パソコンを放電するやり方・帯電で起きる症状!バッテリーが外せないときは?

パソコンを放電するやり方・帯電で起きる症状!バッテリーが外せないときは?

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

パソコンに不具合が起きる原因はさまざまですが、「帯電」がトラブルのもとになっていることがあります。

そこで当記事では、帯電が原因で起きるトラブルの対処法や、おすすめの修理業者についてご紹介します。

パソコンの帯電で起きる症状

まずは、パソコン内部に電気が溜まることで生じるトラブルについて、解説します。

電源の不具合

パソコンが帯電してしまうと、「パソコンの再起動が終わらない」「使用中に突然電源が落ちる」「電源ボタンを押しても起動しない」といったことが起こります。

パソコン内部に電気が溜まっていると、電源関係の動作が不安定になりやすいためです。

電源周りの不具合の場合、放電を行うことで大抵の問題が解消しますが、不具合の原因が帯電だけとは限りません。

たとえば、電力不足・メモリの不具合・ホコリが溜まっているなどが挙げられます。

対処法としては、「電力不足なら壁のコンセントから直接給電する」「消費電力の多そうなデバイスを外す」「電源関係の部品を交換する」などが有効です。

画面の不具合

パソコン内部で、画面表示に関わる部品が、帯電により不具合を起こしていることがあります。

症状としては、画面が真っ黒になって何も表示されなかったり、ディスプレイにちらつきやノイズが発生したりすることが考えられます。

画面の不具合の原因を確かめるには、ディスプレイをほかの映像出力機器に接続することで分かります。

たとえば、ゲーム機とディスプレイを接続して正常に画面が映れば、パソコン側に原因があることが分かるでしょう。

パソコンの動作が重くなる

通常、パソコンの動作が遅くなる原因は、部品の劣化・故障・性能不足などの場合が多いです。

しかし部品に異常がなく、ただ帯電しているだけのときでも、パソコンの動きは異常に遅くなります。

そのため、パソコンの処理が重いと感じたら、一度放電してみると改善する可能性があります。

パソコンが帯電する原因

ここでは、パソコンが帯電して不具合を起こす原因について解説します。

パソコンの電源を切っても、電気は機器内に残ったままになっていることがあります。

残った電気が放電されずにいると、パソコンの不調につながりやすいため注意しましょう。

保護装置の誤作動

パソコンには、過剰な蓄電を防ぐための保護装置が搭載されています。

精密機器であるパソコンに過剰な電流が流れると、故障してしまうからです。

そのため、パソコンが帯電しやすい状態が続いていると、保護装置が誤作動を起こして、動作が不安定になることがあります。

パソコンが帯電しやすい状態が継続している

帯電しやすい状態とは、長時間パソコンを使い続けたり、電力を供給し続けたりすることです。

ほかにも、周辺機器をパソコンにたくさん接続している場合や、電源コードをずっと接続していると帯電しやすくなります。

帯電しすぎると、パソコンの充電できなくなることもありますよ。

また、冬場だと乾燥で静電気が起きやすいうえに電気も溜まりやすいため、故障の原因になりやすいです。

帯電による保護装置の誤作動を防ぐには、パソコンを長時間使ったあと、動作が不安定だと感じたときに放電を行うとよいでしょう。

PCサポート_最短即日

パソコンを放電する方法

ここからは、パソコンを放電する具体的な方法について解説します。

放電の手順

放電の手順は以下の通りです。

パソコンを放電する手順
  1. 電源がついている場合は、起動しているソフトウェアを終了する
  2. CD・DVD・USBメモリ・SDカード・外付けハードディスクなどの周辺機器をすべて取り外す
  3. パソコンをシャットダウンして電源を切る
  4. ノートパソコンの場合はバッテリーも外す
  5. 電源コードも抜き5分ほど放置すれば放電完了

