【比較】ドアノブ修理はどこに依頼すべき?費用相場やホームセンター依頼についても紹介

【比較】ドアノブ修理はどこに依頼すべき?費用相場やホームセンター依頼についても紹介

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

ドアノブが調子悪い時や壊れた時、どこに修理を依頼すればいいのか分からない方も多いでしょう。

ここでは、ドアノブ修理依頼ができる場所の特徴などをまとめて紹介していますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

最短5分&無料見積り!
ドアノブ修理で相談するなら…
カギ110番

鍵・ドアノブのトラブルなら、お客様満足度98%のカギ110番がおすすめ!ドアノブの修理にも、最短5分で対応してくれます。

最短5分で駆けつけてくれるので、緊急時も安心ですよ。


\24時間365日対応可能/
Web
まずは相談
電話
すぐ対処したい

ドアノブ修理はどこに依頼すべき?4つの選択肢

ドアノブ修理を依頼できる場所は主に3つです。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

鍵業者

鍵業者とは主な事業として、鍵開けや鍵交換を行っているような業者のことをいいます。

ドアノブと鍵は一緒になっていることも多いです。そのため、「ドアノブが開かない」といった修理が必要な症状でも、鍵業者が請け負っていることが多いですよ。

また、鍵業者の多くは緊急時にも対応できるように年中無休の店舗も多いです。土日や夜中でもすぐに駆けつけてくれるでしょう。

メリット

  • 年中無休の店舗が多い
  • 素早くかけつけてくれる
  • 仕上がりのクオリティが高い

鍵業者に依頼する最大のメリットは、時間効率の良さとクオリティの高さでしょう。

元から鍵屋は、緊急時の鍵開けに対応しているということもあり、営業時間も長く年中無休の店舗が多いです。

業者によっては24時間365日営業しているところもあります。依頼をしてからもすぐに駆けつけてくれるでしょう。

また、鍵業者はドアノブや鍵の扱いを専門にしているため、クオリティにも期待ができます。

デメリット

  • 費用はそれなりにかかる
  • 建具そのものには対応していない

自分で交換したり、便利屋に依頼したりする場合に比べると、費用はかかるでしょう

しかし、その分仕上がりのクオリティは高く、業者によっては保証も付きます。失敗のリスクをケアしていると考えれば、損をしていることはありません。

また、ドアノブの不調が建付けによるものだったり、ドアそのものだったりする場合は、鍵業者の専門範囲外になります。あらかじめ故障の原因は調べておきましょう。

こんな場合の依頼がおすすめ

  • 仕上がりにクオリティを求める場合
  • 故障の原因が建付けでない場合
  • すぐにでも依頼をしたい場合

作業速度が早く、かつ質の高い修理をしたい方に鍵業者はおすすめです。

修理費用が高い業者も存在しますが、相見積りを取れば、安全&安く修理できます。

建具屋

建具屋とは、障子やドアなど一般的に建物の中に備え付けられている建具などを作る職人のことです。

大工が家の枠組みを作るのに対して、建具屋は家の中の物を作っていくようなイメージです。

当然、ドアなどに関するエキスパートですので、安心してドアノブ修理を依頼できるでしょう。

メリット

  • 仕上がりのクオリティが高い
  • 建具自体の故障にも対応

建具屋のメリットは、クオリティの高さと建具自体の故障にも対応していることです。

建具屋は普段からドアを作って納品しているため、仕上がりのクオリティは非常に高いことが期待できます。

また、ドアノブ故障の原因が建付けやドアそのものであったとしても、修理してくれます。故障の原因が分からない時などにも頼りになるでしょう。

デメリット

  • 費用はそれなりにかかる
  • 依頼してから来るまでに時間がかかる

建具屋に依頼する場合も、自分で交換するよりは費用はかかります。

しかし、こちらもその分クオリティが担保されているので、その価値はあると言えるでしょう。

