iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

パソコンから突然ビープ音が鳴ったらどうする?原因や対処法を解説

「ビープ(beep)音」とは、突然パソコンから聞こえる断続的な機械音のことです。
パソコンに不調がある場合、ビープ音が原因究明のカギになります。
当記事では、ビープ音が鳴る原因や対処法について詳しく解説します。

ビープ音とは?

パソコンの起動時や使用中に、突然「ブーッ、ブーッ」「ピッピッ」などの音が鳴り、びっくりした経験はありませんか?
パソコンメーカーや機種によって、ブザーのような音だったり、機械的な電子音だったりします。

普段聞いたことがない音が急に鳴り出すと、このままパソコンが壊れるのではないかと、恐怖を感じる人もいるようです。
この明らかにパソコンの動作音とは異なる規則的な音を「ビープ音」といいます。

ビープ音が鳴るのはBIOS(バイオス)が異常を検知したから

ビープ音は「警告音」や「エラー音」とも呼ばれ、パソコン本体に搭載されているBIOSが内部の異常を検知し、ユーザーに異常を知らせるために鳴ります。
ビープ音が鳴るのは割りと深刻な状態であり、このまま放置していては重大なトラブルになりかねないため、早いうちに対処してほしいという警告の意味があります。

そのため、ビープ音が鳴ったからといって、パソコンの寿命が訪れたというわけではありません。
BIOSの警告に沿って適切な対処を行えば、また平常通りに使えるようになります。

BIOSとは?

BIOSとは、「Basic Input Output System(ベーシック・インプット・アウトプット・システム)」の略で、一般的なパソコンに搭載されているプログラムです。
BIOSは、パソコンの命ともいえるマザーボード(基板)に直接記録されています。

そのため、パソコンの電源を入れるとHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)にインストールされているWindowsよりも先に、BIOSが起動します。
正常時は、その後すぐにWindowsが起動するため、BIOSが起動したことにすら気づかないことがほとんどでしょう。

BIOSは、パソコン内部のCPUやメモリなどのハードウェアの状態を診断した上でWindowsを読み込みます。
BIOSの診断の際に何か問題が見つかれば「ビープ音」を鳴らして警告を発するわけです。

関連記事:BIOSが起動しないときの症状や原因と対処方法を徹底解説 ▶

ビープ音の鳴り方で故障箇所が判断できる

ビープ音は初めて聞くと驚かれるでしょうが、実は非常によくできたPCトラブルのお知らせツールです。
断続的なビープ音の鳴り方のパターンによって、故障箇所やトラブルの原因を探ることができるよう、BIOSにプログラムされています。
使用言語の異なる世界中のユーザーに対して、音のパターンで変化をつけることにより故障箇所を知らせられるので、便利な方法といえます。

ビープ音のパターンを聞き取ろう

ビープ音は、鳴らす長さにパターンがあります。
「ブッ、ブーッ」や「ピッ、ピーッ」といった具合に音の鳴る時間が異なり、間に無音時間を短く挟むので、長短の区別は分かりやすいでしょう。

この短い音と長い音を組み合わせて鳴らす回数で、パターンに変化をつけています。
「ツー」と「トン」の組み合わせで文字を表すモールス信号のようなものと考えるとよいでしょう。

取扱説明書などでは、ビープ音の短音を「・」、長音を「-」などの記号や数字で表すことがあります。
たとえば「・-・・-」なら、「短音1回・長音1回・短音2回・長音1回」、音で表すと「ピッ、ピー、ピッピッ、ピー」というパターンを示しています。

パターンは多岐に亘り、「・・」「---」や「-・・・・・・」など長めのものもあるため、どのパターンなのかよく聞き取りましょう。
なお、メーカーによっては音の高低で変化を付けている場合もあります。

ビープ音のパターンは、BIOSの種類やメーカーごとに異なるため、取扱説明書やサポートページなどで各社の対応表を確認してください。
それぞれのパターンの意味と原因が記載されているため、対処法が判断できるでしょう。

ビープ音が鳴ったときはどうする?

