iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

鍵を忘れたら?専門の修理店をすぐに呼んだほうがいい理由を解説

うっかり鍵を忘れたり失くしたりした経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。
いくら探しても見つからないようなら「修理業者」を呼ぶのもひとつの方法です。
ぴったりの業者を探して問題を解決しましょう。

鍵を忘れたときにとるべき行動とは?

家に帰ってきたときに鍵がなければ焦燥感に駆られるものです。
まずは、さまざまな可能性を検討してできる限りの手を尽くしましょう。

1.持ち物を確認する

パニックにならず冷静に探せば鍵が出てくることも少なくありません。
たとえば、よくあるのは「思っていたのと違うポケットに入れていた」ケースです。
服のポケットを順番に探っていくと意外なところに入っているかもしれません。

それでも出てこないなら持ち物をくまなくチェックしましょう。
カバンや財布などを丹念に探します。
小さな鍵だと本や書類に紛れていることもあります。

「こんなところにあるはずない」と決めつけないで、一つひとつ可能性を潰していくことが大事です。

2.来た道をさかのぼる

服や持ち物から見つからないのであれば、いよいよ忘れたり落としたりした可能性が高くなってきます。
できる限り来た道を戻っていき鍵が落ちていないかを探りましょう。

またお店や友人宅などに出かけていたのであれば、相手先へ連絡を入れて鍵がないか確認してもらいます。
ポケットに入れていた場合、座った拍子に落ちてしまった可能性もゼロではありません。

忘れ物について連絡するのは手間かもしれません。
ですが後から見つかって悔やまないようできるだけの対策を取るべきです。

3.修理業者に依頼する

真剣に探しても見つからなかったのであれば鍵への対処をしなくてはなりません。
合鍵の作成を業者に依頼するか、鍵の取り外しを検討します。

鍵を壊すことのデメリット

家に入るために手っ取り早いのは、鍵を壊すという方法でしょう。
ただ、それは長い目で見ると決して有効な手段とはいえません。
むしろデメリットが多いです。

防犯ができなくなる

壊してしまえば自宅の鍵が機能していない状態となります。
その間は侵入者を防ぐことはできません。
外出中や睡眠中に泥棒が入ったとしても家を守る手立てがないのです。

また交換が困難な鍵もあります。
「オートロックシステム」などを壊してしまうと、新たに設置するのは莫大な費用がかかります。
いくら急いでいるときでも簡単に壊してしまうのは賢明な判断といえないでしょう。

誤解を招く

鍵を壊している姿をご近所に見られるのも好ましくありません。
自分の家とはいえ、鍵を破壊しているのは良い印象を与えないからです。

それどころか強盗や空き巣と勘違いされ通報されることもありえます。
説明すれば分かってもらえるでしょうが、余計な手間がかかるのは確かです。

また賃貸住宅の場合、勝手に家の設備を壊すのは契約違反にあたることがあります。
大家さんや管理会社が事情を理解してくれたとしても好意的には受け入れられにくいでしょう。
鍵を壊す判断はなるべく避けたいものです。

どのみち業者を呼ばなくてはならない

鍵を壊して問題が解決するわけではありません。
そのまま扉を放置しておくわけにはいかないので、どのみち修理業者を呼ぶこととなります。
せっかく呼ぶのであれば「慌てて鍵を壊す必要はなかった」といえるはずです。

仮に忘れたと気づいた時点ですぐ駆けつけてくれる業者があるのなら、危険を冒すことはありません。
確かに家に入るまでの時間は多少かかります。
でも鍵を壊すデメリットのほうが大きいのです。

鍵の修理業者は何をしてくれる?

「修理業者を呼ぶとお金がかかってしまう」など、依頼をためらってしまう人はいるでしょう。
修理業者はどのようなことをしてくれるのでしょうか。

開錠

もっとも基本的な作業です。
鍵を紛失してしまった状態の扉を調べて開錠してくれます。
実は、簡単な鍵穴タイプだと一般人でもコツをつかめば開錠できなくはありません。
しかし時間がかかるうえ「システムロック」などであれば特別な道具がないと開錠が不可能です。

また鍵の種類は年々増えてきているので、素人では対応できる数に限りがあります。
修理業者は専門的な知識が豊富にあるので、扉を壊さなくても開けられるように作業を施してくれます。

シリンダーの交換

鍵の種類によっては開錠ができないこともあります。
その場合「シリンダー」を外し家主が入れるようにします。
その場で作業を完了させるので、家主は長時間外で待つようなこともありません。

スペアキーの製造

開錠の方法のひとつです。
その場で鍵穴の型をとり「スペアキー」を作り出します。
そしてスペアキーを使って開錠します。
忘れたりなくしたりした鍵が再び手に入るので、家主にとっては一石二鳥の作業だといえるでしょう。

そのほか専門的な作業にも

近年の鍵では「音声」「指紋」などの「生体認証」も増えてきました。
これらのシステムを一般人が開錠するのはほぼ無理です。
鍵やカードを忘れてしまったときはひと苦労となるでしょう。

鍵の修理業者は最新のセキュリティにも対応しています。
高度なシステムの用いられた鍵を開ける際には、修理業者の手を借りるのがおすすめです。

修理業者を呼ぶデメリットはあるの?

