iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

お風呂のパネル交換とは?浴室パネルの選び方や費用などを紹介!

お風呂のパネル交換とは?浴室パネルの選び方や費用などを紹介!

「お風呂の壁にヒビが入ってしまった」「冬の浴室が寒すぎる」など、お風呂のトラブルにお困りではありませんか?
そんなときには浴室パネルを使ったお風呂の簡単リフォームを検討しましょう。

この記事では、お風呂の壁に関するトラブルを手軽に解決するための「パネル交換リフォーム」について詳しく紹介します。

浴室パネルとは

浴室パネルとは、一般的なユニットバスの壁で使われる樹脂などでできた壁材のことです。
浴室を丸ごとリフォームするときではなく、浴室の壁のみを替えたいときなど部分的な工事に使われます。

浴室パネルは、風呂用壁パネルなどとも呼ばれています

浴室パネルの特徴

浴室パネルは、樹脂などの基材に特殊コートを施したもので、防水性が高く浴室の美観を高める効果もあります。

在来工法で建てられたお風呂の場合、壁に浴室パネルを貼る工事により、ユニットバスのような機能性の高い浴室に改善できるでしょう。

浴室パネルのメリット

浴室パネルを貼ることにより、多くのメリットがあります。
基本的に浴室パネルは防水性が高い1枚板です。汚れやすくカビも発生しやすい細かい目地などがありません。
カビが生えにくいよう加工もされていてさらに安心です。

汚れにくいよう加工されているので、力を入れてゴシゴシこすり落とす必要もなく掃除が楽にできます。

さらに機能の高い浴室パネルに貼り替えると、より快適にお風呂の時間を楽しめます。
例えば、保温力の高い加工が施されているタイプもあるため、冬の寒い時期にも浴室内を暖かく保つことが可能です。

在来工法の浴室にユニットバスを新しく導入するためには、大掛かりな工事が必要になります。
一方、浴室パネルを交換するだけだと工期を各段に短くでき、工事費用も抑えられるでしょう。

またユニットバスは標準サイズが決まっているため、全面的にリフォームすると現状の浴室よりも狭くなってしまう場合があります。
しかし浴室パネルの交換なら、現在の広さを活かしたリフォームが可能。

パネル交換は在来工法の浴室だけでなく、ユニットバスのリフォームにも使える場合があります。
ただし条件が限られるので、事前に確認した方がよいでしょう。

浴室パネル設置の注意点

浴室パネルの設置自体にはデメリットはありません。
しかし、設置する際に注意すべきポイントがあるので確認しておきましょう。

浴室パネルを使ってリフォームする場合、元々設置されていた壁を下地にしてパネルを貼り付けます。
下地の壁にカビが生えていると、貼り付けた浴室パネルの裏でカビが繁殖し、気づかないうちに壁の劣化が進んでしまうかもしれません。

下地となる壁の状態が悪い場合には、パネルを貼りつける前に修繕工事を行う必要が出てくるため、通常より工事期間が長くなります。

浴室パネルの選び方

浴室パネルにはいろいろな種類があるため、どのパネルを選ぶといいのかわからず迷ってしまうかもしれません。
性能や外観などをよく調べ、目的や好みに適した浴室パネルを選ぶことがリフォームの満足度を高めることにつながるでしょう。

希望のお風呂を実現できるために、浴室パネルの選び方のポイントをリフォームの目的別に紹介します。

掃除を楽にしたい

浴室パネルは在来工法のタイルやモルタルなどよりも汚れやカビがつきにくい材質ですが、その性能は製品によって異なります。

パネル交換によって浴室掃除の手間を削減したいと考えているなら、汚れやカビを予防する製品が適しているでしょう。

浴室内の温度や湿度を保ちたい

冬場の浴室は冷えやすいため、脱衣所との大きな寒暖差が原因で体調に影響を及ぼすことがあります。

このような「ヒートショック」を防止するための最適な製品は、樹脂系などの断熱性・保温性が高いパネル材です。

浴室内を暖かくしたい場合には、断熱性能と保温性能の高い製品を選びましょう。

好きな雰囲気の浴室にしたい

浴室のパネルは、色やデザインの種類も充実しています。
ショールームなどを参考にして、好みの雰囲気につながるカラーを探してみるのもいいでしょう。
カラー系統ごとに特徴を紹介します。

ホワイト

ホワイト系のパネルは清潔感があり、明るい印象で人気の高いカラーです。
水垢が目立ちにくい反面、髪の毛がついているとよく目立ちます。

ベージュ、パステル

ベージュ系やパステル系もホワイト系と同様に清潔感があり、水垢などの汚れが目立ちません。
しかし珍しい色は飽きやすいという声もあるので、よく考えて選びましょう。

茶、黒

茶色や黒系などのダークカラー系は、落ち着いた色合いで高級感があります。
しかし全体に使うと浴室が暗い印象になりすぎてしまい、室内が狭く感じられます。
そのため、アクセントとして壁一面のみに使用すると効果的です。

木目調、大理石柄

木目調や大理石柄も、壁一面のみにアクセントとして使用するのが適しています。
ほかの壁面に使われている色との合わせ方や、光の入り方も考えて選ぶとより自分好みの浴室になるでしょう。

浴室パネル交換工事とかかる費用

浴室パネル交換工事は、一般的には在来工法からのリフォームで行われます。
ユニットバスからは、可能な場合にだけパネル交換を行うことになるでしょう。

在来工法からの交換工事とその費用

在来工法の浴室は、サイズが一定のユニットバスと比べて住宅によりサイズや形が異なっています。
壁、浴槽、床などがセットになっているユニットバスに交換すると、浴室のサイズが狭くなる可能性があるうえ、費用が高額になる場合も。

