ドアノブ交換の費用は?費用相場や自分で交換する方法も紹介

ドアノブ交換の費用は?費用相場や自分で交換する方法も紹介

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

ドアノブの交換にかかる費用相場は、玄関であれば30,000~50,000円、室内であれば25,000~50,000円です。

ただし、ドアノブの種類や交換方法によっても異なります。この記事では、鍵の種類ごとの費用や自分で交換する場合の目安を紹介しますね。

ドアノブ交換にかかる費用相場

ドアノブを交換する方法は、自分で交換する方法業者に任せる方法の2通りがあります。それぞれの料金の目安は以下の表にまとめました。

方法料金の目安
自分で交換部品代(2,000円〜)

工具代(100円〜)
業者に依頼作業代(11,000円〜)

部品代・出張代
カギ110番

ドアノブ交換を鍵業者に依頼する場合

ドアノブの交換を鍵業者に依頼する場合、以下の料金がかかります。

  • 作業代
  • 部品代
  • 出張代

作業代の相場は、玄関・室内問わず10,000〜20,000円です。しかし、錠ケースごと交換する場合やドアの構造が複雑な場合は、30,000〜40,000円かかることもあります。

出張代の相場は、無料〜8,000円です。部品代は、選ぶドアノブの種類によって異なります。安価なもので構わなければ、2,000〜3,000円で済みますよ。

玄関のドアノブ交換費用

玄関のドアノブ交換にかかる料金の目安は以下の通り。30,000~50,000円が相場です。

種類料金の目安
レバーハンドル5,000〜40,000円
プッシュプル10,000〜100,000円
サムラッチ25,000〜60,000円
インテグラル3,000〜10,000円

上記の金額に、出張代と作業代が加算されます。

室内のドアノブ交換費用

まずは、室内で使われるドアノブの種類別に費用の目安を紹介します。家の中で使用しているドアノブの交換費用は、25,000~50,000円が相場です。

種類料金の目安
レバーハンドル1,000〜6,000円
チューブラ1,000〜6,000円

合計は、上記の金額に出張代と作業代を加算した金額です。交換する場所別に見た料金の目安は以下の表にまとめました。

種類料金の目安
お風呂場18,000〜35,000円
トイレ16,000〜38,000円

トイレのドアノブ交換だと10,000~20,000円、浴室だと15,000~40,000円が相場です。

故障による交換の場合は、別途で取り外し作業代がかかります。依頼する業者にもよるものの、8,800円程度かかると考えておきましょう。

自分でドアノブ交換する場合

自分でドアノブを交換する場合は、部品代と工具代しかかかりません。部品代は簡易的な鍵であれば、3,000〜5,000円で済むでしょう。

工具はホームセンターのみならず、100円ショップでも購入が可能です。そのため、数百円で済ませることもできますよ。

ただし、セキュリティの高さや機能性にこだわる場合は、部品代だけで10,000〜100,000円ほどかかります。また、防犯性が高いドアノブほど取り付けが難しい傾向にあるため、注意が必要です。

また、自分で交換する場合、以下のようなデメリットがあります。

デメリット
  • 部品選びや取り付け作業などで失敗する可能性が高い
  • 失敗すると、余計な修理・交換費用がかかる
  • 交換が完了するまで時間がかかる

自分で交換するのに自信がない人は、専門業者に相談・依頼しましょう。

ドアノブ本体の部品費用は?

ドアノブ本体の部品費用の目安は以下の通りです。

種類費用の目安
レバーハンドル5,000〜10,000円
円筒錠5,000〜10,000円
インテグラル錠5,000〜15,000円
チューブラ錠3,000〜15,000円
サムラッチ錠25,000〜65,000円
プッシュプル錠10,000〜25,000円
グレモン錠3,000〜10,000円

