iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

バイクの鍵をなくしてしまった!対処法と合鍵の作成方法を解説

バイクに乗っていてよくあるトラブルが「鍵の紛失」です。
鍵をなくすとバイクの盗難リスクや合鍵作成の手間などがあるため、スムーズな対処法を覚えておきましょう。
この記事では、鍵をなくしたときの対処法について解説します。

バイクの鍵をなくしたときの対処法

鍵を紛失したと気づいた時はつい焦ってしまいます。
普段ならすぐ気がつくことにも気が回らなくなりやすいので、慌てず落ち着いて行動しましょう。
紛失したときの対処法としては次の通りです。

本当に鍵をなくしたことを確認する

まずは一度本当になくしたのかよく確認しましょう。
なくしたと思ったらポケットにあったパターンや、カバンの底に隠れていたパターンはとても多いです。

鍵をなくしたと思い込み慌てて業者や警察などに連絡してから手元にあった場合、発見の連絡やキャンセル料など余計な手間と費用がかかります。
すみずみまで確認してから次の行動に移りましょう。

スペアキーで開ける

もし、スペアキーを持っているならそれを使えば簡単に開けられます。
スペアキーは新車を購入すると必ず1本はもらえるはずです。
自宅にある場合はできれば取りに戻りましょう。
タクシーなどを使っても距離によっては合鍵を作り直すよりも安く済みます。

メットインの中に入っていないか確認する

意外に多いのがバイクについている「メットイン」の中に鍵を入れてしまい、キー閉じ込みが起こってしまうケースです。
メットインは鍵がないと開かないため、中に鍵を入れたままだと「鍵開けサービス」などを利用して開けなければなりません。

注意したいのがメットインの中にあるとわかっている場合ではなく「ほかの場所にないのでおそらくメットインに入っている」と思われる場合です。
万が一開けても中になかった場合は「ロードサービス」等の費用に加え合鍵を作成する費用もかかります。

ロードサービス等に依頼する場合は、できるだけメットインの中にあることを確信してからにしましょう。

紛失が確定したら警察に遺失届を出す

確実に紛失してしまったと判明したら早めに警察へ遺失届を出しましょう。
警察に届け出をすることで2つのメリットがあります。
ひとつは誰かが拾って警察に届けてくれた場合にすぐに連絡が来ることです。

もうひとつのメリットは、万が一鍵を誰かが盗んでその後に車両を奪い犯罪などに関与した場合、車両の鍵が盗まれていたことを証明する手段になります。

遺失届や盗まれたことがわかった場合は、盗難届を出していないと鍵が盗まれたことを立証するのに時間がかかったり、保険が下りなかったりする可能性もあります。
早めに提出しておきましょう。

メットインに鍵を閉じ込めてしまった場合の対処法

メットインの中に鍵を入れっぱなしにしてしまった場合、開けて中の荷物を取り出すには専門のサービスを利用します。
依頼先としてはいくつかの候補があるので次の中から自分に合ったところへ連絡しましょう。

JAFに依頼する

「JAF」などのロードサービスは、自動車だけでなくバイクのキー閉じ込みにも対応してくれます。
会員なら無料で作業してもらえるのもポイントです。
ただし非会員の場合は、費用が10,000円以上かかってしまいます。

もし「任意保険」に加入しているなら、ロードサービスが付帯していることがあるのでこれを利用するのもよい方法です。
ロードサービスは会員なら無料で対応してもらえるかわりに電話が殺到しやすく、とくにGWやお盆、連休などは混雑しています。

電話してから来てもらえるまで数時間かかることもあるため、急いでいるときは別の手段も検討しましょう。

鍵開けサービスに依頼する

全国各地にある「鍵開けを専門とするサービス」に依頼すればすぐに開けてもらえます。
専門にするだけあり、その場で穴をもとに「合鍵」を作ってくれるのも特徴です。
急いでいるときは重宝するでしょう。
料金等は各サービスで異なります。

作業料金はもちろん出張料やキャンセル料についても、トラブル防止のため事前に確認しておきましょう。

バイク専門店に依頼する

「バイク専門店」ならキー閉じ込みが起きたときも鍵開けや複製を依頼できます。
バイクを停めている場所の付近や手で押して行ける範囲に専門店がないか確認しましょう。
サービス内容は店によって異なります。

即日対応してくれる店もあればメーカーに取り寄せというかたちで数日かかる店もあります。

自力でこじあけると破損の可能性がある

「急いでいる」「費用がない」などの理由でメットインを自力でこじあけようと考える人もいます。
しかし無理にこじあけると、原付などではシートカバーを破損するおそれがあるためやめた方がよいでしょう。

シートカバーの中でもとくに「樹脂製」のものは変形しやすく、こじあけたあとに型崩れしたりカバーに穴が空いてしまったりします。
費用を節約したつもりが結局シートカバーを交換せざるを得なくなる可能性もあるでしょう。
自力で開けず面倒でも鍵開けを依頼するのがおすすめです。

バイクの鍵を作り直すには

もしも鍵を紛失したら予備がない限り作り直さなければなりません。
依頼先の選択肢は、大きく分けて「ディーラー、バイク専門店」か「合鍵屋」の2つです。

ディーラーやバイク専門店に依頼する

今まで使っていたものとまったく同じ「純正の鍵」がほしいのなら「ディーラー」に依頼するのが確実です。
あるいは近くのバイク専門店を通してメーカーから取り寄せることもできます。

