パソコンがフリーズしたらどうすればいい?原因やWindows10における対処法を解説

パソコンがフリーズしたらどうすればいい?原因やWindows10における対処法を解説

パソコン作業中に画面が動かなくなってしまうことを「フリーズ」と言います。
この記事ではフリーズの状態別に、解消法を解説。
フリーズを起こす原因とその予防策についてもご紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

point!

パソコンがフリーズしたときは…

年間16万件以上の実績があるパソコンサポートであらゆるトラブルを解決!

\通話料無料!パソコン修理相談/

最安修理ドットコムPCサポート

フリーズする原因は?

パソコンがフリーズすると、データを保存できないなどのトラブルに見舞われます。
できれば避けたい事態ですよね。
では、なぜこのようなフリーズが起こるのか、原因を理解しておきましょう。

パソコンがフリーズする原因はいくつかあるので、順番にわかりやすく説明します。

アプリソフトウェアの不具合

アプリソフトウェア自体に不具合があると、パソコンがフリーズすることがあります。
特にOSのアップデート後は、アプリのバージョンと適合しないなどの理由で不具合が起こることも。
特定のアプリソフトウェアだけがフリーズする場合は、このケースかもしれません。

アプリケーションをアンインストールする方法(Windowsの場合)

  1. [スタートメニュー]→[設定]の順にクリック
  2. [アプリ]をクリック
  3. インストールされているアプリの一覧表が出てくるので、アンインストールしたいアプリをクリック
  4. 表示された[アンインストール]をクリック
  5. 「このアプリとその関連情報がアンインストールされます」と表示されるので[アンインストール]をクリック

ハードディスクの不具合や故障

ハードディスクとは、データやプログラムを保存しておくための記憶装置です。
大量のデータを保存すると、様々な場所にデータが断片的に保存されるため、読み取るのに時間がかかります。
また、故障などによりデータが読み取れないなどトラブルが発生することもあります。

大量のデータを放置しているとフリーズしやすくなるため、データは定期的に整理しておきましょう。
またハードディスクが故障している場合は、修理に出す必要があるかもしれません。

メモリの不足

メモリとは、パソコンの作業台の広さのようなものです。
広い作業台だと一度に多くの作業が可能ですが、小さいと少しずつしか作業できません。
このメモリが不足すると処理が追い付かず、フリーズしてしまうというわけです。

メールチェックくらいであれば、4GBほどのメモリでも問題ありません。
しかし動画編集などたくさんのメモリを必要とするソフトを使うときや、同時に複数のソフトを使うときは、少なくとも8GB以上は必要です。

パソコンに熱がこもる

パソコンの内部に熱がこもると、フリーズしやすくなります。
熱暴走と言われる現象です。
原因として考えられるのは、以下の4つです。

  • ほこりがたまる
  • 冷却ファンの不具合
  • 長時間の使用(部品の発熱)
  • 暑すぎる環境

パソコンには熱暴走を防ぐためのファンが付いていますが、そこが故障したりほこりがたまったりすると、うまく熱が逃げずに不具合を起こします。
また、35℃以上の環境だと、うまく作動しないこともあるので気を付けてください。

外付けドライブの不具合

外付けのドライブディスクを使用している場合、うまく適合できずにフリーズすることがあります。
外付け機器を付けるとフリーズする場合は、きちんと適合する機器を調べて、交換しましょう。

ウイルスに感染

ウイルスの感染がフリーズの原因という可能性もあります。
ウイルスには、プログラムを破壊するタイプのものだけでなく、CPUやメモリを消費させて、結果的にフリーズを起こすものもあります。

windows11にアップグレードした

パソコンのOSをアップデートした直後には、フリーズなどの不具合が起きがちです。
実際、windows11にアップデート後にフリーズやアプリの誤作動などが報告されているので、心当たりのある方はこちらの原因を疑ったほうがいいかもしれません。
windows11にアップグレードしたらパソコンが起動しないという場合、周辺機器を取り外すといった対処法も試してみましょう。

フリーズの状態に合わせて対処しよう

パソコンがフリーズすると言っても、アプリソフトウェアだけが動かない程度のものから、パソコンが何の反応も示さないという深刻なものまであります。
そこで、フリーズの症状に合わせた対処法を解説していきますね。

