CPUの熱暴走を防ぐ!適正な温度を保つ対処法を紹介

CPUの熱暴走を防ぐ!適正な温度を保つ対処法を紹介

パソコンが異常に高温になる、ファンの音がいつも大きい、などの違和感を覚えていませんか?
それは熱暴走の前触れかもしれません。
放置すれば故障につながる恐れもありますので、正しい対処方法を知っておきましょう。

CPUの「熱暴走」とは?

熱暴走とは、パソコンの集積回路である「CPU」が非常に高温になることによって発生するトラブルのことです。
パソコンを含め電化製品全般は、長時間使用すると熱を持ちます。
電化製品の作動中は、内部回路の導線を大量の電子が活発に移動しており、電子同士の摩擦熱が発生しているからです。

特にCPUには高密度で導線が集まっており、非常に高温になりやすいのです。
その熱により、CPUの作動が停止するばかりか、回路自体が焼けてしまうことすらあります。
中でもノートパソコンは熱が溜まりやすく熱暴走が発生しやすいため、適切な温度を保てるように対策が必要です。

CPUの安全装置

現在多くのパソコンに採用されているインテル社のCPUでは、熱暴走でCPUが損壊してしまうことを防ぐために、安全装置が搭載されています。
過剰な熱が発生すると、自動でシャットダウンしたり、処理を極端に遅くしたりして、CPUに深刻なダメージが出ないようにしているのです。
この安全装置作動によるシャットダウンや処理落ちを含めて、一般に「熱暴走」と呼んでいます。

ただしこの安全装置は、古いCPUには搭載されていない恐れもあります。
心配な方は下記インテル社サイトで、ご自身のCPUを検索し、「サーマル・モニタリング・テクノロジー」(安全装置)が搭載されているかチェックしてみましょう。

出典:インテル

熱暴走の症状

パソコンの熱暴走では、次のような症状が代表的です。

  • 電源が突然落ちる
  • 再起動を繰り返す
  • ブルー画面になり停止する
  • フリーズする
  • マウスが操作不能になる
  • エラーが頻発する

このような症状が見られるときは、CPUの熱暴走が考えられます。
もし安全装置がうまく働かず、CPUが完全に熱暴走してしまうと、パソコン自体が起動不可能になることもあります。
そのほか、ハードディスクが熱暴走した場合、記録していたデータがすべて消えてしまうなど、取り返しのつかない事故が起こる可能性もあるのです。

熱暴走を防ぐために

一時的な熱暴走の繰り返しならば、適切な対策で、改善や予防が可能です。
修理業者に依頼する前に、次のことをご自身でチェックし、心がけてみてください。

通気口を塞がない

デスクトップパソコンをご使用の場合は、まず通気口の位置を把握しておきましょう。
背面にあることが多いですが、側面にあることもあります。
もし壁やほかの機器がその通気口の近くにあると、パソコンの排熱を妨げてしまい、熱暴走させる原因になります。

ノートパソコンの場合、通気口が底面にある場合が多いので、デスクに密着させないようにすることが大切です。
具体的には、ノートパソコンを置く際、デスクとの間に2~3cm隙間を作るだけでも放熱を助ける効果があります。
市販の専用スタンドを使用すれば設置も安定し、より効率的な排熱が期待できます。

日差しにも注意する

最近では働き方も多様化し、パソコンを一定の場所に固定していないオフィスも増えてきました。
デスクが自由に選べる会社にお勤めの方は、窓側の席で業務をこなす日も多いかもしれません。

しかし強い日差しが当たる場所では、当然その日光の熱を受けて、パソコンの放熱効率は落ちます。
なるべくカーテンなどで直射日光を遮蔽し、空調などによって通気を確保しましょう。
長時間の作業や、重い処理が必要な作業は、別の場所で行うことをおすすめします。

パソコンを節電設定にする

近年のパソコンには、消費電力をセーブする電源プラン(Windows10なら「省電力プラン」)が、搭載されている場合がほとんど。
この電源プランに切り替えれば、モニターの明るさを抑え、パフォーマンスも控えめにすることで、パソコンの稼働量を自動で減らしてくれます。
その分、発熱の抑制になり、熱暴走しにくくなるのです。

