iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

家の屋根瓦修理のポイント!施工業者はどうやって選べばよいのか

家の屋根瓦修理のポイント!施工業者はどうやって選べばよいのか

家の屋根瓦は常に風雨にさらされているうえ、災害時にはまともにダメージを受けてしまいます。
そのため、修理をするケースも少なくありません。
信頼できる業者を選び、安全に修理を進めていきましょう。

屋根瓦の壊れる原因は?

「頑丈にできている屋根瓦が崩れたり壊れたりしないだろう」と考えていても、家の瓦はささいな原因でずれていくこともあります。
どんなときに壊れてしまうのか、いくつかの原因が考えられます。

強風

もっとも注意するべきなのが強風による破損です。
台風などで強風や突風が来ると、瓦が動いてしまうことがあります。
それによって並びがずれるなどの問題が起きます。

強く固定してある瓦でも安全とは限りません。
長い間、風にさらされ続ける場所ではどうしても耐久性は落ちていきます。
そして、わずかなずれがだんだん広がっていき、やがて屋根全体が崩れていってしまいます。

老朽化

瓦は基本的に、粘土や炭などの素材でできています。
これらの素材は耐火性が高く、衝撃も吸収しやすいなどのメリットがあります。
しかし、永久に質が変わらないわけではありません。

粘土をそのまま焼いた「いぶし瓦」は、耐用年数が40~50年と言われていますが、それでもある程度の年月が経過すると、表面に加工されている防水シートが剥げて瓦がだんだんもろくなっていきます。
一部の瓦が欠けたり崩れたりすると、屋根全体がずれていく可能性があります。

隣家の変化

近隣住宅の状況も影響します。
隣家に風がさえぎられて、屋根瓦が守られている場合もあるからです。

逆に、隣家が取り壊されたり改修したりするなど周辺状況が変化すれば、風の流れが変わり屋根瓦にダメージが蓄積しかねません。
あるいは、隣家が新しく建てられたとしても同じように風向きが変わることはありえます。

屋根瓦がずれてしまうデメリットは?

単なる飾りだと思っていると、屋根瓦がずれてもあまり気にはならないでしょう。
しかし、瓦にはさまざまな役割があります。
修理せずに放置していると問題が連鎖していくこともありえます。

雨もり

瓦は屋根を雨から守っています。
もしも瓦がずれたり壊れたりすると、その隙間から雨がしみこんで家の中に漏れ出してしまいます。

また、木造住宅の場合、湿気は大きなダメージを与えます。
素材を腐らせたり、カビを生み出したりして快適性を奪っていくでしょう。

見た目

外側から見たとき、景観が悪くなるのは大きなデメリットです。
それほど年月が経っていない住宅であっても、古びて見えることがあります。
家を売ることを考えているなら査定額にも関わってきます。

温度調整ができなくなる

冷気や湿気を防いでくれるのも屋根瓦の長所です。
そのため、瓦が破損したり崩れたりすると、その隙間から外気が侵入し、室内の温度が上昇したり急激に下がったりしてしまいます。

快適に生活し続けるには、屋根瓦の破損を放置していてはいけません。
気づいた時点ですぐに修理すると、最小限の修理で収まる可能性が高くなります。

屋根瓦を修理する方法

DIYで瓦を直すのは不可能な作業ではありません。
手順と道具さえ把握していれば、未経験者でも実践はできます。

小規模の破損は防水テープで

一部の瓦が壊れてる程度であれば、防水テープで修理しましょう。
ひび割れや破損に沿ってテープを貼り、瓦を元通りにしていく方法です。
防水テープは大きなホームセンターに行けば購入できます。

この方法だと、特に専門的なスキルは必要ありません。
再発しないように丁寧に作業を施していくだけです。
ただ、瓦だけでなく下地にまで被害が及んでいないかをチェックしておきましょう。

パテを使って補修

手軽なテープが登場したことにより、パテを使って修理する人は少なくなりました。
しかし補強した後の耐久力でいえばパテのほうが優れています。
下地をきれいに掃除したうえで、丁寧に破損部分へとパテを塗り込んでいきましょう。

大きな破損になればパテだけだと不安が残ります。
その場合は下地にアルミニウム鋼板を補強します。
瓦のカーブに沿って板を敷いて曲げていきます。

ずれた瓦は元通りに

瓦がずれているだけの場合、位置を直していく作業を行います。
ただ、丁寧に直さなければ余計に状態が悪化してしまいます。
また、ずれた部分の下地が破損しているケースもありえます。
メンテナンスもかねてゆっくり作業していくのがコツです。

いざとなれば瓦を新しく張り替える

もしも台風などの影響で瓦が大量にはがれてしまった場合は、一度きれいに残骸を除去しなければなりません。
その上で新しく瓦を張り替えていきましょう。
この作業を「葺き替え(ふきかえ)」と呼びます。

DIYで瓦を修理するデメリット

いかなるケースでも自力で瓦修理ができるわけではありません。
むしろ、作業が大掛かりになればさまざまなデメリットが生じます。

危険度が高い

瓦修理は高い屋根に上って修理をします。
しかも瓦はカーブを描いているので足の踏み場が難しいといえます。
慎重に歩みを進めなければ転落事故などにつながりかねません。

そのうえ、雨が降った後などは足場が滑りやすくなっています。
高い場所に慣れていない人がいきなり足場の不安定な屋根の上で修理を上手に行うにはかなりの危険が伴います。

