自作PCユーザー必見!起動しない・電源入らない・画面映らないときの原因と対処法

自作PCユーザー必見!起動しない・電源入らない・画面映らないときの原因と対処法

自作PCは自分で選んだパーツを自由にカスタマイズできますが、「組み立てる段階から起動しない」「電源が入らない」といったリスクもあるでしょう。
とはいえ自作PCだからこそ修理や交換もパーツごとに行えて、上手に対処すれば長く利用できます。
自作PCが起動しない原因や対処法をまとめて確認しましょう。
「通電はしても起動しない」「ファンが回らない」「BIOSが起動しない」など、自作PCが起動しないときのさまざまなトラブルへの対策を1つずつ紹介します。

point!

自作PCが故障したときは…

年間14万件以上の実績があるパソコンサポートであらゆるトラブルを解決!

\通話料無料!パソコン修理相談/

最安修理ドットコムPCサポート

Dr.Home Net 監修者 森田 雄飛

監修者:森田 雄飛
パソコン修理に携わり13年

パソコンサポートスタッフとして現場で活躍し、本社異動後は2014年上場を経験しつつ、次世代の人材育成に従事。 これまで主に、技術スタッフ向けに施策や技術ツールの勉強会を実施しているほか、新卒入社社員向けに基礎的な技術研修はもちろん、 パソコンを使用するうえでの情報セキュリティ研修を実施。 それらの経験を活かしパソコン整備士テキストや問題作成など内容のメイン監修を行っている。 現在は、専門学校向けにパソコン整備士受験対策講座を実施中。

自作PCが起動しないときの原因と対処法

自作PCが起動しない原因は、PCの各パーツの部品、ケーブル、周辺機器などさまざまな個所が考えられます。
組み立てたときの簡単なミス1つで起動できない可能性もあるので、注意して1つずつ確認する必要があるでしょう。

とはいえ自作PCだからこそ部品ごとに調べ、原因がどこにあるか突き止めやすいといえるかもしれません。
起動しない原因になりえるパーツと、起動トラブルにありがちな症状をまとめてチェックしましょう。

出典:Dr.Home NetAY3

自作PCが起動しない原因はココにある?

自作PCが起動しない場合は、ほぼすべてのパーツが原因となる可能性があります。
自作PCを組み立てる際に必要なものは以下の通りです。

自作PCの主な部品

  • OS
  • CPU
  • メモリ
  • マザーボード
  • 電源ユニット
  • グラフィックボード
  • HDD・SSDなどのストレージ
  • ケーブル
  • PCケース

まずは起動に必要最低限なものだけ組み立てて、起動できるかどうか試してみましょう。
マザーボード・電源ユニット・CPU・CPUクーラー・メモリさえあれば起動できます。
他の部品は取り外しておき、必要最低限のパーツの組み立て時に不具合が生じていないか確認しましょう。
各パーツに不具合が生じているかどうかをチェックする方法は、起動しない際の具体例を出しながら後述していきます。

自作PCが起動しないときの事例

自作PCが起動しない原因を見極めるには、パソコンの起動トラブルの状況をしっかり把握する必要があります。
電源自体が入らない場合や、通電してもBIOSが起動しないなどさまざまな現象がありますが、多いのは次のようなパターンでしょう。

自作PCの起動トラブルの例

  • 電源が入らない
  • 電源を入れてもファンが回らない
  • ファンは回るが起動しない
  • 電源は入るが画面に何も映らない

それぞれのトラブルの原因と対処法を詳しく見ていきましょう。

電源が入らないときの原因と対処法

自作PCの電源が入っているかどうかは、CPUファンや電源ユニットのファンが動いているかどうかで判断できます。
ファンが回っていれば、電気がファンまで通じていることがわかります。
ファンが回らないのであれば電源が入っておらず、もちろん起動はできません。
電源が入らないときにできる対処法を考えてみましょう。

出典:AKIBA PC Hotline

ケーブルとコンセントを確認する

自作PCの電源が入らないとき、基本的なことですが「電源ケーブルの接続にゆるみはないか」「コンセントにしっかりささっているか」などを確認しましょう。
意外なところにミスがあるかもしれません。

