iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

腕時計ロレックスのオーバーホール適正頻度は?相場とおすすめ修理店も紹介

腕時計ロレックスのオーバーホール適正頻度は?相場とおすすめ修理店も紹介

「ロレックス」に憧れを抱き、「ロレックスを購入するために必死に努力した」というような方も多いのではないでしょうか。
せっかく入手したのであれば、きれいに長く愛用していきたいですよね。
その場合、定期的にオーバーホールする必要があります。
今回はオーバーホールの概要や必要性、オーバーホールに出さないと起こることや料金の目安などを説明していきます。

ロレックスのオーバーホールをお急ぎの方は…

INDEX

ロレックスについて

ロレックスは「ハンス・ウイルスドルフ」によって、1905年にイギリスのロンドンで創設されました。
ムーブメントの品質向上に力を入れているブランドで、スイスクロノメーター歩度公認検定局から、初めて腕時計の「クロノメーター公式証明書」を獲得。
1962年には世界初の防水腕時計、1931年には世界初の自動巻き腕時計、1945年にはダイヤルの小窓に日付を表示する自動巻き時計を世界で初めて開発するなど、凄まじい速度で進化しています。
ロレックスは自社で厳しい基準を定めており、細部まで注意を払って丁寧に組み立てられています。

ロレックスの魅力

ここでは、ロレックスの魅力を説明していきます。

高級時計の代表格

ロレックスは、時計に詳しくない方でも知っているほど知名度がある腕時計です。
「高級時計と言ったらロレックス」と考える方も多いでしょう。
高級時計として確立しているロレックス、時計好きには憧れの一本と言えます。

品質・技術ともに最高級

今では当たり前となっている「防水機能」ですが、開発された当時ロレックスの品質や精度、技術力の高さは他のブランドメーカーと比較しても比べものにならないほどでした。
防水機能の向上は、ロレックスの開発があったからこそと言っても過言ではありません。
ロレックスが開発した技術は100年経った今でも使われており、防水時計を作成する上での基礎となっています。

高級時計なのに経済的

高級時計は購入費が高額なだけではなく、メンテナンス費も高い傾向があります。
メンテナンス費だけで数十万円かかる腕時計もあるでしょう。
しかしロレックスの場合オーバーホールの基本料金は3万円程度、修理やメンテナンス費は2~3万円程度で済むことがほとんどです。
オーバーホール費や修理、メンテンナンス費が安い理由は内部機構の部品が手配しやすいから。
ロレックスのオーバーホール頻度は3~5年に一度と言われているので、年間維持費が数千円程度に収まることもあります。

出典:質屋クローク

飽きが来ないデザイン

ロレックスは、大きなモデルチェンジをしない腕時計としても有名です。
実際、ロレックスのスポーツモデル「サブマリーナは」ほぼ同じデザインで数十年間製造されています。
しかし、数十年経ってもロレックスの時計は古さを感じさせません。
「1本の腕時計で数十年間楽しめる」ロレックスが多くの方から愛されているのは、このような理由があるからかもしれません。

リセールバリューが高い

リセールバリューとは、将来いくらで売れるのか割合(%)で表した指標です。
たとえば300万円のロレックスが3年後に150万円で売れた場合、リセールバリューは50%。
このリセールバリューが他ブランドメーカーは30~40%が多い中、ロレックスは70~85%です。
つまり、ロレックスは300万円で購入しても250万円程で売れる可能性があります。
しかも「デイトナ」のように購入価格よりも売却金額が高くなる腕時計もあるので、売却したら利益が出ることも。
これほどまでに破格のリセールバリューを出せるのは、ロレックスならではと言えるでしょう。
※リセールバリューは腕時計のモデルや状態などによって異なる場合があります。

出典:RASINWEBMAGAZINE

オーバーホールの概要

ここでは、オーバーホールの概要を説明していきます。

オーバーホールとは

オーバーホールとは、ロレックスの部品を一度すべて分解し点検、洗浄、交換などを行うメンテナンスです。
オーバーホールを行うと新品同様の腕時計に生まれ変わるので、一つの腕時計を長く使い続けることができます。

オーバーホールの内容

オーバーホールは、以下の手順で行われます。

  1. 時計をすべて分解し、専用の溶剤でムーブメントを洗浄する
  2. 劣化したパーツを交換すると同時に、新しい潤滑油を注油する
  3. 時計の精度を測るための調査を行う
  4. 一度腕時計を組み立てて、防水テストをはじめとした最終の品質チェックを行う
  5. 問題なければ、オーバーホール終了