また建具屋は普段は納入の仕事をしていることもあり、すぐに来てくれるかどうかは分かりません。場合によっては、日付を決めてから来てもらうということになるでしょう。

こんな場合の依頼がおすすめ

  • 仕上がりにクオリティを求める場合
  • 故障の原因が分からない場合
  • 時間に余裕がある場合

時間がかかっても修理の質を求めたい人には、建具屋はおすすめです。

工務店・リフォーム業者

いわゆる大工さんがいる工務店や、リフォームなどを専門にしている業者は、住宅に関すること全般を扱っています。

そのため、ドアノブの修理も受けてくれる可能性が高いでしょう。

しかし、業者によってはドアノブの修理だけでは受けてくれないこともあるようなので、しっかりと確認しておきましょう。

メリット

  • 仕上がりのクオリティが高い
  • 建具自体の故障にも対応

工務店のメリットは建具屋と同じく、クオリティの高さと建具自体の故障にも対応していることです。

工務店も普段から住宅全般を取り扱っているため、仕上がりのクオリティには期待できます。

また、ドアノブ故障の原因が建付けやドアそのものでも対応してくれます。建付けのことなどについて疑問がある方も、頼りになるでしょう。

デメリット

  • 費用はそれなりにかかる
  • 建具そのものには対応していない
  • 下請けに回される可能性がある

工務店に依頼する場合も、自分で交換するよりは費用はかかります。しかし、こちらもその分クオリティが担保されているので、その価値はあると言えるでしょう。

また工務店も建具屋と同じく、普段は建築の業務を行っています。依頼をしてからすぐに来てくれるかどうかは分かりません。

場合によっては、日付を決めてから来てもらうということになるでしょう。

そして業者にもよりますが、工務店はいくつか下請けの建具屋などを持っていることが多いです。

工務店は家屋全般を扱っていますが、ドアノブなどは建具屋の専門なこともあり、こういった下請けに回される可能性もあります

そうなった場合、仲介手数料がかかるため直接建具屋に依頼をするより高額になることもあるので、注意しましょう。

こんな場合の依頼がおすすめ

  • 仕上がりにクオリティを求める場合
  • 故障の原因が分からない場合
  • 時間に余裕がある場合

建具屋を同様、時間がかかっても修理の質を求める方におすすめです。

ただ、スケジュールや仲介手数料の有無などは、事前に確認しておきましょう。

便利屋

便利屋とは、掃除や水道管工事などを行ってくれるなんでも屋さんです。たいていはドアノブ修理を行ってくれるところも多いです。

ただし、便利屋は業者によって対応範囲がかなり異なるので、事前にドアノブに対応しているのかチェックしておきましょう。

メリット

  • 費用が安い
  • 素早くかけつけてくれる

便利屋に依頼する最大のメリットは、費用の安さと対応時間の幅広さです。業者にもよりますが、便利屋ならドアノブ交換を4,000円程度で行ってくれるところもあります。

業務範囲も幅広いので、その他に依頼したいことがある人にもいいでしょう。

また、便利屋は24時間営業のところも多いです。深夜や早朝でも対応してくれますよ。

デメリット

  • 専門業者ではない
  • 建具そのものには対応していない
  • 業者によって対応がことなる

便利屋のデメリットとしては、ドアノブ修理などの専門業者ではないということがあります。

費用は安いですが、仕上がりのクオリティは業者によるでしょう。保証もつかないことが多いです。

また、ドアノブの不調が建付けによるものだったり、ドアそのものだったりする場合も便利屋では対応できないかもしれません。

良くも悪くも、業者によってクオリティ面や対応範囲が異なることもデメリットです。

こんな場合の依頼がおすすめ

  • 依頼に安さを求める場合
  • ドアノブ修理以外にも依頼したいことがある場合
  • すぐにでも依頼をしたい場合

安さとスピードを求めるのであれば、便利屋にドアノブ修理を依頼するのがおすすめです。

専門業者ではないですが、他の修理にも対応してくれる場合もあります。

カギ110番

ホームセンターでの依頼はできる?

