iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

パソコンが勝手に再起動するのはなぜ?困った症状の原因と解決方法を解説

パソコンが勝手に再起動するのはなぜ?困った症状の原因と解決方法を解説

パソコンが勝手に再起動するトラブルでお悩みではありませんか?
最近ではリモートワークが普及していますが、仕事中にパソコンがそのような症状に見舞われたら大変ですよね。

この記事では、パソコンが勝手に再起動する原因と対処法について解説します。
なぜ唐突に再起動するのか、またどのようにすれば再起動を回避できるのかを理解し、慌てず対処しましょう。

最安修理ドットコムPCサポートのサービス内容を詳しく知りたい方は、最安修理ドットコムPCサポートをおすすめする5つの理由を挙げた記事をぜひご覧ください。

パソコンが急に再起動するケースとは

パソコンが勝手に再起動するケースとは

使用中のパソコンが急に再起動するトラブル。
そのような症状は、「ソフトウェア」か「ハードウェア」に何らかの問題があるときに発生します。
再起動を起こす原因が分かれば、それに適した方法で対処できるのです。

再起動は、本体部品の故障よりも、システムに問題がある場合が多いです。
まずはソフトウェアに問題がないかチェックし、次にハードウェアの不具合を確かめるのがおすすめです。

ソフトウェアが原因の場合の対処方法

ソフトウェアが原因の場合の対処方法

ソフトウェアが原因となるのは、Windowsの更新やデバイスドライバの不具合、コンピューターウイルスへの感染などの場合です。
ここでは、ソフトウェアが原因となる主なケースと、その対処方法についてご説明します。

Windowsの更新

Windowsが自動更新になっていると、更新プログラムの内容によっては勝手に再起動まで行われます。
Windows10では、初期設定で自動更新がオンになっています。
そのため、更新時には自動的にアップデート・インストール・再起動が行われます。

パソコンの使用中に「Windows更新プログラムの構成中」というメッセージが出たときは、更新が行われている状態です。
このように、いつの間にか更新が始まり、終了後に勝手に再起動するのは不具合ではありません。
更新が完了次第、また平常通り使用できます。

更新はシステムの安全性を保つために必要な作業ですが、更新のためとはいえ急な再起動を避けたい方は、設定で自動アップデートの停止を行いましょう。
Windows10は「バージョン1903」以降、更新を一時停止する機能が搭載されています。
下記の手順でバージョンを調べてから設定変更をしてみてください。

  1. [スタートボタン]から[設定]を選択
  2. 「設定」画面で、[システム][バージョン情報]の順にクリック
  3. [Windowsの仕様]の文字下に記載されている[バージョン]が「1903」以上になっていることを確認
  4. 「設定」画面に戻り、[更新とセキュリティ]を選択
  5. Windows Update画面で[詳細オプション]を選択
  6. [Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムを受け取る]をオンにする

アクティブ時間を変更する

「アクティブ時間」とは、パソコンを主に使用する時間のことです。
Windowsの自動更新は、このアクティブ時間を避けて実行するため、普段の使用時間を「アクティブ時間」に設定しておくことで、使用中に勝手に再起動されにくくなります。

アクティブ時間は「設定」画面の[更新とセキュリティ]から[Windows Update]を選択し、[アクティブ時間の変更]で時間を入力すると変更できます。

デバイスドライバの不具合

パソコンから周辺機器を操作するときに使うソフトウェアが「デバイスドライバ」です。
プリンターなどの周辺機器をつないでいても、このデバイスドライバをインストールしていないと再起動することがあります。
また、ドライバが適切にアップデートされていない場合や、不具合があるときも同様です。

デバイスドライバに不具合があると、一般的には青いエラー画面が表示されますが、中には起動中に再起動することもあります。
再起動の原因が、デバイスドライバだと考えられる際は、接続した周辺機器に対してデバイスドライバがきちんとインストールされているか、チェックしましょう。

また、デバイスドライバが最新バージョンになっていないため、不具合が起きるケースもあります。
デバイスドライバをチェックし、必要な場合には、最新の状態にアップデートしましょう。

修復可能なシステムの不具合

Windowsでは基本的に、システムの自動修復が可能です。
再起動時に2回連続でエラーが起きると、3回目の起動時に「自動修復モード」になります。

エラーによってWindowsが起動できないと、「自動修復を準備しています」の表示とともに修復が始まり、直ったあとに起動して通常の状態に戻ります。
修復には時間がかかるときもあるため、途中で電源が切れないよう注意しましょう。

