コンセントの修理は自分でできる?費用相場やどこに依頼できるのかも解説

コンセントの修理は自分でできる?費用相場やどこに依頼できるのかも解説

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

私たちの生活に欠かせないコンセント。「コンセントの修理は自分で行ってもよいのか」と疑問の方も多いでしょう。

この記事では、コンセント修理DIYの可否について解説します。

良い業者を選ぶ際のポイントや、おすすめの業者、修理・交換すべき目安なども併せて紹介するので参考にしてください。

コンセント修理は自分でできる?

コンセント修理は、基本的に一般人が自分で行うことはできません

なぜなら、コンセント本体の工事ができるのは、電気工事士の資格所有者のみと法律で定められているからです。

「じゃあ、コンセント修理を自分でできると聞いたことあるけどどういうこと…?」と思った方もいるでしょう。

そのような方の疑問を解消するために、「自分での対応が許可されている範囲」と「業者に依頼すべき範囲」に分けて解説します。

自分でコンセント修理できる場合

“コンセント本体”の修理は上述の通りできません。しかし、コンセントのプレート部分の修理・交換と、プラグの交換であれば自分でも可能です。

名称特徴条件
コンセント本体
  • プラグを抜き差しする穴が付いている部分
  • 壁内部の電気配線につながっている
「電気工事士」の資格が必要
カバープレート
  • 壁の保護や穴を隠す目的
  • 簡単に取り外せる
資格不要

