玄関ドアの鍵交換は自分でもできる?鍵交換の費用・手順・おすすめ業者を紹介

玄関ドアの鍵交換は自分でもできる?鍵交換の費用・手順・おすすめ業者を紹介

鍵が壊れてしまったら、誰しも慌ててしまうことでしょう。 一人暮らしならなおさら、出かける予定があろうとも早急に対処しなければなりません。 最近カギの調子が悪いと感じている方も早めの対処をおすすめします。

INDEX

鍵の交換が必要になるのはどんなとき?

鍵が壊れて使えないときは鍵の修理や交換が必要になりますが、それ以外のケースでも鍵を交換したほうがよい場合があります。 鍵を交換する一般的なケースについて紹介します。

鍵が壊れたとき

鍵は毎日施錠と解錠を繰り返すので、やがては劣化します。 鍵が突然壊れると慌ててしまうでしょう。

一番厄介なのは家に入れなくなることです。 出かけるときに壊れてしまうのも困ります。 鍵をかけられないと空き巣に入られてしまう危険性も…。 そのまま放置することはできないため、早急に対処しなければなりません。

鍵が劣化して壊れるケースで多いのは、鍵穴にささった状態で鍵が途中で折れてしまうパターンです。 「普段から鍵を差し込んだときや回したときに、引っかかるような違和感がある」「挿しにくかったり抜きにくかったりする」などがあるなら、前兆と見ておきましょう。

力任せに回そうとしたり引っかかっているのに無理やり引っ張ったりすると、鍵や錠前が壊れてしまいます。 このようなときは、鍵穴に砂埃やゴミが詰まっているかかみ合わせが悪くなっていると考えられます。 実際、風の強い台風の後にマンション最上階の玄関ドアに土埃や小石などの異物が入って、鍵が回らなくなったケースがありました。 鍵を挿す前に気が付いて掃除できればよいですが、完全に壊れてしまったときは鍵ごと交換するしかありません。

鍵をなくしたとき

「鍵をなくしてもスペアキーがあるから安心だ」と考える方もいるでしょう。 たしかにスペアキーから鍵を複製したり、メーカーから同じ番号の鍵を取り寄せたりもできます。

ただし、鍵をどうなくしたかが問題です。 鍵と一緒に免許証や保険証などをなくしている場合は危険なので、大至急鍵の交換をおすすめします。

大切な身分証明書だけでなく自宅に届いた手紙や請求書類など、自宅の住所がわかるものと鍵をまとめてなくした場合も同様です。 いつ誰が鍵を使って侵入するかわからず、「落とした鍵で家がバレているのではないか」という恐怖を常に感じてしまいます。

自分でなくした覚えがないのに鍵が見当たらない場合も要注意です。 あなたを知る誰かが意図的に鍵を盗んだ可能性がないとは言い切れません。

不在時や在宅時に勝手に入られてしまうかもしれないのです。 自分の身や財産を守るために、速やかに鍵交換をしたほうがよいケースです。

ちなみに賃貸の鍵を紛失した場合、大家さんや管理会社に連絡して、鍵交換をするべきかを確認する必要がありますよ。

防犯対策として

空き巣被害のあった周辺では、急いで防犯対策を進める家が多い傾向にあります。 しかし「うちに侵入しても取られるような金目のものは何もないから」「こんな古い家を選んで入る泥棒なんていないでしょ」と、防犯意識が低い家もあるかもしれません。

空き巣は単独犯もありますが、多くは窃盗団で人目のある日中に堂々と行われる犯罪です。 プロの手にかかれば、鍵穴に工具を差し込んでカチャカチャ動かすだけでほんの数秒で鍵が開いてしまいます。

いつ空き巣被害にあうとも限らないので、自宅の鍵が侵入されやすいものかどうかは確認しておきましょう。 危険だと思ったら防犯性の高い鍵に交換することをおすすめします。

ちなみに補助錠など、鍵を後付けすることでも、防犯性を上げられますよ。

賃貸物件の入居時

賃貸物件の入居申込時に、鍵交換費用などの初期費用を請求されることがほとんどでしょう。 しかし中には、鍵交換費用を請求せず鍵交換を行っていない物件もあるようです。

希望すれば鍵を交換してもらえるケースや、ローテーションで鍵を使いまわしているケースもありました。 入居者の負担を軽減するために防犯性の高い鍵ではなく、安価な鍵を付ける場合もあるかもしれません。

