iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

お風呂のリフォームは必要?相場について徹底解説!

お風呂のリフォームは必要?相場について徹底解説!

この記事では、お風呂のリフォームを検討している人に向けて、気になるリフォーム内容や費用について詳しく解説します。
「浴室乾燥機」や「床暖房」などのオプションや、メーカーごとの人気商品についても紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

お風呂のリフォームはいくらかかる?

みなさんは、自宅のお風呂の寿命を気にしたことはありますか?
家の外壁や家電の寿命などは意識しても、お風呂場はあまり気にしていない人も多いのではないでしょうか。

毎日何気なく使っているお風呂も、年数が経つとだんだん劣化が目立ってきたり、機能の古さを感じてきたりします。
そんなときは、お風呂のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

お風呂は日々の疲れを癒し、リラックスするために最適な空間です。
お風呂が美しく機能的に生まれ変われば、生活の質や満足度がより高まるかもしれません。

しかし簡単にリフォームとはいうものの、費用は決して安くはありません。
しっかりと知識を備えたうえで見積もりを取るのが大切です。
まずはお風呂リフォームの費用目安を知るため、一戸建てとマンションについて、リフォーム費の相場を見てみましょう。

一戸建ての場合

一戸建てのお風呂リフォーム費は、100~120万円が相場と言われています。
マンションに比べてリフォームの選択肢が多いため、リフォーム費はやや高くなる傾向があります。
もしもリフォーム費を抑えたいなら、「希望するユニットバスは予算内のグレードかどうか」「オプションは本当に必要かどうか」を冷静に判断していきましょう。

マンションの場合

マンションの場合、浴室スペースが限られているので、一戸建てに比べるとリフォーム費がやや控えめになることが多いようです。
リフォーム費は、80~100万円が相場でしょう。
マンションは大規模な工事が難しいこともありますが、各社から高機能なユニットバスが販売されているので、高級志向のニーズにも対応できます。

リフォーム内容と参考価格

浴室は大きく分けて、「ユニットバス」と「在来浴室」の2つのタイプがあります。

ユニットバスとは、壁、浴槽、天井などが1つのセットとして製造され、施工現場で組み立てる浴室のこと。
そのため、1からオーダーメイドの浴室を作りたい場合には不向きです。
ただ、現場で組み立てるので工期が短く済み、コストも抑えられます。

一方で在来浴室とは、素材やデザインなどをその住宅ごとに変えて作る、オーダーメイドのような浴室のこと。
昔ながらのタイル張りのお風呂も、これに該当します。

ユニットバスに比べて、時間とコストがかかるなどデメリットはあるでしょう。
しかし、細やかなニーズにも対応できるのが最大の魅力です。

では、ユニットバスと在来浴室のリフォーム費はどれくらいかかるのでしょうか?

ユニットバスから新しいユニットバスにリフォームする場合

古くなったユニットバスを、新しいユニットバスに変える方法です。
リフォーム費は広さやグレードによって大きく変わります。

目安としては、一般的な賃貸物件などで使用される低位グレードなら、56〜91万円。
断熱材入りの浴槽や床を使う中位グレードなら、65~102万円。
高級感があり高機能な水栓設備を備える高位グレードなら、89~127万円程度を見ておくとよいでしょう。

在来浴室からユニットバスにリフォームする場合

近年、在来浴室からユニットバスに変えるリフォームは高い需要があります。
昔ながらのタイル張りの在来浴室は、とくに冬場は非常に冷えます。
そのため、断熱性が高いユニットバスへリフォームするケースも。

費用はユニットバスのグレードや、下地の傷み具合によって大きく変わります。
在来浴室は経年劣化によってタイルに隙間が生じやすく、そこから水が入り込んで土台や壁まで腐食してしまっていることもあります。
このような状態だと、下地の補修費用も必要です。

目安としては、下地補修の必要がなければ、低位グレードで63~83万円。
中位グレードなら72〜94万円。
高位グレードなら96〜109万円が相場です。

もしも下地補修が必要なら、これに5~15万円程度の補修費用がかかる可能性があることも見込んでおきましょう。

在来浴室のままリフォームする場合

在来浴室のままリフォームするメリットは、壁から床にいたるまで自由にリフォームできることです。
木材や大理石調のタイルなどを使用して、高級感のあるお風呂に生まれ変わらせることもできます。

在来浴室の場合、こだわった分だけリフォーム費かかるので一概には言えませんが、最低でも50万円はかかると見ておきましょう。

浴槽の種類は何がある?

