iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

デュアルモニターの設定方法とは?作業効率を上げよう

デュアルモニターの設定方法とは?作業効率を上げよう

複数のタブを開きながら作業する際、1つの画面だとなかなか作業が進まないという経験はありませんか?
そこでおすすめなのが、1台のパソコンに2台のモニターをつなげる「デュアルモニター」です。
2つの画面があれば、作業効率がかなり上がります。

設定が複雑そうなデュアルモニターですが、実は簡単に設定可能。

本記事ではデュアルモニターの設定方法に加え、便利な使い方も紹介しますので参考にしてくださいね。

デュアルモニターとは?

「デュアルモニター」とは、2台のモニターを同時に使うことです。
「マルチモニター」や「マルチディスプレイ」などとも呼ばれます。
1画面で作業するよりも作業がしやすく作業効率が上がるので、複数のタブを開きながら作業したい方、2つの画面に別々のタブを開いて使いたい方にぴったりです。

デュアルモニターは、デスクトップパソコンだけではなくノートパソコンでも可能。
特に画面の小さいノートパソコンに大画面のモニターをつなげれば、大幅な作業効率が期待できます。

接続規格を確認する

パソコンとモニターを繋ぐには、あらかじめ接続の規格を確認する必要があります。

接続ケーブルの規格は以下の通りです。

D-Sub

デュアルモニターの設定方法とは?作業効率を上げよう

「D-Sub」は、パソコンと接続機器を接続する際に用いられる一般的な規格。
正面から見るとアルファベットDの形状をしており、「DA-15」「DE-9」「DB−25」の3種類があります。
最も見かけるのはDA-15です。

DVI

デュアルモニターの設定方法とは?作業効率を上げよう

「DVI」は、デジタルディスプレイとパソコンをつなぐためのインターフェースの規格です。
「DVI-I」と「DVI-D」の2種類があります。
DVI-Iはデジタルとアナログ信号の両方に対応していますが、DVI-Dはデジタル信号のみです。

HDMI

デュアルモニターの設定方法とは?作業効率を上げよう

映像と音声をデジタル信号で伝えられる規格で、現在主流の規格である「HDMI」。
新しいパソコンのほとんどに搭載されており、テレビなどでも使われています。

DisplayPort

デュアルモニターの設定方法とは?作業効率を上げよう

出力できる最大解像度が最も高く、8Kまで対応可能。
複数のモニターを数珠つなぎにして、デュアルモニターにすることもできます。

デュアルモニターにするために必要な機器

デュアルモニターにするには、「パソコン本体」「モニター2枚」「デュアルモニター対応のグラフィックボード」を準備しましょう。

グラフィックボードは映像を出力したり、入力したりするには必要な機器。
「ビデオカード」「グラフィックボード」「グラフィックスカード」といった名前で呼ばれることがあります。

2台出力するための設定

デュアルモニターにするための設定は、以下の流れになります。

  1. 2台目のモニターをパソコンに繋ぎ電源を入れる
  2. パソコンがモニターを認識し、画面が表示される
  3. 画面右下のタスクバーの四角いアイコンにある[アクションセンター]をクリック
  4. メニューの右下にある[表示]をクリック
  5. [PC画面のみ][複製]などの表示方法がでるので、お好みの表示方法を選択

デュアルモニターの表示設定

デュアルモニターの表示方法について紹介します。
表示方法は、[PC画面のみ][セカンドスクリーンのみ][複製][拡張]の4つです。

[PC画面のみ][セカンドスクリーンのみ]

2台あるスクリーンのうち、どちらか1台のみのディスプレイを使う際の設定です。
文字通り、パソコンの画面を映したいときは[PC画面のみ]、2台目のモニターのみ映したい場合は[セカンドスクリーンのみ]に設定しましょう。

[複製]

どちらも同じ画面にしたい場合は[複数]を選択します。
片方は自分が見るように、大画面のモニターは相手に見せるように使い分けられるので、プレゼンをするときにおすすめです。

[拡張]

