iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

家の雨漏りでお困りの方へ、雨漏り修理についてのまとめ

家の雨漏りでお困りの方へ、雨漏り修理についてのまとめ

雨漏りがあると、室内が濡れるだけでなく、家の腐食にもつながります。
雨漏りしやすい箇所と原因について知り、早速チェックしてみましょう。
修理費用の目安や修理店の選び方も参考にしてください。

雨漏りしやすい箇所と原因

雨漏りの原因はさまざまですが、台風や豪雨などの自然災害による屋根の損傷や、家の老朽化、排水設備の不具合などが挙げられるでしょう。
新築間もない上、自然か災害でもないのに雨漏りしている場合は、施工不良が考えられます。
水が漏れているものの、どこにも不具合が見当たらない場合、雨漏りではなく漏水や結露による水漏れの可能性もあります。

雨漏りが起きたら、まずどの箇所から起きているのかを確認することが大切です。
雨漏りしやすい箇所と症状についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

天井からの雨漏り

天井は特に雨漏りしやすい場所です。
天井からポツポツと水が垂れる、シミになる、黒カビが発生する、天井クロスが剥がれてくる、といった症状が見られる場合、主に以下の原因が考えられます。

屋根の破損や劣化

まず考えられるのは屋根の破損です。
台風や豪雨などの自然災害により、瓦やスレートにヒビやずれが発生して、そこから雨が少しずつ天井に侵入してくることがあります。
また、屋根材にも寿命があるため、経年劣化による雨漏りも考えられます。

防水シートの破損や劣化

屋根や壁にはルーフィングという防水シートが施工されています。
万が一、屋根が破損した場合、このルーフィングがしっかりと機能していれば、家の内部にまで雨が入り込むことはありません。
しかし、経年劣化による損傷や施工不良のため雨水が入り込むようであれば、ルーフィングを新しいものに取り替える必要があります。

谷樋(とい)板金の劣化や詰まり

一般的な家の屋根には「谷樋板金」といわれる雨樋の役割を持った部分があります。
雨水は谷板金に集められ排水されます。
雨水を集めるために作られた形状なので、他の部分より傷みやすく、劣化による雨漏りや、ゴミなどの詰まりによる雨漏りが起こります。

壁からの雨漏り

次によくみられるのは壁の雨漏りです。
壁紙の染みやクロスの剥がれ、黒カビなどの症状は外壁からの雨漏りが考えられます。
外壁からの雨漏りは主に次の原因が考えられます。
室内にまで雨漏りが侵入している場合、そこから建物内部の劣化が進むため、早急な対処が必要です。

外壁材の破損や劣化

外壁のひび割れや塗装の剥がれから雨水が内部に侵入し雨漏りが起こります。
また、外壁の内部には屋根と同様に、防水のためルーフィングが施工されていますが、劣化してしまうとやはり雨漏りの原因となります。

外壁のひびは初期の小さなものであれば、パテやシーリング材を埋め込むだけで済むこともあります。
サイディングの外壁材なら、問題の箇所のパネルを替えて解決することもあるでしょう。
とはいえ、経年劣化が進んでいるなら、ほかの部分でもひび割れが生じる可能性が高く、根本的解決とは言えません。

外壁のあちこちにひびがあるなら、外壁の張り替えや塗り替えなどの工事が必要になります。
ルーフィングが損傷しているなら、新しいものに交換しましょう。
その際は、耐久性に優れ、結露を防ぐ効果のある「透湿ルーフィング」を使用するのがおすすめです。

雨押え(あまおさえ)板金の劣化

「雨押え板金」とは屋根と外壁の間にある箇所の板金で、壁からの雨漏りを防ぐ役割があります。
「水切り板金」とも呼ばれます。
雨樋にあふれた雨水が家の内部に漏れたり、雨押え板金が劣化して雨が漏れたりすることがあります。

サッシの劣化

サッシまわりの雨漏りの原因として多いのは、シーリングの劣化です。
シーリングにヒビ割れや収縮があると、そこから雨水が侵入します。

ベランダからの雨漏り

大雨が降ったあとベランダに水が溜まるなら、その原因の多くは排水口の詰まりです。
排水口が詰まっていると、水が溜まり室内に雨が流れ込んで雨漏りが起きることがあります。
こまめな掃除で予防できますので、最低でも年に一度は排水口の詰まりがないか確認しましょう。

掃除しても水が溜まる場合は、排水口まわりのひび割れ、笠木部分の雨漏りなどが考えられます。
早めに専門業者に相談してみてください。

雨漏りの対処方法

雨漏りを放置すると、木材の腐食、鉄骨のサビ、シロアリの発生、カビによる家具や健康被害など、いいことはひとつもありません。
少しでも雨漏りしている箇所を確認したら、早めに対処しましょう。

天井からの雨漏りは、バケツやビニールシート、タオルなどを床に敷いて、床材の劣化を抑えます。
屋根にビニールシートを被せる対処方法もありますが、落下や怪我のリスクが高いので、屋内での応急処置に留め、屋外は専門業者に依頼をおすすめします。
外壁や窓のサッシの劣化による雨漏りはシーリング材などを詰める応急処置もあります。
しかし、早めに専門業者に修理を依頼したほうが、被害を最小限にとどめられるでしょう。

