iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

窓交換であったかお風呂へリフォーム!効果と業者の選び方

窓交換であったかお風呂へリフォーム!効果と業者の選び方

お風呂の窓は換気や光の取入れに役立ちますが、防犯や目隠し、寒さといったお悩みが多い箇所です。
今回は窓交換によるリフォームとして、主に防寒に着目しました。
工法やメリット、費用の目安、業者の選定方法などを詳しく解説します。

冬はお風呂の寒さが気になる!

「冬場のお風呂ではせっかく湯船で温まったのに、体を洗ったり拭いたりしている間に冷えてしまっていた」という経験はありませんか?
お湯が温かくても浴室が冷えやすいと寒さを感じてしまうものでしょう。

それだけではなくお風呂場や脱衣所が寒いとリビングとの寒暖差が大きくなり、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起す「ヒートショック」の原因になります。
命を守るという観点からもお風呂の防寒は大切なことです。

浴室の寒さは窓ガラス伝いの冷気や、隙間風などが大きな要因。
しかし反対に窓の対策をしっかりと行っていれば、大きな防寒効果が期待できます。
今回は大掛かりなリフォームではなくお手軽に窓を交換する方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

お風呂の窓交換にはどのような種類があるのか?

お風呂の窓交換リフォームにはどのような種類があるのでしょうか。
代表的な3つを紹介します。

内窓をつける

もっとも代表的なものが現在ある窓の内側にもうひとつ窓を取り付け、二重窓にして気密性を高める方法です。

この方法によるメリットは、既存の窓を工事する必要がないため約半日という短い工期で手軽にリフォームできる点でしょう。
ほかにも防音性が上がるだけでなく「外から見えにくくなる」「ガラスを割っての侵入も難しくなる」などの理由で防犯性も上がります。

デメリットは「窓の開閉が2回必要になる」「掃除箇所が増える」などといったことです。
それらが苦にならない方にはおすすめのリフォームですが、内窓を設置する場所がない場合は基本的にこの手法が利用できないため注意しましょう。

カバー工法で窓を一新

「カバー工法」とは、今利用しているサッシに断熱性の高い新しいサッシを被せる方法です。
それにあわせて新しくガラス戸も用意します。
サッシ、ガラスともに高断熱のものを利用することで窓全体の断熱性がアップするでしょう。

こちらも既存でついている窓の取り外し工事が不要であるため、工事は1日ほどで完了します。
加えて窓が新品同様にきれいになりますので、浴室全体の印象もがらりと変えられるでしょう。
建物の歪みによる開閉しにくさや、隙間風などの問題も解消できるとして注目されている工法です。

使用する窓ガラスも対貫通性の高い頑丈なものを利用したり、外から見えにくいものを利用したりなど工夫をすればほかの悩みもカバーできます。
ただし窓のサイズが小さくなってしまう点や、今回紹介しているほかの工法に比べて高価格になる点がデメリットと言えるでしょう。

ガラスのみを交換する

サッシはそのままに、ガラスを断熱効果の高いものに交換する方法です。
一番のメリットは費用が抑えられることでしょう。
工期も半日ほどで早く済みますし、これまでと使い勝手が変わらない点も利点として挙げられます。
使用するガラスを工夫することでほかの悩みを解消できる点は、カバー工法と同様です。

ただしサッシの断熱性が低いものであったり、隙間風など建物の歪みに関する問題があったりする場合は十分な効果がはっきできないでしょう。

防寒性の高い素材とは

窓のリフォームによってお風呂を温かくするには、工法だけでなく窓に使用されている素材の断熱性を知ることも重要です。
ここでは、窓とサッシの素材について解説します。

窓ガラス

断熱効果の低いガラスは、ガラス1枚のみの単層ガラスです。
これに対して断熱ガラスは、一般的には複層ガラスを指します。
ガラスを2枚重ねてその間に空気やガスの層を作ることで、熱の移動を抑えているのです。

ガスの種類は、主に不活性型のガスである「アルゴンガス」や「クリプトンガス」が使われています。
これは、空気より不活性型のガスの方が熱を伝えにくいためです。
ほかにも、熱を移動させないため層の間を真空にしたものも存在します。

サッシ

サッシには、主にアルミサッシと樹脂サッシがあります。
金属であるアルミサッシは断熱性が低く、窓を複層ガラスに変えてもアルミサッシのままでは効果が低い場合もあるので注意しましょう。

対して樹脂の熱伝導率は、熱を伝えやすいアルミに比べて約1000分の1とされており高い断熱性が期待できます。

参考:樹脂サッシ工業会

費用はそれぞれどのくらい?

いくらお手軽と言ってもリフォームにかかる費用は無視できません。
3つの工法には、それぞれどのくらい費用が掛かるのかをまとめました。

  • 内窓の設置:約50,000円
  • カバー工法:約120,000~180,000円
  • ガラス交換:約60,000円

こちらは中サイズの窓(幅約150㎝×約高さ80㎝)をリフォームする際にかかる商品代、工事費用込みの料金目安です。
窓のサイズや利用する商品のグレードによって変動するので、あくまでも目安としてご参照ください。

どこに頼むのがいいの?