しかし、さらに防犯性の高い鍵のほうが安心できると思うこともあるでしょう。 できれば大家が新しい鍵に交換する前に、自分の希望の鍵へ交換したいと交渉できるとよいですね。

賃貸物件に入居中の場合は、退去時に元の鍵に戻すことにより希望の鍵への交換が可能な場合もあります。 賃貸の管理会社に「より安全性の高い鍵に交換してよいか」どうかをまずは聞いてみましょう。

玄関の鍵交換はどこでできる?主な交換方法2つ

玄関の鍵を交換する方法として、「自分で交換する」「業者に交換してもらう」の2つがあります。

自分で交換する

まず1つ目は、自分で部品を買って交換することです。 鍵交換というと業者の専門仕事にも思えますが、DIYのような感覚で一般の方でもできるようになっています。 費用を削減したい方や、普段からDIYのような作業に慣れている方にはおすすめ。

業者に依頼して交換する

2つ目は、業者に依頼する方法です。 部品代と別に交換依頼料もかかってしまいますが、最も確実な方法です。 鍵は防犯に関わることなので、自信のない方は業者に依頼するようにしましょう。

玄関の鍵交換はホームセンターで依頼できる?

結論からいうとホームセンターで鍵交換の依頼をすることはできません。ホームセンターでは合鍵作成に対応しているところもありますが、直接家に向かう必要がある鍵交換は対応していないです。

ただし、鍵交換に必要となるシリンダー等の部品を販売しているところは多いです。ホームセンターで部品購入し自分で玄関の鍵交換することはできるので、「費用を安く押させたい」「DIYが得意」という方は検討してみましょう。

カギ110番

【鍵タイプ別】業者依頼した場合の玄関の鍵交換にかかる費用相場

鍵交換では、錠前や鍵によって値段が大きく変動します。 ここでは、ケース別に鍵交換の費用相場を紹介しますね。

一般的な鍵交換にかかる費用相場についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

鍵を紛失した場合の費用相場

まず、鍵を紛失した場合の対応として2つのパターンがあります。

1つ目は、複数あったうちの一個を紛失した場合。こちらは合鍵を作ればいいので1,000円~5,000円ほどで済む場合が多いです。

手元に鍵がない場合は、業者に来てもらい鍵を作成してもらう必要があります。 その場合は出張費を合わせて、15,000円~25,000円ほどになる場合が多いようです。

シリンダー錠の費用相場

「シリンダー錠」は、一般的な家庭で多く普及しているタイプの鍵穴です。 シリンダー(cylinder)とは、日本語にすると円筒という意味で、鍵を差し込む部分が円筒形のものを指します。

差し込む鍵の形状や特徴によって、「ディスクシリンダー」「ロータリーディスクシリンダー」「ピンシリンダー」「ディンプルシリンダー」「マグネットシリンダー」などに分かれます。 標準的なタイプのシリンダー錠の交換費用相場は10,000円~20,000円前後、防犯性の高いディンプルキーだと15,000円~30,000円前後になるようです。

インテグラル錠の費用相場

ドアノブの中心に鍵穴があり、シリンダーと一体になっているのが「インテグラル錠」です。 インテグラル(integral)は、英語で“完全体や全体を構成する”という意味があります。

一般住宅の玄関だけでなく、勝手口や事務所のドアなどにも使われることの多いタイプです。 事務所などに使われるだけあり、防犯性能に優れています。 インテグラル錠の交換費用の相場は10,000円~15,000円前後、ディンプルキーなら15,000円~25,000円前後となるようです。

引違い戸錠の費用相場

「引違い戸錠」は、2枚の戸を横にスライドして開閉する、玄関によく使われるタイプの鍵です。 昔ながらの和風家屋に多く見られますが、現代では洋風デザインの高い引き戸もあります。

戸が重なり合う部分に縦にはめ込む鍵が使われます。 引き違い戸錠の鍵の交換費用は、戸の材質や鍵の種類などにより変動が大きいです。 相場を見ると、3,000円~30,000円前後と差が見られます。

