iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Androidスマホが充電できないのはなぜ?原因と対処法を紹介!

Androidスマホが急に充電できなくなると慌ててしまいますよね。

スマホが使えない間は連絡に気づけず、連絡を取りたい相手の連絡先もわからないのではお手上げです。

充電や電源に関するトラブルは、スマホユーザーなら経験がある人も多いでしょう。

まったく充電できないわけではなく、「充電はできるがすぐにバッテリーが減ってしまう」「フル充電になるまでの時間がかなり長くなった」という症状もあります。

このコラムでは、Androidスマホの充電トラブルの対処法について説明します。

充電できない時の対処方法

Androidスマホが充電できない原因は、いくつか考えられます。

端末の故障の場合は修理に出すしかありませんが、端末に問題がない場合もあります。主な原因を紹介するので、以下を参考に充電できない原因を探りましょう。

また、対処法を試すときは、「何をどうしたらどうなった」とメモに記録することをおすすめします。

スマホ本体の故障で修理依頼を出す際にも、故障の原因を特定する手がかりになります。

ケーブルが正しく差し込まれていない

まずは、ACアダプター、USBプラグがグラつきなく正しく接続され、スマホ本体にしっかりと差し込まれているかを確認します。

延長コードを利用しているときは、他の場所のコンセントを使って充電できるか試しましょう。

延長コードの断線やコンセントそのものの故障により充電できないことがあるからです。

USBプラグの端子部分が汚れていないか、折れや曲がりなどで破損していないかも確認します。

汚れているときは、きれいな乾いた綿棒で汚れを拭き取ってください。

他の充電器やケーブルがあれば、そちらでうまく充電できるか試しましょう。

適正な温度ではない

Androidスマホを使うのに適した温度は、5度から35度程度です。

異常な低温や高温の環境下では、正常な充電ができないことがあります。

また、スマホ本体の温度が高くなりすぎると、危険防止のため自動的に充電をストップする仕組みがあります。

こちらのセーフティーが作動した場合は、スマホ本体の温度が下がれば充電を再開します。

スマホ本体が通常の温度に戻ったときに、充電ができるか確認しましょう。

充電器やケーブルが純正品でない

メーカーの純正品でないACアダプターや、指定品でないACアダプターなどでは、充電できなかったり充電に時間がかかったりします。

また、純正品でないものは、スマホの内蔵電池を劣化させてしまう原因にもなります。

やや割高なケースが多いですが、なるべく純正品を利用しましょう。

充電器の故障やケーブルが断線していないか

充電器の故障やケーブルの断線も、よくあるケースです。

他のスマホやタブレット、モバイルバッテリーなどがあれば、同じ充電器で問題なく充電できるか試しましょう。

いずれも充電できないならば、充電器の故障と判断できます。

Androidスマホだけが充電できないならば、本体に原因があるとわかります。

また、ケーブルを束ねた状態で使ったり、被膜が破れていたり、常時折れ曲がった状態で使っていたりすると断線が考えられます。

他のケーブルで充電できれば、ケーブルの不具合とわかります。

バッテリーの消耗

電池パックや内蔵バッテリーは、使っているうちに徐々に劣化する消耗品です。

充電の持ちが少しずつ短くなってしまうことは故障ではありません。

電池パックが外せる機種は、電池パックを新品にすることで電池の持ちが良くなります。

電池パックが取り外せない内蔵バッテリー型の機種は、修理対応が必要です。

上記を試しても改善されないときは

スマホ本体の再起動や、電池パックが外せるものは入れ直してみましょう。

入れ直しても充電できないときは、電源を切ったままで充電できるかを確認してください。

それでも改善されない場合は、本体の故障が考えられるので、早めの修理依頼をおすすめします。

メーカーでの修理

メーカー修理には、2通りのケースがあります。

契約しているキャリア(NTT docomo SoftBank・ auなど)のショップに持ち込むケースと、直接メーカーとやり取りするケースです。

上で挙げたような大手キャリアの場合、基本的にショップ窓口に持ち込んで、修理の申し込みをします。

この場合は、ショップを経由してメーカー修理に回されます。

SIMフリースマホを使用しているなら、直接メーカーサポートに修理依頼をすることもあります。

その場合は、メーカーの指示通りに宅配便などを利用して送り、修理が完了して返送されるのを待ちます。

スマホを預ける際には、必ず事前にデータのバックアップを取りましょう。