チェックしたい基本的ポイント

  • 各ケーブルの接続にゆるみはないか
  • 各ケーブルに損傷はないか
  • 電源アダプターはコンセントにつながっているか
  • 電源ユニットのスイッチはONになっているか

マザーボードのLEDランプを確認する

マザーボードを取り出して、LEDランプの点灯をチェックしましょう。
電源ユニットは電源をつなぐだけで電気が供給されるので、LEDランプがついていれば通電されているのを確認できます。
LEDランプが点灯していなければ電気が通じていないので、電源ユニットまたはマザーボードに原因がある可能性があります。

個別にチェックするテスターを用いて、電源ユニットが動作するか確認しましょう。
電気ユニットに問題がない場合、また電気ユニットを新しいものと交換した場合でも起動しなければ、マザーボードの故障の可能性が濃くなります。

ファンは回っているが起動しない・何も映らないときの原因と対処法

ファンは回っており、通電していることが確認できる状態で起動できないときの対処法を見てみましょう。
前述したように必要最低限のマザーボード・電源ユニット・CPU・CPUクーラー・メモリだけで起動を試してください。
1つずつパーツの状態を確認することによって、トラブル要因がどこにあるか範囲を絞れるかもしれません。

他のディスプレイに映してみる

自作PC自体に問題がなくてもディスプレイが故障していたり、ディスプレイとの接続不良が起きていたりすることもあるでしょう。
「ディスプレイの電源が入っているか」「電源ケーブルがコンセントにつながっているか」「ケーブルに損傷はないか」など単純なミスの場合も含め、しっかり確認が必要です。
「他のケーブルとつないでみる」「他のディスプレイモニターを用意して映してみる」などの対策を試してみてください。

マザーボードのLEDランプが点滅していないか確認する

マザーボードのLEDランプが、点灯ではなく点滅しているときは要注意です。
マザーボードのスペーサの位置が間違っていたり、何かがマザーボートとマザーボードベースの間に挟まっていたりして、マザーボードがショートしている可能性があります。
ネジがまっすぐに取り付けられていないことが原因で、マザーボードがショートしていることもあるでしょう。

自作PCならではの細かいミスがあるかもしれないので、マザーボードを取り付け直してみて問題がないかどうか確認しましょう。

マザーボートやファンやケースのホコリを除去する

マザーボードを取り出している状態でもう1つ確認したいのが、ホコリや汚れがないかどうかです。
ホコリや静電気がたまると熱を逃がしにくくなり、熱暴走してしまいます。
電源ユニットのファンにホコリがたまっていないか、冷却の働きができるような状態になっているかを確かめてください。

たまった静電気を放電するために、電源を一度落としてすべてのケーブルを外し数分間放置しましょう。
放電してからまた電源を入れ、起動するか試してください。

CPUやメモリの状態を確認する

マザーボードのLEDランプが点灯していて電気が通じているのに起動できない場合は、CPUやメモリに不具合が生じている可能性があります。
CPUをもう一度つけ直して正しく取り付けられているか、CPUソケットのピンが曲がっていいないかなどをチェックしましょう。
CPUを交換してみたり、メモリやメモリスロットを付けかえてみたりすると正常に動く場合があります。

POSTコードを確認する

マザーボードにPOSTコードが表示される場合は、トラブルがどこに起きているか判別できるかもしれません。
すべてのマザーボードにPOSTコードが表示されるわけではありませんが、もし2桁の英数字を表示するLEDライトが搭載されているようならぜひ活用しましょう。

POSTコードは、メーカーによって意味が異なるので注意が必要です。
マザーボードのマニュアルに載せられているPOSTコード表を調べてエラーコードを参照すると、トラブル要因が把握できるでしょう。
LEDライトが搭載されているマザーボードに何も表示されていないときは、CPUに原因がある可能性が高いので、CPUの取り付け確認や交換を行ってみてください。

BIOSが起動しないときの原因と対処法

パソコンの電源が入るとBIOSが起動し始め、OSが開き、ログイン画面になってパソコンが立ち上がるという流れが一般的です。
BIOSは「Basic Input Output System」を略したもので、出入力の管理やハードディスクの読み取りなど行います。
パソコンの動きの基礎部分にかかわる重要な役割を果たしているため、このBIOSが起動しないと先に進めません。

ファンは回っていて電源は入っているのに画面に何も映らない場合、BIOSが起動していない可能性があります。
自作PCのBIOSが起動しない場合は、どう対処したらいいでしょうか?

