ドアノブの種類・名称を解説!交換する際に失敗しない選び方やメーカーも

ドアノブの種類・名称を解説!交換する際に失敗しない選び方やメーカーも

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

ドアノブが壊れてしまった時や新しいドアノブに交換したい時、種類が多くて分からないと思う方もいるでしょう。

ドアノブは形状や錠前で種類が変わるので、分かりにくいですよね?

そこでこの記事ではドアノブの種類について、初心者でもわかりやすいように詳しく解説しますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

INDEX

形状ごとのドアノブの種類と特徴

まずはよくあるドアノブの形状ごとの種類と特徴について解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

レバーハンドル

レバーハンドル

現在の屋内ドアとしては、最も主流の形のドアノブです。ハンドルを押し下げることで簡単に開けられるため、手が塞がった状態でも開けられます。

ただし、その反面ペットや子どもでも簡単に開けられるので、大事な部屋には鍵付きタイプなどにするなどの工夫が必要です。

オーソドックスなこともあり、最近はデザインも豊富ですよ。

握り玉

握り玉

その名の通り、ハンドルが球体状のドアノブです。ノブをひねって回すことで開けられる仕組みです。

昭和期では主流の形でしたが、デザインの少なさやあけにくさの点から減少してきています。

ただしシンプルなデザインな分、取り付けが簡単といったメリットもありますよ。

プッシュプル

プッシュプル

平らな板状の取っ手がついており、手で押して引っ張ることでドアを開けることができます。開け閉めがスムーズで、ドアに負荷がかからないため、重いドアでも開け閉めが楽にできるという利点があります。

最近では特に玄関に使用されるドアノブとして人気です。

サムラッチ

サムラッチ錠

取っ手の上部にラッチを操作する金具がついており、親指で押しながら引っ張ることで開け閉めができます。

中世ヨーロッパ風の装飾を施されていることが多く、別名装飾錠とも呼ばれています。

ラッチを指で操作するため、手がふさがっている場合には開け閉めがしにくいです。

カギ110番

構造ごとのドアノブの特徴

ドアノブには構造部分でも違いがあります。こちらの種類ごとの違いも把握しておくといいでしょう。

空錠

空錠

鍵がついていない錠前のことです。ラッチボルトのみなので、ドアノブで簡単に開けることができます。

チューブラ錠

チューブラ錠

扉内側のサムターンを回すことで施錠ができます。ラッチボルトのみでデッドボルトがついていないのが特徴です。

また鍵穴はついていないため、外から施錠することはできません

ラッチボルトのみのためセキュリティ性は高くなく、主に室内で使用されます。構造がシンプルな分、取り付けやすく安価です。

円筒錠(シリンダー錠)

円筒錠

ドアノブに鍵穴がついている錠前です。鍵穴がついているため、外側からでも鍵を施錠することができますよ

ただしこちらもチューブラ錠と同じく、ラッチボルトのみで施錠をするタイプなので、セキュリティ性能は高くありません。

ドアノブが握り玉タイプのものは円筒錠とも呼ばれています。

インテグラル錠

インテグラル錠

ドアノブに鍵がついており、外から施錠ができます。円筒錠と非常に形が似ていますが、インテグラル錠はデッドボルトがついているのが特徴です。

セキュリティ性能は円筒錠やチューブラ錠に比べると高いので、玄関や勝手口に使用されることもあります。しかし、鍵破壊に弱く、ドアノブにつき1個の鍵しかつけられないので、最近はあまり使用されません。

面付箱錠

面付箱錠

出典:GOAL

面付箱錠とは、扉の室内側の面に錠ケースを取り付ける錠前です。取付が容易ながら強度、防犯性に優れています。

また錠前に取り付けるシリンダーは好みのものを取り付けられるので、ディンプルシリンダーなどにすれば大幅に防犯性をあげることができますよ。

マンションなどの集合住宅の玄関扉に広く使われている、最も主流の錠前です。

初心者必読!失敗しないドアノブの選び方

自分がどういったドアノブにすればいいのか迷っている方もいるでしょう。ここでは初心者向けに状況に応じたドアノブを紹介していきますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