在来浴室の場合、浴槽にもこだわれます。
選ぶ種類によって浴室の雰囲気をガラッと変えられるので、ぜひ気にかけたい部分の1つです。

FRP浴槽

最も一般的なのは「FRP浴槽」です。
FRPとは「繊維強化プラスチック」のことで、ガラス繊維に樹脂素材を混ぜて作られています。

防水性に優れ軽くて丈夫、補修も容易なのが特徴。
浴槽がひび割れたり破損したりした場合、ほかの素材では丸ごと交換が必要な場合もあります。
しかしFRP浴槽なら、破損部分だけをコーティングして補修できます。

人工大理石浴槽

「人工大理石」はアクリルやポリエステルといった、合成樹脂を原料とする素材です。

アクリル(アクリルウレタン)系の人工大理石は、透明感や艶があり見た目が美しく仕上ります。
さらに熱や衝撃、汚れに強い点もメリット。
ポリエステル系の人工大理石は、コストが抑えられるのがメリットです。

ヒノキ浴槽

ヒノキ浴槽のメリットは香りのよさです。
ヒノキがもつ独特の香りや木の質感は、多くの人を惹きつけ安らぎを与えます。
匂い立つヒノキの香りを楽しみながら、ゆっくりと浸かりたいお風呂でしょう。

しかし、木材ゆえにメンテナンスには少々気を使います。
風通しがよく、直射日光や長時間陽が当たらない環境に設置してみましょう。

オプションはいくらかかる?

お風呂のリフォームと言えば、ユニットバスを丸ごと取り換えたり、壁や床などの傷みを修繕したりすることが一般的です。
これに加えて「浴室乾燥機」や「床暖房」などの設備を希望するなら、オプションとして注文することがほとんどです。
では、一体いくらくらいで取り付けられるのでしょうか?

浴室乾燥機をつけたい場合

浴室乾燥機を設置すると、「乾燥」「暖房」「涼風」「換気」といった機能が使えるようになります。
これを使えば浴室を換気したり衣類を乾燥したりでき、雨で屋外に洗濯物が干せない日などにはとても便利。

浴室乾燥機をつける場合、設置費は本体価格と設置工事をあわせて電気式なら10万円以内、ガス式なら10万円以上になることが多いようです。
設置後にかかる電気料金など、ランニングコストも考慮したうえで検討を進めてみましょう。

浴室テレビをつけた場合

浴室にテレビがあると、テレビを視聴しながら入浴できるので退屈しません。
とくに、半身浴など長時間お風呂に浸かりたいときにはぴったりの設備です。

浴室テレビにはポータブル型の持ち込める機械もありますが、壁に埋め込むタイプは工事しなくてはなりません。
壁に直接テレビを埋め込むので見た目がすっきりとし、落下の心配もないのが魅力です。
設置費は12~22万円が相場です。

床暖房をつけた場合

床暖房にすることで、足元の冷えや「ヒートショック」を防いだり、カビの発生を抑えたりできます。
冬場の浴室はとても寒く、とくにタイル張りの床の場合はとても冷えます。
しかし床暖房にすれば、足を踏み入れたときからずっと暖かい環境で入浴できるので非常に快適。

また冬場はヒートショックが起こりやすく、とくにご高齢の方や心疾患がある方などは影響を受けやすいと言われています。
床暖房によって浴室を暖めることで、脱衣所との寒暖差を緩和し、ヒートショック防止へつなげます。

ユニットバスの場合、設置費は10〜15万円が目安です。

メーカーごとのユニットバスの特徴

お風呂設備を手掛ける大手メーカーと言えば「TOTO」や「LIXIL」、
そして「Panasonic」などです。
さまざまなメーカーが機能性に優れたユニットバスを販売していますが、今回はこの3社の代表的なユニットバス(一戸建用)を紹介していきましょう。

TOTOの場合

「TOTO」はユニットバスを開発した老舗のメーカーです。
技術力の高さに定評があり、代表的な商品には「ほっカラリ床」や「エアインシャワー」などがあります。

TOTOでおすすめのユニットバスは「サザナ」。
壁や排水口などに汚れがつきにくく掃除しやすいように設計され、浴槽内をすみずみまで自動洗浄してくれる「おそうじ浴槽」をつけられます。
ユニットバス本体と工事費をあわせて、60〜130万円が相場です。

LIXILの場合

「LIXIL」もTOTOと並ぶ大手のお風呂メーカー。
LIXILのお風呂はデザイン性が高く、部材やオプションの組み合わせが豊富で人気です。

おすすめユニットバスは「アライズ」。
スタンダードながら質の高い作りが人気で、浴槽には保温性の高い「サーモバスS」が使われています。
こちらはユニットバス本体と工事費をあわせて、40〜110万円が相場です。

Panasonicの場合

「Panasonic」のユニットバスには、家電総合メーカーならではの機能が満載です。
たとえば、「酸素美泡湯」という酸素入りの気泡を発生させる浴槽などを開発しています。

Panasonicのユニットバスで人気が高いものは「FZ(エフゼット)」。
浴槽は高級感のある「アクアマーブル人造大理石」でできており、汚れがつきにくい特徴があります。
こちらは、ユニットバス本体と工事費をあわせて、51~87万円が相場です。

まとめ

今回は、お風呂のリフォームについて詳しく解説しました。
リフォーム費はユニットバスのグレードや、選択するオプションの内容によって大きく変動します。
またメーカーごとに機能やデザイン、価格が異なるのでよく比較してみてください。

毎日入るお風呂だからこそ、妥協せずに快適な空間にしたいですね。
この記事を参考に、ぜひご自身の住まいにあったリフォームを検討してみてください。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加