工事の方法が決定したら、次はリフォームを業者に依頼する段階になります。
しかし浴室のリフォームと一口に言っても、さまざまな会社が参入しているでしょう。
ここからは、リフォームを行う業者の種類と選び方を解説します。

ハウスメーカー系列のリフォーム会社

住宅建設会社は、多くの場合系列企業にリフォーム会社があります。
全国に展開している大手の会社であれば、安心してリフォームを任せられるでしょう。

メーカーはそれぞれ独自のノウハウがあり、マニュアル化された工程でムダなく工事を完了してくれます。
カタログも豊富で展示会などで実物を見ることもできるので、イメージ通りのリフォームをしやすいのも特徴です。
顧客のサポートセンターなどが設置されており、アフターサービスの充実もポイントといえるでしょう。

今回は窓リフォームに力を入れている「リクシル」と「YKK」の2社を紹介します。

リクシルの「インプラス」「リプラス」

リクシルは「今ある窓にプラスするだけ」というコンセプトで、「インプラス」という窓リフォームを展開しています。
内窓設置にあたるリフォームです。

1窓あたりの取り付け時間は約60分と短く、比較的リーズナブル。
高い断熱性をもつ樹脂製サッシを利用しているだけでなく、複層ガラスにも対応しているので温かい浴室を実現できるでしょう。

また「リプラス」というカバー工法による施工もあります。
こちらは「壁をこわさず、スピーディーに古い窓を取り替えてリフレッシュ」がコンセプトです。

断熱性の高い複層ガラスを取り付け、サッシの素材が室外側はアルミ、室内側は樹脂のハイブリッド窓に変わります。
カバー工法は窓が小さくなるという欠点はありますが、リプラス専用枠は室内の立ち上がりが小さくサイズの違いはそれほど感じられないのが特徴です。

YKKの「かんたんマドリモ」

YKKは「かんたんマドリモ 断熱窓」というシリーズを展開しています。
こちらは樹脂フレームと複層ガラスの利用により、国内最高レベルの断熱を可能にしています。
平成28年度「省エネ大賞製品・ビジネスモデル部門資源エネルギー庁長官賞」「第10回 キッズデザイン賞(※)」を受賞するなど高い評価を受けています。

(※キッズデザイン賞は、子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・空間・サービス・活動・研究を対象とする顕彰制度です。)

また業界初のシーリング作業を省いた「ノンシールカバー工法」という独自の施工方法を取り入れており、最短2時間という短い工期での窓交換が可能です。

室内のみでの作業が可能であり2階以上がリフォーム場所となっても足場が要らず、また格子付きの場合も外さずに工事できるのでコストを抑えられます。
また「かんたんマドリモ内窓」というシリーズで、内窓設置の施工にも対応しています。

「かんたんマドリモ 断熱窓」

参考:かんたんマドリモ 断熱窓

「ノンシールカバー工法」

参考:かんたんマドリモ 断熱窓

「かんたんマドリモ 内窓 Lite U」

参考:かんたんマドリモ 内窓 Lite U

ガラスメーカー

もし窓ガラスだけの交換を考えているならば、ガラスメーカーに依頼するという手段もあるでしょう。
ガラスメーカーであれば「真空ガラススペーシア」を扱っているスペーシアなどが挙げられます

真空ガラスは日本板硝子が世界で初めて開発したもので、複層ガラス内側の空間を真空に保っているものを指します。
厚さが6.2㎜と薄く、1枚ガラスとあまり変わらない点や真空の中は熱が伝わらないので、高い断熱効果を保有している点が大きな特徴。

一般的な複層ガラスも1枚ガラスに比べると高い断熱性備えていますが、厚みが出てしまうため従来のサッシに利用できない場合があります。
しかしスペーシアの真空ガラスであれば、ほとんどの場合サッシ交換をせずガラスを変えるだけのリフォームが可能です。

もちろん作業量も少ないため、1時間程度の工事でリフォームが完了します。

参考:真空ガラス スペーシア

リフォーム会社

リフォーム会社はリフォームに特化した業者なので、ノウハウや技術力には秀でています。
部分的なリフォームについても柔軟に対応してくれることが多いのも特徴。
浴室や窓関係に強いリフォーム会社やコストダウンに力をかけ安さを売りにしている会社など、需要にあわせて探せます。

一方で優良会社だけではなかったり、全国展開していない会社も多かったりと希望に沿う会社探すのが難しいかもしれません。
そのようなときは、リフォーム会社紹介サイトを利用するとよいでしょう。
希望を紹介サイトに伝えることで複数社の見積もりを同時に行うことができ、手間も省けます。

まとめ

今回は防寒に着目しつつ、目隠しや防犯性も上げられる浴室窓リフォームについて説明しました。
依頼業者選びや、寒さなどのお悩みに対する参考になればと思います。

安全で快適なお風呂ライフを満喫するために、窓交換によるリフォームを考えてみていかがでしょうか。
この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加