コンセント修理を依頼した方がよい場合

コンセント本体の修理は、カバーを除くほかの修理はすべて「電気工事事業者」に依頼したほうが無難です。

なぜなら、無資格の人が行うコンセントの交換作業は、感電や漏電、更には火事まで引き起こしてしまう危険があるからです。

そもそも資格なしで修理した場合は、電気工事法違反になってしまいます。

資格を持っていない人が工事を行った場合は、「3万円以下の罰金、または3ヶ月以下の懲役」が科せられることもあるので気をつけましょう。

出典:e-GOV

コンセント修理を依頼できる場所&費用

ここでは、コンセント修理はどこに依頼できるのかについて紹介します。

  • 大手電力会社
  • ホームセンター
  • 家電量販店
  • 電気工事業者

大手電力会社

電気の契約を大手電力会社と結んでいる場合には、電気にまつわる問題に対して相談や工事に対応してくれる窓口があります

大手電力会社なので、安心感があるのが特徴です。

例えば東京電力では、以下のコンセント・スイッチだと取り替えてくれます。

  • 感震コンセント
  • トラッキング火災防止用コンセント
  • 光機能付きスイッチ
  • センサー付きスイッチ

詳しい料金についての記載はありませんでしたが、一般的には大手電力会社での修理費用は高くつくと言われています。

見積りは無料で出してくれるので、興味のある方は一度相談してみるとよいでしょう。

ホームセンターの場合

ホームセンターは、コンセント修理を依頼する業者というよりも、DIYする際の相談窓口という位置づけです。

DIYで必要な工具や材料を買うのにも最適です。そのため、コンセント修理の専門とは言えません。

しかし、場合によっては近所のホームセンターへ依頼することもできます。

ホームセンターでは暮らしのサポートとして、家電の設置や緊急駆けつけなどの様々なサービスを提供しています

「コンセントの修理」に関して明確なサービス表記はありませんでしたが、「小さなお悩みでもお気軽に何でもご相談下さい。」との表記がありました。

お近くのホームセンターで「どうしても修理をお願いしたい」という場合には、一度相談してみるとよいでしょう。

家電量販店の場合

家電量販店の場合もホームセンターと同様、コンセント修理を依頼する場所というよりも、修理に必要なものを購入する場所という側面が強いです。

家電量販店では、エアコンなどの電化製品の購入をする際に「コンセント増設」を「電化製品取り付け」と同時に行うサービスがあります。

コンセントの増設をしたい場合には、電化製品の購入とともに家電量販店に相談してみるとよいでしょう。

その場合は、電気工事業者に頼む場合よりも費用を抑えられる可能性があります。

しかし、「コンセント修理・交換」に焦点を絞った場合には、家電量販店で対応できる可能性は低いです。

大手家電量販店であるヤマダ電機でのコンセント修理について解説しているので、併せてご覧ください。

電気工事業者の場合

一番おすすめのコンセント修理場所は、電気工事業者です

なぜなら、電気工事に特化して資格のある人が集まっているプロ集団だからです。

電気工事業者の場合、以下の料金から対応してくれます。

コンセント交換3,300円~
コンセント増設5,500円~

一番の強みは、電気工事士がすでに在籍していて中間手数料が発生しないため、料金が安い点です。

これまで紹介した場所は、下請けの電気工事士に修理依頼するのが基本です。そのため、中間手数料分が上乗せされてしまう可能性が高いです。

電気工事業者は、技術力が高い上に無駄な費用も抑えられるので、どこにするか迷ったら、電気工事業者に依頼するのが良いでしょう。

電気工事110番

コンセント修理を依頼する業者の選び方

コンセント修理を行う業者が多くありすぎて、どこを選べばいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そのような方のために、業者の選び方のポイントを4つ解説します。

  • 電気工事士資格の有無
  • 地域に密着した修理会社かどうか
  • 相見積りをだして料金を比較する
  • 対応の迅速さと柔軟さ

電気工事士資格の有無

電気工事士の有無を確認することは、不要なトラブルを防ぐために重要です。

先述の通り、コンセント修理は電気工事士のみができる作業です。

安心してコンセント修理を行うためにも、資格の有無は必ず確認しましょう。

地域に密着した修理会社かどうか

住んでいる地域に近いかどうかは、費用を抑える上で重要です。

なぜなら、家から遠い業者に依頼をすると出張費が別でかかり、料金が高くなってしまう場合があるからです。

近くの業者に頼めれば、出張費の心配がいらないので安心して頼めるでしょう。

相見積りをだして料金を比較する

相見積りをだして比較することによって、費用を抑えられます

さらに、相見積りは節約に役立つだけではありません。

実際に相談することによって、業者の対応の良さや知識があるかどうかのチェックにも役に立ちます。

見積りや相談は、無料で行ってくれる業者が多いので気軽に相談してみてください。

対応の迅速さと柔軟さ

対応の速さや柔軟さは、緊急度が高い「コンセント修理」には重要です。

コンセントが故障してしまった場合は、漏電などの可能性も考えられるため、できるだけ早く修理したほうが良いでしょう。

「忙しくてなかなか修理依頼できない…」という悩みの方でも、365日24時間営業の業者に頼めば、いち早く修理ができます。

そのため、「どのくらいのスピードで対応してくれるか」や「営業時間の幅広さ」は非常に重要なポイントです

休日はもちろん、早朝・深夜でも修理を受け付けてくれる業者があるので、自分のニーズに合わせて業者を選びましょう。

最短10分で駆けつけ!コンセント修理にオススメの業者

電気工事110番

出典:電気工事110番

一番おすすめな業者は、電気工事110番です。

電気工事110番とは、なんと電気工事対応評価で4冠を達成したコンセント修理・交換業者です。以下4点の項目でNo.1をとっています。

  • 顧客満足度No.1
  • アフターフォローNo.1
  • 価格満足度No.1
  • ご利用シェアNo.1

多くの人が満足している証拠なので、安心してコンセントの修理を任せられます。

電気工事110番は、「お客様目線で丁寧に接客してくれる業者に依頼したい」と考えている人におすすめです。

また、作業日に関して土日祝日はもちろんのこと、平日の深夜や早朝での作業希望にも対応してもらえます。忙しくて時間が取れない方にも、非常におすすめです。

そのため、業者選びで悩んでいる人は、まず電気工事110番に相談してみるとよいでしょう。

相談料無料なので、電話・メールで気軽に問い合わせてみてください

コンセント修理費用

電気工事110番が定めるコンセント修理・交換料金は、以下の通りです。

コンセントの交換5,500円〜
通常用コンセントの増設8,800円〜
野外用コンセントの増設13,200円~

コンセント修理の流れ

コンセント修理・交換の流れは以下の通りです。

  1. 電話WEBで電気工事110番に相談
  2. 無料で現地調査&見積り
  3. 作業日のすり合わせ
  4. コンセントの修理・交換を開始
  5. コンセントを確認・支払い
  6. 完了