結論から言うと、ホームセンターでドアノブ修理を依頼できません

店舗によってはリフォーム業を行っているようなホームセンター等もあるかもしれませんが、基本的にはできないと考えてください。

また仮に依頼をできたとしても、ドアノブ交換を専門としているわけではありません。仕上がりのクオリティも分からないので、どうせ依頼をするなら専門業の鍵業者か建具屋の方がいいでしょう。

しかし、ホームセンターではドアノブ交換用の部品を買うことはできます。自分で交換することを考えているなら、利用の価値はありますよ。

ドアノブ修理を依頼した際の費用相場

依頼できる場所にはそれぞれにメリット・デメリットがありますが、最もおすすめなのは鍵専門業者です。

鍵専門業者は、ドアノブ修理も専門範囲です。便利屋等に比べると費用はかかりますが、保証もつくことが多いので無駄な出費にはならないでしょう。

また建具屋も同じくドアノブを専門としていますが、対応時間には大きな差があります

建具屋は予約をしなければいけないことも多いので、電話1本ですぐに呼べる鍵業者のほうが依頼しやすいでしょう。

ドアノブ修理を鍵専門業者に依頼した場合、費用相場は8,000円〜です。

ドアノブ修理・交換を依頼する場合の費用について気になる方も多いでしょう。下記の表にまとめたのでぜひ参考にしてくださいね。

場所交換費用修理費用
玄関・勝手口30,000円~12,000円~
リビング・トイレ15,000円~8,000円~
風呂場・浴室15,000円~8,000円~

交換費用は、ドアノブの防犯性の高さに比例します。鍵付きなどのセキュリティ性能が高いドアノブほど、交換費用も高くなります。

そのため、玄関や勝手口といった外に面してるドアノブのほうが修理費用は高いです。リビングや浴室などの屋内用のドアノブは比較的安価ですよ。

鍵修理の費用相場もまとめているので、費用感を把握するためにも参考にしてくださいね。

編集部推薦!ドアノブ修理をどこに頼むか迷っているなら鍵業者がおすすめ

ここでは、ドアノブ修理の依頼先としておすすめな業者を2社紹介します。

「すぐに依頼したい」「信頼できる業者から選びたい」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.カギ110番

カギ110番

出典:カギ110番

ドアノブの修理・交換をしたいという方はカギ110番に一度相談してみましょう。

カギ110番は、鍵の在庫を10万個以上保有する鍵業者。在庫が豊富にあるので、依頼者の要望に応じた合鍵作成が可能です。

ドアノブ修理・交換など、幅広く対応しています。24時間365日営業しており、最短5分で駆け付けてくれるので、急なトラブル時の強い味方です。

ご利用シェア率No.1の実績があるのも安心材料のひとつ。長年の経験や技術を活かし、質の高いサービスを提供してくれますよ。

料金一例

カギ110番の料金目安は以下の通りです。

  • ドアノブの鍵開け 8,800円~
  • ドアノブの修理 8,800円~
  • ドアノブの交換 8,800円~
  • ドアノブの鍵作成 8,800円~

カギ110番は出張費+作業費+部材費のコミコミ価格です。見積り確定後は料金が変わらないため、不当な高額請求もなく、安心して依頼ができますよ。


\24時間365日対応可能/
Web
まずは相談
電話
すぐ対処したい

こちらの記事では、カギ110番の口コミや評判についてまとめています。併せてご覧ください。

2.キーレスキューサービス

KRS(キーレスキューサービス)