ビープ音が鳴るのは、CPUやメモリ、ディスクドライブなどのハードウェアに原因があるケースがほとんどです。
一般的に考えられる原因の多くは、内部のホコリにより排熱がうまくできず熱を帯びた場合や、キーボードが詰まってキーのオン・オフが効かない場合、メモリやグラフィックボードの装着異常、マザーボードの故障などです。

これらの対処法として、以下の作業を行うのが一般的とされています。

放電作業を試してみる

パソコンは給電して使うため、長時間使っていると、本体内部に不要な電気が溜まってしまうことがあります。
いわゆる「帯電」という状態です。

パソコン内の回路や部品などが帯電すると、動作が不安定になり、電源が入らなかったり急にシャットダウンしたり、再起動を繰り返したりなどの症状が見られます。
このようなケースでは、ビープ音は必ずしも鳴らないことがあるため、内部に溜まっている電気の放電作業が有効です。

帯電した電気を放出して逃がすことにより、動作の不調が改善されるケースが多く、パソコンメーカーでも放電作業を推奨しています。
放電作業はメーカーにより、またはデスクトップかノートパソコンなどによっても手順が異なることがあります。

必ず、自分のパソコンのメーカーの機種にあった正しい方法で放電作業を行ってください。
同じメーカーのパソコンでも、放電処置を行う際に電源ボタンを長押ししたり、特定のキーをいくつか組み合わせて長押ししたりなど、操作指示に違いがあるためです。

基本的な作業内容は、パソコンの電源を切り、周辺機器を取り外します。
バッテリーや電源コードなども抜き取り、数分~数十分待てば放電が終わります。

その後、取り外したものを接続しなおし、電源を入れてみましょう。
帯電に原因があった場合は、これで正常に起動するはずです。

BIOSの初期化を行う

パソコンを起動したときにビープ音が鳴ったものの、BIOSの画面が表れただけで一向にWindowsが起動しない場合は、BIOSの不調が考えられます。
ビープ音が鳴らずにBIOS画面が表示され、そのまま進まないこともあります。

放電作業を行っても不具合が改善しないときは、BIOSの設定を初期化してみましょう。
初期化といっても、パソコンのデータを消去するわけではありません。
BIOSの画面が表示されていない場合は、下記の手順で初期化します。

  1. パソコンの電源を入れ、メーカーロゴが表示されたらすぐにキーボードの[F2]キーを連打(メーカーや機種によって方法が異なる場合があるため要確認)
  2. 一番上に「Setup Utility」と書かれたBIOSの設定画面が表れたら、BIOSセットアップユーティリティの起動成功(Windowsが起動した場合は再起動する)
  3. [F9]を押して設定を初期化(購入時または工場出荷時の状態)する
  4. 「Load Optimized Defaults?(デフォルト値をロードする)」と尋ねられるので、キーボードの矢印キーを使って[Yes(はい)]を選択し、[Enter]を押す
  5. [F10]キーを押すと「Save configuration and reset?(変更を保存して終了する)」と表示されるので、[Yes(はい)]を選択し[Enter]を押す
  6. BIOSが初期化され、その後Windowsが正常に起動すれば作業完了

頻繁にビープ音が繰り返されるときは?

ビープ音が鳴っても、少しの間をおいてWindowsが起動し、普通に使えることがあります。
また、再起動しただけで使えるようになる場合もあるでしょう。
しかし、何の対策もせずにそのまま使い続けた場合、ビープ音が鳴る間隔が短くなり、頻繁にビープ音を繰り返すことがあります。

症状が重い何らかのトラブルが発生している場合は、最悪の場合、パソコンが起動しなくなってしまいます。
ビープ音は不調を知らせているため、トラブルの症状が進行する前に早急な手を打たなければなりません。

起動している間にデータのバックアップを!