作業日に関しては、土日祝日はもちろんのこと平日の深夜や早朝での作業希望にも対応してもらえるので、忙しくて時間が取れない方におすすめです。

\24時間365日全国受付対応中/

電気工事110番で見積り

コンセント故障時に自分でできる対処法

「業者に頼めばいいことは分かったけれど、作業員が到着するまではどうすればいいの?」と疑問の方もいるでしょう。

そのような方のために、業者が来るまでの間に、自分でできる簡単な応急処置について紹介します

すぐに業者を呼べない場合は、絶縁テープでコンセント穴を塞ぐのがおすすめです

絶縁テープとは、電気を通さないガムテープのようなテープです。ホームセンターなどで100~500円程度で手に入ります。最近は100円ショップでも購入できるみたいなので参考にしてください。

絶縁テープを張ることによって、子どもやペットがコンセント破損部分に触る事故や、ホコリによる感電などを防げます

注意する点は、絶縁テープを張るときに露出したコンセント部分に素手で触らないことです。

ガムテープでも対応可能か疑問に思った方もいるかもしれません。しかし、できるだけ絶縁テープを使うようにしましょう。

なぜなら、ガムテープは温度に弱く耐久性が低いので絶縁効果があったとしても、ガムテープを使わないほうが安全だからです。

コンセントを修理する目安

コンセントが一応使えていたとしても、少しでも異変を感じたら速やかに修理や交換することをおすすめします

コンセントの寿命は、およそ10年くらいと言われています。しかし、年数が経ってなくても修理が必要になる場合はよくあるのでそのポイントを紹介します。

発熱がある

コンセントが異常な熱を持っている場合は、注意が必要です。

なぜなら、コンセントから発火する可能性が高まり、危険だからです。

熱を持っている場合は、コンセント本体で接触不良や断線が発生している可能性があります。

発熱だけでなく差し込み口の焦げを発見した方もいるかもしれません。焦げている場合は、以下の原因が考えられます。

  • 消費電力が大きすぎることによるプラグ接続部分の発熱
  • ホコリなどによる放電

いずれにせよ、焦げたコンセントの修理や交換を依頼しましょう。

コンセントの破損

カバーや差し込み口の部分にゆがみやひび割れがある場合は、コンセントの劣化が進んでいる証拠です。

すぐに問題が発生しなかったとしても、使用を続けていると漏電や発火の危険性が高まります。放置せずに速やかに交換しましょう。

コンセントの差し込み口がゆるい

差し込み口がゆるいと、電源コードの発熱や出火が起こる可能性があります

差し込み口がゆるんだコンセントとプラグの間にはホコリがたまりやすいです。そのホコリが水分を吸収することで漏電して発火してしまいます。

コンセントの差し込み口が緩くなる原因は、プラグの頻繁な抜き差しです。コンセントを長期間使っている人は、安全のために差し込み口がゆるくなっていないか、確認してみましょう。

まとめ

この記事では、「コンセント修理は自分でできるのか」や業者の選び方などについて紹介しました。

コンセント修理は、コンセントカバーを除いて、一般人にはできません

法律で決められていることなので、自分でできると思ったとしても、プロの業者にお任せしましょう

コンセントは、少し異変があったとしても使い続けることができます。しかし、そのまま放置してしまうのは発火や火事の原因になるので非常に危険です。

安全のためにも、異変に気づいたら放置せずに速やかに業者に依頼しましょう

どこの業者がいいか迷ったら、電気工事110番がおすすめです。

料金や対応の比較がしたい人は、無料で見積りが出せるので相見積りもしてみてくださいね。

\24時間365日全国受付対応中/

電気工事110番で見積り

日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?
最安修理ドットコムには以下の強みがあります!


  • 掲載店舗数約2万店舗
  • 修理サポート記事1,600本
  • クチコミ数23万件超え

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、鍵や水まわり等あらゆる修理店情報を掲載しています。
掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加