オーバーホールにかかる期間は、3~6週間が目安です。

ロレックスのオーバーホールは3~5年に一度が理想

ロレックスのオーバーホールは、3~5年に一度が理想とされています。
しかし時計を付ける頻度や付ける環境などによって、オーバーホールの適正頻度は異なるでしょう。
ロレックスを365日付ける方と6ヶ月しか付けない方とでは、前者の方が劣化のスピードは早くなります。
それであれば、当然オーバーホールに出す頻度も多くなるでしょう。
目安は3~5年に一度ですが少しでも異常を感じた場合は、目安にこだわらずすぐオーバーホールに出しましょう。

出典:五十嵐商店

オーバーホールは定期的に行おう

使用頻度や使用環境により状態はさまざまですが、オーバーホールは定期的に行ったほうがよいでしょう。
というのも、オーバーホールを行わなかった結果、潤滑オイルが切れたためパーツの動きが阻害。
削られた金属粉が付着して、精度を低下させていたケースもあります。

また、潤滑オイルが切れると内部にサビが発生し、サビが全体に広がりやすくなってしまいます。
防水のためのパッキンの経年劣化は避けられず、内部に水が侵入したことに気づかないことがあります。

内部のパーツや針にサビや腐食が発生したり、文字板が変色したりするため注意が必要です。
これらの事例では、修理代金が高額になるケースがあります。
定期的にオーバーホールを行っておけば、避けられる事例です。

さらに詳しくは腕時計はオーバーホールの頻度をどのくらいにすべき?という記事をご参照ください。

オーバーホールの必要性

ここでは、オーバーホールの必要性を説明していきます。

長く愛用したいならオーバーホールは必須

ロレックスを長く愛用していきたいのであれば、オーバーホールは必須です。
腕時計が故障する原因はさまざまですが、その中の一つに「油の劣化」があります。
油の劣化によって、部品同士が傷つけ合い故障してしまうのです。
オーバーホールでは劣化した油を洗浄で取り除き、新品の油を注油します。
これにより部品がスムーズに動くので、傷つけ合うことがなく故障を防げます。
故障する回数が少なければ時計が長持ちするので、長く愛用していきたいのであれば定期的にオーバーホールを行いましょう。

クォーツ時計も機械式時計もオーバーホールは必要

クォーツ時計は「オーバーホールする必要がない」と言われることがありますが、基本的にどの腕時計でもオーバーホールは必要です。
たしかにクォーツ時計は電池の力でも針が動くので、オーバーホールしなくても比較的正常に動きます。
しかし、油を劣化させた状態で腕時計を使い続けるのはデメリットしかありません。
そのためオーバーホールせずに使い続けると、クォーツ時計でも早い寿命を迎えます。

オーバーホールを行わないと起こること

ここでは、オーバーホールを行わないと起こることを説明していきます。

防水不良を起こす

ロレックスには防水性を保つための「パッキン」という部品があるのですが、パッキンは汗や汚れなどによって劣化していきます。
とうぜん劣化するにつれて防水機能は低下していくので、そのまま使い続けると防水不良を起こす可能性があります。
水の侵入によって腕時計が故障した事例もあるので、油断しないようにしましょう。

サビが発生する

腕時計の中にある部品には摩擦を防ぐために潤滑油が塗られているのですが、塗られた潤滑油は時間の経過とともに劣化していきます。
劣化すると部品同士が擦れ合うので、摩擦によって傷つき傷ついた場所が錆びていきます。
そのまま使い続けると、金属粉と潤滑油が混ざり合って部品の摩耗が加速するので注意しましょう。

修理不可能になる

腕時計に不具合が発生してもすぐ修理に出せば高い確率で直すことができますが、不具合が発生してから長い期間放置していると修理不可能になる場合があります。
修理不可能になった場合、買取を拒否される場合があります。
そのため、将来的に売却を考えている方は注意しましょう。

ロレックスをオーバーホールに出す場合の注意点

針を動かす部品として一般的な腕時計は「緩急針」を採用しているのですが、ロレックスは緩急針ではなく「マスロットタイプの調速機」を採用しています。
マスロットタイプの調速機を調整するためには、専用の工具が必要であると同時にその工具を扱えるほどの高い技術が求められます。
そのため、一般的な腕時計専門店ではロレックスを扱えない場合があるので注意しましょう。

ロレックスの日常のお手入れについて

オーバーホールに定期的に出していれば、日頃のメンテナンスは不要というわけではありません。
オーナーの利用状況により、時計の状態は大きく影響されます。
次のオーバーホールまでロレックスを良い状態で長く使うためには、日常のお手入れが大切です。

自分でできるロレックスのメンテナンス方法

ロレックスの裏側やブレスレットは、常に肌に触れている状態のため、皮脂や汗がつきやすく、汚れがたまりやすい部分です。
そのまま放置しておくと、嫌な臭いやサビの原因になってしまいます。

