iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

腕時計タグホイヤーのオーバーホール適正頻度は?相場とおすすめ修理店も紹介

腕時計タグホイヤーのオーバーホール適正頻度は?相場とおすすめ修理店も紹介

「TAG HEUER(タグ・ホイヤー)」は、ロレックスやオメガと並ぶ腕時計の花型ブランドです。
スイス老舗高級腕時計メーカーでありながら高いコストパフォーマンスが評価されており、老若男女問わず幅広い方々から愛されています。

そこで今回はタグホイヤーの魅力をはじめ、オーバーホールの概要やオーバーホールが必要な理由、料金の目安や今すぐオーバーホールに出した方がいい症状などを説明していきます。

一刻も早くタグ・ホイヤーの時計を直したい方は…

INDEX

タグホイヤーの魅力

ここでは、タグホイヤーの魅力を説明します。

「スピード」を追求する革命家

1887年にはクロノグラフの起動を高速化させる「振動ピニオン」が、1916年には100分の1の精度を誇る「マイクログラフ」が開発されました。
とくにマイクログラフの精度は世界初だったので、時計機構に大きなイノベーションを与えました。
それ以降も1,000秒分の1単位で測定し表示する「マイクロタイマー フライング1,000」や、2,000分の1秒計測が可能な「マイクロガーダー 10,000」などの開発も行っており、スピードを追求する野心は今も衰えていません。

スポーティー×エレガンスなデザイン

スポーティーな腕時計は、どうしても子どもっぽいデザインになりがち。
しかしタグホイヤーは落ち着いた色味を採用したり、重厚感のあるデザインを採用したりとエレガンスさも取り入れています。
そのため、30~50代のビジネスマンに似合う腕時計となっています。

コストパフォーマンスが優れている

タグホイヤーの時計は「手の届くラグジュアリー」をコンセプトにしています。
実際、競合モデルの半額で商品化している腕時計もあります。
しかし価格が安いからといって、デザインや機能性が他社の腕時計よりも劣っているわけではありません。
「価格以上の価値を感じられる」これはタグホイヤーだからこそ出せる魅力と言えるでしょう。

進化し続ける時計

タグホイヤーはブラックセミラックやチタンなどの採用、独自のスケルトン文字盤の開発、実用性を求めたラバーベルトの製造など常に腕時計を進化させています。
とくに近年の「ムーブメント製造技術の進化」はすさまじく、業界関係者から高い評価を受けています。
なお近年は「複雑機構塔」の製造にも力を入れているため、また新たな進化が見られるかもしれません。

高級時計という高いステータスを得られる

近年のタグホイヤーのブランドイメージはブランドアンバサダーの影響により向上しているので、ロレックスやオーデマ・ピゲなどと同じような高級腕時計の地位を確立しつつあります。
またタグホイヤーは、ブランディングに力を入れない「知っている人だけが知っている高級時計」の製造にも力を入れています。
そのため「タグホイヤー=成功者が身につける腕時計」と答える人も少なくないでしょう。

オーバーホールとは

ここでは、オーバーホールについて説明します。

オーバーホールとは「分解洗浄」のこと

オーバーホールとは、腕時計の部品をすべて分解して調整や掃除などを行う「分解洗浄」のことです。
簡単に説明すると、普段手入れできない細かいところまできれいにするメンテナンス。
腕時計のみならずバイクや楽器などでも行われるメンテナンスで、新品同様の輝きと性能を取り戻したい場合に行います。

オーバーホールの工程

オーバーホールは、以下5つの手順で進めていきます。

  1. ケースからムーブメントを取り出す
  2. パーツをすべて外し、破損している部品はないか、交換すべき部品はないか点検する
  3. 超音波洗浄ですべてのパーツをきれいにする
  4. 新しい油を挿しながら、元通りに組み立てる
  5. 防水テストや精度テストなどさまざまなテストを行って問題なければ、オーバーホール完了

