キーボードの掃除を効率的にする方法!分解できないノートパソコンの掃除や掃除道具も紹介

キーボードの掃除を効率的にする方法!分解できないノートパソコンの掃除や掃除道具も紹介

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

パソコンのキーボードは普段から掃除をしているでしょうか。

キーボードは不衛生になりやすく、掃除を怠ることで不具合の原因にもなってしまいます。

ここではキーボードの掃除方法や、キーボード掃除に使えるおすすめ商品などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

キーボードが汚れる主な原因

キーボードが汚れる主な原因には、以下のようなものがあげられます。

キーボードが汚れる主な原因

  • 食べ物のかすやこぼした飲み物の跡
  • ほこり
  • 手の皮脂や汗・髪の毛・ふけ

イギリスの専門家の調査によると、掃除をしていないキーボードは、拭き掃除をしたトイレ便座より5倍も不衛生であるという結果が出ています。

長い期間掃除をしていないキーボードに触ることは、非常に不衛生です。

また、キーの下に汚れが溜まると接触不良の原因になります。こまめな掃除を心がけましょう。

キーボードは大きく分けて3種類ある

キーボードには、大きく分けて3つの種類があります。

種類キーの取り外し特徴
メンブレン式×価格が安い
内部にゴムを使用
静穏性が高い
メカニカル式価格が高い
同時押しが可能
ゲーミングキーボード向き
パンタグラフ式×静穏性が高い
ノートPC向け
キーの高さが低い

メカニカル式キーボードはキーの取り外しが可能ですが、メンブレン式やパンタグラフ式はキーの取り外しを想定していません。

よってキーボードの掃除方法は、キーの取り外しができるタイプとできないタイプにより異なります。

PCサポート_最短即日

キーボードの掃除方法

早速キーボードの掃除方法を解説します。 キーの取り外しができるタイプとできないタイプ、それぞれの方法を紹介するので参考にしてください。

キーの取り外しができるキーボードの掃除方法

掃除に必要なものは以下の通りです。

  • キートップ引き抜き工具(マイナスドライバーで代用可)
  • ウェットティッシュ(OA機器用)
  • メラミンスポンジ
  • 綿棒
  • エアダスター

キーは素手でも外せますが、無理に力をいれると破損してしまうので気を付けましょう。

また、ウェットティッシュの種類によっては塗装が剥がれてしまうので、OA機器用のものを使用しましょう。

キーの取り外しができるキーボードの掃除手順
  1. スマホなどでキーボード全体の写真を撮る
  2. キートップ引き抜き工具を使いキーを外す
  3. 外したキーはウェットティッシュやメラミンスポンジを使い掃除する
  4. 裏面隙間の汚れは綿棒やエアダスターを使い取り除く
  5. キーボード本体も用意した道具を使い掃除する
  6. 最初に撮った写真を参考にキーをはめる

キーの取り外しができないキーボードの掃除方法

掃除に必要なものは以下の通りです。

  • ウェットティッシュ(OA機器用)
  • メラミンスポンジ
  • 綿棒
  • エアダスター

キーボードを掃除するときは、必ず電源を落としてから行いましょう。

エアダスターがない場合は、掃除機でも代用可能です。

キーの取り外しができるキーボードの掃除手順
  1. キーボードを逆さにし、エアダスターで表面・キーの隙間の汚れを除去する
  2. ウェットティッシュ・メラミンスポンジ・綿棒を使い掃除する

各メーカーが推奨するキーボードの掃除方法

キーボードの掃除方法を説明しましたが、基本的にはメーカーが推奨する方法で掃除を行いましょう。

なぜなら、もしも掃除を行ったことで不具合が出たときに、メーカーが保証してくれない恐れがあるからです。

例えばDellでは、以下の化学成分を含む化学薬品または製品の使用を控えるよう案内しています。

  • 塩素ベースのクリーナー(漂白剤など)
  • 過酸化物(過酸化水素を含む)
  • アセトン、塗料用シンナー、ベンゼン、塩化メチレン、トルエンなどの溶剤
  • アンモニア(例、Windex)
  • エチルアルコール

