iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

ベランダやバルコニーのリフォームは専門の業者に頼むべき?

さまざまな理由でベランダやバルコニーをリフォームしたい人は多いと思います。
その際には、リフォームを行う方法を調べることが大切です。
また、どの業者に頼むかによっても、リフォームの計画や仕上がりは変わってきます。

ベランダのリフォームはDIYでできる?

ベランダのリフォームは、自力でできる作業なのでしょうか?
DIYで改装することの注意点を把握しておきましょう。

センスに合ったベランダをDIYで

規模によっては、DIYでベランダをリフォームすることは、可能です。
むしろ家主のセンスを反映させやすいのは、DIYだといえます。
カラーリングやインテリアなど、誰にも気兼ねせずに決められるのはメリットです。

また趣味として、リフォームを楽しむ人もいます。
日曜大工のような感覚で、家の改装を自力で手掛ければ、休日の楽しみが増えます。
何より、自分の家を自分自身で作り替えていくのは、大きな喜びとなるでしょう。

DIYには限界がある

忙しい人、手先がそれほど器用でない人にとっては、ベランダのリフォームが苦になる場合もあります。
せっかくの休日に、自分の時間を重労働に割きたくない家主も少なくありません。
こうしたタイプの方には、DIYは不向きです。

大規模なリフォームを計画しているなら、専門的な技術が必要です。
安い道具や材料では、望んでいる改装ができません。
さらに増築する場合などは、行政に許可を取らなくてはならないこともあります。
専門の業者に依頼するほうが安心といえるでしょう。

ベランダのリフォーム方法と費用

実際にリフォームを進めていくときには、方法をしっかり調べておきましょう。
目的によって、工事の進め方は異なります。
予算と相談しつつ、希望に合った方法を選ぶことが大事です。

防水

経年劣化により塗装がはがれると、雨漏りなどの問題が生じます。
早く塗装をやり直して、防水加工をしないと被害は大きくなるばかりです。
防水加工として知られているのは「FRP」で、費用相場は10万から15万円ほどです。

やや工事の仕上がりは雑になるものの、安価で済ます方法としては「ウレタン防水」が挙げられます。
費用を10万円以内に収めることができ、どのような形状のベランダにも応用できるのが強みです。

そのほか、防水シートによって雨をしのぐのであれば、さらに費用は少なくなります。
そのかわり景観は悪くなってしまうので、本当に実行するかどうか、十分な検討が必要でしょう。

交換

ベランダ全体をまるごと取り換えてしまう方法もあります。
大掛かりな工事を要し、予算も50万円を超えるパターンが多いでしょう。
ただ、耐久力の強い素材に交換できるのはメリットです。

特に、歳月を経たベランダだと細部がもろくなり、崩落などの重大な事故につながる危険性もでてきます。
メンテナンスにかける手間や、費用も無視できません。
こうしたデメリットを踏まえると、思い切って交換リフォームを決意するのも一つの手です。

デザイン・インテリアの変更

主にビジュアル面の刷新を目的としたリフォームなら、デザインやインテリアを変更します。
ベランダの色を変えたり、小物を追加したりする作業を中心に行います。
床に人工芝を取り入れるなどの手法も。

デザインのリフォームでは、家主がどれだけの変化を求めるかで、予算も変わってきます。
安ければ20万円程度、高ければ50万円程度の費用がかかるでしょう。

拡張・増設

ベランダの面積を広げるリフォームは、交換工事がさらに大規模になったものといえます。
もともとあったベランダを取り除き、新しいベランダを建設する作業です。
そのため予算の目安は、少なくとも70万円ほどになるでしょう。

一方、ベランダを新しく付け加える工事もあります。
小さいベランダやバルコニーが欲しいなら、20万円程度で収まることも少なくありません。
ただ、それなりの面積を望むのであれば、100万円以上の出費を覚悟しましょう。

ベランダリフォームの注意点

リフォームを始めるときは、近隣トラブルを回避するように注意しましょう。
何も知らずに工事を進めていて、近隣住民や行政からクレームが届くこともありえるからです。

建ぺい率と容積率

敷地に対する建物の投影面積が「建ぺい率」、延べ床面積を敷地面積で割ったものが「容積率」です。
いずれも地域ごとに細かく設定されており、数値を超えてしまうと違法行為となります。

リフォームを行った後でやり直しを命じられれば、たいへんな出費となってしまいます。
ただ自力では、建ぺい率や容積率を計算できないこともあります。
業者に依頼して、算出してもらうのが賢明です。

日射

近隣住宅の日照権を、ベランダが遮ってしまうようなケースは、ごく少数です。
ただ、トラブルを避けられるとは限りません。
ベランダをリフォームしているというだけで「許可なく面積を広げている」と感じる近隣住民もいるからです。

工事による騒音などを快く思わない人も、珍しくありません。
リフォーム作業を始める際には、近隣住民に十分な説明をしておかないと、人間関係に亀裂を生み出してしまいます。

確認申請

10㎡を超える増築で「防火地域」か「準防火地域」に建っている場合、増築には行政の許可が必要です。
ただ、こうした手続きを知らないままリフォームを進めてしまう家主もいるでしょう。