オーバーホールの頻度は3~5年に一度が理想

一般的にオーバーホールに出す頻度は、3~5年に一度が推奨されています。
なぜなら3~5年経つと油が劣化し、小さな不具合が発生しやすくなるからです。
しかし腕時計をつける環境や頻度などによっても、オーバーホールに出す適正頻度は異なります。
さらに深掘りすると、クォーツ時計は6~10年に一度でもいいと言われています。
このようにオーバーホールの適正頻度は人によって異なるので、3~5年に一度という数字に捉われず異常を感じたらすぐオーバーホールに出しましょう。

出典:五十嵐商店

オーバーホールとメンテナンスの違い

オーバーホールとメンテナンスの違いは「メンテナンスのレベル」です。
メンテナンスは修理点検や整備点検など、比較的軽い点検をメインに行います。
それに対して、オーバーホールは部品をすべて分解したり部品を洗浄したりと、徹底的な点検をメインに行います。
つまり、メンテナンスの上位工程に当たるのがオーバーホールです。
そのためオーバーホールの料金は、メンテナンスの中では比較的高額な部類に入ります。

オーバーホールの期間

オーバーホールの期間は、1ヶ月程度が目安です。
しかし2~3週間で済む業者もいれば2ヶ月以上かかる業者もいるので、具体的な期間はオーバーホールを依頼する業者によって異なります。
一般的に複雑な作りになっている腕時計ほど、オーバーホールの期間は長くなります。

オーバーホールが必要な理由

オーバーホールが必要な理由は、大きな故障を事前に防げるからです。
腕時計も機械なので、長く使っていると小さな不具合が生じてきます。
小さな不具合は時計の性能に大きな影響を与えないので、多少異常を感じていても放っておく方が多いでしょう。
しかし小さな不具合は、いずれ大きな不具合へと変わります。
大きな不具合が発生したときに起こるのが故障です。
故障のレベルにもよりますが、症状が重いと修復不可能になる場合も。
これを防ぐのがオーバーホールです。
オーバーホールで故障の早期発見を行えば、大きな不具合に発展する前に不具合を対処することができるでしょう。
そのため、腕時計のオーバーホールは定期的に行う必要があるのです。

オーバーホールの料金を左右するポイント

ここでは、オーバーホールの料金を左右する3つのポイントを説明していきます。

モデル

1つ目はタグホイヤーのモデルです。
具体的な費用は後述しますが3針のモデルは料金が安い傾向にあり、クロノグラフモデルの料金は高い傾向にあります。
また、世界三大複雑機構の一つと言われている「トゥールビヨンモデル」のオーバーホール料金は、20~30万円かかります。

状態

2つ目はタグホイヤーの状態です。
経年劣化や寿命による故障のような自然故障であれば、オーバーホール費は比較的安く済みます。
しかし落下による故障や水没による故障など外的要因による故障の場合は、料金が高くなる傾向があります。
なぜなら風防ガラスの交換や、ムーブメントの交換が必要になる場合があるからです。
不具合が発生した原因が明確であればあるほど安い料金でオーバーホールしてもらえるので、把握している原因はすべて伝えておきましょう。

購入店舗

3つ目はタグホイヤーの購入店舗です。
多くの方はタグホイヤーを正規店や正規代理店で購入するかと思います。
この場合はとくに気にする必要はありません。
しかし並行店でタグホイヤーを購入した場合、オーバーホール料金が通常よりも高くなることがあります。
料金が1.5倍ほど異なる場合もあるので、並行店で購入した方は「高島質店」のような民間の優良業者にオーバーホールを依頼しましょう。
民間の業者に依頼することで、オーバーホール料金を抑えられます。

