iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

エアコンのクリーニング方法・依頼時の費用相場まとめ

1年を通して大活躍してくれるエアコンですが、使えば使うほど汚れが気になりますよね。掃除をしないとカビが発生してしまうこともあり注意が必要です。もし内部までしっかり掃除をしたい希望があるなら、業者にクリーニング依頼をする方法が有効と言えます。今回は、エアコンのクリーニング方法や依頼時の費用相場など、詳しくまとめてみました。


Air conditioning / ☺ Lee J Haywood

エアコンのクリーニングは年に1回は行ったほうが良い

エアコンは、長期間掃除しないとカビなどが生じてしまうことがあるので注意が必要です。使用状況などにより一概には言えませんが、年に1回は内部までクリーニングをした方が良いでしょう。

なお、使用している際に不快なニオイや体のかゆみなどの違和感を感じたら、早急にクリーニングをすることをオススメします。

個人でクリーニングできる場所

自力で行う場合、クリーニングできる箇所は、フィルター、ルーバー、カバーの3箇所です。この3箇所は取り外しができます。

フィルター

空中に含まれるチリやホコリを取り除いてくれる部分です。一番汚れやすいので、フィルターに関しては、出来れば1週間に1回は掃除をすることがオススメと言えます。

ルーバー

ルーバーは風向きを変えてくれるパーツです。こちらも取り外すことができます。

カバー

前面パネルと呼ばれることもある部分です。取り外し方は各エアコンによるので、事前に取扱説明書を読んでおきましょう。

個人で行う場合のクリーニング方法

最初に電源を切り、感電や漏電を防ぐ為にコンセントを抜きます。続いてエアコンの上部や表面のホコリを乾拭きで取り除きましょう。汚れるためゴム手袋をして掃除をすることを推奨します。なお、水気があると故障の原因になります。必ず乾拭きで行うことがポイントです。

次にカバーを外します。フィルター、ルーバーも外し、取り外したパーツのホコリを掃除機で吸い取りましょう。フィルターは表面から吸うとホコリ等が取れやすいです。

吸い終わったらお風呂場へ持っていき丸洗いをします。バケツに水を溜め、洗濯用の中性洗剤を適量入れた洗剤液を作って使います。細かい部分は使わなくなった歯ブラシや楊枝を使うといいでしょう。洗い終わったらよくすすぎ、しっかりと乾かします。水気を残さないよう、30分程度自然乾燥させることがポイントです。

後はパーツを取り付け、30分程度送付運転を行えば完了となります。個人で行える範囲は狭いので、3ヶ月に1回位の頻度でクリーニングするといいでしょう。

内部までしっかりクリーニングしたいならプロに依頼する

エアコンの内部までしっかり掃除したい時は、プロに依頼する方法がベストです。プロのクリーニングは必要な範囲で分解を行い、エアコンの奥の細かい汚れまでしっかり落としてくれます。もちろん、汚れが飛び散らないように周辺を保護してくれるので安心です。

プロ仕様の高圧洗浄機や洗剤を使用するため、掃除機では落とせない細かい汚れまで除去することができます。仕上がりも丁寧で、キレイな状態が長持ちする点も特徴的でしょう。年に1回程度はプロによるクリーニングを実施しておくことが推奨できます。

クリーニングをプロに依頼する場合の相場

エアコンには大きく分けると、壁掛けタイプと、天井埋め込みタイプがあります。壁掛けタイプの場合5,000円~15,000円程度、天井埋め込みタイプの場合は、家庭用なら20,000~30,000円程度、業務用なら30,000~50,000円程度が相場です。

なお、エアコン清掃業者が多い地区は比較的低価格になる傾向があります。地方は対応できる業者の数が少なかったり、別途出張費がかかることもあるので留意しておくと良いでしょう。

お掃除機の機能付きのエアコンの相場

近年は、フィルターを自動洗浄する機能が付いたエアコンも販売されています。一見クリーニングをしなくても良さそうですが、実は清掃できるのは一部の限られた箇所だけです。しっかり内部までクリーニングしたい時は、分解して掃除をする必要があります。

ただし、お掃除機の機能付きのエアコンは特殊な清掃が必要です。業者によっては対応していないこともあるので気をつけましょう。相場は一般的な壁掛けタイプよりも高く、15,000~25,000円程度かかります。また、普通の壁掛けタイプや天井埋め込みタイプは2時間程度で清掃が終わりますが、お掃除機の機能付きのエアコンは3時間程度かかる点も特徴的です。時間に余裕を持って依頼をすると良いでしょう。

個人店?チェーン店?どちらがいい?

