iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【保存版】エアコン工事の費用相場まとめ

エアコン工事の費用は、一律の決まった相場があるわけではありません。そのため、依頼者には基準がよくわからず、悪徳業者に騙されてしまうケースも存在します。そこで今回は、エアコン工事の目安となる費用相場に関して情報をまとめてみました。工事を依頼する時の業者の選び方などもご紹介します。


airconditioning units zoomed in / ukCWCS

エアコン工事の種類と費用相場まとめ

一口にエアコン工事と言っても、何をしてほしいかによって違いがあります。悪徳業者にだまされないためにも、依頼したい工事内容を事前に把握しておくことが肝心です。主なエアコン工事の種類と費用相場について見ていきましょう。

エアコンの取り付け工事

購入したエアコンを取り付ける工事です。新品の標準設置なら、目安となる相場は8,000円~16,000円くらいでしょう。当日、追加料金が発生することもあります。例えば、室内機と室外機を配管パイプで繋ぐ必要があった時、1m約2,000円~3,000円程度の追加費用が発生します。業者によって、標準設置でどこまでカバーしてくれているかは違いがあるので、注意が必要です。

自分の取り付けたいエアコンの状態によって、追加費用がどこまで発生するかは違いがあります。基本費用の安さだけを見て業者を選ぶと、思っていた以上に追加費用が発生し、結局相場よりも高くなってしまったというケースもあります。業者選択は見積りや詳しいカバー内容を教えてもらい、よく比較検討することが肝心と言えます。なお、中古エアコンの場合は新品よりも安く済ませられます。

取り外し工事

エアコンを取り外す工事です。相場は4,000円~6,000円くらいでしょう。取り外し工事に関しては、余計な追加料金を請求させることはあまりありません。より安く済ませたいなら自分で取り外す方法もあります。インターネットなどを見れば、写真付きで取り外し方を解説しているサイトは多いので、意外と簡単に行うことが可能です。特別な工具も必要なく、数百円程度で済ませることができます。

引っ越しの場合は引越し業者がオプションで対応してくれることもあるので利用してみても良いでしょう。ただし、割高になる場合もあるので、慎重に検討することをオススメします。なお、処分するなら、取り外しから引き取りまで無料で対応してくれる業者が存在しますので、探して利用すると良いでしょう。

移設(脱着)工事

文字通りエアコンを移設する工事です。この工事の相場は8,000円~15,000円くらいだと言えます。ただし、移設工事も追加費用に気をつけることが肝心です。取り付ける位置、室外機の場所などによっても料金は変わってきます。数社から見積りを取得して、どこに依頼をするか慎重に決めることを推奨します。

なお、移設工事に際して普段耳慣れない単語を聞くことも多いです。「業者の人が言うのだから必要なのだろう」と安易に信用しすぎず、本当に必要なことなのかチェックすることが大切です。近年はインターネット検索をすると、詳しくわかりやすい用語説明がすぐ見つかるため、見積りを見ながらよく検討すれば理解に困ることはないでしょう。

どこに工事を頼むかでも料金はかわる

工事の依頼先をどのようなタイプのお店にするかによっても費用は変わります。エアコン工事の中で、利用する人が多いのが取り付け工事でしょう。取り付けは個人で行うことが難しいため、業者などに依頼をするパターンが一般的です。代表的な依頼先を見ていきましょう。

家電量販店

家電量販店でエアコンを購入すると、基本的に取り付け工事費用がエアコンの本体代金に含まれています。エアコンは室内機と室外機をつなげる配管工事が必要ですが、数メートル程度なら工事費用に織り込まれていますので、室内機の真裏に室外機がくるなら、追加料金が発生することもありません。

家電量販店は、店員さんと直に話しながらエアコンを購入できるメリットもあります。購入時に工事費用がどこまで含まれているのか確認しておことをオススメします。わかりやすく余計な費用もかからないので安心して利用できるでしょう。