万一に備えて、パソコンが起動できるうちに、重要なデータのバックアップを取ることをおすすめします。
ディスクに大容量のデータがあれば、バックアップには時間がかかりますが、定期的にバックアップを取っておけば、差分データだけのバックアップで済みます。

パソコンの不調でいつ壊れてしまうか分からない状態のときに、長時間かけてバックアップを取るのは不安なものです。
データをクラウドに保存したり、定期的にバックアップを保存したりするなどの対策を行いましょう。
パソコンの修理・買い替えとなっても、バックアップデータさえあれば大切な動画や写真、書類などのデータを失わずに済みます。

ビープ音とともに現れる怪しげな詐欺警告に注意!

パソコン使用中に突然ビープ音が鳴り、「ウイルスに感染しました!」という画面が表示された場合、注意してください。
警告画面にある電話番号に電話をするよう指示があったり、怪しげなURLのクリックを誘導したりする事例が報告されています。
このようなケースは詐欺の可能性が高いです。

うっかり電話をしてしまうと、遠隔操作詐欺の被害に遭ってしまいます。
このような場合は、ウイルス対策ソフトで駆除するか、パソコンをリカバリする必要があります。
いずれにしろ、パソコンの重要データは日頃からバックアップしておくことをおすすめします。

自分で対処できないときはパソコン修理業者に相談を!

パソコンに詳しくないと、Webなどで調べながらビープ音の対処をするのも難しいものです。
パソコンの専門用語もよく知らない場合は、さらに難易度が上がり時間もかかってしまうでしょう。
それどころか、状態をさらに悪化させる危険性もあります。

そうなってから修理に出しても、かえって高い修理代がかかることになりかねません。
自分で対処する自信のない方は、症状の軽いうちに、早めにパソコン修理業者に相談してみることをおすすめします。

モバイル保険に入っておけば“もしも”のときに安心

モバイル保険

「モバイル保険」は、スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォン、スマートウォッチ、携帯ゲーム機、ノートパソコンなどが、万が一故障した際に補償するモバイル機器専門の保険サービスです。

スマ-トフォンの画面割れや水没、カメラ機能の故障、盗難にあってしまったなど、持ち歩く機会の多いモバイル端末は、なにかとトラブルが多いもの。
端末機が故障した際、買い換えるのは高額なので「出来るだけ費用を抑えて修理したい」という人も多いのでは?

モバイル保険に入っていれば、月額700円で年間10万円まで何度でも修理費用保険金が補償され、事故が発生した時の自己負担額がありません。

さらに、一つの契約につき3台まで補償されるのも嬉しいポイント。
スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォンなど3台の組み合わせは自由に選べます。

モバイル保険サービスの流れ

  • 故障:補償対象の端末が事故にあった
  • 修理:修理店で端末の修理
  • 保険金申請:WEBから簡単に申請可能
  • 保険金受領:申請内容を審査し、5営業日以内に保険金が振り込まれる

面倒な手続きなしで保険金が申請でき、5営業日以内に振り込まれるので、とってもスピーディー。
緊急の場合も安心ですね。

モバイル保険を検討する

まとめ

突然、パソコン本体からビープ音が鳴り出しても、慌てる必要はありません。
落ち着いて対処すれば元通りに使えるようになります。

しかし、対処法によっては操作が難しい場合もあります。
そんなときは、速やかにデータのバックアップを取り、パソコンの修理業者に依頼したほうが得策です。

最安修理ドットコム」なら、お近くの格安パソコン修理業者が簡単に見つかるので、ぜひお試しください。

最安修理.com 最安修理.comで修理料金を比較しよう

「iPhoneの画面が割れてしまった!」「ボタンが反応しない!」こんな経験はありませんか?


iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理価料金を比較するなら最安修理.comがおすすめ。


全国各エリアの修理店が登録されていて最も安い修理価格がすぐにわかります。スマホなら郵送修理を使えば手間なく簡単に修理に出すことが可能です。


まずは近くの修理店を探してみてはいかがでしょうか?

近くの修理店を探してみる

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加