エアコンの清掃業者には、大きく分けると個人店とチェーン店があります。メリットとデメリットを見てみましょう。

個人店

  • メリット
  • ・個人経営なので大手に負けないように親身に清掃してくれる
  • ・相場より安い値段で清掃してくれる業者もある
  • ・近い場合頼みやすい

  • デメリット
  • ・対応地域が狭い
  • ・混み合う時期は予約が取れないこともある
  • ・価格はお店によって違う

チェーン店

  • メリット
  • ・地方でもお店が見つけやすい
  • ・対応地域が広く出張対応可能な場合も多い
  • ・価格帯がハッキリしていてわかりやすい

  • デメリット
  • ・クオリティーは一定
  • ・値段は相場相応でお得感は少ない

個人店でもチェーン店でも、それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分の希望に合った業者を選ぶことが肝心です。

業者選びのポイント

業者を選ぶときには以下のポイントに注目することをオススメします。

料金体系がハッキリしている

エアコン業者の料金体系はしっかりチェックしておくことが大切です。まず、一台あたりのサービス価格がきちんと明示されているかを確認しましょう。 追加料金がかかる場合の条件が明示されているか見ておくことが必要です。なお、オプションメニューは他の業者が基本内容に含んでいるものではないかも見ておくと良いでしょう。

一般的に、個人店は大手のチェーン店よりも安く対応してくれる場合が多いです。安くても仕事が丁寧なお店はありますので、一概に料金で良い悪いの判断はできません。ただし、あまり料金ばかりに注目しすぎると、安いだけで仕事が粗い業者に出会ってしまうこともあるので気をつけましょう。他のポイント含めて総合的に判断することをオススメします。

口コミ内容や評判

近年はインターネットが発達したこともあって、気軽に口コミや評判をチェックすることができます。事前に口コミの内容や評判を確認しておくと損をするリスクを回避できるでしょう。

会社情報

エアコンのクリーニング業者は頻繁に利用するものではありません。多くの場合、初めての業者に依頼することになります。信頼できる業者を選ぶためにも、インターネット上に所在地や連絡手段などの会社情報を明示しているか確認しておきましょう。

エアコンの清掃は分解を伴ううえ、部屋の中に招き入れるため注意が必要です。悪質な業者を選んでしまうと故障や盗難などのトラブルに発展する可能性もあります。優良な業者は情報をしっかり掲載していますので、事前のチェックが大切です。最近では代表者の顔写真を掲載している業者も増えてきました。一概には言えませんが、顔が見える業者の方が信頼できる可能性が高いでしょう。

保証制度や問い合わせの窓口の有無

たとえ優良な業者であっても、誤ってエアコンを傷つけてしまう可能性はあります。万が一に備えて、保証制度や問い合わせの窓口がある業者を選ぶことも大事なポイントです。

なお、あまりに年代が古いエアコンには保障が付けられないこともあるので、事前の説明をよく確認しておきましょう。しっかりした業者ほど丁寧に事前説明をしてくれる傾向があります。作業内容など含めて、説明時の対応なども業者選びの判断材料にすることがオススメです。

クリーニングを依頼する時期は?

一般的にエアコンの使用が頻繁になる前にクリーニングをしたいと考える人が多いため、6~8月は混みやすくなっています。人気のある業者だと1ヶ月先まで予約が埋まっていることもあるので、この時期は避けたほうが無難です。

クリーニング依頼をするなら、閑散期にあたる4~5月が良いでしょう。この時期は依頼が少ないこともあり、通常よりも安い値段で清掃している業者もあります。エアコンの利用が落ち着く、9~10月くらいの時期もオススメです。夏場に溜まった汚れを落とすことができます。

例外として、カビ臭さや異臭など違和感を感じた時は、時期に限らず早めにクリーニングをすることを推奨します。放っておくと、エアコンを使用する度にカビを撒き散らす可能性が高く健康に悪いです。

室外機もセットでクリーニングすることがオススメ!

エアコンのクリーニングを依頼する際に、一緒に室外機も掃除すると電気代の節約などにつながります。普段は忘れがちですが、外に置かれている室外機は砂埃などで汚れやすいので、定期的な掃除が必要です。

室外機単体のクリーニングは時期などにもよりますが、6,000~8,000円程度で対応してくれる業者が多いといえます。中には、エアコンのクリーニングとセットで10,000~13,000円程度で請け負ってくれる業者もありますので、業者選びの際に室外機とセットの値段に着目してみても良いでしょう。室外機を清掃することでエアコン本代の寿命を延ばす効果も期待できます。

まとめ

エアコンを内部までしっかり清掃したいなら、クリーニング業者に依頼する方法をオススメします。業者は料金、口コミ、会社情報、問い合わせ窓口の有無などを総合的に加味して選びましょう。4~5月はエアコンクリーニングの閑散期にあたるので、依頼する時期としてベストです。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加