パソコンのネット速度が遅いときの14の対処方法!原因も紹介

パソコンのネット速度が遅いときの14の対処方法!原因も紹介

インターネットの速度が急に遅くなるのには、さまざまな原因があります。
最近はオンライン会議やオンライン飲み会、オンラインデートなど、ネット回線が遅くなるとコミュニケーションが滞ってしまうので、困りますよね。

実は正しく対処すれば、高い確率で速度が元に戻るので、諦めないでください。
パソコンに繋いでいるインターネットの速度が急に遅くなる原因と、その対処方法を説明します。

通信障害を確認し、障害がある場合は回復を待つ

インターネット回線やプロバイダーの通信障害が起こっていると、ネットが遅くなります。
そのため、通信障害が解消されるまで待機しましょう。
通信障害が起こっているか否かは、事業者の公式サイトから確認できます。

正しい方法でインターネットを繋ぐ

インターネットへの接続方法が間違っていると、ネットの通信速度が遅くなります。
特にIPv4方式でインターネットを繋いでいると、混雑によって速度が遅くなる場合があります。
その場合は、IPv6方式に切り替えましょう。

現在どの方法でインターネットを繋いでいるのかは、各プロバイダーの公式サイトからチェックできます。
回線を切り替える方法は各プロバイダーによって異なるので、契約しているプロバイダーの公式サイトから確認してください。

また、「インターネットアクセスなし」と表示されたときの対処法も参考にしてください。

接続先を切り替える

インターネット機器には接続可能端末数が決められています。
そのため、1つの回線に多くの端末を接続すると、その回線だけ速度が遅くなる傾向があります。

1つのインターネット機器に対して、2つ以上の回線が設定されているので、ネットが遅い場合は接続先を切り替えましょう。
切り替え方法は、端末から新しい回線を選択し、その回線専用のパスワードを入力するだけです。

接続先の切り替えを含めたパソコンがWi-Fi・ルーターやインターネットに繋がらない時も参考にしてくださいね。

LANの状態をチェックする

LANの状態が悪いとネットが遅くなります。
無線・有線別にどこをチェックすればよいのか説明するので、参考にしてください。

無線LANの場合

無線LANを使っている場合は、インターネット機器に近づいて端末を使用してみてください。
インターネット機器の近くで正常なスピードだけど、離れると遅くなるという場合は、壁や家電などの障害物が原因で電波が弱くなっている可能性があります。

この場合は、インターネット機器の設置場所を変えてみましょう。
また、中継機を使用することでネットが繋がりやすくなることもあります。とくにテレワーク中はネットが遅いと仕事に支障をきたしますので、ぜひ検討してください。

インターネット機器に端末を近づけても速度が変わらない場合は、一時的な電波障害かルーターの故障が疑われます。
ルーターが故障している場合は、買い替えましょう。

有線LANの場合

有線LANを使っている場合は、以下をチェックしてください。

  • 断線していないか
  • ケーブルの上にものが置かれていないか
  • 正しい規格のケーブルか
  • ケーブルが絡まっていないか

上記を改善してもネット速度が遅い場合は、ケーブルの故障が疑われます。
ケーブル買い替えの際は、使用する端末までの長さに注意し、防水力のある頑丈なものを選択しましょう。

インターネット接続機器を再起動する

インターネット接続機器に何らかの不具合が生じていると、ネットが遅くなります。
この場合は、インターネット接続機器を再起動しましょう。
電源コードを抜き、10秒ほど放置してから、再度電源コードを差し込めば再起動できます。

最新のブラウザにアップデートする

古いブラウザを使っていると、ネットが遅くなる場合があります。
ブラウザとは「Google Chrome」、「Microsoft Edge」、「safari」や「Firefox」などの種類があるWebサーバに接続するためのソフトウェアのことです。
古いブラウザを使っている場合は、ブラウザをアップデートすることでパソコンが軽くなるかもしれませんよ。
その際、再起動が必要になることもあります。

アプリやソフトを整理する

インストールしているアプリやソフトが原因で、パソコンが重くなる場合があります。
この場合は、以下の対処方法を試してください。

  • パソコンの起動と同時に立ち上がるソフトは、手動で立ち上がるように設定を変える
  • バックグラウンドで動いているアプリの数を減らす
  • 使っていないアプリをアンインストールする
  • レジストリエディタを使い、不要なレジストリを削除する

ファイルが多い人は、ファイルの整理も行いましょう。

キャッシュを削除する

キャッシュとは、サイト閲覧の速度を早める機能のことです。
閲覧するWebサイトが増えると、キャッシュが溜まります。
キャッシュが溜まると、ネットの速度が遅くなる場合があるので注意しましょう。
この場合は、以下の方法でキャッシュを消去してください。

  1. Google Chromeを立ち上げ、右上にある[︙]をクリック
  2. [履歴]→[履歴を消去]の順でクリックし、[全期間]を選択
  3. [Cookie と他のサイトデータ]と[キャッシュされた画像とファイル]をチェック
  4. [データを消去]をクリック

セキュリティを用いてウイルスを駆除する

パソコンがウイルスに感染すると、ネットの速度が遅くなる場合があります。
また、データを抜き取られる恐れがあるので早急に対処しましょう。

ウイルスに感染したパソコンを修理する場合は、セキュリティソフトを使ってください。

開いているソフトやアプリを減らす

一度に多くのソフトやアプリを開くと、パソコンに負荷がかかり、ネットの速度が遅くなる場合があります。

特に容量が少ないパソコンを使っている人や、動画編集ソフト・画像編集ソフトを使っている人は、注意しましょう。
この場合は、起動させているソフトやアプリを減らすとすぐに解決します。
症状がよくならない場合は、再起動も試してください。

