iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

さまざまな自転車の修理・費用がわかる!17記事をまとめて紹介

今回は「ロードバイクのメンテナンスはどうすれば?」「クロスバイクのオーバーホールを頼める業者は?」「自転車を自分で修理できる?」など、自転車の疑問に答える記事をまとめました。
自転車ライフの参考にしてください。

ロードバイク(自転車)のメンテナンスについて

ロードバイクは家庭用の自転車と異なり、定期的なメンテナンスが欠かせません。
ここでは「パーツ別のメンテナンス頻度や方法」「おすすめ修理業者」「修理費用相場」など、基本的な事項を紹介します。

パーツ別メンテナンス頻度と方法、おすすめ修理業者

ロードバイクは、パーツごとに適切な頻度でメンテナンスを行いましょう。
タイヤとチェーンは自分でメンテナンスすることも可能です。

ロードバイクのメンテナンスについて詳しく知りたい方は、ロードバイクのメンテナンス頻度をパーツ別に解説した記事をご覧ください。

パーツごとのメンテナンス方法も紹介しているため、ぜひ挑戦してみてください。
ただし、傷みが激しい場合は修理業者に依頼しましょう。
「Pedalist」や「BIKE PLUS」「Y’s Road」など、おすすめの修理業者も5店舗紹介しています。

ロードバイク(自転車)の修理費用と注意点

こまめにメンテナンスしていても故障することはあります。
ロードバイクが故障してしまったときは修理に出しましょう。

ロードバイクの修理費用について詳しく知りたい方は、ロードバイクの修理費用相場をまとめた記事を読んでみてください。

タイヤやブレーキなど、パーツごとに修理費用は異なります。
点検やメンテナンス関連費用の相場や、ロードバイクを修理に出す際の注意点も紹介しています。
たとえば修理してもらえないケースや、費用が上乗せされるケースなどです。
修理業者に持ち込む前に一度読んでおくことをおすすめします。

ロードバイク(自転車)のフレーム修理について

「フレーム」は、ロードバイクのスピードや品質を左右する重要なパーツです。
「カーボンフレーム」と「アルミフレーム」のそれぞれの特徴と修理費用、おすすめ業者を紹介します。

カーボンフレーム修理費用とおすすめ業者

非常に軽いカーボンフレームは、軽いことから人気があります。
強度も備えてはいますが、想定されていない方向からの衝撃には強くありません。
ヒビが入ることもあり、そのままでは強度が下がっているのでケガにつながります。

カーボンフレームの修理費用は18,000円前後ですが、丸ごと交換となると高額です。
カーボンフレームは保管方法に注意しましょう。

カーボンフレームの修理をお考えの方は、ロードバイクのカーボンフレームがクラックしたときの修理費用相場をまとめた記事もありますよ。

修理に対応できるおすすめ業者も紹介していますので、参考にしてください。

アルミフレーム修理費用とおすすめ業者

リーズナブルで丈夫な「アルミフレーム」。
錆びにくく安いのが魅力ですが、アルミは衝撃を吸収しないので乗っていると身体に負担がかかります。
また、家庭用に比べてロードバイクのアルミフレームは寿命が短く4年程度です。

アルミフレームは破損したら丸ごと交換するのがおすすめで、工賃は10,000~15,000円程度。
こまめに手入れすると長持ちします。

アルミフレームが壊れてお困りの方は、ロードバイクのアルミフレームが破損したときの修理費用をまとめた記事をご覧ください。

アルミフレームの溶接や、交換に対応している店舗も紹介しています。

クロスバイク(自転車)のタイヤ交換について

「クロスバイク」のタイヤは乗るほどに劣化します。

タイヤには乗り心地がよくパンクしづらいワイドタイヤや、加速しやすい細いタイヤがあります。
いずれも交換時期の目安は約1年から1年半です。

交換費用の相場は前タイヤが2,000円、後タイヤは3,000円から。
走行前に空気を入れるとタイヤは長持ちします。

クロスバイクのタイヤ交換について詳しく知りたい方は、クロスバイクのタイヤ費用相場をまとめた記事もあるので読んでみてください。

タイヤ交換と費用、おすすめ業者を紹介しています。

クロスバイク(自転車)のオーバーホールについて

落とせない汚れや錆びは、オーバーホールできれいになります。
オーバーホールは1~2年に1回行うとよく、費用は10,000~50,000円が相場。
自分で行える通販キットもあります。