プッシュプル錠の費用相場

「プッシュプル錠」とは、縦にハンドルが固定されていて、押す・引く操作でドアを開閉できるものです。 シリンダーは上下に2個ある“ダブルロック”と、1個だけの“シングルロック”があります。

通常のキータイプなら20,000円前後、ディンプルキーなら25,000円~40,000円前後が相場です。 またハンドル部分の材質などによっても費用が変わるので、全体を交換する場合の費用はもう少し高額になるでしょう。 中には受注生産で納期に日数がかかるものもあります。

レバーハンドル錠の費用相場

レバーを上下することでドアが開閉でき、レバーハンドルの上にシリンダーがあるタイプや、レバーハンドルの中にシリンダーが組み込まれているものがあります。 マンションやアパートでよく使われていますよ。 一般的なレバーハンドル錠の鍵交換費用の相場は、10,000円~25,000円前後です。

電子錠の費用相場

電子ロックやデジタル錠、カードキーなどと呼ばれるものを総称して「電子錠」といいます。 マンションのオートロックなども暗証番号によって解錠される電子錠です。

暗証番号式以外にも、「ICカード」「リモコン」「指紋認証」「スマートロック」などさまざまなタイプの電子錠が出ています。 種類や性能により大きな差があるため、選ぶメーカーや機種により費用も異なりますよ。 一般住宅の玄関で利用するなら、50,000円~200,000円で取り付けられる事例が多いです。

費用を抑えるDIY!自分で玄関の鍵を交換する方法

自分で玄関の鍵交換をするには、まず何から始めればよいのでしょうか。 手順を知らずにやみくもに始めてしまうのはおすすめしません。

まずは鍵を交換する前の準備が必要です。 鍵交換の手順と注意点について説明します。

また、実際に鍵交換をしている動画も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

自分で交換する場合にかかる費用はどのくらい?

自分で交換する際に最低限必要となるのは、ドライバーと錠前です。もしドライバーがあるなら、錠前の部品代のみがかかります。インターネットで購入する場合、シリンダー錠は5,000~8,000円程度です。ドライバー代を合わせても10,000円を超えることはないでしょう。

ドアの規格を確認して部品(錠前)を購入する

正しいサイズの錠前を購入するためにも、まずはドアの規格を正確に測ることが必要です。 測ったサイズをメモしておいて、錠前購入前に確認しましょう。ドアの規格を測ったら、自分のドアのサイズに合う錠前を購入します。 通販サイト等でも購入できますが、基本的にメーカーの公式サイトから買うのがおすすめですよ。

測る部分は下記の4か所です。

ドアの厚さ

文字通り、ドアが内側から外側までどれくらいの分厚さがあるかです。 斜めに測らないように注意しましょう。

フロントプレート

「フロントプレート」とは、ドアを開いたときに側面についている金属のプレートのことです。 必ずドアノブのすぐ近くにあります。 このフロントプレートの縦と横の長さを測ります。

ビスピッチ

「ビスピッチ」とは、フロントプレートを固定しているビス(ネジ)の距離です。 たいてい上の中央に1つ、下の中央に1つ付いているはずなので、そこの距離を測ります。

バックセット

「バックセット」とは、ドアノブを取り付けている部分の中心から、フロントプレート側の側面までの距離のことです。 ドアノブ自体の中心ではないことに注意しましょう。

鍵の種類に迷ったらコレがおすすめ

実際に鍵交換をするとなった場合、どのタイプの鍵にすべきか迷われる方も多いでしょう。ここでは2種類のおすすめの鍵を紹介します。鍵タイプの詳細は後述するのでぜひそちらを参考にしてくださいね。

防犯性を求めるなら「ディンプルキー」

シリンダーを使うタイプとしては、最も防犯性能が高い鍵です。その分費用は他の鍵より高めですが、防犯性を何よりも重要視したいという方にはおすすめ。

費用を抑えつつ防犯性も欲しいなら「ロータリーディスクシリンダー」

ロータリーディスクシリンダーはディンプルキーほどではないですが、ピッキングに強い鍵です。費用もディスクシリンダーよりは安く済むので、コストを抑えて防犯性を上げたい方にはおすすめですよ。