部屋の温度を下げてみる

パソコンを使用する部屋は30℃以下にしましょう。
パソコン内部の温度は室温より7~8℃は高くなるので、例えば、夏場にエアコンをかけずにパソコンを使うなどすると、熱暴走の恐れが生じます。

パソコン使用時は、適度に空調を効かせましょう。
極端に部屋を冷やす必要はありませんが、最低限、人が暑く感じない程度の室温は保っておきましょう。
風がパソコンにも当たるように、扇風機を配置することも効果的です。

冷却用のアイテムを活用する

パソコンにはファンがついていますが、それだけでは冷却効果が不足する場合も多々あります。
そのため、冷却を補佐するさまざまなアイテムが、市販されています。

簡単に手に入れやすいものに「卓上扇」があります。
通気口の近くに置くだけで、通常より多くの風をパソコン内に送り込めるため、高温化防止に役立ちます。
USB給電式のタイプなどもあるので、使用環境に合ったものを選びましょう。

ノートパソコン用に「吸引式」ファンも市販されています。
これは卓上扇のように外から風を吹き付けるのではなく、内部から排出されてくる熱風を吸引することで、排熱効果を高めるものです。

先述のように、ノートパソコンを冷やすためには、デスクと直に接しないようにすることが大切です。
その際、ノートパソコン専用の「ファン付きのスタンド」を下に敷けば、底からの送風により放熱をさらに効率化できます。

また、パソコンの動作を軽くする方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

パソコン内部の不具合

パソコンが多くの情報を処理し、たくさんの電子が行き来している以上、発熱自体は仕方のないことです。
しかし、あまりに過剰な熱がしばしば発生しているようなら、パソコン内部の不具合や故障も考える必要があります。

上でご紹介した対策をしても、パソコンが頻繁に高温になる場合は、次のこともチェックしてみてください。

パソコン内部のほこり

冷却用のファンは、外気を引き込む際に、細かなほこりも吸い込んでいます。
そのため、気が付かないうちに、パソコン内部に大量のほこりが詰まってしまっていることが多いのです。

放っておくと通気がどんどん悪くなり、熱暴走の可能性が高まってしまいます。
それだけでなく、極度の高温で回路が焼き付いたり、最悪の場合、ほこりに着火したりしてしまう危険性もあるのです。
通気口にたくさんのほこりが付着しているようなら、まずはそれを拭き取ることから始めましょう。

掃除機を使えば、内部のほこりまで取り除くことができます。
この場合パソコンの電源を切り、掃除機を弱にするなどして、パソコンに負担がかからないように注意しましょう。

デスクトップパソコンの場合は、できれば蓋を開けて丁寧に掃除することがおすすめです。
本体の蓋は、簡単に手で開けられるものや、数本のビスを外すだけで開けられるものがほとんどです。
必ず電源を落とし、部品の脱落などに注意しながら、時々は内部まできれいに掃除してあげるようにしましょう。

ただしデスクトップパソコンではなく、ノートパソコンの場合は、内部に精密部品が密集しています。
蓋も簡単に開けられないものが多いので、プロの業者に掃除を依頼することをおすすめします。
この記事の最後にご紹介しますが「最安修理ドットコム」では、適切な専門業者を手早く見つけることができますので、ぜひご活用ください。

冷却ファンの故障

長く使っている場合、冷却用のファン自体が経年劣化で故障していることも考えられます。
このファンは常に動いているために、他のパーツと比べて劣化が早いです。

熱暴走が頻発し、ファンからいつもより大きい回転音や異音が聞こえる、または逆に、回転音が一切聞こえない、といったときは、ファン自体の故障かもしれません。
専門の修理業者に見てもらい、必要なら、新しいファンに交換してもらいましょう。

熱暴走以外のトラブル

ファンの故障や、ほこりが原因となる熱暴走以外にも、パソコンを長く使用していれば、さまざまなトラブルが発生します。
例えばCPUやハードディスク自体の劣化によっても、フリーズが頻発したり、アプリケーションの立ち上げに長時間かかったりなど、パソコン全体の動作が不安定になります。
つまり、先述したような熱暴走の症状は、決して熱暴走だけに限ったものではない、ということです。