本当にフリーズしているかを確認

一見フリーズを起こしているように見えても、本体に何も問題がない場合もあります。
フリーズかどうかを見極めるポイントは以下の2つです。

  • 接続機器に問題はないか
  • アクセスランプが光っていないか

接続機器に問題がないか

有線のキーボードやワイヤレスのマウスなどを使っているのなら、電源が入っているか確認した上で入力に問題ないかを確認しましょう。
単純に電池切れの可能性もありますので、反応がない場合は電池を交換してみてください。

入力機器の故障や電池切れはフリーズに近い状態に見えますが、入力機器からパソコンに信号が行っていないだけで、本体には全く問題がない状態です。
この状態でフリーズしたと勘違いして強制シャットダウンを行うと、パソコン本体も故障する原因となるのでよく確認して行うようにしましょう。

アクセスランプが光っていないか

画面が動かなくなってしまった時でも、完全なフリーズではなく処理に時間がかかっているだけの可能性があります。
ハードディスクのアクセスランプが点滅しているなら、処理中なので数分待ってみましょう。
数分程度待って解消する場合は、処理に時間がかかっているだけの可能性が高いので、そこまで気にする必要はありません。
しかしあまりに時間がかかる場合は、メモリ不足やアプリケーションの不具合、ウイルス感染などを疑ったほうがいいかもしれません。

また、画面が固まっていてもマウスのポインターが動く場合もフリーズではなく、そのアプリが不安定な状態にあると考えられます。
数分待ってみるか、アプリケーションを終了して別のアプリケーションが動くか試してみましょう。
このような時はいきなり電源ボタンを押すのではなく、プログラムから強制終了を呼び出して電源を切ることができるかもしれません。

特定のアプリソフトウェアだけが動かない場合

たとえば、「エクセルソフトが動かなくなったけどそのほかのソフトウェアは動く」といった場合です。
ある特定のアプリソフトウェアのみ固まっている場合は、フリーズではなく単純に処理に時間がかかっている可能性があります。

まずは、数分~数十分待ってみましょう。
砂時計のマークが出たり、リングがグルグル回っている場合は、パソコンが処理を行っている最中です。
また、パソコンのアクセスランプがピカピカ光っているのも、フリーズではなく処理中のサインなので、少し待ってみてください。

そこまで待っていられない場合や、何も動きがなくフリーズしている場合は、ソフトウェアを終了させましょう。
終了させるには、以下の方法があります。

  • 右上の×マークをクリックする
  • マウスを右クリックして[ウインドウを閉じる]を選択
  • [Alt]+[F4]キーで終了する
  • [タスクマネージャー]でソフトウェアを終了させる

[タスクマネージャー]を起動するには、[Ctr]+[Alt]+[Del]キーを同時に押します。
[タスクマネージャー]の[プロセス]というタブに起動中のソフトウェアが表示されているので、終了したいソフトウェアを選んでください。
右下にある[タスクを終了]をクリックして完了です。

Windows8.1やWindows10の場合、スタートメニューを右クリックすると[タスクマネージャー]が出てきます。
こちらから起動させても大丈夫です。

スタートメニューやデスクトップが動かない場合

アプリケーションは反応しているのに、スタートメニューやタスクバーが反応しない場合です。
Windowsでサインインした後に最初に表示されるアプリケーションを「シェル」と呼ばれています。
Windowsの標準シェルは「Windowsエクスプローラー」と呼ばれるもので、これがフリーズしてしまうとスタートメニューやデスクトップの表示が正常に行われなくなってしまいます。

最近のシェルは自動で再起動するようになっていますが、再起動が行われない場合は手動で再起動できるので以下の手順を試してみましょう。

  1. [タスクマネージャー]を起動し、[詳細]をクリックして詳細表示モードに変更
  2. [詳細]タブの中から[explorer.exe]を選択し、右クリックして[タスクの終了]を選択
  3. 確認のダイアログボックスで[プロセスの終了]をクリック
  4. [タスクマネージャー]のファイルメニューから[新しいタスクの実行]を選択
  5. [explorer]と入力後、[OK]を選択

マウスやキーボードが動く場合

特定のアプリソフトウェアだけでなく、全体的にフリーズすることもあります。
それでもマウスやキーボードが動くなら、以下の方法を試してみてください。

  • [タスクマネージャー]で、CPUの数値が高いソフトウェアを終了する
  • [Ctr]+[Alt]+[Del]キーでサインアウトする
  • スタートメニューから[再起動]する