タグホイヤーのオーバーホール料金

タグホイヤーの正規メンテナンス「コンプリート・オーバーホール」で依頼した場合の料金を紹介します。

駆動方式料金(税込)
クォーツ(3針)/クロノグラフ4万1,250円/5万7,750円
機械式(3針)/クロノグラフ5万7,750円/7万4,250円
グランドカレラ(3針)/クロノグラフ7万2,600円/9万4,050円
キャリバー36・モナコ249万4,050円
H02T20万4,600円
ヴィンテージ 要見積もり

※2021年3月時点

出典:RASIN WEB MAGAZINE

H02Tやヴィンテージを除き、タグホイヤーの一般的なモデルのオーバーホール料金は4~10万円が相場です。

今すぐオーバーホールに出した方がいい3つの症状

ここでは、今すぐオーバーホールに出した方がいい3つの症状を説明します。

時間が大きくずれている

一般的に機械式腕時計の精度は、日差-10~+20秒で設定されています。
この範囲内でずれが生じていても誤差なので、とくに問題ありません。
しかし日差-10~+20秒から外れている場合は、何かしらパーツの不具合が生じていると考えられます。
時間がずれる回数が多いほど、深刻な不具合と考えられるので注意しましょう。

ローターの音が大きい

自動巻きの腕時計によくみられる症状なのですが、オーバーホールやメンテナンスをせずに使い続けているとローターの音が購入時よりも大きくなります。
この症状が現れた場合、ローター周辺の油切れや部品の摩耗などが考えられます。
なお正常時でもローター音は発生するので、ローター音が聞こえる=故障ではありません。

ガラスが曇っている

ガラスが曇る原因の多くは、ゴムパッキンの劣化です。
ゴムパッキンが劣化すると、防水機能が落ちるので水分が腕時計内部に侵入しやすくなります。
腕時計の内部に侵入した水分を放っておくと、ムーブメントや部品が錆びてしまいます。
錆びて故障すると多額の修理費用が発生する可能性があるので、ガラスが曇った場合は一日でも早くオーバーホールを依頼しましょう。

オーバーホールの依頼先

ここでは、オーバーホールの依頼先を紹介します。

タグホイヤーカスタマーサービス

タグホイヤーカスタマーサービスは、タグホイヤー公式が運営しています。
正規店での施術なので安心感は得られますが、今回紹介する依頼先の中でオーバーホール料金は最も高くなります。

民間修理業者

民間修理業者の特徴は、正規店よりも安くオーバーホールを依頼できることです。
オーバーホール料金が正規店の半額という場合も。
しかし、料金が安いだけの悪質業者も潜んでいる業界です。
後述しますが、オーバーホールを民間業者に依頼する場合は、業者の選び方に注意しましょう。

家電量販店

家電量販店の特徴は、どこにでもあるので気軽にオーバーホールを依頼できることです。
しかし、技術者のレベルはピンキリなので注意しましょう。
家電量販店にオーバーホールを依頼する場合は、専門の技術者が派遣されている家電量販店を選びましょう。

タグホイヤーならではのサービス

ここでは、タグホイヤーならではのサービスを紹介していきます。

国際保証が付与されている

タグホイヤーには、「購入日から2年間の国際保証」が付与されています。
この保証は購入日から2年以内であれば、不具合の修理や交換を無料で受けられるものです。
そのため保証期間が残っているのであれば、保証が切れる前に一度オーバーホールに出すことをおすすめします。

オーナーだけが入会できる「エドワードクラブ」

タグホイヤーには、オーナーだけが入会できる「エドワードクラブ」があります。
エドワードクラブに入会すると受けられるサービスは、以下の通りです。

  • 保証期間が2年から4年に延長
  • オーバーホールや修理などを、メンバー特別価格(正規価格の2~3割引き)で受けられる

その他のサービスも定期的に開催されています。

優良業者の選び方

タグホイヤー正規店は、オーバーホールの料金が高いのがデメリットです。
そこでおすすめしたいのが民間業者への依頼なのですが、悪質業者も潜んでいるので注意しなければいけません。
そのためここでは、優良業者の選び方を説明します。