2台のモニターを1つの画面として使用します。
モニター間のマウスポインターの移動もでき、より大きい画面で作業が可能です。

いくつかタブを開く場合や、複数のタスクを熟したい場合に使用すると効率的な作業ができます。

デュアルモニターのカスタマイズ方法

デュアルモニターの設定方法とは?作業効率を上げよう

デュアルモニターをより使いやすくしたい場合、詳細設定が可能です。

  1. アイコンがない場所にて右クリック
  2. メニューの中の[ディスプレイ設定]を選択
  3. メニューのディスプレイのカスタマイズ画面が表示されたら、自身の好みに設定

詳細設定では、モニターに「1」と「2」と数字が書かれています。
これらは2台のモニターを表すもので、もし検出されない場合は、[検出する]をクリックしましょう。
それでも画面が出力されない場合は、ケーブルを挿し直して、パソコンの再起動をしてください。

ここからは、カスタマイズ機能と操作方法について紹介します。

[識別する]

2つの四角形をモニターに見立てて、それぞれどちらのモニターか確認するときに使います。

どちらかわからない場合は、数字をクリックするとモニター上に「1」「2」と表示されます。

[テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する]

スライドバーを操作すると、「表示されるテキストの大きさ」「アプリ」「項目サイズ」が変更されます。

こだわりがなければ、推奨値に設定するのがおすすめです。
ちなみに、推奨値はパソコンやモニターの機種によって異なります。

メインのモニター(アクティブウィンドウ) の確認方法

画面を拡張後、実際のモニター配置とWindows上のモニターの配置が異なるときがあります。
異なっているかどうか確認するには、数字をクリックしてください。

[このディスプレイが現在メインディスプレイです。]となれば、そちらがメインモニターです。

メインで操作するモニターは別名、「アクティブウィンドウ」とも呼ばれます。
タスクバーにあるCortana検索ボックスやアプリのタスクトレイアイコンは、メインのモニターに表示されます。

使いやすいモニターをメインモニターに設定し、[これをメインディスプレイにする]にチェックを入れて使用しましょう。

メインモニターを切り替える

別のモニターをメインモニターにしたい場合は、メインモニターにしたい四角形を選択します。
その後[これをメインディスプレイにする]にチェックを入れて、適用するをクリックしましょう。
メインモニターが設定したモニターに無事変更されるはずです。

または、配置を変更したいモニターの番号アイコンをドラッグして、実際のモニターの配置に揃えましょう。
配置ができたら、適用をクリックして完了です。

[向き][複数のディスプレイ]

[向き]と[複数のディスプレイ]では、ディスプレイの向きと2つのディスプレイの表示方法が変更可能です。
ディスプレイの向きや配置関係は自由に設定可能ですので、使いやすいように設定してください。
ちなみに[複数のディスプレイ]は、[アクションセンター]の[表示]にて行える設定と同じです。

設定後は実際に使用してみて、違和感がないか確認しましょう。
マウスカーソルがモニター間を上手に移動しない場合、左右の設定が逆になっている可能性が考えられます。
1と2の位置を入れ替えてみて下さい。

知っておくと便利なディアルモニターの機能

Windows10から、デュアルモニターをより快適に使える機能が追加されました。

作業の効率を上げられるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

スナップ機能で画面の端に吸着

ウィンドウを画面の端にぴったりとくっつく「スナップ機能」。
Windows7より導入された機能ですが、Windows10からデュアルモニターでも使用できるようになりました。

くっつけたいウィンドウをドラッグして画面の端にくっつけるように移動すると、自動的に画面の半分の大きさとなり、端にぴったりと隙間なく吸着されます。
右にくっつけたければ右端に寄せ、左にくっつけたければ左端に寄せましょう。
この機能を使えば余分なスペースが生まれないので、画面の大きさを最大限に活用できますね。

ウィンドウ画面を4分の1にしたい場合は、四隅にウィンドウを移動させましょう。
1つのウィンドウを選択して画面半分に吸着させると、もう半分の空いたスペースは、現在開いているウィンドウがサムネイルとして表示されます。
この中からいずれかを選ぶと、空いている半分のスペースに広がり吸着します。