出典:パソコンドック24

グラフィックボードやメモリの接触を確認する

グラフィックボードやメモリなどの接触不良が原因で、BIOSが立ち上がらない可能性があります。
グラフィックボードなどは装着していなくても起動できるので、取り外した状態で起動させるか、しっかり接触を確認して起動しましょう。

メモリの接触不良の場合はハードディスクのアクセスランプも無反応になることがあるので、ランプが点灯・点滅しているか確認してみましょう。
メモリの周りにホコリがたまっていると、接触不良や不具合が起こりやすくなります。
メモリを一度取り外し、エアーダスターなどでしっかりと掃除して、再度しっかり取り付けてください。

CMOSの電池を交換する

BIOSの起動に使われるCMOSの情報が呼び出せないことが原因かもしれません。
CMOSのバックアップ用電池の寿命は長くて10年なので、電池が消耗し劣化しているとCMOSの情報が読み取れずBIOSの起動が妨げられます。
CMOSの電池を交換すると改善される可能性があるので、試してみてください。

一般的にCMOSのバックアップ用電池は、マザーボードについています。
マザーボードの電池ホルダに収まっているボタン電池を、マイナスドライバーなどで外し交換します。
電池交換の際には、マザーボードを皮脂やホコリで汚さないよう細心の注意を払いましょう。
電池のプラスマイナスも間違えないよう気をつけてくださいね。

BIOSがCPUに対応しているか確認する

マザーボードのBIOSとCPUが対応していないと正常に作動しないでしょう。
通常のマザーボードのBIOSはアップデートされており起動トラブルが発生することはまれですが、古いものや在庫余りのものを購入するとアップデートされていないことがあるかもしれません。
BIOSがアップデートされているか、CPUに対応しているかどうか確かめてから購入しましょう。

出典:にゃんさー

BIOSが故障しているかどうかを修理業者にみてもらう

どの方法を試しても自作PCのBIOSが起動しないなら、BIOS自体が破損している、またはマザーボードが故障している可能性があります。
BIOSの状態を確かめるには専門家に尋ねるのがおすすめです。
修理業者のサポートをあたってみましょう。

以上の方法でもパソコンが起動しない場合は、他の対処法も試してみましょう。

自作パソコンのトラブルをプロに相談

最安修理ドットコムPCサポート by Dr. Home Net

自作PCが故障したときは、パソコントラブルのプロに相談してみましょう。

最安修理ドットコムPCサポートは、年中無休&最短即日で全国対応しているパソコントラブル解決サービスです。
持込修理出張修理宅配修理に対応しているので、パソコンの状況や生活スタイルにあわせて修理方法を選べるのがうれしいポイント!
WEB申し込みも対応していますよ♪

修理依頼の流れ

  1. まずは専用フリーダイヤルで相談
    ※受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  2. パソコンで困っている内容を伝える
  3. 料金体系についての案内を受ける
  4. 希望の日時を伝えて訪問日時を決める
  5. 予約当日に現地で診断・見積り
  6. 見積り了承後に修理
\通話料無料!パソコン修理をすぐ相談/

0120-033-411

「電話で相談する前に、PCサポートの料金体系や作業料金について詳しく知りたい」という方向けに、最安修理ドットコムPCサポートのサービス内容をまとめています。

まとめ

自作PCは組み立てる楽しさもある反面、さまざまな要素が起動しない原因になることもあります。
ネジが少し傾いていたり、ゴミが挟まっていたりするだけでうまく起動できない場合もあるので、組み立てるときは細心の注意が必要です。

基本的なパーツだけで立ち上げても起動しない自作PCの場合、重要パーツの故障が考えられます。
マザーボードなどの修理や交換は自力で行うよりも修理業者に頼るほうが無難です。
自作PCが起動しない原因を特定できないときや、重要パーツに異常が考えられるときは、ぜひ「最安修理ドットコムPCサポート」へ電話してください。
24時間年中無休のフリーダイヤルなので、気軽に相談できます。
メーカー製PCだけでなく自作PCの修理実績も豊富な専門家のサポートが受けられるでしょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加