クロスバイクのオーバーホールをお考えの方は、クロスバイクのオーバーホール費用相場をまとめた記事をチェックしてみてください。

クロスバイクのオーバーホールに対応するおすすめ業者を紹介しています。
他店購入のバイク修理は割高で、断る店もあるので注意しましょう。
記事を参考に修理店を選択してみてください。

自転車修理の費用相場について

自転車に乗っていて違和感を抱いたら、すぐに修理に出すようにしましょう。
大きな事故につながりかねません。
ここではタイヤやチューブ、チェーンなど故障個所ごとの「修理費用相場」「業者ごとの比較」「長持ちさせる方法」を紹介します。

自転車を長持ちさせる方法と修理キットの紹介

自転車が故障しても修理すれば再び乗れるようになりますが、やはりなるべく修理なしで長く乗り続けたいもの。
日ごろから自転車の扱いに気をつけて、自転車を長持ちさせましょう。

とくに自転車はほぼ鉄でできているので、水に弱く錆びやすいです。
錆びてしまうと見栄えが悪いだけでなく機能性も低下します。
「雨の日に走行したら汚れをきちんと落とす」「保管時はカバーをかける」などして錆びないようにするだけでも、いくらか長持ちします。

自転車が故障してお困りの方は、自転車修理の費用相場をまとめた記事をご覧ください。

自転車パンク修理の費用相場

自転車のパンクで気になる修理費用や予防策、修理業者を紹介します。
パンク予防は原因を作らないことです。
こまめに空気を入れて異物や紫外線に注意し、カバーをかけて保管しましょう。

費用はチューブやタイヤ交換など修理内容で相場は変わります。
修理キットもあるのでセルフ修理も可能ですが、自信がなければプロに依頼しましょう。

自転車のパンク修理について詳しく知りたい方は、自転車パンク修理の費用相場をまとめた記事もありますよ。

自転車チェーン修理の費用相場

チェーンの修理費用や長持ちさせる方法、おすすめ業者を紹介します。
チェーン交換は約1年、または3,000~5,000kmが目安です。
工賃はチェーン外れが約1,500円、交換は1,400~2,200円が相場。

チェーンの寿命を延ばすには汚れを落とし、こまめに油を差してカバーで保護します。

自転車のチェーンが壊れてお困りの方は、自転車のチェーンが壊れてしまったときの修理費用相場を紹介している記事をチェックしてみましょう。

修理業者4店と費用についてまとめています。

自転車ペダル故障の症状や修理費用について

自転車ペダルは消耗品で修理や交換が必要です。
ペダルが回らなかったり、空回りしたりする自転車に乗るのは危険です。
転倒や衝撃で寿命が来る前にペダルが故障することもあるでしょう。

ペダル交換の工賃は500円程度で、パーツ代をふくめて800円程度です。

自転車のペダルが故障してお困りの方は、自転車のペダル故障の症状や修理費用相場をまとめた記事を読んでみてください。

全国展開でペダル修理に対応する業者も紹介しています。

自転車タイヤ交換の費用相場

自転車のタイヤは約3,000kmが寿命で、約3年が交換の目安。
費用は工賃約1,200~1,800円とパーツ代、チューブ代も必要なことが多いです。
こまめに空気を入れ、チェックするとタイヤは長持ちします。

修理キットもありますが、不安なら業者に依頼しましょう。

自転車のタイヤ交換について詳しく知りたい方は、自転車タイヤ交換の費用相場を紹介している記事もありますよ。

修理業者の工賃も比較しているので、参考にしてみてください。

おすすめ修理キットと簡単なメンテナンス方法

自分で自転車を修理するには工具をそろえ、動画サイトを参考にします。
パンク修理セットは100円ショップで販売されていることもあるので、比較的手軽に入手可能。

100円ショップで売っているもの以外にも万能パンク修理剤や、携帯に便利な修理キットがあります。
これらは修理店やネットで入手可能です。
簡単にでもメンテナンスすることで自転車は長持ちするので、いくつか修理キットを購入しておくとよいでしょう。

