iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

マザーボードが故障したときの症状は?原因を見分ける2つの確認方法

パソコンのマザーボードに問題が生じると、パソコンが起動しなくなるなど多くの障害が起こります。
この記事ではそれらの症状や、不調の原因がマザーボードにあるかどうかの見極め方法など、詳しく解説します。

マザーボードが故障すると起きる症状とは?

マザーボードが故障すると起きる症状とは?

マザーボードとは、パソコンの主要な電子回路基板中心となるパーツを指します。
そこに故障が起きると、さまざまなトラブルにつながります。
具体的にどんな症状が起きるのか、見ていきましょう。

  1. 電源が入らなくなる
  2. 電源は入るがBIOSが起動しない、画面が映らない
  3. 電源を入れた後にビープ音が繰り返し鳴る
  4. 使っているとフリーズする、電源が落ちる
  5. マザーボードの故障以外でも似た症状は起きる

電源が入らなくなる

一番多いとされるトラブルが「パソコンの電源が入らなくなる」というものです。
スイッチを押しても電源ランプが点灯しない場合、マザーボードが故障している可能性があります。
電源ランプは点灯するけれどそこから先に進まない場合や、一瞬だけランプが点いてもすぐに消えてしまうようなケースも、同じくマザーボードの故障が疑われます。

これらの症状は、ある日突然起きることもありますが、次第に症状が悪化していく場合もあります。
具体的には、電源スイッチを一度押しても反応せず、続けて何回か押すうちに起動する、一度で起動するときもあれば、何回か押さないと起動しない、といったケースです。
そうしているうちに、段々と起動しないことが増え、最終的には何の反応も示さなくなってしまうこともあるのです。

電源は入るがBIOSが起動しない、画面が映らない

そのほかには、電源自体は入るものの途中で起動が止まってしまう、というケースがあります。
とくにBIOS(バイオス)と呼ばれる、パソコンの電源を入れて、最初に起動されるプログラム画面の手前で止まってしまう場合は、マザーボードに問題がある可能性が高いでしょう。

BIOSは、OSが立ち上がるまでのプロセスを管理するためのプログラムで、マザーボード上のチップに情報が書き込まれています。
ここに障害が起きると、次のステップであるハードディスクなどからの、情報の読み込みに問題が生じ、起動が止まってしまうのです。

単に画面が黒いままなら、モニターそのものやグラフィックボードが壊れている可能性もありますが、画面が荒れて砂嵐のような状態になっていたら、マザーボードの方に原因があることが多いでしょう。

マザーボード故障の他にも、BIOSが起動しない理由があります。
【症状別】パソコンが起動しないときの対処方法の記事では、ロゴマークが表示されない、ブルースクリーンが表示されるなど症状別に対処法が記載されていますので、合わせてご覧ください。

電源を入れた後にビープ音が繰り返し鳴る

ビープ音とは「ピーピー」という音のように、機械が鳴らす音のことを指します。
起動時のパソコンに問題があるとき、音で異常を知らせてくれる機能です。
起動の直後にビープ音が流れた場合は、マザーボードに何らかの異常が出ている可能性が考えられます。

音の多くは「ピッ」「ピー」等のシンプルなもので、その種類や回数で異常の種類を教えてくれます。
どんなときにどんな音が出るかは、マザーボードのメーカーごとに定められているので、説明書やメーカーのサイト等で確認してみるとよいでしょう。
最近のマザーボードではビープ音を鳴らさず、代わりにLEDの光で異常を知らせるタイプも増えてきています。

注意点としては、エラーで知らされた異常が、そのまま原因になっているとは限らないことです。
例えば壊れたマザーボードに正常なメモリが繋がれている場合、ビープ音の内容は「メモリのエラー」を示すこともあるのです。