外したときに、すぐメンテナンスを行うのが一番です。
メンテナンスといっても、難しく考える必要はありません。

あくまでも外観の汚れに対するお手入れですので、複雑な工具などは不要。簡単にできます。
用意するのは「メガネ拭き」や「ジュエリークロス」などの柔らかい布です。

「セーム革」や「マイクロファイバー」などでもよいでしょう。
油汚れや指紋、細かなホコリなどを、優しく拭き取っておきます。

たまには、ブレスレットのコマの隙間にたまったホコリなどを、柔らかいブラシで掻き出しておくことを、おすすめします。
ホコリや汚れが入り込んだままにしておくと、キズがつきやすくなり、摩耗によってケースとブレスレットの接合部分が、ぐらつくことがあるためです。

ひどい場合は、突然ブレスレットが外れて、落下する危険性があるため注意しましょう。
たまに、天然の豚毛など柔らかい素材のブラシで、薄めた中性洗剤を使い優しく洗うと、ブレスレットのコマの間に入り込んだ汚れが、落ちやすくなりさっぱりと洗えます。

特に、海にでかけたときは、海水や砂から守るためにも有効です。
リューズをしっかりとはめ、隙間がないことを確認してから行ってください。
レザーベルトは水洗いができませんので、濡らして固く絞った布に押し付けるように、汚れを吸着させましょう。

ロレックスに傷を発見したときは?

研磨剤の微粒子が入ったクリームなどで傷を目立たなくすることもできるようですが、失敗するリスクもあります。
かえって傷が目立ってしまった事例もあるため、個人で行うのはおすすめできません。
金属部分の傷は、サビや塗装剥がれの原因になるため、早めに修理を依頼しましょう。

ロレックスのベルトが傷んだときは?

腕時計のベルトは消耗品として、時計店などでベルトだけが販売されています。
ベルト幅が適合すれば、どんな腕時計にも付け替えられます。

工具があれば、自分で付け替えることも可能です。
ただし「バネ棒」などが確実に取り付けられていない場合、外れて落下する危険性もあります。
ロレックスは、修理店に依頼したほうが安心です。

モデル別!ロレックスのオーバーホール料金

ロレックスのオーバーホール料金の目安を、モデル別にご紹介します。

モデル名メーカー時計修理専門店
コスモグラフデイトナ6万円~4万5,000円~
エクスプローラー4万3,000円~3万円~
エクスプローラーold4万3,000円~4万円~
サブマリーナー4万4,000円~3万円~
サブマリーナーold4万4,000円~4万円~
ヨットマスター4万5,000円~3万5,000円~
GMTマスター4万7,000円~4万円~
GMTマスターold4万5,000円~3万円~

※2021年3月時点

出典:五十嵐商店

メーカー料金は、時計修理専門店の料金の約1.5倍高いことがわかります。
業者によっては料金が2倍近く異なる場合もあるので、オーバーホール料金を抑えたい方は時計修理専門店にオーバーホールを依頼しましょう。

ロレックスのオーバーホールを受け付けてくれるところ

ここでは、ロレックスのオーバーホールを受け付けてくれるところをご紹介します。

ロレックス正規店

ロレックス正規店にオーバーホールを依頼する方法は2つあります。
1つ目は「店舗に持ち込む方法」で、2つ目は「郵送で送る方法」。
郵送を選択した場合、ロレックス正規店から梱包キットが送られてきます。
そのため、郵送するための梱包材を用意する必要はありません。

家電量販店

家電量販店にオーバーホールを依頼するメリットは、手軽に依頼できること。
家電量販店はどこにでもあるので、店舗探しの手間が省けます。
しかし、高い技術力を持っている方はロレックス正規店か時計修理専門店に勤める場合が多いので、家電量販店に在籍している技術者のレベルには少々不安があります。
そのため家電量販店にオーバーホールを依頼する場合は、専門の技術者が派遣されている家電量販店なのかをチェックしましょう。

時計修理専門店

時計修理専門店のメリットは、オーバーホール料金が安いことです。
メーカー料金の半額でオーバーホールしてくれる業者も珍しくありません。
しかし高島屋質店のような優良店がある一方、とにかく安いだけの悪質な業者も存在します。
そのため後述しますが、業者選びで失敗しないように注意しましょう。

ロレックスならではの「アフターケアサービス」

ロレックス正規店にオーバーホールを依頼した場合、2年間の国際サービス保証書が発行されます。
修理費はもちろん部品交換も無料なので、オーバーホール後に異常が見られても安心です。

優良業者の選び方

ロレックス正規店は非常にいいサービスを提供してくれるのですが、オーバーホールの料金が高額というデメリットがあります。
そのためオーバーホール料金を安くしたい場合は、民間の業者に依頼しましょう。
しかし民間の業者を適当に選んでしまうと、安いだけの悪質な業者にオーバーホールを依頼してしまう場合があります。
そこで、ここでは優良業者の選び方を説明していきます。