自動修復後も起動できない場合、「Windowsが正しく読み込まれませんでした」のメッセージが現れます。
その際は、下記の手順で対処可能です。

  1. 「Windowsが正しく読み込まれませんでした」の画面で、[詳しい修復オプションを表示する]を選択
  2. 「オプションの選択」画面で[トラブルシューティング][詳細オプション]の順に選択
  3. [スタートアップ修復]を選択
  4. 「続けるにはアカウントを選んでください」のメッセージ表示後、アカウントを選びパスワードを入力し、[続行]をクリック
  5. 修復実行、成功後に再起動し、通常の状態に戻る

修復不能なシステムの不具合(システム復元方法)

手動の修復も失敗し「スタートアップ修復でPCを修復できませんでした」との表示が出た場合、「システムの復元」を行い、不具合が生じる前まで戻します。
Windows10では、起動時にエラーが出ると「Windows回復環境」の画面が開きます。
ここからシステムを復元する方法は、以下の通りです。

  1. 「回復」画面の「Windowsが正しく読み込まれませんでした」のメッセージ下の[詳しい修復オプションを表示する]を選択
  2. 「オプションの選択」画面で[トラブルシューティング]を選択
  3. [詳細オプション]を選択し、[システムの復元]をクリック
  4. 「システムの復元を準備しています」「続けるにはアカウントを選んでください」の表示後にアカウントを選び、パスワードを入力して[続行]をクリック
  5. 「システムファイルと設定の復元」と表示されたら、[次へ]をクリック
  6. 一覧から正常に動作していた復元ポイントを選んで、[次へ]をクリック
  7. 「復元ポイントの確認」で[完了]をクリック
  8. 復元完了後、[再起動]をクリック
  9. 「システムの復元は正常に完了しました」と表示され通常通りに起動、復元完了

ウイルスへの感染

ウイルス感染時には、Windows起動後の再起動や、一定間隔での再起動が起きやすくなります。
ウイルスへの感染を避けるには、セキュリティソフトを導入して対策しておくことが大切です。

セキュリティソフトが未導入の際、動作を切ったままにしていたらエラーが頻発するようになったという場合、感染の恐れがあります。
セキュリティソフトをインストール、または最新バージョンにアップデートして、感染の有無の確認や駆除を行いましょう。

特に悪質なウイルスに感染すると、セキュリティソフトで検出されず、Windowsの設定情報が登録されているレジストリの修復まで必要となることもあります。
データ流出の恐れもあるので、動作に問題がある場合には、修理業者に相談しましょう。

ハードウェアが原因の場合の対処方法

ハードウェアが原因の場合の対処方法

ハードウェアが原因で急に再起動する場合、ハードディスクやメモリーなどのパーツの故障や、熱暴走などが考えられます。
何年もパソコンを使っていると、徐々にパーツが劣化し、動作が不安定になったり故障したりします。
それにより、再起動が起きやすくなることもあるのです。

ハードディスクの故障

ハードディスクの故障も、再起動の原因のひとつです。
また、ハードディスクの故障が原因で、ハードディスク内にデータの読み取りや書き換えができなくなった「不良セクタ」が大量発生した際も、再起動しやすくなります。

この場合には、Windows10の「ディスクチェックツール」を使って、不良セクタの修復を試してみてください。
手順は以下の通りです

  1. 問題の起きているドライブを右クリックし、[プロパティ]を選択
  2. [ツール]タブを選択し、「エラーチェック」の[チェック]をクリック
  3. 不良セクタがあった場合、[ドライブのスキャンと修復][ファイルシステムを修正する時間]をクリックして修復開始
  4. 修復完了後に再起動をする

他にも、ハードディスクから異音がする、Windowsが起動しない、ブルースクリーンなどの不具合があるときは、ハードディスクの故障が考えられます。
心配な方は、メーカー別の診断ツールを使い、ハードディスクの不具合を診断してみましょう。
もし故障を発見したら、データのバックアップを取り、早めにハードディスクを交換するのがおすすめです。

メモリーの故障

メモリーはパソコンの起動中や作業中、プログラムの起動時など、パソコンを使うときに必要なパーツです。
メモリーが故障していると、起動時などメモリーを使う作業のときに、突然再起動します。
また、フリーズやブルースクリーン、ピープ音など、さまざまな不具合が出ることもあります。

特にデスクトップパソコンの場合は、本体内部にほこりが入ってメモリー部分の接触が悪くなることもあるので、ほこりを溜めないよう、定期的に清掃を行いましょう。
メモリーの故障の際は、パーツ交換が必要になります。

マザーボード・電源系統の故障

マザーボードや電源ケーブルに不具合が生じると、電源供給に問題が生じて再起動する場合があります。
マザーボードは、パソコンの基盤となる重要なパーツです。
パソコンを3~5年使っていると、マザーボードの電気を蓄えたり放出したりするコンデンサーの機能が低下するため、本体に十分な電源供給ができなくなる場合があります。