ネットのエアコンの取り付け工事業者

ネットショップなどを利用してエアコン本体だけ購入し、その後取り付けを業者に頼む方法もあります。価格は他の依頼先に頼むよりも安い場合が多いです。ただし、業者はピンきり。トラブルが起きてしまうこともあるので、値段や対応含めてどこに依頼するのか慎重に選ぶことが肝心です。

なお、エアコン本体と取り付け工事をセットで販売しているネットショップもあります。こちらを利用すると、工事費用が予め購入時にわかるのでわかりやすいでしょう。もちろん、口コミなどの情報を確認して信用できるお店を選ぶことが肝心です。

街の電気屋さん

対面で工事の依頼ができる街の電気屋さんは、信頼できるお店を選びやすいというメリットがあります。ただし、価格は高めであることが多いです。

エアコン取り付け専門業者ではないため、お得感は少ないです。信頼できる街の電気屋さんがを知っているなら、利用を検討してみても良いでしょう。

引越し業者

引越し業者のオプションでエアコンの取り付けや取り外しを行ってくれることもあります。新しく業者を探す必要がないので、手間が少ない点がメリットです。ただし、追加費用は高いことが多いので注意しましょう。取り付けを行うのは引越し業者の下請け業者なので、伝達事項が上手く伝わっていないなどのトラブルが発生することもあります。

ネットのエアコン取り付け業者を選ぶ時のポイント

価格面で考えると、自分でできる取り外し工事以外の取り付け工事は、ネットの業者を利用すると一番安く済ませられる可能性が高いです。利用者が信頼できる業者を選ぶために押さえておきたいポイントをまとめてみてご紹介します。

見積りを取る

まずは見積りを取ることが肝心です。最低でも2~3社程度は見積りを取って、よく内容を比較検討しましょう。その際に、ネットなどに記載されている基本料金と見積りで出してもらった料金にあまりに差があるなら注意したほうが良いでしょう。安い基本料金で集客し、実際には高い追加料金をとる悪質な業者である可能性が高いです。

大手なら安心かというと、必ずしもそうとは言い切れません。名前の知れた業者であっても、実際に工事を行うのは下請け業者の場合も少なくないのです。気になる業者がある時は、大手かどうかに注目するよりも、見積りを取得して自分の目で内容を吟味することが大切です。もちろん、値段だけでなく総合的な対応の仕方などに関してもチェックしておくと良いでしょう。

口コミや評判をチェック

口コミや評判も参考になります。特に自分と同じ機種のエアコンの工事依頼をした人の感想があるとベストでしょう。

同じ機種の工事をした経験があるということは、その業者が取り付けに関わるノウハウをわかっている可能性が高いので、安心して工事を任せられる場合が多いです。口コミや評判に関しては、1つの意見だけでなく複数の意見を見ておくとより確実でしょう。

工事後の保証制度の有無

取り付け工事をしたけれど動かないという万が一の事態を避ける為に、工事後の保証制度の有無をチェックしておくことがポイントです。

基本的に保証制度がある業者を選ぶと良いでしょう。工事をしたけれどエアコンが稼働しないという事例は少なくはありません。保証制度を整備している業者の方が安心して依頼ができます。

キャンセル料金

事情があって工事をキャンセルする必要が出ることもあります。その際にキャンセル料金がかかるのか、またキャンセル料金が必要になるのはどのような場合かを確認しておくことがポイントです。

業者によってはセットでお得になる割引をすすめてくることもありますが、もしセット料金を選択して後からキャンセルがきかないと、損をしてしまうこともあります。不安な時は、担当者に問い合わせをしましょう。相手の説明が不十分なら依頼は見送るという方法もあります。

事前に確認しておくこと

エアコンの取り付け工事を依頼すると、実際に作業をした日に追加費用が発生したというケースも存在します。当日現場の状況から追加で作業をする必要があると言われ、見積りの金額よりも高くついてしまったという事例です。当日に追加費用がかかることを避けるためにも、事前に以下のポイントをチェックしておき、見積り依頼時に業者にしっかりと伝えましょう。