修理の費用について

雨漏りの修理費用の目安について修理箇所ごとにご紹介します。
依頼する際の参考にしてください。

屋根の修理費用

簡単に屋根の修理といっても、応急処置で済む修理から、足場を組み大掛かりな修理と、修理内容はさまざまです。
屋根のヒビ割れや破損の簡単な修理で済む場合は、3~20万円前後の相場となります。
屋根材やルーフィング、天井のクロスなど、大規模な修理が必要な場合は、100~150万円ほどと、施工内容によって金額は大きく変わります。

外壁の修理費用

こちらも修理箇所や規模により金額は大きく変わります。
外壁のヒビ割れ補修で済む場合は3~10万円程度、高所の場合では足場代10~20万円程度が加算されます。

外壁の張り替えになると、一般的な一軒家で約200~300万円と高額になります。
重ね張りだと数十万円値段を抑えられます。
放置しておくと家自体の劣化が進み、さらにリフォーム金額がかさむので、早めに対処しておきましょう。

ベランダの修理費用

前述したとおり、ベランダの雨漏りが排水口の詰まりによるものであれば、自分で対処できることもあります。
ヒビ割れの補修や塗装などは、おおよそ7~20万円程度で済むことが多いようです。

築10年以内なら「品確法」により無償補修が可能なことも

2000年4月から施行された法律で、正式には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」と言います。
この法律に基づいて住宅メーカーや工務店は、屋根と外壁、サッシ、排水管など「雨水の浸入を防止する部分」に対して瑕疵担保(かしたんぽ)責任を負わなければなりません。

2000年4月以降に契約した新築物件であれば、住宅の引き渡し後10年間は雨漏りを無償補修または賠償してもらうことが可能です。
雨漏りの際には、早急に建築時の施工会社に連絡をしましょう。

自然災害なら保険を活用できることも

雨漏り修理で火災保険や住宅総合保険を使えることがあるので、ぜひ確認しましょう。
雨漏りの原因が経年劣化や人的な被害ではなく、「風災」「雪災」「雹災」などの自然災害であることが認められれば、保険適用になるかもしれません。

保険の契約内容にもよりますが、修理費用の全額もしくは一部が払われることもあります。
自然災害による雨漏りが起きたら、まずは保険会社に連絡を取り、調査を依頼しましょう。

業者を選ぶポイント

雨漏りの修理は家の修理の中でも難易度が高いので、実績ある優良業者に修理を依頼することが大切です。
業者によって金額も変わってくるので、何社かに見積もりを依頼することをおすすめします。

優良業者を見分けるポイントは、丁寧に現地調査をして原因を特定し、きちんと説明してくれることです。
屋根に破損があったとして、屋根だけを修理しても屋根の内側に問題があった場合、雨漏りは直りません。
内部までよく調べないうちに原因を決めつけたり、過度に高い・安い見積もりを出したり、検討する時間を与えず即座に契約させようとするような業者は避けましょう。

地元密着で評判のいい業者もおすすめです。
大手ホームセンターやハウスメーカーなどでは雨漏り修理を専門にやっているわけではないので、専門業者に依頼して修理することになります。
そうすると中間手数料が発生し、修理費用が高くなります。
地元密着の修理業者に直接依頼したほうがお得です。

また、修理保証を付けてくれる業者を選びましょう。
修理後何のサポートもなく再修理にまた費用がかかると、最初の見積もりが安くても結局大きな出費になることがあるため、注意してください。

雨漏りを防ぐためにできること

雨漏りすると、家の劣化はもちろん、その修理費用など頭を悩ませる問題ばかりです。
以下に、雨漏りを予防するためにできることをまとめました。

屋根の定期点検

屋根は、日々の太陽光や雨など劣化しやすい環境にあります。
しかも住んでいる人が見て確認するのも困難です。
台風や豪雨など災害が起きた場合、屋根が剥がれているなどの異常があるかもしれないので、点検してもらうとよいでしょう。

また、屋根にも耐用年数があります。
スレート屋根やガルバリウム鋼板の屋根塗装の塗り替え周期は10~15年ほどです。
築10年程度で塗装と点検を同時にしてもらうとよいでしょう。

外壁の定期点検

外壁も屋根と同様に築10年ほどで定期点検が必要です。
最近の住宅ではメンテナンスフリーの外壁も多くありますが、シーリングの劣化など、やはり完全にメンテナンスがいらない外壁はありません。
材質や環境によってメンテナンス時期や補修内容も変わってきますが、10年を目安に点検してもらうことは必要でしょう。

目視で異常が確認できる場所は日頃から定期的なメンテナンスをしておきましょう。
それでも万が一雨漏りが発生したら、被害が拡大しないように応急処置をした上で、専門業者に見てもらいます。

まとめ

家の雨漏りを放置すると、木材の腐食、鉄骨のサビ、シロアリの発生、カビによる家具や健康被害など、知らず知らずのうちに被害が広がります。
また、応急処置だけに留めてしまうと、構造内部にまで雨水が侵入し、その後の改修工事がかえって大がかりになるものです。

ただの雨漏りと侮らずに、専門業者にきちんと原因を特定してもらい、しっかりと修理をしましょう。
その際、業者を選ぶポイントをおさえた上で、複数の業者に見積もりを取ってみてください。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加