時計修理技師の資格を保有しているスタッフが在籍しているか確認する

まず、時計修理技師の資格を保有しているスタッフが在籍しているかを確認しましょう。
時計修理技師とは、時計修理の豊富な知識と高い技術を持っていることを証明する国家資格です。
資格を保有しているか否かは、サイトからチェックできます。

口コミを参考にする

次に、オーバーホールを依頼する業者の「口コミ」を参考にしましょう。
業者の口コミは「業者名+口コミ」で検索すると確認できます。
口コミを確認するとき、いい口コミはサクラの可能性もあるので、なるべく悪い口コミを参考にしてください。
悪い口コミを確認し、許容範囲内のことか否かを確認しましょう。

タグホイヤーのオーバーホールなら「高島屋質店」がおすすめ

時計の宅配修理専門サイト produced by 高島屋質店

出典:時計の宅配修理専門サイト produced by 高島屋質店

優良業者の選び方を説明しましたが、それでも優良業者を見つけるのが難しいという方も多いでしょう。
その場合は、高島屋質店を候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。
高島屋質店とは、豊富な知識と経験を持ち合わせたベテランスタッフが在籍している時計修理店です。
「最安値保証」を打ち出しているのが特徴で、他の業者よりも安くオーバーホールを行ってくれます。
また宅配修理にも対応しているので、わざわざ店舗に足を運ぶ必要もありません。
1年間の保証も付与してくれるので、オーバーホール後も安心です。

こちらからも郵送申し込みができます。

【注意事項・ご利用の流れ】

  1. 下のフォームよりお申し込み
  2. 着払いで時計を発送(梱包材をご用意ください)
  3. 時計到着後1~2週間でお見積り
  4. お見積り承諾・お支払い
  5. 修理進行後2~3週間で修理完了
  6. 修理完了品をお引渡し

※お見積り後のキャンセルは、3,000円(税込)+返送料(着払い)を頂戴します。

宅配修理申し込み

※郵便番号・ご住所は返送先となりますので、入力間違いがないことを必ずご確認ください。


電話メール


オーバーホール(分解洗浄)新品磨きオーバーホール+新品磨きその他

そのほかのおすすめの修理業者と並行店

修理費用をなるべく抑えたいがために、修理業者や並行店を利用される方も少なくないでしょう。
ここでは、タグ・ホイヤーのオーバーホールを安心して任せられる、おすすめの修理業者と並行店をご紹介します。

【東京・御徒町】五十君商店【修理店】

「株式会社五十嵐商店」は、時計修理一筋80年という、長い歴史のある修理店です。
「御徒町店」以外にも「新川崎店」「本川越店」「四ツ橋店」や、家にいながら依頼ができる「ER時計修理(修理受付サイト)」などがあり、多くの時計を修理してきた実績があります。

古い時計やメーカー独自のパーツを使っている時計であっても、新しくパーツを作成するなどして、対応することも可能です。
大切な高級時計を預ける修理店として、信頼に値するお店といえるでしょう。

【東京・銀座】ウォッチ・ホスピタル【修理店】

「ウォッチ・ホスピタル」は、東京の銀座・新宿・神田の3ヶ所に店舗を構える時計修理専門店です。
Web上から無料見積もりも申し込めるため、オーバーホールやパーツ交換にかかる費用を、概算で知ることができます。

ウォッチホスピタルの特徴としては、納期が2週間程度と短く、修理時に純正の部品を使用するという点が挙げられます。
ほとんどのタグ・ホイヤー製品をオーバーホール可能ですが、一部モデルは対応不可なので注意が必要です。

【東京・中野】オロロジャイオ【修理店】

「オロロジャイロ」は、料金が良心的で、毎月特定のブランド時計の修理代金を安くする、キャンペーンなども行っています。
タグ・ホイヤーが対象となることもあるので、オーバーホールを検討した際には、一度ホームページをチェックしてみるとよいでしょう。

