トイレの止水栓から水漏れ!応急処置法や自分でパッキン交換する方法も

トイレの止水栓から水漏れ!応急処置法や自分でパッキン交換する方法も

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

トイレの止水栓から水漏れが起きた場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

止水栓の水漏れは比較的簡単な作業で改善できるため、自分でも対処できる場合があります。

今回は、自分でできる応急処置法やパッキン交換、水漏れの原因について解説するので、ぜひ参考にしてください。

トイレの止水栓から水漏れ!まずすべき応急処置

トイレの止水栓から水漏れをしたら、どのようなことをしたらいいのでしょうか。ここでは応急処置法を解説します。

【手順1】止水栓・を閉める

トイレ 止水栓

止水栓とは、トイレの水の供給を調整する栓のことです。止水栓を閉めると、水漏れはいったん止まります。

ですから、トイレの水漏れで困ったら、まずは止水栓を閉めてください。止水栓はドライバーやレンチで簡単に閉められるので、すぐに対処しましょう。

※止水栓が閉まらないなら元栓を閉める

止水栓の部品の劣化などが原因で、止水栓を閉められない場合もあるでしょう。

そのようなときは、元栓を閉めてください。右に回すと元栓が閉まります。

元栓は水道メーター付近にあるので、下記を参考に場所を確認しましょう。

  • 一軒家:地面に埋まっているメーターボックス内
  • マンション:玄関横にあるメーターボックス内
  • アパートなど:住民用共有スペース

元栓を閉めてしまうと、自宅内で水が使えなくなります。あくまで応急処置として対応してください。

【手順2】水をふき取る

水漏れを放置すると、床のシミや傷み、劣化に繋がります。賃貸物件の場合は、階下への水漏れにも配慮しなくてはなりません。速やかに水をふき取りましょう。

トイレの止水栓から水漏れが起こる原因は?