CPUというのは、パソコンの頭脳のようなものです。
この数値が高いソフトウェアを終了すると、フリーズが解消することがあります。

ソフトウェアを終了してもフリーズしたままであれば、一度サインアウトしましょう。
[タスクマネージャー]を起動した方法と同じく、[Ctr]+[Alt]+[Del]キーを同時に押します。
すると[サインアウト]が出てきます。サインアウトした後、少し置いて再度サインインしてみてください。

スタートメニューが動くなら、ここから[電源]を選択し、再起動するという方法もあります。
再起動すると、たいていのフリーズは解消することが多いです。

メニューのみ表示できる場合

「Ctrl」キーと「Alt」キーと「Del」キーを同時に押すと出てくるメニューのみが選択できて、他の画面はフリーズしてしまっている場合です。
特定のアプリケーションが原因で全体がフリーズしている場合、タスクマネージャーで原因のアプリケーションを止めればいいのですが、その原因のアプリケーションが分からないこともあります。
メニュー自体に反応があるということは、Windows自体は正常に動作していると考えられるので、そういった時は起動しているアプリを全て止めるため、強制的にサインアウトするといった手段があります。
少々荒いやり方にはなりますが、サインアウトをするとユーザーが起動したアプリはすべて停止するため、フリーズが解決するこかもしれません。

全く何も動かない場合

マウスもキーボードも全く反応しない場合はどうしたらいいのでしょうか。
解決策としては以下の3つがあります。

  • マウスやキーボードのケーブル、電池を確認する
  • 電源を長押しして強制終了
  • 電源コードを抜くか、バッテリーを外して強制終了

最終的には強制終了という手段もありますが、その前にマウスやキーボードに不具合がないか確かめてみてください。

マウスやキーボードが有線の場合は、ケーブルが外れていないか、ワイヤレスの場合は電池が切れていないか確認してみましょう。
マウスかキーボード、どちらかだけでも動いていれば、パソコン本体の問題ではなく、周辺機器の不具合かもしれません。
マウスやキーボード以外の周辺機器がある場合は、それも取り外して、パソコンが動くか確認してみてください。

それでもフリーズしたままであれば、残念ですがパソコンを強制終了しましょう。
電源ボタンを長押しすると終了できます。
それでも電源が切れない場合は、電源コードを抜いたり、バッテリーを外してみてください。

リモート操作で再起動する

ネットワークに接続されてさえいえれば、リモート操作ができる場合があります。
同じネットワークからログインして、シャットダウンか再起動をできる可能性があるので、そちらも試してみるとよいかもしれません。

パソコンのフリーズをプロに相談

最安修理ドットコムPCサポート by Dr. Hme Net

パソコンがフリーズして動かなくなってしまうトラブルはよくありますよね。
対処法を試しても改善しないときは、パソコントラブルのプロに相談してみましょう。

有料訪問サポートシェアNo.1を獲得しているドクター・ホームネットが委託運営しているのが最安修理ドットコムPCサポート。
パソコンの修理はもちろん、設定からサポートまで、あらゆるパソコントラブルを解決してくれます。

PCサポートの特長
  • 日本全国最短即日サポート
  • データを保護した修理
  • 安心の事前見積
  • 年間16万件以上の実績

最安修理ドットコムPCサポートは、年中無休&最短即日で全国対応しているパソコントラブル解決サービス。
持込修理出張修理宅配修理に対応しているので、パソコンの状況や生活スタイルにあわせて修理方法を選べるのがうれしいポイント。
また、”データを消さないパソコン修理”をモットーとしているので、可能な限りデータを保護して作業を行います。
パソコンに関するお悩みがあれば気軽に相談してくださいね。

修理依頼の流れ

  1. まずは専用フリーダイヤルで相談
    ※受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  2. パソコンで困っている内容を伝える
  3. 料金体系についての案内を受ける
  4. 希望の日時を伝えて訪問日時を決める
  5. 予約当日に現地で診断・見積り
  6. 見積り了承後に修理
\通話料無料!パソコン修理をすぐ相談/