放電したあとは、マウスとキーボードのみ接続して、電源をつけてみてください。

パソコンが起動し、発生していた不具合が直っていれば、完了です。

放電は定期的にする必要はなく、症状が出てから試す程度で十分といわれています。

バッテリーが外せないパソコンの放電方法

ノートパソコンの機種によっては、バッテリーが封印されていて取り出せないものもあります。

取り出せない機種の場合は、通常とは違う手順が必要です。

作業前の準備として電源を切ったり、周辺機器のコードをすべて抜いたりする手順は、バッテリー取り出し可能なタイプと共通しています。

放電準備後の手順は、パソコンのメーカーやモデルによって異なります。

バッテリー封印タイプの放電でよくあるのは、パソコンを強制終了して放置する方法です。

まずは説明書や公式サイトなどで、機種ごとの正しい放電方法を調べてから行いましょう。

放電しても症状が改善しないときは業者に相談

放電作業やほかの対処法もすべて試したにもかかわらず、症状が改善しない場合は、素直に修理業者に依頼することをおすすめします。

パソコンは複数の部品でできている精密機器なので、自分で原因を特定するのは簡単ではありません。

症状をより悪化させてしまう恐れもあるため、分からない場合はPCホスピタルなどのプロに任せたほうが無難です。

パソコントラブルは業界最大手の修理業者に相談しよう

PCホスピタル

自分でできる放電方法を試してみたけれどそれでも解決しないときは、「PCホスピタル」に相談してみましょう。

PCホスピタルとは、デジタル機器の有料訪問サポート利用率No.1の業界最大手のパソコン修理業者です。

年中無休&全国対応しており、最短即日のパソコントラブル対応が可能!データもしっかりと保護してくれます。

また、訪問対応の時間が取れない方には宅配修理も行っており、主要店舗では持ち込み修理も可能です。

しかも、トラブル診断後の見積りで提示した料金以外の費用を請求がないので、安心して依頼ができますよ。

修理依頼の流れ

  1. まずは専用フリーダイヤルで相談
    ※受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  2. パソコンで困っている内容を伝える
  3. 料金体系についての案内を受ける
  4. 希望の日時を伝えて訪問日時を決める
  5. 予約当日に現地で診断・見積り
  6. 見積り了承後に修理

利用者の口コミ

PCホスピタルの口コミを3つ紹介します。

  • その日のうちに復旧してもらえたので満足です。マイナス面もはっきり伝えてもらえたので逆に信頼できると思いました。
  • ネット異常のほかにもいくつか問題点が発見されたのですが、すべて親切丁寧に解決くださいました。作業自体も迷いなく迅速で、また作業員の方の気さくな人柄もあってとても安心してお願いできました。
  • 修理完了までの時間も早く、連絡もきっちりしていました。何より息子が安全に使えるよう配慮してくれている感じに好感がもてました。