OneDriveの設定を変える

「OneDrive」とは、Microsoft社が提供しているオンラインストレージサービスのことです。

複数台の端末でデータを同期できる便利なサービスですが、バックグラウンドでOneDriveが動いていると、ネットが遅くなる場合があります。
その場合は、OneDriveを無効にするか、アンインストールしましょう。
無効にする方法とアンインストールする方法を説明します。

OneDriveを無効にする方法

Windows版とMac版に分けて、OneDriveを無効にする方法を説明します。

Windowsの場合

  1. Windowsのタスクバーから[OneDrive]を右クリックする
  2. [設定]をクリックし、[Windowsに再インしたときにOneDriveを自動的に開始する]のチェックを外す
  3. [アカウント]を選択し、[フォルダの選択]をクリックする
  4. [OneDriveのファイルとフォルダをすべて同期]のチェックを外し、[OK]をクリックする
  5. 再度、Windowsのタスクバーから[OneDrive]を右クリックする
  6. [アカウント]を選択し、[OneDriveのリンク解除]をクリックする
  7. パソコンを再起動する
  8. 再起動後、エクスプローラー画面の中にある[OneDriveフォルダ]を右クリックする
  9. ポップアップから[プロパティ]をクリックする
  10. [全般]→[属性]の順で選択し、[隠しファイル]にチェックを入れる
  11. [適用]→[OK]の順でクリックする

以上で、OneDriveを無効にできます。

Macの場合

  1. OneDriveのフォルダを開き、右クリックする
  2. [基本設定]→[アカウントのタブ]→[このMacのリンクを解除]の順で選択する
  3. [アカウントのリンクを解除]をクリックする

以上でOneDriveを無効にできます。

OneDriveをアンインストールする方法

Windows版とMac版に分けて、OneDriveをアンインストールする方法を説明します。

Windowsの場合

  1. スタートボタンの検索ボックスに[プログラム]と入力する
  2. [プログラムの追加と削除]をクリックする
  3. [アプリと機能]を選択し、[Microsoft OneDrive]をクリックする
  4. [アンインストール]をクリックする

以上を行えばOneDriveをアンインストールできます。

Macの場合

  1. Finderの[アプリケーションフォルダ]を開く
  2. OneDriveのアイコンを長押しし、ゴミ箱まで運ぶ

これでOneDriveをアンインストールできます。

ドライバやファームウェアをアップデートする

デバイスのドライバやルーターのファームウェアなどに異常があると、ネットが遅くなる場合があります。
そのため、長期間ドライバやファームウェアを更新していない人は、一度更新しましょう。

セキュリティツールバーをOFFにする

セキュリティソフトは悪質なサイトから守ってくれる便利なソフトなのですが、時々ページ閲覧速度に悪影響を与えます。
セキュリティーツールバーがONの状態は、ネット速度が遅くなる場合もあります。 セキュリティツールバーをOFFにして改善が見られないかチェックしましょう。

セキュリティソフトを変える

ファイヤーウォール機能がついているセキュリティソフトは、ブラウザの動作を緩慢にしたりWebサイトの閲覧スピードを低下させたりする場合があります。

そのため、セキュリティソフトが原因でネット速度が頻繁に遅くなる場合は、セキュリティソフトを変えてみましょう。

セキュリティソフトを選ぶ際には、パソコンのセキュリティソフト「ウイルスバスター」の選び方を参考してみてください。

パソコントラブルをプロに相談

最安修理ドットコムPCサポート by Dr. Hme Net

「再起動が終わらない」「フリーズしてしまった」といったパソコンのトラブル。
さまざまな対処方法を試してみたけれどそれでも解決しないときは、パソコントラブルのプロに相談してみましょう。

有料訪問サポートシェアNo.1を獲得しているドクター・ホームネットが委託運営しているのが最安修理ドットコムPCサポート。
パソコンの修理はもちろん、設定からサポートまで、あらゆるパソコントラブルを解決してくれます。

PCサポートの特長
  • 日本全国最短即日サポート
  • データを保護した修理
  • 安心の事前見積
  • 年間16万件以上の実績

最安修理ドットコムPCサポートは、年中無休&最短即日で全国対応しているパソコントラブル解決サービス。
持込修理出張修理宅配修理に対応しているので、パソコンの状況や生活スタイルにあわせて修理方法を選べるのがうれしいポイント。
また、”データを消さないパソコン修理”をモットーとしているので、可能な限りデータを保護して作業を行います。
パソコンに関するお悩みがあれば気軽に相談してくださいね。

修理依頼の流れ

  1. まずは専用フリーダイヤルで相談
    ※受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  2. パソコンで困っている内容を伝える
  3. 料金体系についての案内を受ける
  4. 希望の日時を伝えて訪問日時を決める
  5. 予約当日に現地で診断・見積り
  6. 見積り了承後に修理
\通話料無料!パソコン修理をすぐ相談/

0120-234-451

「電話で相談する前に、PCサポートの料金体系や作業料金について詳しく知りたい」という方向けに、最安修理ドットコムPCサポートのサービス内容をまとめています。

まとめ

今回は、パソコンのインターネット速度が遅くなる原因とその対処方法を説明しました。
インターネットの速度が遅い場合、大抵は今回紹介した原因のどれかが当てはまります。

そのため、考えられる原因を探して、対処を試みましょう。
しかし、それでも直らない場合は、パソコン自体の故障が考えられます。

この場合は、パソコンを修理するしかないので、なるべく早く修理を依頼しましょう。

もしもパソコンを修理に出す場合は、年間16万件以上のサポート実績がある、最安修理ドットコムPCサポートがおすすめです。

その他に、パソコンの持ち込み修理をしてくれるおすすめ修理店も紹介しています。

優良店の見分け方も説明していますので、ネットが遅いときの修理店選びにぜひ役立ててください。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加