0120-234-451

「電話で相談する前に、PCサポートの料金体系や作業料金について詳しく知りたい」という方向けに、最安修理ドットコムPCサポートのサービス内容をまとめています。

フリーズを起こさないための予防策

このように、パソコンがフリーズする原因はいくつかあります。
パソコンは精密機械なので、日頃からきちんとケアをしてフリーズを防ぎましょう。
具体的な方法を解説していきます。

ソフトウェアとドライブを常に最新にする

アップデートを怠ると不具合が起こり、フリーズする可能性が高くなります。
ソフトウェアやドライブのアップデートは後回しにせずに、必ず更新しましょう。
ほとんどのアプリは自動的にアップデートするようになっていますが、自動で更新されないものもあります。
以下の手順で手動で更新することも出来るので、覚えておきましょう。

  1. Windowsキーを押しながら[X]キーを押す
  2. [デバイスマネージャー]をクリック
  3. 更新したいデバイス名をダブルクリック
  4. 表示されたデバイスドライバーを右クリックして、一覧から[ドライバーの更新]をクリック
  5. [ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索]をクリック
  6. デバイスドライバーの更新結果が表示されたら完了

ハードディスクは定期的に整理する

ハードディスクを放置すると、データが分散して重くなり、フリーズしやすくなります。
「デフラグ」という作業を行い、データをまとめて最適化すると、スムーズに動くようになります。
デフラグはハードディスクに負荷をかけるので、数ヶ月~1年に1度の目安で行うのがおすすめです。

デフラグの方法

  1. ハードディスクをエクスプローラーで表示する
  2. 右クリックして[プロパティ]を選択
  3. [ツール]タブを表示
  4. [ドライブの最適化とデフラグ]の[最適化]をクリック

ディスクがハードディスクドライブ(HDD)ではなく、ソリッドステートドライブ(SSD)の場合は、デフラグの必要はないようです。
また、Macの場合はOSが自動的にデフラグを行っているため、ユーザーが手動でやる必要はありません。

メモリを増やす

メモリが不足するとパソコンの動きが鈍くなります。
このメモリ不足を解消する方法は、2つあります。

  • 使用していないアプリソフトウェアを停止する
  • 外付けメモリを増設する

動かしているソフトウェアが増えるほどメモリは消費されるので、必要のないものは閉じましょう。
全く使用していないアプリソフトウェアは、削除しても大丈夫です。

4GBなど少ないメモリで頻繁にフリーズするなら、メモリを増設した方がよいかもしれません。
タスクマネージャーを確認すると、どれくらいのメモリが消費されているか確認できます。
不足しているようなら、外付けメモリを検討してみてください。

windowsの場合、スタートボタンからシステムの画面にいくと自分のパソコンのスペックが確認できます。
気になった方は確認してみるとよいでしょう。

ほこりや暑い環境を避ける

熱暴走を防ぐことも心がけましょう。

  • ほこりがたまらないように掃除をする
  • 35度以上の環境で使用しない・直射日光を避ける

以上の方法で、熱がこもるのを防ぐことができますから、パソコンの置き場所などを工夫してみてください。

セキュリティソフトを入れる

ウイルス対策としては、セキュリティソフトを入れるという手段があります。
まだソフトを入れていないという方は、これを機にインストールを検討してみてはいかがでしょうか。

セキュリティソフトにはいろいろな種類があるので、体験版で動作を確かめてから購入するのがおすすめです。
セキュリティソフトはとてもメモリを消費するので、十分なメモリがあるかも事前に確認しておきましょう。

修理に出す

いろいろな対策をしてみても、どうにも調子が悪いという場合は、プロに任せてみるのも1つの方法です。
自分ではどうにもならないような状態でも、専門業者なら解決できることがあります。
お住まいの地域にある専門業者をチェックして、一度相談してみてはいかがでしょうか。

早急に修理して欲しい方は、最短即日対応の最安修理ドットコムPCサポートに一度相談してみましょう。

まとめ

パソコンがフリーズした場合、強制終了は最後の手段です。
パソコン内のデータが壊れるなどのリスクがあるので、安易に強制終了せずに、まずはご紹介した手段を試してみてください。
そしてフリーズを繰り返さないためにも、日頃からメンテナンスを忘れないようにしましょう。

自分では解決できない場合は、諦めずに修理の専門業者に相談してみましょう。
「最安修理ドットコム」で近くの修理業者を探しましょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加