ノウハウ

瓦修理の手順自体はシンプルです。
しかし、いざやってみるとかなり繊細で奥の深い仕事だということがわかるでしょう。

わずかなズレで瓦は崩れてしまいます。
またパテやテープを丁寧に扱わなければ補修も上手くいきません。
瓦を1枚取り換えるだけでも、何工程もあります。

たとえば瓦パテで修理するには割れた瓦を引き上げる、割れた瓦の油分や水分を取り除く、割れた場所に瓦パテを塗り込む、取り除いた瓦の下地を掃除などです。
ひとつひとつの作業は単純ですが、複数の工程があるため大変です。
また、何より屋根に上ったことでかえって瓦を傷つけてしまう危険もあります。

DIYで瓦を修理したいなら、最初から最後まで気を抜かずに行うことが肝心です。
それが難しいようであれば修理をお願いするのが最善の方法でしょう。

費用

瓦1枚あたりの費用は数百円程度ですが、大規模な張り替えともなれば、数万円ものコストがかかってくることもあります。
そのうえ、ヘラやテープなどの道具も買いそろえるとなれば余計に費用は高くなります。

それだけのお金をかけたにもかかわらず、DIYでは仕上がりが悪くなることも少なくありません。
時間と費用に見合っただけの成果が得られるかどうかは、作業を行う前に考えたいところです。

修理業者に頼むメリット

もしも自力での瓦修理が難しいと感じたなら専門の修理業者に頼んでみてはいかがでしょうか。
プロフェッショナルたちが的確な判断のもと、危険な作業もスムーズに遂行してくれます。

安全性が高い

業者に依頼する最大のメリットは安全性です。
修理業者は専門的なスキルも専門道具もすでに持っているため、無理せず作業を進められます。
家主が自分で修理をするよりもはるかに安全に修理を終わらせてくれるでしょう。

雨漏りチェックをしてもらえる

瓦修理以外のさまざまなオプションを行使できるのも専門業者ならではの魅力です。
たとえば、「雨漏りチェック」は家主にとってありがたい調査だといえます。
雨漏りはわずかなひび、損傷から起こることも珍しくありません。

それを一般人が見つけようとすればたいへんな労力となります。
また、専用の機材がないとなかなか発見できません。
修理のついでにチェックしてもらえれば、トラブル予防に結びつきます。

結果的に費用も安い

それでも「やはり自分でやったほうがコストは削減できる」と考える人も少なくないでしょう。
ただし、自力で修理したとしても失敗してしまっては意味がありません。
結局はまた修理をやり直して、時間とお金を無駄にしてしまいます。

スキルのある専門業者に頼めば作業は1回で終わります。
そのうえ、屋根の補強もしてくれるので以前よりも頑丈な瓦になることさえありえます。
将来的にかかる費用を考えた場合、最終的には安上がりになる可能性もあります。

修理業者の選び方

実際に修理を業者に頼むのであれば、いろいろな部分を比べて検討しましょう。
料金はもちろん大切ですが、打ち合わせをしていけば業者ごとの特徴に気づくはずです。
自分の求めている条件に合う業者と出会い、してほしい作業をすべてしてもらうことが瓦修理では非常に大事です。

交渉の態度を見極める

業者選びでは見積書を提示してもらうのが基本です。
ただし金額が納得できない場合は、交渉に入ります。

交渉内容をすんなり受け入れてくれる業者が優良とは限らないので注意しましょう。
あえて法外な価格を提示しておいて、値引きをすることでお得感を演出しようとする業者もいます。
複数の見積書を比較検討すれば、その価格が適正かどうか、相場から外れていないのかが確認できます。

作業内容をしっかり把握する

瓦修理では足場を組んで安全を確保し、細かい作業を進めていくのが一般的です。
そのため、足場代を見積もり段階で記載している業者もいます。
もしも足場代が書いていないのなら、「足場代はどうなっていますか?」と質問してみましょう。

あえて詳しい金額を伏せておき、「諸経費」などの名目で料金をつり上げようとする業者がいます。
見積書に少しでも不審点がある場合は打ち合わせ段階で追求し、曖昧な部分のない状態で作業を依頼しましょう。

資格や実績を調べる

修理業者のスキルは実績に比例する部分が大きいといえます。
優良な業者ほど案件が多く舞い込み、たくさんの経験を積むことでさらにスキルが磨かれていきます。

ホームページで実績をアピールしている業者も多数います。
しっかりチェックしましょう。

また、「瓦屋根工事技士」をはじめとして、業者のスキルを証明できる資格はたくさんあります。
これらを取得していることをサイトに公開していることもあります。
実力を信用できる業者を見つけてから作業を依頼しましょう。

まとめ

家の瓦が壊れるのは不可抗力だといえます。
特に、台風や大雨で瓦が崩れてしまうことは珍しくありません。
ただ、瓦を放置していると雨漏りなどの被害が悪化してしまいます。

そうなる前に、すぐ修理して被害を食い止めましょう。
瓦の修理はDIYでも行えますが、業者に任せるのが安全です。
ノウハウと実績を兼ね備えた業者であれば、スムーズに瓦を補修してくれます。

ただ、業者の実力はいろいろです。
見積書をとったうえで比較検討して優良業者を見極めましょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加