上記いずれかの化学薬品を使用すると、製品によっては表面に修復不可能な損傷が残る可能性があります。

掃除を行う前に、メーカーによる案内を一度確認しておきましょう。

主要メーカーの案内一覧

出典:Dell

キーボード掃除に使えるおすすめ商品

ここではキーボード掃除に使えるおすすめ商品を紹介します。

キーボード掃除が格段に楽になるので、掃除の習慣化ができますよ。

Room Logic ジェルクリーナー

掃除がしにくいキーボードの隙間に入り込んで、ゴミやほこりをしっかりと取り除けます。

キーが外せないタイプのキーボードの掃除におすすめです。

使用時にベタつきにくく、粘着力がなくなるまで繰り返し使えますよ。

サンワサプライ クリーニングブラシ CD-BR15GYN

ほこりを付きにくくする導電性繊維入りの除電ブラシが、ほこりと同時に静電気を除去してくれます。

ブラシ部分をスライドさせ収納できるので、清潔に保管できます。

1本あれば、ほこりの付きやすいディスプレイの掃除もできるためおすすめですよ。

エレコム エアダスター 逆さ使用OK

強力噴射でほこりやゴミを吹き飛ばすエアダスター(ダストブロワー)です。

逆さ使用OKなので、どんな角度で使用しても冷却液が噴出しません。

パソコン以外のOA機器やお家の掃除にも活躍するので、自宅に置いておくと便利です。

キーボードが汚れるのを予防する方法

キーボードは素手で触る以上、ある程度汚れるのは仕方ありませんが、使い方次第で毎日の汚れの溜まり方は変わります。

掃除の頻度を減らすためにも、以下の予防方法を試しましょう。

パソコンのそばでの飲食は避ける

キーボードが汚れるのを防ぐには、パソコンを使いながらの飲食は避けるのがベストです。

特に水分を含むものは、キーボードが故障する恐れがあります。

やむを得ない場合は、トングや箸などを使うと手とキーボードを汚しにくいためおすすめです。

キーボードカバーを使う

こまめに掃除をするのは面倒だという方は、キーボードカバーを使うのがおすすめです。

カバーを使うとキーボードを上から覆えるため、ほこりや手の汚れ、食べかすなどがキーボードに溜まるのを防げます。

防水機能があるカバーなら、飲み物をこぼしたときにも安心です。

気が向いたときにカバーのみを洗えばいいので、掃除の時短にもつながりますよ。

手入れしやすいキーボードを使う

例えば、凹凸が少ないフラットなボタンのキーボードを使うとほこりが入りにくいです。
ほかにも、水洗い可能な防水キーボードも販売されています。
水を直接かけて洗浄できるという代物で、分解しなくても掃除ができるため便利です。

キーボードスライダーを使う

キーボードスライダーを使うと、机の下にキーボードを収納できます。
収納することで、キーボードにほこりがふりかかるのを軽減することが可能です。
さらに、机の上が片付くため、本来キーボードを置いていたスペースを別のことに有効活用できます。

キーボードスライダーは、後付けタイプと常設タイプの2種類から選べます。
すでにパソコンデスクを持っている場合は、後付けタイプを選ぶと導入費用を抑えられます。
ただし、机の高さを計算した上でスライダーを選ばないと、使い勝手が悪いので注意が必要です。

後付けタイプには、ネジ留め型とクランプ型の2種類があります。
しっかりと固定できるのはネジ留め型です。

クランプタイプは、机に穴を開ける必要がありませんが、ネジ留め型よりも安定性に欠ける面があります。
安定性を重視するならネジ留め型、机を傷つけたくない場合はクランプ型を選ぶとよいでしょう。

キーボードの掃除を効率的にする方法!まとめ

今回は、キーボードの掃除方法や、キーボード掃除に使えるおすすめ商品などを紹介しました。

キーボードは定期的に掃除をしないと不衛生ですし、キーの下にほこりやゴミが溜まると不具合を起こすこともあります。

ぜひこの記事を参考に、キーボードの掃除を行ってみてくださいね。

日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?
最安修理ドットコムには以下の強みがあります!


  • 掲載店舗数約2万店舗
  • 修理サポート記事1,600本
  • クチコミ数23万件超え

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、鍵や水まわり等あらゆる修理店情報を掲載しています。
掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加