ただ手元に届くまで2週間かかることもあるため、急いでいないときにおすすめの方法です。

合鍵屋で鍵を作成する

すぐに作り直したいなら、ホームセンターの中などにある合鍵の専門店で作成するのがおすすめです。
鍵開けサービスを依頼したときに一緒に依頼するのでも構いません。

その場ですぐに作ってもらえるので急いでいるときには重宝するでしょう。

鍵作成の費用相場

鍵を作成する場合は「依頼先がどこか」「純正かどうか」「車種」などによっても価格が変わります。
相場としてはやや幅がありますが、国産車であれば8,000円~2万5,000円が一般的です。
海外製の車両はさらに高く、5万~8万円を目安にするとよいでしょう。

イモビライザー付きの鍵は高額になる

「イモビライザーキー」を使用している場合、交換費用の相場は一般的なものより数万円単位で高くなることが多いので注意しましょう。
イモビライザーキーはただ単に穴に合う鍵を作って終わりではなく、コンピューターにデータを登録する必要があります。

鍵の作成や登録ができる機材を揃えている店は限られており手間もかかるので、どうしても価格が高くなります。
イモビライザーキーの場合は対応可能か確認してから依頼しましょう。

価格は車種によってまったく異なるため、その都度見積もりしなければなりません。
店がイモビライザーキーの作成を得意としており1万円未満で作れるケースもあれば、ユニット交換が必要で10万円以上かかるケースもあります。

バイクの鍵を作り直すのに必要なもの

鍵を作り直すにあたっては次の書類を用意しましょう。

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証や譲渡証明書

車両の盗難など悪用を防ぐため、鍵を作成するにあたってはその車両の持ち主が自分であることを証明する必要があります。
「運転免許証」と「自賠責保険証」もしくは「譲渡証明書」を用意しましょう。

また鍵の番号からではなく鍵穴から作成する場合にはバイク本体が必要です。
このほか「メーカー」「車種」「年式」「グレード」がわかる書類やメモを用意しておくとスムーズに申し込みできます。
店頭で合鍵がほしい旨を伝えスタッフに従って行動すれば大丈夫です。

鍵の紛失で困らないための対策

もしも複数にわたって紛失した経験がある場合は、鍵をなくさない対策はもちろん、なくしたときに困らない対策もしておいた方がよいでしょう。
紛失で困らないために次の対策をおすすめします。

キーホルダーやチェーンをつけておく

「キーホルダー」をつけておくと目で確認しやすくなるので見失いにくいでしょう。
カバンの中を探すときも、目立つ大きめのキーホルダーをつけておけば埋もれにくくなります。
キーホルダーだと不安な場合は、チェーンに繋いでおけば落とす心配もありません。

キーファインダーをつけておく

ホームセンターなどで売っている「キーファインダー」をキーホルダー代わりにつけておく手もあります。
キーファインダーは鍵をなくしたとき、どこにあるかを音やスマホへの通知で知らせてくれるアイテムです。

夜間など目では探しにくい場合でも、キーファインダーをつけておけばどこにあるかすぐにわかります。

鍵は定位置に保管する

鍵を毎回違うところに置く癖がある場合は、定位置に保管するようにしましょう。
常に定位置にあればどこに置いたか探すことが少なくなります。
見失った場合でも付近を探せば出てきやすいでしょう。

最初はつい違うところに置いてしまうかもしれませんが、何回も意識して同じ位置に置き直すようにすれば次第に慣れてくるはずです。

常にスペアキーを持ち歩く

鍵をなくしてしまっても困らないように予備を1つ持ち歩くのもおすすめです。
同時になくさないために、財布の中やカバンのポケットなどメインのキーとは違うところに保管しましょう。

またもし中古で購入したなどでもともとメインの1本しかない場合は、できるだけ早く予備を作っておきましょう。

キーナンバーを確認しておく

鍵をなくしたときに備えてあらかじめキーの「シリンダー番号」を確認しておくのがおすすめです。
シリンダー番号がわかっていれば番号を伝えるだけで合鍵が作れます。
シリンダー番号は鍵そのものか「キーシリンダー」に記載してあります。

鍵をなくした後では当然鍵に書いてある番号がわからず、キーシリンダーの番号を見るしかありません。
しかしキーシリンダーの番号を見るためには、店舗にバイクを持って行って解体する必要があります。
時間がかかるので、あらかじめどこかに番号をメモしておくといざというとき役立つでしょう。

また「スマートキー」を利用している場合も注意が必要です。
「シリアルナンバー」を控えておかないとユニット交換が必要になるため、費用が数万円単位で上乗せされてしまいます。
新しい鍵を受け取ったら必ず一緒に番号を控えるようにしましょう。

まとめ

バイクの鍵を紛失してしまったら遺失届を出し、必要な場合は鍵開けや合鍵の作成を依頼しましょう。
ディーラーやバイク専門店、合鍵業者などで対応しています。

もしメットインが開かずに困っている場合は、ロードサービスに依頼すれば開けてもらえます。
鍵は小さくなくしやすいので、キーファインダーをつけたりキー番号を控えておいたりするといざというとき役立つでしょう。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加