出典:みん評

\いつでも事前申し込み可能/

WEBで修理を申し込む

PCホスピタルの口コミ・評判については、こちらの記事でより詳しく解説しています。参考にしてくださいね。

信頼できるパソコン修理業者の選び方

ここでは、修理業者を選ぶときに確認したいポイントについてご紹介します。

保証期間内ならメーカー修理がおすすめ

パソコンを購入すると、どのメーカーでも保証が付いています。大抵の場合、購入から1年以内であれば、無料で修理が可能です。

修理業者の中では一番費用が安く済むので、保証期間内ならメーカーに修理を依頼するとよいでしょう。

パソコンを購入した家電量販店

家電量販店でパソコンを購入した場合、店舗に持ち込めばパソコンを修理してくれることが多いです。

もし、購入時に家電量販店の保証サービスに入っていれば、費用を安く抑えられます。

家電量販店の保証内であれば、家電量販店への修理依頼をおすすめします。

民間の修理業者

メーカーや家電量販店の保証サービスを受けられない場合は、民間の修理業者に依頼しましょう。

民間の修理業者は持ち込み修理のほか、郵送での修理に対応しています。

また、修理にかかる費用は、メーカーの50~70%程度の場合が多く、即日対応が可能な業者も存在します。

メーカーなどの保証がなく、なるべく費用を抑えたい場合は、民間の修理業者へ依頼しましょう。

民間業者は実績や対応の丁寧さなどを見て選ぶ

民間の修理業者に依頼する場合、心配なのが信頼できる業者か否かという点でしょう。

まず押さえておきたいポイントは、修理費用が明確に提示されているかどうかという点です。

修理業者のサイトを見て、症状ごとに細かく料金が記載されていれば、信頼できると判断してよいでしょう。

また、見積もり料金の記載が細かい業者も、何にどれだけの料金が発生しているのか分かりやすいため、信頼性が高いです。

そのほかにも、親身に話を聞いてくれて対応が丁寧か・実績が豊富か・スタッフがパソコンに関する資格を持っているかなども、チェックすべきポイントです。

対応が丁寧で修理スタッフの経験も豊富と分かれば、安心して依頼しやすいでしょう。

修理業者なら、業界最大手の「PCホスピタル」がおすすめです。

CMOSクリアで放電する(高度な方法)

ここでは、パソコンの扱いに慣れている上級者向けの放電方法をご紹介します。

CMOSクリアとは

マザーボードのボタン電池を外して放電させる方法を「CMOSクリア」といいます。

デスクトップパソコン内部にある部品に触るため、非常にデリケートな作業になります。

そもそもCMOSとは、パソコンの基本情報を保持するためのメモリチップであり、BIOS設定などが保存されています。

CMOSは電力供給がないと、保持しているデータが初期化されてしまうという性質があります。

そのため、主にBIOS関係の問題を解決したいときに、CMOSクリアを行うことが多いです。

ですが、BIOS関係の部品はデリケートなため、下手に触ると故障の原因にもなります。パソコンの知識がない場合は、原因の見極めも難しいため、触らないほうが無難です。

下記の記事では、BIOSとは?起動しない原因&対処法について詳しくまとめているので参考にしてくださいね。

CMOSクリアをする前の注意点

作業の影響で、ハードディスク内のデータが消去される可能性がある点には注意してください。

また、メーカーによって方法が異なる場合もあるため、お手持ちのパソコンモデルにおけるCMOSクリアの手順を調べてから、実施することをおすすめします。

CMOSクリアの準備と手順

以下、CMOSクリアを行う手順です。

CMOSクリアを行う手順
  1. まずパソコンの電源を切り、周辺機器のコードをすべて抜く
  2. 壁やドアノブなどに触れ、体についた静電気を除去する
  3. パソコン本体のサイドパネルを外す
  4. マザーボード近くにあるボタン電池を取り外す
  5. 電池を取り出したら電源ボタンを数回押し、放電を行う
  6. 放電が終わったら、ボタン電池を再び取り付ける
  7. 外したサイドパネルや電源コードをつなぎ直し、正常に起動するか確認する

起動時にBIOS設定が初期状態に戻るため、日時などを再設定する必要があります。

正しく立ち上がったら、周辺機器も接続して作業完了です。

まとめ

パソコンが立ち上がらない・画面がおかしい・動作が重いといった症状は、放電を行うことで解消される場合があります。

放電作業は簡単に試せるので、うまくいけば自分でトラブルを解決することが可能です。

もし、放電しても問題が改善しなかった場合は、一度「PCホスピタル」の様なパソコン修理業者に見てもらったほうがよいでしょう。

一般人が下手に触ると、症状を悪化させてしまうこともあるので、不安な方はプロに任せることをおすすめします。

\いつでも事前申し込み可能/

WEBで修理を申し込む

日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?
最安修理ドットコムには以下の強みがあります!


  • 掲載店舗数約2万店舗
  • 修理サポート記事1,600本
  • クチコミ数23万件超え

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、鍵や水まわり等あらゆる修理店情報を掲載しています。
掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加