専門業者なら、確認申請についての知識も十分です。
行政ともスムーズにやりとりをしてくれて、トラブルのない工事を計画してくれます。

危険

ベランダのリフォーム作業では、危険な位置で行うことも珍しくありません。
万全の装備がなければ、落下して大けがをするなどのリスクを伴います。

業者に頼むメリット

ベランダのリフォームは、専門業者に依頼しましょう。
小規模な作業ならDIYでも可能です。
しかし、大掛かりな工事をしたいなら、業者でないとできない部分が多いのです。

スキルとノウハウ

専門業者は、一般人と比べると、技術面で大変優れています。
経験やノウハウだけでなく、装備の時点で充実しているため、難しい作業も迅速に完了させてくれます。
その結果、施工の仕上がりは、DIYよりも段違いで美しくなります。

DIYのほうが費用は安くなるという考え方もあるでしょう。
しかし、施工が上手くいかないと、何度もやり直しをする羽目になります。
こうした労力と費用を考慮すれば、最初から業者に任せるほうが、賢明な選択です。

法律の知識

増築や改築では、行政の許可を得なくてはならないケースもあります。
また、近隣住民と騒音や日照をめぐるトラブルが起きたとき、当事者同士では解決しにくくなる可能性も出てきます。
専門業者は経験則に基づき、安全に工事をする方法を提案してくれます。

もしも法律違反に気付かないまま、作業を進めてしまえば、後からやり直しを求められてしまいます。
工事が大掛かりになるほど、信頼できる業者に依頼しましょう。

家主の手間が省ける

自力でリフォームをすれば、時間や労力をとられます。
ベランダのリフォームは一日で終わるとは限りません。
隙間時間を見つけて作業を続けていると、何ヶ月もベランダを使えなくなることも、珍しくないのです。

専門業者に依頼すれば、難しい工事も短期間で終わります。
仕事や趣味、家事の予定を調整する必要もないので、圧倒的に楽です。

業者に頼むデメリット

わずかながら、業者に頼むことで問題も生じます。
デメリットについて前もって把握しておくと、後悔せずにすむでしょう。

担当者との相性

専門業者側の担当者によって、家主のストレスが大きくなることもあります。
「レスポンスが遅い」「見積もりが適当」などの問題が目立つようなら、信頼がおけません。
さらに、工事に来る作業員の能力も、事前に調べておきたいところです。

柔軟性

多くのリフォーム業者は、作業のノウハウを確立させています。
だからこそ、どのような工事に対しても、スムーズに対応できるのです。
ただ、逆を言えば融通が利かず、やり方を押し付けてくるともいえます。

さらに、リフォームのデザインについても口をはさんでくる業者だと、家主の要望が通らない可能性もあります。
柔軟性に富んだ業者を、見つけましょう。

業者の選び方のポイント

いざリフォーム業者を選ぶときは、複数のポイントを比較検討しましょう。
また、家主が重要に思っている点をはっきりさせておくと、比べるのが楽です。

見積もりは絶対

金額は、業者を見極めるうえでの大きなポイントです。
どのような業者であれ、必ず見積もりを出してもらいましょう。
それぞれを比べてみると、相場はもちろん、業者の仕事ぶりも見えてきます。
他社に比べて雑な見積もりを出してくるところには、要注意です。

また、「雑費」や「諸経費」といった項目にも、気を付けましょう。
これらは適応範囲が広いので、工事が始まってから、費用を上乗せしようとする業者がよく使う手口です。
分からない部分はしっかり聞き、曖昧なポイントを消していきます。

実績

ある部門で優秀な実績を残している企業が、専門外の仕事に関してはまったくできないことも、珍しくありません。
業者選びでは、ベランダやバルコニーの工事で実績を残せているか調べましょう。

地域での信頼度

大手グループで多い問題として「支店によってまったく働きぶりが異なる」というケースが挙げられます。
ネームバリューに騙されないよう、あくまでも自分がいる地域での評判を調べましょう。

人に紹介してもらうのもひとつの方法です。
実際に、優秀な仕事をしている業者なら、安心して仕事を頼めます。
そのかわり、過去の工事から時間が経過していると、スタッフが入れ替わっていることもありえます。
担当者を紹介してもらい、その人とやりとりをするのが賢明です。

提案の実現性

企業にとって、提案資料は営業の一部です。
つまり、あえてポジティブな言葉を並べ立て、契約を取ろうとしている可能性もゼロではありません。
提案内容すべてを鵜呑みにしていると、後で大損をすることもあります。
疑問点は細かく追及し、納得のいく回答をもらいましょう。

ベランダやバルコニーは、ついコンディションをチェックし忘れてしまう箇所です。
しかし、洗濯や気分転換など、日常の中で重要な役割を果たしてくれるスペースです。
必要があれば、リフォームしてリフレッシュしましょう。
リフォームをするときは、業者に頼むのが得策です。
自分でやる手間が減るうえ、さまざまな提案をしてくれることもあるからです。

最安修理.com 最安修理.comで修理料金を比較しよう

「iPhoneの画面が割れてしまった!」「ボタンが反応しない!」こんな経験はありませんか?


iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理価料金を比較するなら最安修理.comがおすすめ。


全国各エリアの修理店が登録されていて最も安い修理価格がすぐにわかります。スマホなら郵送修理を使えば手間なく簡単に修理に出すことが可能です。


まずは近くの修理店を探してみてはいかがでしょうか?

近くの修理店を探してみる

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加