工具を揃える

部品と同様に準備としてDIY用の工具を揃える必要があります。いずれもインターネットやホームセンター等で簡単に購入できるので準備しておきましょう。

鍵交換に必要な工具は、プラスドライバーとマイナスドライバーだけです。しかし、人力では労力がかかる作業もあるので、余裕があれば電動ドライバーを用意するのがおすすめです。

購入経路はインターネットでもホームセンターでもどちらでも問題ありません。インターネットは実物を見ることはできませんが、豊富な種類から自分の好きなものを選べます。ホームセンターは種類は限られますが、店員に相談したり実物を見て決めることができます。ご自身の好みの方法で調達しましょう。

フロントのビスを外す

ここからはいよいよ本格的な鍵交換作業になります。

まずは現在取り付けてある錠前を外すために、最も外側にある部品であるフロントプレートを外します。 ビスが上下に2箇所あるので、プラスドライバーなどを使って外してください。 ビスが外れたらフロントプレートを取り外せます。

この作業に限ったことではないですが、取り外す際にビスの場所や順番をメモしておくのがおすすめです。 取り付け手順は取り外す工程の真逆の手順になりますので、スムーズに作業できますよ。

表のシリンダーを押さえながらピンを抜く

次にシリンダーを外すため、シリンダーを固定しているピンを抜きます。 シリンダーを固定しているピンは、室内側と外側両方にピンがついています。

交換する際に抜くのは「外側」のピンのみです。 誤ってどちらのピンも抜いてしまうと、ケースがドアの内部に落ちてしまうかもしれません。 そうなってしまうと自力で取るのは難しいため、必ず外側のピンだけを抜いてください。

ピンの外し方としては、外れた時にシリンダーが落ちないように手で抑えながら、外側の上下のピンをマイナスドライバーでひっかけて抜きます。 もし、ペンチなどの方がやりやすい場合はペンチでもかまいません。ピンが抜けたらシリンダーを慎重に外しましょう。

ピンを差して新しいシリンダーを設置する

次にシリンダーを新しいものに交換していきます。 取り付け作業は取り外し作業と逆になりますよ。 先ほどシリンダーを外した場所に、押し込むような感じで新しいシリンダーをはめ込みます。 この際、鍵は必ず抜いておきましょう。

その後は取り外し作業をなぞるような形になります。 まず、外側のピン上下2本を差し込んで、新しいシリンダーを固定します。 その後フロントプレートをかぶせて、上下2箇所にビスを使用して締めれば完成です。

確認をする

交換作業自体はこれで終了ですが、必ず動作確認をしましょう。 この際、不具合があったときにドアが開かなくなってしまうことも防ぐため、確認は必ずドアを開けたままの状態で行うようにしてください。

まずはシリンダーがしっかり固定されているかを鍵を抜き差しして確認します。 固定が十分なら鍵を回してみて、鍵の開け閉めに連動してデッドボルト(ドアの側面から飛び出しドアを固定するもの)が出たり引っ込んだりしているかを確認します。 ここまで無事に確認できたら、実際にドアを閉めて施錠してみましょう。 その後、外側からでも施錠できるかを確認します。

もし違和感があったりスムーズにいかない部分があったりした場合は、どこかで手順を間違えているか、うまくいってない可能性がありますよ。

まずは鍵の種類をおさらい-鍵の種類を特定する方法

鍵交換をするにあたり、鍵の種類は把握しておかなければなりません。 ここでは一般家庭住宅に多い鍵をまとめてご紹介します。

ディスクシリンダー

鍵穴が「く」の字になっているのと、鍵の両側にギザギザが付いている特徴があります。 1970年代頃2000年代頃までは最も主流だった鍵でした。 しかしピッキングに弱いことが発覚したため、現在では減っています。

ピンシリンダー

内部にピンが組み込まれていて、鍵の片側にギザギザがついている特徴があります。代表的なものとしては南京錠が挙げられます。 かつては住宅でも多く普及していましたが、ピッキング等に弱いため最近ではほとんど見られません。

ディンプルシリンダー

鍵穴は縦型で、キーに大きさの異なるくぼみが付いている特徴があります。くぼみがギザギザの代わりの役目を果たしており、数億ものパターンを作りだします。ピッキングにも鍵破壊にも強いため、シリンダーを使う鍵としては最も防犯性が高いです。そのため最近は戸建てやマンションで普及し始め、現在では主流になりつつあります。