タスクバーのアイコン表示を変更

タスクバーのアイコンは、自分好みに設定できます。

設定変更手順は以下の通りです。

  1. タスクバーの上で右クリック
  2. 表示されたウィンドウの中の[タスクバーの設定]をクリック
  3. マルチディスプレイの項目にある[タスクバーのボタンの表示先]から、好みの設定を選択

[タスクバーのボタンの表示先]から選べる設定は、以下の3つです。

  • [すべてのタスクバー]
  • 使用中のすべての機能アイコンを両方の画面に表示させる設定

  • [メインタスクバーと、開かれているウィンドウのタスクバー]
  • メインディスプレイにアイコンを全て表示させ、2台目のサブモニターには、その画面のみ使用されているアイコンを表示

  • [開かれているウィンドウのタスクバー]
  • それぞれの画面にて使用しているアイコンを個別で表示

デュアルモニターで使えるショートカットキー

さらに作業効率を上げたいという方向けに、デュアルモニターで使えるショートカットキーを紹介します。
わざわざ設定画面を開かずに済むので、ぜひ一度試してみてください。

「Win+P」

デュアルモニターの表示方法に、[PC画面のみ][セカンドスクリーンのみ][複製][拡張]の4つがあることはすでにご紹介しました。
例えば[複製]から[拡張]に切り替えたい際、「Win+P」のショートカットキーを使えばとても簡単に切り替えられるのです。

実際に「Win+P」を押してみると、表示方法を選べるページがすぐに出てきます。
わざわざ[アクションセンター]に入って[表示]をクリックする必要もないので便利ですね。

「Win+Shift+←/→」

「拡張」モードの際、画面から画面にウィンドウを移動させようとすると「画面と画面の間に留まってしまう」など、うまくいかない場面もあるでしょう。
そんな時に「Win+Shift+←/→」を使うと、ウィンドウを拡張画面側に移動します。
わざわざマウスでドラッグする必要がないので、作業がかなり楽になりますね。

デュアルモニターがうまく映らない?

工夫次第では、作業を効率的に行うことができるデュアルモニター。
しかし、「2台目のモニターが映らない」「デュアルモニターの設定が反映されない」などの不具合も起こり得ます。

規格の違いやケーブルの接続が悪いことが原因であることもあるので、一度ケーブルを接続し直してみましょう。
それでも直らなければ、修理業者に相談するのがよいかもしれません。

パソコン修理をプロに依頼しよう

最安修理ドットコムPCサポート by Dr. Hme Net

最安修理ドットコムPCサポートを委託運営するドクター・ホームネットが、有料訪問サポートシェアNo.1を獲得できているのは、他の修理店にはない強みがあるからです。

  • 日本全国最短即日サポート
  • データを保護した修理
  • 安心の事前見積
  • 年間16万件以上の実績

修理依頼の流れは以下の通りです。
パソコンに関する悩みがあれば気軽に相談してくださいね。

  1. 依頼の電話をかけましょう。
    【専用フリーダイヤル】:0120-234-451
    ※受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  2. パソコンで困っている内容を伝えます。
  3. 料金体系についての案内があります。
  4. 希望の日時を伝え、訪問日時を決めます。
  5. 予約当日に現地で診断・見積り。
  6. 見積り了承後、修理が行われます。

0120-234-451

最安修理ドットコムPCサポートについて知りたい方は、「最安修理ドットコムPCサポートをおすすめする5つの理由」や「修理にいくらかかるか」などを詳しく紹介した記事もあるので、ぜひご覧ください。

まとめ

本記事ではデュアルモニターの設定方法、カスタマイズ、活用方法を紹介しました。
デュアルモニターの設定は、基本的に設定を開き、変更したいプルダウンメニューにて好みの方法を選ぶだけです。
そこまで難しくはない設定ですので、パソコンが苦手な方でも本記事を参考にすればスムーズにできるでしょう。

ディアルモニターにすることで、複数の作業を同時にでき、モニターが大きく使えて作業効率がアップします。
さらに、使いやすいように便利な設定もあり、自分好みにカスタマイズもできるので、使いにくさは軽減するでしょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加