こちらの記事では、ビープ音が鳴った時の原因や対処法を詳しく解説しています。合わせて確認してみてください。

使っているとフリーズする、電源が落ちる

無事に起動はしたけれど、パソコンを使っていると頻繁にフリーズする、あるいはいきなり落ちてしまう、といった現象が起きた場合もマザーボードの故障を疑いましょう。

ただしこうしたトラブルは、電源ユニットや冷却装置などが問題で起きる可能性もあります。
電源ユニットに問題があると電力の供給が不安定になり、パソコンの電源が落ちる原因にもなります。
また冷却がうまくいかないとCPUが過熱し、強制的にシャットダウンされてしまいます。

これらを見極めるためには、電源の状態やパソコン内の温度を確認しましょう。

電源ユニットや冷却装置に問題がなければ、マザーボードが故障している可能性が高くなります。

マザーボードの故障以外でも似た症状は起きる

例えばBIOSの場合、アップデートを行ったり、接続されたハードウェアの構成を変えたりすることで起動しなくなり、モニタが映らない現象を起こすことがあります。
これは故障ではなく「CMOSクリア」をすれば解決します。
CMOSクリアとは、BIOSの保存情報が書き込まれた、メモリに供給される電力を完全にストップさせることで、設定情報を正常な状態にリセットします。

その他、使用中にフリーズする現象では、先ほど説明した電源ユニットや冷却装置の他にも、ハードディスクやウイルスなどが原因になっていることもあります。

とくにマザーボードは、パソコン初心者にとっては他のパーツに比べて馴染みが薄いため、パソコンの異常の原因がそこにあると気付かないケースも多々あります。
ハードディスクやウィルスのチェックをしたが問題がない、異常の原因がまったく分からない!というようなときには、マザーボードを調べてみることを覚えておきましょう。

こちらの記事では、パソコンの電源が落ちる5つの原因「熱、電力不足、ソフトウェア、ハードウェア、帯電」の対処法について詳しく記載しています。
確認して出来るだけ不具合の原因をしぼりましょう。

マザーボードが故障する4大原因

マザーボードが故障する原因

続いては、マザーボードは一般的に以下の4つが原因で故障に至ってしまいます。ひとつずつ確認していきましょう。

  • 寿命
  • 温度
  • ホコリや湿気
  • 破損

寿命がきた

一番多い原因が「機械としての寿命」でしょう。
寿命を決める要因となるのは、電気を蓄えるために搭載されているコンデンサです。
その寿命はだいたい3年〜5年程度とされており、新品のパソコンを買っても数年たてば、いつ故障してもおかしくないのです。

また、故障ではありませんが、ボードに付けられているボタン電池も、同程度の期間で消耗します。
こちらは電池を交換すればよいので、ほとんど高い費用はかかりませんが、見逃しやすいので注意しておくとよいでしょう。

高温や低温

パソコンの本体には、冷却装置が取り付けられています。
このことからも分かるように、内蔵されたチップなどは非常に熱に弱く、マザーボードも冷却不足によって故障するリスクが高まります。
とくに先ほどあげたコンデンサなどは、温度が10℃上昇すると寿命が半分になってしまうとされています。

また、高温だけでなく、温度が低すぎるのも問題です。
コンデンサの機能は蓄電ですが、温度が下がるほど蓄電能力も下がります。
そのため、起動に必要な電力が供給できなくなってしまう可能性があります。

起動した後はパソコンからの発熱で温められ、起動時よりも低温への危険度は下がりますが、それでも周囲の環境が10℃以下の場合は、室温を高くしてあげるとよいでしょう。

ホコリや湿気

ケースの外から入ったホコリや虫の死骸が付着することも、故障の原因になり得ます。
さらに湿度が高くなると内部に湿気も溜まりやすく、金属の腐食やショートを起こす原因になります。
普段使わないパソコンでも、定期的に立ち上げることで内部の空気を換気し、湿度を下げることにつながります。

物理的な破損

パソコンに水がかかったり、高い所から落としてしまったりして、物理的に壊れてしまうこともゼロではありません。
とくに注意したいのは雷です。
落雷でケーブルを流れる電圧が急激に上がると、電子機器の故障をもたらします。