ロータリーディスクシリンダー

ディスクシリンダーを改良し、ピッキングに対応した後継の鍵です。仕組み自体はディスクシリンダーとそこまで変わりませんが、より防犯性を高めています。 鍵の見た目もディスクシリンダーとあまり変わらず、両方の側面にギザギザがついているタイプです。

暗証番号錠

解錠するために鍵やカードを持ち歩く必要がなく、紛失やピッキングなどによる不正開錠のリスクがなくなるというメリットがあります。 逆にいえば暗証番号を知られてしまうと、簡単に開錠されてしまうので扱いには注意が必要です。

カードキー

鍵の代わりに電子カードを使用します。 オートロックマンションに対応可能で、扉の開け閉めが簡単になります。 ただし、複製も簡単になることとカードキーが電池式ということには注意しましょう。

生体認証錠(バイオメトリックス錠)

指紋認証、顔認証、虹彩認証などがあります。 一般的に家庭に導入するとなれば指紋認証の錠となりますが、かなり精密な機械を扉に装着しなければいけないため、高額な設置費用がかかります。 鍵が必要なくなることでセキュリティ面の向上は期待できますが、導入前にはよく検討しましょう。

新しい鍵を選ぶ時に参考にしたい鍵のメーカー3社

次に、主な鍵メーカー会社についてご紹介します。

美和ロック株式会社

国内トップシェアの鍵メーカーです。 アルファベットのMIWAと書かれた鍵を見かけたある方も多いのではないでしょうか。 ディスクシリンダー式の錠が多くの被害にあったこともあり、最近ではピッキングに強いシリンダー錠を販売しています。 迷ったらMIWAの鍵を選ぶのがおすすめです。

株式会社GOAL

「株式会社GOAL」は、国内業界シェア第2位の会社です。 関西方面に特に多く、オートロックマンションなどの鍵メーカーは美和ロックとGOALがほぼ市場を独占しています。 1914年創業と長年の実績があるので、GOALの鍵のセキュリティ性は間違いなしといえるでしょう。

ユーシンショウワ

業界シェアは10%ほどですが、アパートなどの鍵で使用されていることが多いです。 ドアロックやホテルロックなどの商品も販売しています。

自分で玄関の鍵を交換する際の注意点やリスク

鍵交換は、心得のある方にとってそれほど難しい作業ではありません。 しかし交換の経験がなければ、いきなり玄関などの重要な鍵の交換はやめましょう。 ここでは、自分で玄関の鍵を交換する際の注意点をまとめています。

新しい鍵を用意してから作業する

当たり前ですが、錠前を外してから新しい錠前をつけるまでは鍵をかけられません。 作業し始めてから買いにいくと、鍵をかけずに家を出ることになってしまいます。 必ず新しい錠前と鍵が揃っているのを確認してから作業に取り掛かりましょう。

規格をよく確認する

せっかく新しい鍵を購入しても、自分のドアや鍵の規格に合っていなければ付けられません。鍵はセキュリティ上の問題から返品もできないので、完全に無駄な出費になってしまいます。 規格の計測や確認は慎重に行いましょう。

部品の管理に気をつける

取り付け作業中に部品をなくさないよう、しっかり管理しましょう。 鍵はひとつでも部品が欠けただけで、致命的な欠陥になりかねません。 セキュリティ上の問題に直結するので、普段以上にしっかり部品を確認しましょう。

締め出されないようにする

鍵を必要としないキーレス錠の中でも、電子錠は自分で交換可能です。 防犯性が高く、鍵の閉め忘れ防止にもなるキーレス錠ですが、自分でキーレス錠をうまく設置できない場合、常に扉が開いている状態のままになる可能性もあります。 また、設置中はオートロックにより締め出されてしまう可能性があるので、玄関の鍵をキーレスに交換したいという方は注意してくださいね。

自分でやるのは大変そう…そんな方には「業者依頼」がおすすめ!