時計修理技能士が在籍しているか確認する

時計修理技能士とは、国家資格の一つである「時計修理技師」の資格を保有している技術者です。
時計の修理に関する豊富な知識や高い技術を持っていることが証明されるので、高いレベルの施術が期待できます。
資格を保有しているか否かは業者のサイトにアクセスし、スタッフ紹介ページを見れば確認することができます。

ロレックスのオーバーホール経験があるか確認する

次に、ロレックスのオーバーホール経験があるか確認しましょう。
注意点の段落でも説明しましたが、ロレックスの内部構造は一般的な時計とやや異なります。
ロレックスをオーバーホールするには、専用の工具とそれを扱える知識や経験が必要です。
そのためロレックスをオーバーホールしたことがないお店は、ハイレベルな施術を行えない可能性も。
オーバーホール実績は、お店のサイトやSNSなどからチェックすることができます。

口コミを確認する

最後に、オーバーホールを依頼するお店の口コミを確認しましょう。
口コミでは、そのお店を実際に利用した方のリアルな感想を知ることができます。
つまり口コミを見ることで、そのお店がどのようなお店なのかがある程度わかります。
最近は、インターネットから簡単に口コミをチェックできるようになりました。
「お店の名前+口コミ」で検索して、評判がいいお店なのか否かを見極めましょう。
いい口コミも確認するべきですが、それと同時に悪い口コミもしっかり確認してください。

ロレックスのオーバーホールなら「高島屋質店」がおすすめ

時計の宅配修理専門サイト produced by 高島屋質店

出典:時計の宅配修理専門サイト produced by 高島屋質店

「ロレックス正規店はサービスがいいが料金が高い」「民間の業者は料金が安いが悪質な業者もいる」など説明してきましたが、「結局どこに依頼すれば安心なのだろうか…」と疑問を抱えている方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのが「高島屋質店」です。
高島屋質店は「最安値保証」を約束している1951年創業の時計修理業者。
万が一高島屋質店よりも他社の料金の方が安い場合、その旨を説明すればその店舗よりもオーバーホール料金を安くしてくれます。
もちろん知識と経験が豊富なベテランスタッフが対応するため、高いレベルの施術が行われます。
また1年間の保証がつくので、オーバーホール後も安心。
口コミをすると“最大3,000円引き”になるなど、安心かつ手軽にオーバーホールできる点も魅力です。
ロレックスの施術経験もあるお店なので、業者選びで迷っているのであれば高島屋質店をチェックしてみましょう。

こちらから修理の申し込みもできます。

【注意事項・ご利用の流れ】

  1. 下のフォームよりお申し込み
  2. 着払いで時計を発送(梱包材をご用意ください)
  3. 時計到着後1~2週間でお見積り
  4. お見積り承諾・お支払い
  5. 修理進行後2~3週間で修理完了
  6. 修理完了品をお引渡し

※お見積り後のキャンセルは、3,000円(税込)+返送料(着払い)を頂戴します。

宅配修理申し込み

※郵便番号・ご住所は返送先となりますので、入力間違いがないことを必ずご確認ください。


電話メール


オーバーホール(分解洗浄)新品磨きオーバーホール+新品磨きその他

まとめ

今回は腕時計ロレックスの魅力をはじめ、オーバーホールの概要や必要性、料金の目安やオーバーホールしないと起こることなどを説明してきました。

ロレックスは非常に高品質な腕時計なのでオーバーホールしなくても使っていけますが、長くきれいに愛用していきたいのであればオーバーホールは必須です。
しかし正規店のオーバーホール料金が高くて、オーバーホールに出すのを躊躇している方も多いでしょう。
その場合は、高島屋質店にロレックスのオーバーホールを依頼してみてください。

高島屋質店は最安値保証を打ち出している時計専門修理店なので、日本一安くオーバーホールしてくれます。
もちろん豊富な知識と経験を兼ね備えたベテランスタッフが施術を担当するので、技術力も安心です。
見積もりだけの相談も可能なので、お持ちのロレックスを長く愛用していきたいのであれば、まずは高島屋質店に気軽に相談してみてください。

オーバーホールを検討している方は、腕時計のオーバーホール費用や修理料金相場について解説している記事もあるのでご覧ください。

修理価格サイトのご紹介

全国の修理店をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

北海道・東北

北海道 宮城県 青森県 岩手県 福島県 山形県 秋田県

関東

東京都 神奈川県 埼玉県 栃木県 群馬県 千葉県 茨城県

中部

新潟県 長野県 山梨県 富山県 岐阜県 石川県 福井県 静岡県 愛知県

関西

大阪府 京都府 奈良県 兵庫県 三重県 滋賀県 和歌山県

中国・四国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加