修理業者への依頼にも何点かのデメリットはあります。
メリットと比較して修理業者選びの判断材料にしましょう。

費用がかかる

最大のデメリットともいえるポイントです。
ただ、いくら費用がかかろうとも修理業者を呼ばなければ家に帰れません。

それに修理業者の料金体系はさまざまです。
安くて腕のいい業者を見つけられたなら一概に「大きな出費」ともいいきれません。

悪徳業者もいる

満足な修理をせずに料金を請求してくるような「悪徳業者」もいます。
あるいは、作業が終わってから法外な料金を求めてくるところもあります。

こうした業者にあたってしまうのは、依頼側のリサーチ不足が要因です。
大半の修理業者は良心的に仕事を引き受けています。
事前に作業内容や契約内容を打ち合わせるなどして、優良業者を見定めてから依頼しましょう。

多くの悪徳業者は「公式サイトがない」「誇大広告を載せている」などの特徴から判断できます。
名前の売れている業者を選ぶことで被害を避けられるでしょう。

駆けつけるまでに時間がかかる

地域によっては、修理業者がすぐに向かえません。
そのため「自分で壊したほうが早い」と考えてしまう人もいます。

しかし、繰り返すように鍵を壊してもどのみち修理業者を呼ばなくてはなりません。
依頼する内容が増えるくらいなら少しの間我慢して待ちましょう。

大手の修理業者は全国にチェーン店を構えています。
よほどの地方でなければ、依頼から到着までにそこまでの時間はかからないことがほとんどです。

修理店を探すときのポイント

実際に依頼するのであれば、費用や実績などを踏まえて相手を決めましょう。

料金体系

費用が安いことも重要ですが、後から「オプション料金が必要」など想定外の請求をされるのも困りものです。
そこで、修理店選びでは料金体系がしっかりしていてオープンになっているところを選びましょう。

実績

案件数や表彰経験などの実績が分かる修理店に依頼するのが得策です。
個人で修理店を名乗っているだけのケースも多いので、信頼できるプロをリサーチしましょう。

自宅の鍵に対応できる

鍵の種類は年々増えてきており複雑化しています。
自宅の鍵について開錠できるだけのスキルを有しているかどうかチェックしましょう。

おすすめの修理店!迷ったらここに連絡を

信頼できるキャリアを築いている修理店が近くにあれば、優先的に依頼してみましょう。

鍵修理屋

年間3万件もの修理を引き受けている専門店です。
全国に店舗を置いていて幅広い案件に対応しています。
最短15分で現場に到着し、作業を始めることができるのも強みです。

そのほか見積だけなら無料で提示しているので、料金トラブルがまずありません。
しかも現場を見てからの「現地見積」も可能です。 扉や鍵を確認してもらい、正確な料金を算出してもらいましょう。

鍵のレスキュー

創業15年を誇るキャリアで全国から支持されている修理業者です。
これまでの実績は総計で100万件を超えており、豊富な経験を生かした作業を期待できます。
1,500人以上の職人がいるので緊急の依頼にも柔軟に対応可能です。

依頼をするときは、まず専門のオペレーターが詳しく事情を聞き職人に伝えます。
現場に到着した職人に同じ話をする必要がなく、スムーズに作業が始まるのも魅力です。

美和ロック

技術力重視の専門店で従業員には研修を義務付けています。
鍵に関連するカリキュラムをクリアしてから従業員は現場に送り出されるので、スキルに信用を置けます。

また言われた依頼をこなすだけでなく、さらなる提案を返せるのも魅力です。
「もっと防犯性の高い鍵にしたらどうか」など顧客第一の意見を投げかけてくれるため、修理前よりも扉を安全にできることがあります。

プラスワン

住宅トラブルに幅広く対応しているサービス業者で、スペアキー作成などの要望も柔軟に受けています。

家の鍵のほかバイクや自動車の鍵も複製可能で、幅広いシチュエーションに力を貸してくれます。
いわゆる「特殊キー」に関する実績もあり、他のメーカーで断られるような案件でも頼りになるでしょう。

日本ロック

とにかく安さにこだわった修理店です。
案件ごとの料金体系はホームページで明記されており、それに出張費を加えた額以上は請求されません。

それでいて幅広いメーカーの鍵に実績を持っています。
とくに市場に多く普及している一流メーカーの鍵を得意としてきました。
創業以来、引き受けてきた案件は50万を超えます。

まとめ

鍵を忘れてしまったときは、まずすみずみまでよく探しましょう。
それでも出てこなかったときは思い切って鍵の修理業者を呼ぶのが賢明です。

早まってドアを壊したとしても、どのみち業者を呼び修理を行わなくてはなりません。
また防犯上の観点からしても危険です。

特殊キーに対応できる業者も増えてきました。
一見難しそうな扉でも気軽に修理業者の話を聞いてみましょう。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加