出典:キーレスキューサービス

創業17年のキーレスキューサービスは、有名企業だけでなく官公庁とも取引実績があります。

技術力も高く、鍵交換・取り付け後1年間の保証も付いていますよ。

見積りは必ず作業前に紹介しますし、見積り後のキャンセルも基本無料です。初めて依頼する人や相場を知りたい人にもオススメです。

料金一例

キーレスキューサービスの料金目安は以下の通りです。

  • ドアノブ・レバーの修理 8,800円~
  • ドアノブ・レバーの交換 8,800円~

電話にて「クーポン利用」と伝えれば、1,000円OFFが適応できます。ぜひ一度相談してみてください。


\365日対応可能/
Web
まずは相談
電話
すぐ鍵交換

キーレスキューサービスの口コミや評判を紹介している記事もあります。併せてご覧ください。

失敗しないドアノブ修理業者の選び方

ドアノブ修理の業者は、選択肢が多すぎて困る方もいるかもしれません。ここでは実際に選ぶ際のコツを紹介しますよ。

営業時間を確認する

そもそも営業時間内でなければ依頼できません。依頼したい業者の営業時間は確認しておきましょう。

鍵業者は年中無休で営業していることが多いですが、店舗にもよります。夜中や早朝に依頼をしたい時は、24時間営業の店舗にしましょう。

信頼できる口コミがあるか

修理業者の中には、悪質なぼったくり業者も混ざっています。騙されないようにするためにも、ある程度口コミは調べておくといいでしょう。

口コミを調べるには、いわゆる口コミサイトを利用する手に加えてGoogleMapなどでも確認できます。

いくつかを見比べてみるのがいいでしょう。ただし、口コミの中にはステルスマーケティングや言いがかりといった嘘の書き込みもあります

過信はしすぎないようにして、あくまで判断材料の一部としましょう。

保証があるか

ドアノブの寿命は10~15年程度なので、交換したドアノブがすぐにまた壊れることはないでしょう。しかし取り付けの段階でミス等があった場合、壊れてしまうこともあります。

業者の中には保証がついているところもあるので、積極的に活用しましょう

再度故障が起きてしまった時に安心ですよ。

明朗会計かどうか

ドアノブの交換費には、作業費、出張費、部品費、見積費などさまざまなものが含まれます。そのため、業者によって内訳がある程度違ってくるのは当たり前です。

しかし、それを逆手に利用して、わざと料金体系をわかりにくくしてくる業者もいます。こういった悪徳業者に騙されないためにも、料金体系が分かりやすい業者を選びましょう。

ユーザー目線に立って、コミコミ価格などにしてくれる業者のほうが良質です。

ドアノブ修理についてよくある質問

最後に、ドアノブ修理でよくある質問をQ&A形式で紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

ドアノブを自分で修理・交換するのは難しいですか?

自分でドアノブを交換すること自体は可能です。道具も新しいドアノブとプラスドライバー、マイナスドライバーのみでいいので、すぐに揃うでしょう。

しかし失敗せずに交換できるかどうかは個人差があります。普段からDIYなどに慣れ親しんでいる人なら問題ありません。

自信がない人や初めて行う場合は、自分でドアノブ修理をせずに業者へ依頼するほうがおすすめです。

ドアノブを修理する前に、管理会社へ確認・許可は必要ですか?

もし、住んでいる物件が賃貸物件の場合は、必ず管理会社に許可を取ってからにしましょう。賃貸物件では、鍵もドアノブも所有権は管理会社にあります。

借用者が勝手に交換してしまうと、原状回復義務が発生してしまいます。

「鍵が壊れているから」「ドアノブが壊れそうだから」などの正当な理由でも、必ず管理会社に相談してからにしましょう。

浴室のドアノブ交換も鍵専門業者で対応可能ですか?

浴室のドアノブ交換も、鍵専門業者で対応してくれます。鍵専門業者は、屋内の鍵がついていないドアノブ修理も対応可能です。

浴室のドアノブ修理を依頼する場合の費用は、8,000円~です。玄関のドアノブよりは安く済むでしょう。

ドアノブ修理をどこに頼むか迷ったら、鍵専門業者に依頼しよう

この記事では、ドアノブ修理を依頼できる場所について解説しました。それぞれの場所にメリット・デメリットがあります。

専門業であることや対応時間の広さなどを総合的に考えると、鍵専門業者への依頼がおすすめです。仕上がりのクオリティにも満足できるでしょう。

ただし、鍵業者の中には悪徳業者も潜んでいます。信頼できる業者をあらかじめ見つけておくと、安心ですよ。

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加