止水栓は、水漏れの原因になることが多い箇所です。ここでは水漏れの原因を解説します。

パッキンが劣化している

止水栓には水道に直接つながる「コマパッキン」と、止水栓からの水漏れを防ぐ「三角パッキン」があります。

どちらも経年劣化をするもので、寿命はおよそ10年です。

止水栓の水漏れは多くの場合パッキンの劣化が原因のため、まずはパッキンの劣化を疑いましょう。

ナットが劣化している・緩んでいる

止水栓のナットが劣化により閉まらなくなっていたり、自然に緩んでいると水漏れが起きたりします。

この場合は止水栓自体を交換するか、緩んだ止水栓を閉め直すかしてみてください。

止水栓はドライバーやレッチで、簡単に閉められます。

止水栓本体が劣化している

止水栓自体の劣化によって、ひび割れなどを起こし水漏れしているケースもあります。このような場合は、止水栓全体を交換しなくてはなりません。

止水栓全交換は難易度が高めの作業になります。その後の不具合を無くすためにも、水110番のような修理業者へ依頼しましょう。

水110番_レクタングル

修理方法が異なる?止水栓の種類を確認しよう

止水栓には大きく分けて2種類あり、それぞれ修理方法が異なります。

ここでは止水栓ごとの修理方法をまとめました。参考にしてみてくださいね。

マイナスタイプ

マイナスタイプ

一般的な家庭のトイレに多いのがこのマイナスタイプです。真ん中に一文字のくぼみがあり、マイナスドライバーやレンチで閉めなおせます。

右に回すだけで閉められるので、簡単に対応できますよ。

ハンドルタイプ

ハンドルタイプ

主に屋外に設置されていることが多いのがハンドルタイプです。まれに家庭内のトイレでもハンドルタイプの止水栓を使用しているものがあります。

右に回すと栓を閉められますが、さびつきが原因で動かないこともあるでしょう。その場合はさび取りを行ってから閉めなおしてください。

止水栓からの水漏れを自分で修理する方法

止水栓からの水漏れは、比較的簡単に修理できます。

そこでここでは、自分で止水栓の水漏れを修理する方法を解説しました。ぜひ参考にしてくださいね。

止水栓の水漏れ修理に必要な道具

止水栓の水漏れ修理に必要な道具は下記の通りです。

  • モンキーレンチ
  • マイナスドライバー
  • パッキンやボルトなどの新部品
  • タオルや新聞紙
  • バケツ
  • ペンチ

ナットやボルトを掴むのにモンキーレンチは便利です。マイナスドライバーは止水栓の開閉に使いましょう。

パッキンやボルトが劣化しているなら、新しい部品に交換してください。

止水栓の修理は配管の水が漏れるため、タオルや新聞紙など吸水するものとバケツは準備しておいたほうが無難です。

もしレンチでは回らない固い部品があるなら、ペンチなどで代用してください。

「モンキーレンチが自宅にない」という方には、下記の商品がおすすめです。

止水栓の水漏れ修理の手順

止水栓の本体交換は非常に難易度が高く、自分で修理した後に故障してしまうことが多々あります。そこではここでは、難易度の低いパッキン交換法をまとめました。

パッキンには様々な種類があります。新品購入の際には、必ず同じ型番のものを購入してください。

  1. 水道の元栓を閉める
  2. モンキーレンチでナットを外す
  3. マイナスドライバーでパッキンのついたスピンドルを外す
  4. ナット下の三角パッキンを交換
  5. 三角パッキン奥のコマパッキンも交換
  6. 組み立てなおす
  7. 元栓を開ける

パッキンの交換は比較的簡単にできます。トイレが水漏れした際に困ったときは、上記を試してみてください。

【要注意】賃貸物件の場合は賃貸契約書を確認!

賃貸物件は、基本的に管理会社や大家さんのものを借りている状態です。よって勝手に自分で修理したり修理業者に依頼したりすると、損害賠償を請求される可能性があります。

このようなことにならないためにも、応急処置が終わったらすぐに賃貸契約書を確認し、管理会社や大家さんに連絡してください。

物件によっては、管理会社や大家さんが修理業者を手配してくれ、修理費用も負担してくれる場合もあります。特約で修理費用を自己負担としていることもあるので、賃貸契約書をよく読んでみましょう。

賃貸住宅のトイレ水漏れについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

止水栓からの水漏れ修理にかかる費用相場

止水栓からの水漏れ修理費用 は、大きく分けて基本料金・作業料金・出張料金・割増料金・部品代の5種類です。業者によっては、見積料金が加算される場合もあるので覚えておきましょう。

それぞれの料金がいくらかかるかは、業者によって大きく異なります。必ず見積りをとるようにしましょう。

また不当な金額を請求されないためにも、見積りに記載された料金以外に費用がかかるか必ず確認してください。

下記はすべての料金が含まれた費用相場です。参考にしてくださいね。

止水栓水漏れの修理費用金額(税込)
パッキン交換8,000~15,000円
本体交換9,000~30,000円
調整(ナット締めなど)6,000~12,000円

24時間365日対応!無料で見積りを取れるおすすめ業者

水110番

出典:水110番

止水栓の水漏れで困ったら、水110番に依頼しましょう。

水110番は、日本全国に加盟店があり、年中無休24時間365日対応しています。早朝や深夜でのトラブルにもすぐに駆けつけてくれるので、いざという時の強い味方です。

もし、修理後に欠陥・被害にあった場合は損害賠償保険である、PL保険に加入しています。

また、出張費や詳細な見積りは有料という修理業者が多い中、無料現地調査をしてくれるので、安心して依頼できますよ。

トイレ水漏れの修理費用

トイレの止水栓の水漏れ修理費用は8,800円~となります。 これは基本料金・作業代などを含んだ金額です。

おおよその料金を電話口でも聞けるので、ぜひ一度問合せをしてみてください。

トイレの水漏れ修理を依頼する流れ

修理依頼する際は以下の流れとなります。

  1. フリーダイヤルWEBで相談
  2. 最短30分で駆けつけ
  3. 無料で現地調査&事前見積り
  4. 修理完了&料金の支払い

24時間受け付けているので、急なトラブルでも気軽に連絡してみましょう。


\24時間365日受付可能/
Web
まずは相談
電話
すぐ対処したい

まとめ

今回は止水栓の水漏れについてまとめました。

止水栓の水漏れは、多くの場合自分で対処できます。ぜひ上記のやり方を試してみてください。

賃貸物件の場合は連絡なしに修理をすると、損害賠償請求されることがあります。事前に管理会社や大家さんに相談してくださいね。

また、止水栓本体の交換となる場合は、難易度がかなり上がります。自分で無理に修理しようとすると故障につながるため、水110番のような信頼における修理業者に依頼しましょう。

いくつかの業者を比較して依頼する業者を決めたいという方は、おすすめのトイレ修理業者を紹介している記事があるので、あわせて確認してみてください。


\調査見積り無料!/
Web
まずは相談
電話
すぐ対処したい

トイレ水漏れのその他の症状について知りたい方は、以下の記事も目を通してみましょう。

ぜひ参考にしてください。

日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?
最安修理ドットコムには以下の強みがあります!


  • 掲載店舗数約2万店舗
  • 修理サポート記事1,600本
  • クチコミ数23万件超え

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、鍵や水まわり等あらゆる修理店情報を掲載しています。
掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加