1.エアコンの容量・電圧・型番号

エアコンの基本事項です。ほとんどの場合、業者側から聞いてくると思いますが、しっかりチェックして控えておくと良いでしょう。取り付けなどをしてほしいエアコンが複数ある時は台数を伝えることも忘れないようにしましょう。

2.設置予定の建物について

戸建てなのかマンションなのかアパートなのか、エアコン設置予定の建物についての情報を予め伝えておきましょう。

3.配管用の穴の有無

配管を外に出すための穴は開いているのかどうかも大切なポイントです。直径は65cm程度あるかどうかもチェックしておきましょう。

4.エアコン専用のコンセントはあるか

設置する場所の近くに、エアコン専用のコンセントはあるかどうかもチェックポイントです。しっかり伝えるようにしましょう。

5.室外機の設置場所

室外機をどこに設置するかは重要なポイントです。場所によって配管の長さも変わってきます。

6.配管は揃っているか?何mくらい必要か?

配管等が揃っているかは値段を左右するポイントとなります。何mくらい必要はチェックしておきましょう。

少しでも不安があるなら写真を添付する

取り付け工事を依頼する人は、ほとんどの場合エアコンにあまり詳しくないです。しっかり伝えたつもりでも、業者との間に相違が生まれていることもあります。

少しでも不安がある時は、写真を添付しておくと良いでしょう。素人にはわからないポイントを写真から判断してくれることもあります。取り付け工事後と比較することも可能です。

こんなことを言われたら要注意!?

エアコン工事において、当日の追加費用はある程度は発生してしまうものです。しかし、中には必要以上に追加費用を取ることが目的の悪質な業者もいます。業者の選定段階で悪質業者は避けることがポイントですが、もし当日になって以下のようなことを言われたら注意しましょう。

配管パイプが劣化している為、交換が必要

冷媒ガスの通り道となるのが配管パイプです。数年経過していると劣化の為に交換が必要なこともあります。しかし、悪質な業者の場合、まだ使えるにも関わらず「劣化」していると伝え交換を促すことがあるので気をつけましょう。

状態にもよりますが、配管パイプを取り付けて1年程度なら本当に交換が必要かどうかは疑問です。必ずしも悪質というわけではありませんが、本当に交換が必要なのか、詳しい理由は聞いておいたほうが良いでしょう。

冷媒ガスが不足している

冷媒ガスが不足しているから補充が必要と言われたら注意が必要です。直前まで使用できていたのなら、冷媒ガスが不足している可能性は低いでしょう。

もし、直前まで正常に使用できていたにも関わらず冷媒ガスの不足を指摘されたら、工事をした人のミスの可能性もあります。冷媒ガスの不足を指摘された時は、悪質な業者であるケースがあるので、気をつけましょう。

依頼する時期もポイント

依頼する時期によっても費用は変化します。夏場など繁忙期は通常時よりも高くなる可能性があるので留意しておきましょう。エアコンの工事業者はインターネットで検索すればたくさん見つかります。エアコンの使用が一段落する9~11月くらいは、通常よりもお得な値段で工事に対応してくれるお店があるので、探してみることをオススメです。エアコン本体の購入も、安く済ませられることが多々あります。

まとめ

エアコン工事を依頼する時は、どこに依頼をするか慎重に見極めることが肝心です。家電量販店などはエアコンの本体料金に標準設置費用が含まれているのでわかりやすいでしょう。

取り付け工事などで業者を利用する時は、見積りを取得してよく比較検討しましょう。当日の追加料金をなるべく抑えるためにも、事前に口コミで追加料金が発生するのか確認したり、写真を送って双方の相違をなくす工夫をしておくことがオススメです。

当日おかしなことを言われたら自衛することも大切なポイントとなります。依頼をするなら、閑散期を狙うと安く済ませられることがあります。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加