中でも影響が大きいパーツが、電源ユニットとマザーボードです。
天候が急変し、落雷が予想される状態になったらコンセントを抜くか、普段から電圧に対する対応がされた電源タップを使うことをおすすめします。

マザーボードの故障が疑われるときの2つの確認方法

マザーボードの故障が疑われるときの診断方法

パソコンには多くのパーツが使われています。
そのため同じようなトラブルでも、その原因の特定が簡単ではない場合もあります。
原因がマザーボードの故障にあるかどうかを確認するにも、多少の手間は必要です。

1.最小の構成で起動を試す

原因を探るためには、候補となるパーツをできるだけ外し、その状態で起動がうまくいくかどうかを試すことです。
これで起動すれば外したパーツのどれかに問題があり、起動できなければ、その構成の中のどれかに問題があると切り分けられます。

起動に必要なパーツは、電源ユニット、マザーボード、CPU、そしてメモリです。
この時点では、OSの入ったHDDやSSD、モニタやキーボードも外されています。
もし無事に起動できたなら、外しておいたパーツを1つずつつないで順番に起動を試していくことで、問題の所在がどのパーツにあるのかが分かるでしょう。

2.マザーボードの故障が濃厚になったらコンデンサをチェック

他のパーツに問題がないにも関わらず、症状が改善されない場合は、マザーボードの故障を疑うことになるでしょう。
確信につなげるためにも、コンデンサの状態をチェックします。

パソコンのケースを開けて、マザーボードに付けられている小さい電池のようなパーツを探します。
それらのコンデンサが、変色している、膨張して見える、液漏れしている、破裂している等の異常がないかどうか、確認しましょう。

異常があればマザーボードの故障が濃厚ですが、コンデンサの修理は非常に難しいので、マザーボードごと交換するのがおすすめです。

マザーボードの交換方法やかかる費用など、詳しくはこちらの記事に記載しています。合わせてご覧ください。

マザーボードの寿命を延ばすにはメンテナンスが大事

マザーボードの寿命を延ばすには

マザーボードは重要なパーツであるため、できるだけ長く使えるようにしたいもの。
その寿命は、パソコンの使い方によって大きく左右されます。

一定の温度の環境の中で使うこと、ホコリや虫の死骸を入れないことは前述しましたが、定期的にケースの中やファンの換気口を掃除すると冷却効果が高まり、内部も綺麗に保たれます。

それに対してパソコンに負荷を与える行為、例えばゲームを長時間やり続けたりするのは、マザーボードの寿命を縮める要因です。

できるだけ長く使えるよう、普段からきちんとメンテナンスしていくことが重要です。

実際にパソコンに異常が出た場合、その原因がマザーボードにあるかどうかの見極めは、初心者には少し難しいかもしれません。
BTOパソコンなどで自分でパソコンを作っていても、不具合の原因の特定を誤ると再起不能になる可能性もあります。

不具合の原因を特定できない場合は、パソコン修理店に相談してみると良いでしょう。
ただし、自作PCやBTOパソコンは修理店によっては修理不可の場合もありますので、よく確認してください。

原因がマザーボードか特定できない場合は修理店に任せよう

最安修理ドットコムPCサポート

自分でできることは確認してみたけれど、不具合の原因がマザーボードにあるのか特定できない場合は、パソコン修理のプロに確認してもらいましょう。
ただし、自作PCやBTOパソコンの修理は断られてしまう場合もあります。

「最安修理ドットコムPCサポート」は、自作PCやBTOパソコンの修理も可能です。
自作PCやBTOパソコンは、メーカーパソコンと違い、不具合が起きた時に相談しにくいもの。
ネットで調べてもわからない用語が多すぎて不安になる方もいるのではないでしょうか。

パソコンや周辺機器に関して相談したいことがあれば、些細なことでもぜひ利用してみましょう。

専用フリーダイヤル:0120-234-451

最安修理ドットコムPCサポートの特長

  • 最短即日対応
  • 日本全国に対応
  • データの保護
  • 事前見積もりで明朗料金

依頼受付は日本全国、しかも最短即日から対応可能なので、早く直したい人にぴったりです。
さらに、メンテナンスや大切なデータの保護も対応してくれます。

修理を依頼する際はどうしても費用面が心配ですが、「最安修理ドットコムPCサポート」は事前の見積もりがあり、内訳を明確に記載してくれます。
修理後に内容不明の手数料が発生することもありません。

訪問サポートの流れは?