浴室パネル工事は、壁や天井に強力な両面テープでパネルを貼り、接合部にコーキングを行うなどの施工を行います。
床にはリフォーム専用シートを貼るだけで完成。
リフォーム期間も1~2日と短期間ですみます。

既存の壁の上からパネルを貼りつける場合には、下地処理費用や養生費用、パネル取り付け費用がかかります。
壁の場合は、施工費用だけで約5~15万円、天井の場合はパネル代も含めて約4~7万円程度でしょう。
既存の壁や天井が傷んでいて撤去する場合には、撤去費用の5万円もプラスされます。

浴室パネルの本体価格はメーカーや素材によって大きく異なりますが、壁用は約4~10万円が一般的。
浴室パネルの価格を合わせると、壁のパネル工事費用の合計は約10~30万円程度となります。

【浴室パネル費用の内訳】

  • 総額:約10~30万円
  • 施工費用(壁):約5~15万円
  • 施工費用(天井):約4~7万円
  • 既存の壁の撤去:5万円(壁や天井の状態による)
  • 本体価格相場:4~10万円

ユニットバスからの交換工事とその費用

全体的には問題がないけれど、壁の一部分だけが傷んでいるなど、ユニットバスの一部だけをパネル交換したい場合もあるかもしれません。
ユニットバスを壁、天井、浴槽、床などすべて新しいユニットに交換すると80万円以上かかります。

ユニットバスのパネル一部だけを新しいものに交換する工事費用は、既存パネルの解体と撤去費用に5万円、組立費用に5万円、シーリング費用に1万円ほどかかるでしょう。
パネル代が5万円の場合、必要な合計費用は16万円程です。

ユニットバスのパネル交換では、一度お風呂全体を解体してから新しいパネルとあわせて組み立てシーリングをしなければなりません。
そのため在来工法から工事するケースよりもかかる費用は高額で、工期が長くなります。

ユニットバスのパネル交換は、既存のパネルに合うもののみ。
ユニットバスと同じメーカーかつ、施工に適している製品がある場合のみ施工ができます。

浴室パネル交換工事の注意点

浴室パネルは市販されているため、DIYでの取り付けを考えている人もいるかもしれませんが、浴室パネル交換は技術力を必要とする工事です。
製品の選び方から施工前の準備、施工に至るまで素人が行うのは難しいでしょう。

まず、下地となる既存の壁についている汚れやカビを完全に除去しなければなりません。
そしてパネルの内部に水分が入らないように適切な方法で貼り付け、さらにコーキングなどの防水処理を行う必要があります。

DIYでパネルの貼り付けを行うと防水施工が十分でなくパネル内部に水分が侵入してしまい、パネルが剥がれたり下地や柱にカビが繁殖したりする恐れもあるでしょう。

専門業者であれば、下地となる壁に繁殖したカビの除去からパネル施工まで正しく行い期待通りの結果を出せます。
施工後の保証がつけている業者も多いので、自分でDIYを行うよりも業者に任せた方が問題なく工事できるでしょう。

浴室パネル交換リフォームでもらえる補助金

浴室パネル交換リフォームを行う場合、条件によっては補助金の対象となる可能性があります。
国、介護保険、各自治体などが個別に補助制度を設けているので、補助金を受けられる制度が今あるかどうかを事前に確認しておきましょう。

国は、バリアフリー・省エネ・長期優良住宅化に適合するリフォームに対して補助金を給付する「ライフサポート推進事業」を設けています。
介護保険の補助金には、要介護や要支援の方が暮らす住宅でバリアフリーや省エネの対策工事であることなど、条件があるので注意しましょう。

自治体から出る補助金は各自治体や年度によって制度が異なるため、お住まいの都道府県のサイトなどで確認してみてください。
自治体によっては、補助金制度を実施していない場合もあります。

補助金が利用できる場合、リフォーム費用を大幅に抑えることが可能です。
業者から補助制度の情報を教えてもらえる場合もありますから、工事の検討時にあわせて相談してみるのもよいかもしれません。

出典:長期優良住宅化リフォーム推進事業について|国土交通省

浴室パネル交換工事業者の選び方

浴室のパネル交換工事は、専門の業者に依頼するのがおすすめです。
専門の業者が正しい施工を行っていると施工後に浴室が美しく快適に使えるようになるだけでなく、建物を傷めることなく長く使用できます。

工事業者を選ぶのが難しいときには、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討してみてもよいでしょう。
見積もり内容や必要な費用を見比べ、納得できる業者を見つけて依頼するのがおすすめです。

実際の施工実績や口コミ、評価などを事前に調べてから業者を選ぶとより安心して業者を選べます。
施工後のアフターサービスが充実しているかどうかもポイント。
信頼のおける業者に施工を依頼してください。

【複数の業者を比べるポイント】

  • 施工の提案内容が希望にマッチしている
  • 費用
  • 施工実績
  • 口コミや評価
  • アフターサービス

まとめ

浴室パネルは、ユニットバスと同様に機能性の高い壁材です。
在来工法の浴室リフォームにも使えて便利です。
パネルを貼る工事を行うと汚れやカビがつきにくくなるほか、浴室内の温度を暖かく保てるなどのメリットも。

浴室パネルのリフォームはすべてをユニットバスに替えるよりも、気軽に浴室の性能を上げや快適な浴室を実現できるでしょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加