今使っているドアとの互換性

まずは当たり前ですが、取り付け予定のドアと互換性が必須です。ドアの規格に合わないドアノブは取り付けられないので注意しましょう。

ドアの規格を測るのに必要な場所は下記の通りです。

  • ドアの厚み
  • フロントプレートの長さ
  • フロントプレートの幅
  • ビスピッチ
  • バックセットの長さ
  • 丸座の直径(円筒錠、チューブラ錠の場合)

フロントプレートとは、ドアの側面に見える金属製のプレートのことです。長さと幅を正確に測りましょう。

ビスピッチとは、フロントプレートの上下のビスの間の長さのことです。ビスの中心と中心の距離を測ります。

バックセットとは、ドアノブの中心からドアの側面までの水平距離のことです。こちらはキリのいい数字でしか販売していないこともあるので、その場合は最も近いものを選んでください。

室内におすすめのドアノブ

室内ドアにおすすめのドアノブは下記の3つです。

  • レバーハンドル
  • プッシュプル

室内ドアノブは使用頻度も高いことが予想されるので、開けやすい形状を選ぶといいでしょう。握り玉タイプやサムラッチでも開けることはできますが、子どもや高齢の方にはあけにくいです。

バリアフリーの観点からも上記の2種がおすすめです。

室内ドアにおすすめの錠前は下記の2種です。

  • 空錠
  • チューブラ錠

室内ドアには無理に鍵をつける必要はありません。必要な場合のみ施錠できる錠前をつけましょう

錠前をつける場合もそこまでセキュリティ性は必要ないので、鍵穴も必要ないチューブラ錠がおすすめです。

トイレにおすすめのドアノブ

トイレや浴室は屋内ですが、一定のプライバシーを確保したいという方も多いのではないでしょうか。

形状はどれを選んでも問題ありませんが、空錠ではなく錠前をつけておくといいでしょう。

トイレにおすすめの錠前は、下記の2つです。

  • チューブラ錠
  • シリンダー錠(円筒錠)