玄関の鍵交換は自力でも可能ですが、防犯に関わるため自信がない場合は業者に依頼するのがおすすめです。 ここでは業者へ依頼するメリットや選び方を紹介します。

業者依頼のメリット

作業や仕上がりの内容に対する信頼感を得られるのが、業者に依頼するもっとも大きいメリットです。 玄関鍵の施工ともなると防犯上のうえでも失敗は許されないので、少しでも不安がある方は鍵業者に依頼するのがおすすめ! また自力でするにしても時間がかなり伴う作業となってしまうので、時間を削減したい方にもおすすめですよ。

失敗しない鍵交換業者の選び方

業者に依頼をするとなると、家に出張で来てもらうことになるため、必ず出張料金がかかります。 それぞれの業者によって料金は異なりますが、作業費用とは別に費用がかかることは頭にいれておきましょう。 また、電話で依頼した後に作業費用について見積がもらえるはずなので、かならず複数の業者に聞いてみてください。見積が適正価格であるか判断してから依頼をすると失敗しにくいはずですよ。

訪問サポート対応してくれる修理業者を探している方には、玄関の鍵を交換してくれるおすすめの業者も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

玄関の鍵交換ならカギ110番

カギ110番

玄関の鍵交換を依頼するなら、カギ110番がおすすめ! 確かな技術を持った鍵のプロが対応してくれるので安心です!

point!
  • 低料金で安心!キャンセル料0円
  • 1日の相談実績 約450件以上
  • お客様満足度98%
\24時間365日全国受付対応中/

カギ110番をチェック

カギ110番3つの特徴

カギ110番の主な特徴としては、以下3点が挙げられますよ。

到着が早い

全国各エリアに多数の加盟店があるため、どこでもすぐに駆けつけることが可能です。 また深夜や早朝にも対応可能になっているので安心ですね。

お客様目線のサービス

出張費+作業費+部材費のコミコミ価格での事前見積をしてくれます。 余計な追加費用もかからない上に、他店より高い場合はその旨を申し出ればさらに安くなることもあるようです。

鍵が開かなければ施工料0円

万が一鍵が開かなかった場合でも費用は0円なので安心して申し込めます。 ※ただしお客様都合によるキャンセルなどは費用が発生する可能性があります。

料金一例

  • 玄関の鍵交換 12,100円~
  • 車の鍵交換 11,000円~
  • 金庫の鍵交換 8,800円~
  • スーツケースの鍵交換 7,700円~

鍵開け以外にも鍵交換や鍵修理、鍵作成、鍵取付など鍵に関するトラブルに対応します。
料金は出張費+作業費+部材費のコミコミ価格なので安心!

鍵開けサービスの流れ

  1. まずはフリーダイヤルで相談
  2. 最短5分で到着
  3. 作業時間最短5分

サービスについて詳しく知りたい方、お問い合わせフォームから無料相談したい方はカギ110番相談窓口からどうぞ。

玄関の鍵交換についてよくある質問

ここからは玄関の鍵交換についてよくある質問をQ&A形式で解決していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

自分で防犯性の高い鍵に交換することはできる?

どの程度かもにもよりますが、基本的にシリンダーを使うタイプであれば自力交換は可能です。シリンダーを使う鍵で最も防犯性が高いのはディンプルキーですので、防犯性能を重視される方はそちらにしましょう

シリンダーを使わないものであれば、電子錠が最もセキュリティ性能は高いです。しかし複雑な工事が必要なので自力交換は不可能です。電子錠に交換したい方は業者に依頼しましょう。

引き戸の鍵交換はできる?

手順は異なりますが、引き戸の鍵交換も自力で可能です。ただし、引き戸はそのままだと取り付けられる鍵の種類が乏しいので、鍵を新たに後付けするという事を考えてみてもいいでしょう。後付けで戸先錠などを設置すれば、鍵の選択肢の幅が広がりますよ。

キーレスタイプの家の鍵をつけることって出来る?

キーレスタイプにもいくつかの鍵の種類があります。中でもカードキーや生体認証キーは、設置に電気を通す工事が必要なため、自力交換は難しいです。しかし暗証番号キーの場合はキーレックスなどのように電気を必要としないメカニカルキーも存在するので、自力交換も可能です。

玄関の鍵交換まとめ

自宅の玄関の鍵を交換する機会はあまり多くはないかもしれません。 せっかくなら、防犯性の高い鍵に交換したいですよね。

基本的には自力で鍵交換は可能ですが、失敗したときのリスクも考えなければいけません。

そのようなときは、カギ110番など実績のある専門業者に相談することをおすすめします。 プロの鍵専門業者に依頼するのが一番確実で安心できますよ。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加