訪問サポートを依頼し、修理が完了するまでの流れを紹介します。

  1. 電話をかける
    相談と依頼の受付時間は9時~21時で年中無休。
    トラブルが起こったらまず電話を。
    【専用フリーダイヤル】:0120-234-451
    トラブルの内容や修理に関する要望、困っていること、パソコンの機種について伝えましょう。
  2. 料金体系について確認する
    おおまかなサポートの提案と料金体系の説明を受けます。
  3. 希望の場所で訪問サポートを受ける
    正社員の修理担当者が訪問し、実際の状況から見積もりを作成。
    見積もり内容の承諾後、作業を開始。

料金体系

料金体系はわかりやすく「基本料金」「環境・トラブル診断料金」「作業料金」で構成されています。

  • 基本料金:5,500円
  • 環境・トラブル診断料金:3,300円/1台

作業料金一例

  • パソコンが正常に起動しない状態からの復旧:16,500円
  • インターネット・メールトラブル解決:14,300円
  • システムのクリーンアップ:6,600円

※すべて税込み価格

例えば、パソコンが起動しなくなったの修理費用は
基本料金5,500円 + 環境・トラブル診断料金3,300円 + 作業料金16,500円 で計25,300円です。
プロの手を借りて、せっかく自分で作った世界にひとつだけのパソコンです。長く使っていきたいですね。

さっそく最安修理ドットコムPCサポートに問い合わせ

最安修理ドットコムPCサポートは、料金体系もわかりやすくカンタン。
全国で最短即日対応可というのは急なトラブルが起きても安心できます。
問い合わせ先は以下の通りです。

訪問サポート受付時間:9時~21時(年中無休)

専用フリーダイヤル:0120-234-451

モバイル保険に入っておけば“もしも”のときに安心

モバイル保険

「モバイル保険」は、スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォン、スマートウォッチ、携帯ゲーム機、ノートパソコンなどが、万が一故障した際に補償するモバイル機器専門の保険サービスです。

スマ-トフォンの画面割れや水没、カメラ機能の故障、盗難にあってしまったなど、持ち歩く機会の多いモバイル端末は、なにかとトラブルが多いもの。
端末機が故障した際、買い換えるのは高額なので「出来るだけ費用を抑えて修理したい」という人も多いのでは?

モバイル保険に入っていれば、月額700円で年間10万円まで何度でも修理費用保険金が補償され、事故が発生した時の自己負担額がありません。

さらに、一つの契約につき3台まで補償されるのも嬉しいポイント。
スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォンなど3台の組み合わせは自由に選べます。

モバイル保険サービスの流れ

  • 故障:補償対象の端末が事故にあった
  • 修理:修理店で端末の修理
  • 保険金申請:WEBから簡単に申請可能
  • 保険金受領:申請内容を審査し、5営業日以内に保険金が振り込まれる

面倒な手続きなしで保険金が申請でき、5営業日以内に振り込まれるので、とってもスピーディー。
緊急の場合も安心ですね。

モバイル保険を検討する

まとめ

故障してしまった場合新品と交換するのが一般的ですが、自身でトラブルの原因を特定したり、修理や交換をしたりするのが不安な場合は、専門の業者に相談するのもよいでしょう。
実際修理店に出した方がスムーズだった、ということも少なくありません。

なお製造されてからある程度の期間が経っているパソコンの場合、マザーボードを交換するのではなく、パソコンごと新しい機種に買い変えてしまうという選択肢もあります。
自身のパソコンの状態にあった解決策を、ぜひ探してみてください。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加