次の段落からは、各種類の詳細を説明します。

レバーハンドル

レバーハンドル

レバーハンドルとは、ドアレバーを上下に動かすと開閉ができるハンドルのことです。5,000〜10,000円で購入できます。

レバーハンドルのメリットは、力を入れずにドアを開閉できることです。そのため、子どもやお年寄りがいる家庭から人気があります。

円筒錠

円筒錠

円筒錠とは、丸い筒に錠前が収まっている鍵のことです。5,000〜10,000円で購入できます。

円筒錠の特徴は、ドアノブが丸く、中央に鍵穴があることです。外側からは、鍵を差し込み回すことで施錠・解錠ができます。

内側からは、ボタンを押すことで施錠・解錠ができます。

施錠・解錠はできますが、セキュリティ性能はあまり高くありません。そのため、室内用として使われるケースが多い傾向にあります。

インテグラル錠

インテグラル錠

インテグラル錠とは、円筒錠を進化させた鍵です。見た目は円筒錠と似ていますが、ケースの形や内蔵されているパーツなどが異なります。

大体5,000〜15,000円で購入できますよ。インテグラル錠の特徴は、デッドボルトが内蔵されていることです。

デッドボルトとは、本締めを行い固定をするパーツです。円筒錠には仮締めを行うラッチボルトしか内蔵されていません。

そのため、セキュリティ性能はインテグラル錠の方が上と言えるでしょう。

しかし、インテグラル錠は“もぎ取り”に弱いというデメリットがあります。玄関に設置する場合は、他の防犯対策と組み合わせて設置するようにしましょう。

チューブラ錠

チューブラ錠

チューブラ錠とは、ラッチボルトのみでドアを固定するタイプの鍵です。円筒錠と似ていますが、ネジの見え方が異なります。

円筒錠はドアノブを固定しているネジが見えないのに対し、チューブラ錠はネジが見えます。円筒錠と同様に、防犯性が低いので室内用として使われるのが一般的です。

チューブラ錠は、大体3,000〜15,000円で購入できます。

サムラッチ錠

サムラッチ錠

サムラッチ錠とは、サム(親指)でボタンを押すと、ドアの開閉ができる鍵のことです。多くの鍵に装飾がされているので、“装飾錠”とも呼ばれています。

非常に豪華な印象を与える鍵に仕上がっていますが、その分価格が高い傾向にあります。

そのため、サムラッチ錠を希望する場合は、余裕をもった予算を用意しておきましょう。価格の目安は、25,000〜65,000円です。

プッシュプル錠

プッシュプル錠

プッシュプル錠とは、内側からはプッシュ(押す)して、外側からはプル(引く)してドアを開ける鍵のことです。10,000〜25,000円で購入できます。

プッシュプル錠の特徴は、鍵を開ける際、他の鍵のように回したり上下に動かしたりする必要がないことです。

軽く押したり引いたりするだけで、ドアを開けられます。機能性に優れているとして人気があり、最近は住宅の玄関に使われる機会が増えました。

グレモン錠

グレモン錠

グレモン錠とは、鍵とハンドルが一体化している錠のことです。ハンドルを回すと、鍵も連動してロックがかかります。3,000〜10,000円で購入できますよ。

グレモン錠の特徴は、頑丈で壊れにくいことです。

密閉度も高いため、防音性・防振性にも優れています。しかし、防犯性はあまり高くありません。そのため、室内用として導入することをおすすめします。

ドアノブ交換を自分でする流れ・手順

ドアノブの交換は、大きく4ステップに分けられます。初心者でも分かりやすいように説明するので、参考にしてください。

1.ドアノブやドアの計測をする

ドアノブ 計測箇所

ドアノブを交換する前に、計測・確認しておくべき箇所がいくつかあります。この手順を飛ばすと部品選びで失敗しやすいので注意してください。

ドアノブの計測・確認箇所
  1. ドアの厚み
  2. ドアの側面についている金属プレート(フロント)の縦と横の長さ
  3. フロントを固定している上ビスから下ビスまでの距離
  4. ドア側面の端からドアノブの中央までの距離

同じドアノブに交換したい場合は、金属プレートに書かれたメーカー名と型番も確認しましょう。

後は、上記のサイズに合った部品を選ぶのみです。どの部品を選べばよいのか分からない場合は、ホームセンターや工務店のスタッフに相談しましょう。

2.ドアノブを外す

まずは、現在設置されているドアノブを外しましょう。

チューブラ錠の外し方は以下の通りです。

チューブラ錠の外し方
  1. ドアノブを固定している上ビスと下ビスを外す
  2. ドアノブを外す

次に、インテグラル錠の外し方です。

インテグラル錠の外し方
  1. 室内側にあるドアノブの根本を左回りに回す
  2. ドアノブを外す

最後に円筒錠の外し方を紹介します。

円筒錠の外し方
  1. ドアノブの根本にある小さな穴にキリを差し込む
  2. ノブを外す
  3. カバーの溝にマイナスドライバーを差し込み、カバーを外す
  4. プラスドライバーで上下のネジを外す