自転車を自分で修理したい方は、自転車を自分で修理することのできるおすすめキットを紹介している記事をチェックしてみてください。

ブリヂストン自転車の各種

ブリヂストン自転車のメンテナンスや修理は、内容や店舗により費用相場が異なります。
ここからはブリヂストン自転車を修理するのにおすすめ業者と、自転車の寿命を延ばすコツを紹介します。

ブリヂストン自転車のメンテナンス費用

ブリヂストン自転車のメンテナンス工賃は、店舗により500~3,000円が相場です。
注油やチェーン、ブレーキやハンドル調整はどの店舗でも価格があまり変わりません。

自転車の寿命を延ばすには、タイヤのチェックやチェーンの注油などが欠かせません。

メンテナンスを業者で行いたい方は、BRIDGESTONE(ブリヂストン)自転車のメンテナンス費用相場をまとめた記事をご覧ください。

ブリヂストン自転車の修理に対応する業者も紹介しているので、参考にしてください。

ブリヂストン自転車のギア修理費用

ギアシフトができない原因は、シフトワイヤーの劣化が多いです。
シフトワイヤー修理の工賃は1,200円程度で、他部位の工賃は1,000~2,500円程度が相場。

ギアの寿命を延ばすには汚れを落とし、分解せずにウェスで拭き上げます。
ブリヂストン自転車のギア修理は業者に頼みましょう。

ギアの修理について詳しく知りたい方は、BRIDGESTONE(ブリヂストン)自転車のギアの修理費用相場をまとめた記事を読んでみてください。

ブリヂストン電動アシスト自転車の修理費用

電動アシスト自転車のパーツも消耗品で故障します。
バッテリーは5~6年でブレーキは2年、タイヤは溝がなくなると寿命です。
費用相場はバッテリー本体交換が2~4万円、タイヤとチューブ修理の交換が2,000~7,000円。

電動アシスト自転車の修理をお考えの方は、BRIDGESTONE(ブリヂストン)電動アシスト自転車修理の費用相場をまとめた記事もありますよ。

電動自転車の修理におすすめ修理業者も紹介しています。
すべて出張修理可能です。

ブリヂストン自転車の保証や各種補償

ブリヂストン自転車には、購入後2年間の保証があります。
保証期間内であれば、不具合や故障による修理を無償で請け負ってくれます。
これは、中古品購入やネット購入の場合も同様。

ただし保証書を紛失、または必要事項の記載がないと有償となるため注意しましょう。
販売店が遠い場合やすでに閉店している場合、ブリヂストンのお客様相談室から相談するとよいでしょう。

また、盗難や事故による損害を補償してくれるサービスがあります。
たとえば「3年間の自転車盗難補償」や「あんしん障害保険」などです。

ブリヂストン自転車の保証について詳しく知りたい方は、BRIDGESTONE(ブリヂストン)自転車の保証期間や各種補償・保険内容について解説した記事をご覧ください。

事故に遭った自転車の修理について

事故に遭った自転車の対応として、事故後は必ず業者で点検を行いましょう。
全損の見積もりを出している業者がおすすめです。

事故に備えて保険に入り、事故を防ぐためのメンテナンスも必要です。

万が一の自転車事故に備えたいとお考えの方は、事故によって故障した自転車は直せるかを解説した記事もあるので読んでみてください。

事故に遭った自転車を修理してくれるお店もを紹介しています。

まとめ

自転車の修理や費用、メンテナンスについての記事を紹介しました。
とくに日ごろのメンテナンスや自転車の扱いは、故障を減らすために重要です。
ぜひ実践してください。

車種によっては修理キットで直すこともできますが、自信がなければ修理のプロに依頼しましょう。
おすすめの修理業者も紹介しました。
出張修理に対応している業者もあるのでチェックしてください。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加