防犯性はそこまで求めなくとも部屋の区切りとして鍵をつけたい方には、チューブラ錠やシリンダー錠がおすすめです。

これら2種はラッチボルト式なので工事も必要なく、取り付けられるはずです。

玄関におすすめのドアノブ

玄関におすすめのドアノブは下記の3つです。

  • レバーハンドル
  • プッシュプル

形状は基本的に好みのものを選ぶといいでしょう。しかし、玄関ドアは他のドアに比べて重めなので、開けやすさのことを考えると上記2種がおすすめです。

錠前としておすすめなのは面付箱錠です。玄関ドアは他のドアと違い、高いセキュリティ性が要求されるためです。

デッドボルト式なのはもちろんのこと、シリンダーを交換できたり、ワンドアツーロックにできたりと防犯性が高く便利ですよ。

バリアフリーにおすすめのドアノブ

バリアフリーのドアノブにしたい場合は、下記の2種がおすすめです。

  • レバーハンドル
  • プッシュプル

これら2つのドアノブは、高齢者や子どもでも開けやすく生活がしやすいでしょう。また錠前は空錠のほうがいいですよ。

ペット対策におすすめのドアノブ

ペットに勝手に出入りされたくない部屋には、レバーハンドル以外のドアノブを取り付けましょう。

レバーハンドルタイプは、ドアノブを下げるだけで開けられます。そのため、大型犬や猫などのようなレバーに届いてしまう動物だと勝手に開けられてしまうこともあります。

ドアノブをレバーハンドルのままにしたい方は、錠前をつけるのもいいでしょう。その際には、外側からでも鍵をかけられるシリンダー錠などがおすすめですよ。

ドアノブの主要メーカーの特徴

ここからはドアノブの主要メーカーとその特徴を紹介しますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

美和ロック-国内最大の鍵メーカー

美和ロック

出典:美和ロック

美和ロックは国内最大の鍵メーカーで、シェア率60%を誇っています。鍵だけでなくドアノブ製造も手掛けており、高品質で信頼性の高い商品が多いです。

空錠のドアノブ製品も販売していますが、鍵付きのものが特に定評があります。玄関ドアなどの鍵付きのドアノブを検討している方にはおすすめです。

GOAL-業界シェア第二位

GOAL

出典:GOAL

GOALは美和ロックに次いで、業界シェア第二位の鍵メーカーです。日本で初めてシリンダー錠を開発したことでも知られています。

製品のラインナップも豊富で、鍵やドアノブ、防犯用品などさまざまなものを販売しています。

LIXIL-日本屈指の住宅設備メーカー

LIXIL

出典:LIXIL

LIXILは住生活グループが子会社5つを合併してできた、住宅設備メーカーです。元々TOSTEMといったドアノブや鍵を販売しているメーカーもあったため、ドアノブ製品にも定評があります。

住宅機器メーカーということもあり、インテリアになるようなおしゃれなデザインのものも多いですよ。

ドアノブを自分で交換する方法

ここからは実際にドアノブ交換をする方法を紹介します。初心者にも分かりやすく、3つのステップにわけて紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

1.ドアノブを外す

まずは、現在設置されているドアノブを外しましょう。ドアノブの種類によって若干外し方が異なるので、それぞれについて紹介します。

チューブラ錠の場合は、ドアノブを固定している上ビスと下ビスを外すことで、ドアノブを外すことができます。

次に、インテグラル錠の外し方です。インテグラル錠は、室内側にあるドアノブの根本を左回りに回すことで、外すことができますよ。

最後にシリンダー錠(円筒錠)の外し方を紹介します。

  1. ドアノブの根本にある小さな穴にキリを差し込む
  2. ノブを外す
  3. カバーの溝にマイナスドライバーを差し込み、カバーを外す
  4. プラスドライバーで上下のネジを外す

内側のドアノブを外したら、同じ要領で外側のドアノブも外します。その後ドア側面のプレートを固定しているビスを外し、ラッチボルトも引き抜きましょう。

2.交換用のドアノブを設置する

外した手順と逆の順番で新しいドアノブを設置します。流れは以下の通りです。

  1. ドアの側面に新しいラッチをはめ込む
  2. プレートを2つのビスで固定する
  3. 角芯がついている方のドアノブをドアの外側から取りつける
  4. 最後に内側からドアノブを取りつける

3.動作確認を行う

ドアノブの動きやラッチの動きなどを確認し、問題がないか確認しましょう。施錠・解錠もスムーズにできるか、動きに違和感がないか確認してください。異常が見られなければ、交換成功です。

ドアノブを自分で購入・交換する際の注意点4つ

自分でドアノブを交換するにあたり、注意すべき点をいくつか紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

1.賃貸物件の場合は管理会社に許可を取る

自分で行うか鍵業者に依頼するかに関わらず、鍵を交換する際は必ず管理会社に許可をもらいましょう。

賃貸物件の場合、鍵やドアの所有権は管理会社にあります。勝手に交換をしてしまうと、退去時に原状回復義務が生じるため費用が余計にかかってしまいますよ。

正当な理由があれば許可をくれるはずなので、必ず事前に許可をもらいましょう。

2.ドアを開けたまま作業を行う

ドアノブ交換作業中は常にドアを開けた状態にしておきましょう。側面のフロントプレートを抜いたら、ドアを閉めて作業することもできますが、閉じ込められてしまう危険があります