内側のドアノブを外したら、同じ要領で外側のドアノブも外しましょう。そうしたら、ドア側面のプレートを固定しているビスを外し、ラッチボルトも引き抜いてください。

3.交換用のドアノブを設置する

外した手順と逆の順番で新しいドアノブを設置します。流れは以下の通りです。

新しいドアノブの設置方法
  1. ドアの側面に新しいラッチをはめ込む
  2. プレートを2つのビスで固定する
  3. 角芯がついている方のドアノブをドアの外側から取りつける
  4. 最後に内側からドアノブを取りつける

4.動作確認を行う

ドアノブの動きやラッチの動きなどを確認し、問題ないかチェックしましょう。施錠・解錠もスムーズにできるか確認してください。

異常が見られなければ、交換成功です。

ドアノブ交換費用を安くするコツ

すでにご紹介した通り、ドアノブ交換にかかる費用を節約したいのであれば、自分で交換するようにしましょう。業者に依頼した場合の半額以下に抑えられることもありますよ。

業者に依頼する場合、相見積りを取ると節約につながります。相見積りとは、複数の業者に見積りを出してもらい料金を比較することです。

相場感が養われると同時に、どこに依頼すれば安く済むのかが分かるので実践してみてください。

ただし、業者の中には交換費用をぼったくる悪質な業者も存在します。信頼できる業者を選ぶのも重要ですよ。

この記事では、信頼できるおすすめのドアノブ交換業者を紹介しているので、併せて参考にしてくださいね。

最短即日&事前見積りでドアノブ交換してくれる業者

カギ110番

出典:カギ110番

「業者に依頼したい」「自分で交換したが不具合が起きた」といった方は、カギ110番に相談してみましょう。カギ110番とは、 素早い対応を強みにしている鍵業者です。

連絡から最短5分で駆けつけ、最短即日でドアノブを交換してくれます。

「お店が開店するまでにドアノブを交換してほしい」「お昼までに交換してほしい」といった要望も叶えてくれますよ。

カギ110番は、事前見積りサービスを無料で提供しています。「とりあえず料金だけ教えてほしい」という方は、積極的に問い合わせてみてください。

ドアノブ交換・修理にかかる費用

  • ドアノブ交換:8,800円〜
  • ドアノブ修理:8,800円〜

カギ110番は、出張費+作業費+部材費のコミコミ価格です。

すべてを含めた料金は、見積りで出してくれますよ。

サービスの流れ

  1. まずはフリーダイヤルWebで相談
  2. 最短5分で到着
  3. 作業時間最短5分

\24時間365日対応可能/
Web
まずは相談
電話
すぐ対処したい

こちらでは、カギ110番の口コミや評判をまとめて紹介しています。参考にしてくださいね。

ドアノブ交換費用についてよくある質問

最後に、ドアノブ交換でよくある質問をご紹介します。

交換するドアノブはホームセンターでできる?

家に出張する必要があるため、ホームセンターではドアノブ交換に対応できない店舗が多いです。

ただしドアノブは販売されているため、ホームセンターで購入したドアノブを自身で交換することは可能ですよ。

賃貸のドアノブ交換費用は誰が負担する?

賃貸のドアノブを変えたい場合、費用を誰が負担するのかは 交換の理由によります。故障や経年劣化など、やむを得ない理由であれば大家さん・管理会社負担です。

しかし、防犯性を強化したい、デザインが気に入らないなど個人的な理由であれば借主負担です。根本的に、賃貸のドアノブを勝手に交換することはできません。

交換する前に、大家さん・管理会社の許可を取る必要があります。

そのため、ドアノブを交換したい場合は許可を取ると同時に誰が費用を負担するのか、大家さん・管理会社に聞いてみましょう。

賃貸のドアノブ交換をしても良い場合や注意点についてはこちらの記事でも紹介していますよ。

ドアノブ交換費用まとめ

  • ドアノブの交換費用は、自分で交換する場合と業者に依頼する場合で大きく異なる
  • 自分で交換した方が安上がりだが、失敗する可能性が高いので全員にはおすすめできない
  • 業者に依頼するなら、相見積りを取ってどこに依頼すれば安く済むのか比較しよう

今回は、ドアノブの交換費用はいくらなのかについて説明しました。自分で交換する場合は数千円程度で収まることもあります。

しかし、業者に依頼する場合、作業費や出張費などが加わるので数万円かかることが一般的です。

安く済ませたいのであれば自分で交換するのが理想ですが、これは万人におすすめできる方法ではありません。

失敗する可能性が高いからです。そのため、少し割高でも業者にドアノブの交換を任せることをおすすめします。

おすすめの業者は、カギ110番です。東証上場企業が運営している安全な業者なので、安心して任せられますよ。

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加