再起動以外にも、動作が遅くなった・フリーズする・画面が乱れる・ピープ音が何度も鳴るなどの症状が出ているときは、マザーボードが故障しているかもしれません。
マザーボードが故障している場合、交換が必要になります。

関連記事:マザーボードの交換費用は?OSそのままで交換するやり方など解説 ▶

熱暴走

パソコン内部の熱が上がりすぎてしまうと、エラーを起こして再起動します。
本体内部の部品は極端な温度に弱いため、熱がこもると故障する恐れもあります。
温度や湿度が高い場所でパソコンを使っていないか、内部の熱を冷ますファンに埃が溜まっていないかをチェックして、熱暴走を予防しましょう。

関連記事:パソコンの熱は放置してはいけない!熱暴走するパソコンの対処法 ▶

セーフモードで原因をチェックする

セーフモードで原因をチェックする

何度もパソコンが再起動してしまう場合は、「セーフモード」で起動してみましょう。
セーフモードは、Windowsの最低限のシステムファイルと、デバイスドライバだけを起動する、Windows診断用の起動モードです。

セーフモードで起動したら、[設定][アプリ]と順に選択していくとアプリ一覧が見られるので、トラブルの原因となっているアプリを削除しましょう。
セーフモードの起動方法(Windows10)は以下の通りです。

  1. 「設定」画面の[更新とセキュリティ]を選択
  2. [回復]を選択し、「PCの起動をカスタマイズする」欄の[今すぐ再起動]をクリック
  3. [トラブルシューティング][詳細オプション][スタートアップ設定][再起動]を順に選択
  4. 「スタートアップ設定」画面でキーボードの[4]を押す
  5. サインインするとセーフモードで起動

対処方法を試しても改善しない場合は業者に相談しましょう

対処方法を試しても改善しない場合は業者に相談しましょう

パソコンの不具合を改善する方法はさまざまですが、中には個人での対処が難しいケースもあります。
上述の方法を試しても改善しない場合や、設定を変えるのが難しいという方は、「最安修理ドットコム」でパソコンの修理業者に相談してみることをおすすめします。

パソコン修理を依頼するなら

最安修理ドットコムPCサポート

パソコン修理設定サポートの「最安修理ドットコムPCサポート」では

  • パソコンが壊れた
  • パソコンが起動しない
  • インターネットにつながらない
  • 大事なデータが消えた
  • プリンタなど周辺機器が動かない
など、パソコンに関連するトラブルを解決いたします。

パソコンの故障やトラブルは原因がさまざま。
上記以外でも、パソコンに関してのお悩みがあればお気軽にご相談ください。

専用フリーダイヤル:0120-234-451

最安修理ドットコムPCサポートの特長

  • 「日本全国最短即日サポート」
  • 「データを保護した修理」
  • 「安心の事前見積」

訪問サポートまでの流れ

  1. まずはお電話ください!
    受付時間 9:00~21:00(年中無休)
    専用フリーダイヤル:0120-234-451
  2. お困りの内容やご希望のサポート方法をお伝え下さい。
  3. 料金体系についてご案内します。
  4. ご希望の日時を伺い、訪問日時を決めます。
  5. 予約当日、現地で診断の上、お見積りします。
  6. お見積り了承後、作業を開始します。

料金体系

料金は、基本料金と環境・トラブル診断料金と、トラブルを解決するために必要な作業料金の合計で計算されます。

基本料金:5,500円
環境・トラブル診断料金:3,300円/1台につき

作業料金一例

  • ノートパソコン開梱・設置 3,300円
  • インターネット・メールトラブル解決 14,300円
  • データ復旧(軽度) 19,250円~
  • 周辺機器の接続設定 4,400円

※すべて税込み価格です。

最安修理ドットコムPCサポート

訪問サポート受付時間 9:00~21:00(年中無休)

専用フリーダイヤル:0120-234-451

まとめ

パソコンが勝手に再起動する場合は、さまざまな原因が考えられます。
ソフトウェアに原因があるなら、デバイスドライバを確認したり、システムの自動修復をしたりなどの方法でトラブルが解消できます。
また、ウイルスに感染していないか、セキュリティチェックを行うこともおすすめです。

普段からウイルス対策を行い、パソコンの定期的な清掃や使用環境に気をつけるなど、トラブルが起きないように努めることも大切です。
もし、どうしても解決できないトラブルが生じたときには、「最安修理ドットコム」を使ってパソコンの修理業者に相談してみましょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加