【東京・中野】まじめなとけいや かめ吉【並行店】

「まじめなとけいや かめ吉」は、時計販売店の激戦区である東京中野「中野ブロードウェイ」内にあるお店です。1998年の創業以来、多くの時計好きに愛されています。タグ・ホイヤーの品揃えも豊富で、新品だけではなくUSED品からも選ぶことができます。

メンテナンスや保証もしっかりとしていて、特に同店で購入した時計の場合、半額でオーバーホールを行えるという魅力的なサービスを提供しているのが嬉しいポイント。購入後も安心して利用できるお店です。

【東京・銀座】GINZA RASIN【並行店】

東京の時計激戦区の中でも一際目を引くお店が、こちらの「GINZA RASIN」
時計販売だけでなく、時計初心者から時計マニアまで幅広く楽しめるWebコンテンツや、Webマガジンなども提供しているのが特徴です。

ネット販売にも力を入れており、USED品をネットで購入した場合には、好みに合わなかったという自己都合が理由でも返品できるなど、安心のサービスが多いです。

アフターサービスや保証に関しても、同店で購入した時計であれば必ず引き受けてもらえるので、こちらでタグ・ホイヤーを購入するのもおすすめです。
時計の買取なども行っているため、使わなくなった時計を下取りに出してみるのもよいでしょう。

結局、どこに依頼すればいいの?

結局、どこにオーバーホールを依頼するのが一番よいのかというのは、一概にはいえません。
これまでにも述べた通り、修理費用や時計の状態、購入店舗など様々な要因によって、適不適が変わってくるからです。

公式でも対応できないケースがある

正規のカスタマーサービスセンターに依頼したからといって、必ずしもすべてのタグ・ホイヤーが、オーバーホールできる訳ではありません。
アンティーク品や、すでに部品の製造が終了してしまった場合など、対応できないケースもしばしばあります。

このような場合には、パーツから作成してもらえる民間の修理業者に、依頼する必要があるでしょう。

購入店や修理業者に相談してから決めるのがおすすめ

いずれにせよ、素人目では時計の内部の状態までは分かりません。
まずはタグ・ホイヤーを購入したお店や、タグ・ホイヤーのオーバーホールを受け付けている修理業者などに一度見てもらってから、どこに依頼すべきか検討するのがおすすめです。

まとめ

今回は、タグホイヤーのオーバーホールについて説明してきました。
オーバーホールとは分解洗浄のことで、メンテナンスの上位工程です。
オーバーホールは、タグホイヤーの腕時計をきれいに長持ちさせるために行います。
正規店や民間の業者などにオーバーホールを依頼できるのですが、正規店は料金が高いのが唯一のデメリット。
可能であれば、安くオーバーホールを済ませたいですよね。
そこでおすすめしたいのが、豊富な知識と経験を兼ね備えたスタッフが在籍している高島屋質店です。
高島屋質店は最安値保証を打ち出しているため、他の業者よりも安く施術してくれます。
タグホイヤーの修理経験がある業者なので、安心して任せられます。
初めての方でも簡単に利用できるので、優良業者を探しているのであれば高島屋質店にオーバーホールの相談をしてみてください。

タグ・ホイヤーの時計の修理をお考えの方は、こちらの記事でタグホイヤー故障時に!メーカー保証情報や修理費用をまとめた記事 もあるのでチェックしてみてください。

修理価格サイトのご紹介

全国の修理店をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

北海道・東北

北海道 宮城県 青森県 岩手県 福島県 山形県 秋田県

関東

東京都 神奈川県 埼玉県 栃木県 群馬県 千葉県 茨城県

中部

新潟県 長野県 山梨県 富山県 岐阜県 石川県 福井県 静岡県 愛知県

関西

大阪府 京都府 奈良県 兵庫県 三重県 滋賀県 和歌山県

中国・四国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加