ストッパーなどを用意して、ドアが完全に閉まる状態にはないようにしましょう。

3.部品を買い間違えないようにする

防犯の都合上ドアノブや鍵といった製品は、買い間違えても返品することができません。間違えて買ってしまうと費用がそのまま倍かかってしまうので、注意しましょう。

特にサイズ間違いなどが起こらないように、計測をしっかりと行うことが大切です。また不安な方は同じメーカーで同じ型番の製品を買うといいでしょう。

4.失敗する可能性もある

ドアノブ交換を自分で行うと、費用を大幅に削減できます。しかし、成功する保証はどこにもありません

単に失敗しただけならまだしもドアを傷つけてしまったりした場合は、修理費用もかかります。

結果的には最初から業者依頼をしていたほうが安かったということもあります。

「初心者だからどんなドアノブを買ったらいいかわからない」そんな方は業者相談してみよう

ドアノブや鍵業者は相談や見積もりは無料のところが多いです。不安な方は一度相談に乗ってもらうのがおすすめですよ。

業者にヒアリングするメリット

業者にヒアリングするメリットは以下です。

  • 適切な知識と技術を持っている
  • 適切なドアノブを選ぶことができる

ドアノブ交換は初心者には難しい作業です。業者に相談することで、適切な知識でドアノブ選びから交換方法までをサポートしてくれますよ。

不安な方はそのまま依頼してしまうのがおすすめです。部品を自分で用意して依頼することもできますよ。

ドアノブ交換を業者依頼した場合の費用相場は8,000円〜

ドアノブ交換を業者に依頼する場合の費用を下記の表にまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

場所交換費用修理費用
玄関・勝手口20,000円~12,000円~
リビング・トイレ10,000円~8,000円~
風呂場・浴室10,000円~8,000円~

修理・交換費用は、ドアの防犯性の高さに比例します。そのため、レバーハンドルタイプだから握り玉タイプより高いといったことはありませんよ。

ただし同じレバーハンドルタイプだったとしても、玄関や勝手口といった外に面してるドアノブのほうが交換費用は高いです。

ドアノブ交換費用については、下記の記事でも紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

業者依頼するならどんな業者がオススメ?

ドアノブ交換ができる業者は、リフォーム業者や工務店、鍵業者などが挙げられます。結論からいうと、鍵業者に依頼をするのが最もおすすめです。

鍵業者は深夜も営業しているところが多いです。素早く確実に交換してくれますよ。

ドアノブ修理をどこに頼むべきか分からないという方は、下記の記事もチェックしてみましょう。

ドアノブや鍵の交換は鍵猿へ!

鍵猿

出典:鍵猿

鍵猿は、国との取引を許可された数少ないドアノブ交換業者です。創業16年&年間依頼実績10万件以上と、豊富な実績と経験を誇ります。

有名企業や官公庁との取引実績もあり、技術力は折り紙つきです。万が一作業後にトラブルが合っても、1年間の保証がついているので安心ですよ。

防犯整備士が多数在籍しているため、防犯対策についての相談にものってくれます。見積り・出張費は無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

費用一例

鍵猿の費用一例はいかのとおりです。

内容費用
ドアノブ交換11,000円〜+部品代
鍵交換11,000円〜部品代代
鍵取付16,500円〜+部品代
鍵作成16,500円〜+部品代

サイト上には1,000円OFFの割引についての記載もあるため、電話で相談する前に確認しておきましょう。

依頼の流れ

  1. まずはフリーダイヤルWEBで相談
  2. 最短15分で到着
  3. 作業時間最短5分

鍵猿の評判・口コミについてまとめている記事もあるので、併せてご覧ください。

\最短15分で駆けつけ/

鍵猿で無料見積り

ドアノブの種類をしっかり把握した上で交換しよう

ドアノブの種類は形状と構造別にあります。それぞれに特徴があるので、交換する前にどのドアノブにしたいのかしっかりと把握しておきましょう。

また交換をする際は、自分で行うか業者に依頼するかの2つの方法があります。自信のある方は自分で交換したほうが費用を削減できますが、自信の無い方は業者に依頼するのがいいでしょう。

また依頼する時は、鍵業者に依頼するのがおすすめですよ。

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加