めています。

屋根を強くする

建物の屋根は、壁よりも外側に飛び出ていることがほとんどです。
傘をイメージするとわかりやすいかもしれませんが、こうすることで家の壁が雨で濡れにくくなります。

ただ、屋根を持ちだして軒先を作ると風の影響を受けやすいです。
強風にあおられて屋根が吹き飛ぶといったことも考えられるため、破風板を設置して風による被害に対策しています。

雨漏りの防止

破風板が設置されていないと、屋根の構造断面が丸見えになってしまいます。
台風などのときには横から雨が吹き込むことも考えられるため、雨漏りの原因となってしまうかもしれません。

こうした雨漏りのリスクを回避するため、屋根側面に破風板を設置しています。
雨漏りが起きると柱や梁(はり)、土台などの構造体がダメージを受けることも考えられるため、破風板が担う役割はとても大きいといえるでしょう。

修理や交換が必要になるケース

ここでは、破風板の修理や交換が必要になるケースをいくつかピックアップしました。
もし下記のような兆候があるのなら、修理や交換を検討してみましょう。

明らかに見た目が悪い

木造住宅のケースでは、破風板にも木材を使用することがあります。
とくに純和風の建築物では高い確率で木材を使用します。
木材は劣化すると新築当初に比べて色が黒くなり、見た目も悪いです。

また腐食により部分的に破損してしまうことも珍しくありません。
屋根の破風板は外からでも目立つ部分のため、あからさまに見た目が悪くなったのなら修理や交換のサインと考えるとよいでしょう。

築年数の長い建物

築年数の長い木造住宅は至るところで劣化が進んでいます。
構造体そのものには大したダメージがなくとも屋根や破風板、外壁など外気にさらされている部分は高い確率で劣化が進んでいるのです。

こうしたケースでは破風板を固定してある釘が錆び付いて腐食し、本体ごと落下してしまう恐れもあります。
あまりにも築年数の長い建物の場合は修理や交換を視野に入れておきましょう。

壁などから雨漏りしている

雨漏りの原因は多々あるため一概には断言できませんが、もしかすると破風板の劣化や破損などが原因かもしれません。
横から吹き込んだ雨が内部に侵入し、壁を伝って雨漏りしている可能性があります。

もし多少なりとも雨漏りをしているのなら、破風板のトラブルを疑ってみましょう。
ほかに原因が考えられない場合、破風板周辺から雨が侵入している可能性があります。

破損や腐食の原因

破風板はどのような原因で破損や腐食してしまうのでしょうか。
いろいろな原因が考えられますが、ここでは代表的な理由をいくつか紹介します。

雨や外気による劣化

建物の屋根や破風板は雨や外気の影響をもっとも受けやすいところにあります。
そもそも雨や風から家を守るために設置されるものであるため、影響を受けやすいのは当然といえば当然かもしれません。

常に雨や紫外線、外気にさらされていれば木材はやがて劣化します。
ガラスのような無機質なら劣化は最小限で済みますが、木材は外気の影響や年月によって劣化が進んでしまうのです。

施工不良

それほど多いケースではありませんが、破風板の一部が破損して落下することがあります。
施工時には釘で屋根下地へ打ち付けますが、このとき木材に亀裂が入ってしまったことが原因かもしれません。

洋風住宅の場合、耐火性が高い窯業系の破風板を設置することがあります。
窯業系の破風板はあらかじめ下穴をあけて釘やビスで固定します。
しかし下穴をあけずに釘やビスで固定しようとすると、亀裂が入ったり割れたりすることも珍しくありません。

このような状態でそのまま取り付けてしまうと、やがて重みに耐えきれず破風板が落下してしまうこともあるのです。

外部からの強い衝撃

これもケースとしては少ないと考えられますが、たとえば台風時に強風で飛ばされたものが破風板にぶつかり破損してしまうことが考えられます。
飛んできた野球のボールがぶつかる、石などを投げられて破損するといったこともまったくないとはいえません。

修理の方法

破風板の修理方法としては、主に「板金施工して囲う」「塗装する」「本体を交換する」の3つが挙げられます。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