高温になっているわけでもなく、ファンなどの部品が故障している様子もないのに、突然パソコンの調子がおかしくなった場合は、OSのバージョンと特定のアプリケーションのバージョンとが対応していない、などの理由も考えられます。
新しいアプリケーションを入れてから不具合が増えていないか、OSが最新のものにアップデートできているかなどを、日常的にチェックする習慣を付けておきましょう。

アプリケーションやOSに問題が認められないにも関わらず、不具合が繰り返される場合は、BIOSなどのシステムが破損している場合もあります。
またそのほか、ウイルスの感染などの多様な原因が考えられるので、早めに専門業者に点検や修理を依頼するようにしましょう。

保証書を確認

熱暴走やその他の故障は、保証期間中ならメーカーに依頼することで、無償で修理してもらえる可能性があります。
保証期間を過ぎている場合は、メーカーよりも、修理専門業者へ依頼した方が、修理費用を安くできることもあります。
慎重を期すなら、いつくかの業者に見積もりを出してもらい、比較検討することが大切です。

専門業者を選ぶなら

しかし、いざ点検や修理を実際にお願いしたいと思っても、どこに頼めばいいかわからずに困ってしまう方は多いかもしれません。
また、業務でパソコンを使用している方にとっては、一刻も早く確実な復旧が望まれることでしょう。

そんなときは「最安修理ドットコム」を利用してみましょう。
お住まいの地域から、修理内容に応じたさまざまな専門業者を一括検索し、比較することができます。
修理費用の目安や、店舗の場所、さらに口コミまで掲載されており、修理業者を効率よく選択できます。

パソコン使用者にとって、熱暴走は比較的ありふれた出来事かもしれません。
しかし放っておくとパソコンの破損につながる危険なものです。
設置環境を整え、ほこりをこまめに取り除くなどのメンテナンスを欠かさないようにしつつ、もしトラブルが解消されないときには、早めに専門業者に見てもらいましょう。

パソコントラブルをプロに相談

最安修理ドットコムPCサポート by Dr. Hme Net

「再起動が終わらない」「動かない」といったパソコンのトラブル。
自分でできる対処方法を試してみたけれどそれでも解決しないときは、パソコントラブルのプロに相談してみましょう。

有料訪問サポートシェアNo.1を獲得しているドクター・ホームネットが委託運営しているのが最安修理ドットコムPCサポート。
パソコンの修理はもちろん、設定からサポートまで、あらゆるパソコントラブルを解決してくれます。

PCサポートの特長
  • 日本全国最短即日サポート
  • データを保護した修理
  • 安心の事前見積
  • 年間16万件以上の実績

最安修理ドットコムPCサポートは、年中無休&最短即日で全国対応しているパソコントラブル解決サービス。
持込修理出張修理宅配修理に対応しているので、パソコンの状況や生活スタイルにあわせて修理方法を選べるのがうれしいポイント。
また、”データを消さないパソコン修理”をモットーとしているので、可能な限りデータを保護して作業を行います。
パソコンに関するお悩みがあれば気軽に相談してくださいね。

修理依頼の流れ

  1. まずは専用フリーダイヤルで相談
    ※受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  2. パソコンで困っている内容を伝える
  3. 料金体系についての案内を受ける
  4. 希望の日時を伝えて訪問日時を決める
  5. 予約当日に現地で診断・見積り
  6. 見積り了承後に修理
\通話料無料!パソコン修理をすぐ相談/

0120-234-451

「電話で相談する前に、PCサポートの料金体系や作業料金について詳しく知りたい」という方向けに、最安修理ドットコムPCサポートのサービス内容をまとめています。

まとめ

パソコンのトラブルで起こりがちな“熱暴走”について詳しくまとめました。

不具合が起こったときは、冷静に熱暴走の症状や対応方法、その原因などを見極めましょう。
もし修理が必要な場合は、修理専門業者に相談してみると解決への近道になるかもしれませんよ。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加