板金施工して囲う

もとの破風板はそのままに上から薄い板金で囲ってしまう方法で、別名「カバー工法」と呼ばれることもあります。
見た目を美しくでき耐久性を高められるなどのメリットがあります。

この方法は破風板がある程度しっかりしていないとできません。
腐食してボロボロになっていたり破損している部分が多かったりする場合、板金を固定できないためそれらのケースでは破風板を交換することが多いです。

塗装する

明らかに見た目が悪くなっているケースでは、塗装することで美観を向上できるうえ木材の耐久性も高められます。
部分的に破損しているケースでも足りない部分を継ぎ足して塗装すれば見た目にはわかりません。

本体を交換する

「腐食によりかなり状態が悪くなっている」「部分的に破損している」といったケースでは、交換がおすすめです。
同じ木材を使用することも可能ですが、耐火性の高い窯業系のものを使ったりあわせて板金施工をしたりなどもできます。

DIYのリスクとデメリット

「破風板の修理や交換をDIYでやってみたい」と感じた方ももしかするといるかもしれませんが、はたしてDIYでの工事は可能なのでしょうか。
実のところ、破風板の交換をDIYで行うのはあまりおすすめできません。
その理由を下記にまとめました。

ケガをする恐れがある

破風板は高所に取り付けられているため、修理や交換などを行う際は必然的に高所での作業が必要です。
慣れていない方が高所で作業をする場合、屋根や足場から転落してしまう可能性があります。

作業を行うには足場を組まなくてはなりません。
素人の方では足場を組むことすら難しいため、DIYで工事するのは困難といえるでしょう。
慣れない工具もたくさん使うことから切り傷や打撲といったケガも負ってしまうかもしれません。

見た目が悪くなる

きちんと屋根の勾配に合わせて取り付けをしないと見た目が悪くなってしまいます。
歪んでいたり、片側だけ斜めになりすぎたりなどの失敗をしかねないのです。

塗装をする場合でも、プロと素人では仕上がりに大きな差が生じてしまいます
色ムラができたり塗料が垂れるといったことが考えられるので、余計に見た目が悪くなってしまうかもしれません。

費用がかかりすぎる

DIYにチャレンジしようと考えている方の多くは、少しでも費用を安くしたいと考えているのではないでしょうか。
たしかにDIYに成功すれば費用は安く済むかもしれませんが、実際には失敗してしまう方が大半です。

たとえば、取り付ける材料をカットしすぎてしまうと、また新たに買い直さなくてはなりません。
作業に必要な電動のこぎりやインパクトドライバーといった電動工具も購入する必要があるため、費用がかさみます。

そうなると「やはりDIYは難しい」となり最終的に業者へ依頼することになり、今までかかった費用に業者の工賃などがプラスされます。

また破風板を新たに取り付けるのは1人ではできません。
基本的には2人で作業することが多いため、誰か人を手配する必要があります。
友人や知人にお願いし謝礼を払うとなるとその分の出費もかさみます。

専門業者へ相談しよう

「DIYでは絶対に無理」とまではいいませんが、現実的には厳しいでしょう。
二度手間になり余計な費用がかかってしまう可能性もあるためおすすめはできません。
作業自体も容易ではないため、最初からプロの業者に相談することをおすすめします。

修理や交換の相談先としては「ハウスメーカー」「工務店」「リフォーム店」「塗装業者」などが代表的です。
塗装し直してもらうだけなら塗装業者へ相談するとよいでしょう。
破損による修理や交換などの場合はハウスメーカーや工務店、リフォーム店などへの相談がおすすめです。

依頼する業者によって必要となる費用は大きく変わります。
費用面が心配なら複数の業者から見積もりを取り、価格を比較しながら選びましょう。
価格のみでなく、保証期間やアフターサービスの内容なども併せて確認してください。

まとめ

屋根の破風板は皆さんのご想像以上に大切な役割を担っています。
家屋の美観を保ち雨漏りなどから家を守るためにも、状態次第では修理や交換を検討することが大切です。

なお、DIYによる破風板の工事はあまりおすすめできません。
ケガや仕上がりのばらつきが懸念されるからです。
相見積もりも取りながら信頼できる修理業者を見つけて依頼しましょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加