充電ができない状態ではバックアップ作業を行うことも難しいため、消えて困る大切なデータは日頃から定期的にバックアップを取ることをおすすめします。

関連記事▶Androidスマホのバックアップの方法まとめ

メリット

Androidスマホをメーカー修理に出す場合、契約しているキャリアの補償が受けられることがあります。

自分の不注意による故障でなければ、保証期間内なら無償交換や無償修理になる可能性が大きいです。

また、キャリア独自の修理サポートサービスなどに加入していれば、通常よりも安く修理ができ、修理中の代替機の貸し出しなどにも対応してもらえます。

何よりメーカーでの修理という安心感があります。

デメリット

反面、保証期間内や修理サポートサービスに加入していても、落下や水没が原因による故障はメーカーの保証対象外となることも多いです。

この場合、修理費用は全額自己負担です。

また、メーカーへの配送も含め、ある程度の日数がかかります。

1週間程度かかることもあるので、すぐにスマホを直したいときには向きません。

代替機を用意してくれることもありますが、使ったことのない機種だと、操作に戸惑うこともあります。

ショップに依頼するにしてもメーカーに直接修理依頼するにしても、Androidスマホ本体にデータが記録されている状態では修理を受け付けてもらえません。

キャリアやメーカーでは個人情報保護を徹底しているため、顧客の大切な情報流出を阻止しなければならないからです。

また、誤ってデータが消えてしまうトラブル防止のためでもあります。


そのため、本体を初期化して購入時のように、何もデータが記録されていない状態にする必要があります。

スマホ本体にUSIMカードやSDメモリーカードなどが装着されたままでは、未修理のまま返却されてしまうほどです。

定期的なバックアップは、メーカー修理に備える意味もあります。

キャリア別サービス

NTT docomoでは、Androidスマホなどの故障や紛失などの補償として「ケータイ補償サービス」があります。

月額料金は330~1,000円で、トラブルの際の代替機の提供や、修理代金の一部サポートなどを保証しています。

Softbankでは「あんしん保証パック」として、自然故障や物損に対して通常よりも格安の料金で修理できるサービスを提供しています。

月額料金500円・650円の2プランです。

メモリーデータの復旧サポートなどにも対応しています。

auにも月額料金300円で「安心ケータイサポート」があります。

無料保証対象外の修理代金の割引や、水濡れや全損時の本体リニューアルが5,000円で可能です。

電池パック無料サービスなどの他、無事故の場合はポイントバックが受けられます。

修理店での修理

メーカー修理に出すのではなく、街の修理店に依頼することもできます。

キャリアのサポートサービスに未加入の場合や、格安で修理したいとき、急いで修理したいときにおすすめです。

関連記事▶ZenFone(ゼンフォン)スマホのバッテリー交換費用を徹底比較

メリット

街の修理店を利用する大きなメリットに、メーカー修理と比較して割安な点があります。

キャリアやメーカーの保証期間内であればメーカー修理も手ごろな価格ですが、期間外では修理費用が数万円になることもしばしば。

同じような修理を行うにしても、修理店では数千円で済むケースもあります。

キャリアのショップにAndroidスマホを持ち込んで修理を依頼する場合は、即日修理完了とはいきません。

その点、修理店なら基本即日、バッテリー交換だけなら40分前後で終わります。

修理中の代替機が必要になることもなく、すぐに自分のスマホを持ち帰れるのがメリットです。

また、修理がバッテリーの交換で済むなら、本体を初期化しなくてもよい場合がほとんどです。

データを消さずに直してほしいとき、本体のバックアップを取っていなかったときは、街の修理店に依頼すると良いでしょう。

何より、データ消去や各種サービスの移行手続きなどの作業をせずに済むことが、一番のメリットと感じる利用者が多いようです。

デメリット

正規のメーカー修理以外は、場合によっては改造と見なされることがあり、公式サポートが受けられなくなる可能性があります。

特に徹底しているのがApple社製のiPhoneと言われていますが、Androidの場合は国産や海外製のさまざまな機種があるため、メーカーにより対応が異なります。

現在保証期間内であるなど、今後も公式サポートを受けるなら、メーカー修理に出した方が無難です。

気になる場合は事前にメーカーの公式サイトでFAQを確認したり、問い合わせたりしましょう。

おすすめ修理店(修理費目安)

Androidスマホの修理店を探す場合は、全国のスマホ修理店が探せる「最安修理ドットコム」を利用しましょう。

こちらでは、住まいや勤務先などの近くの修理店を地域別で簡単に探すことができます。

修理の内容に応じた目安の金額が提示されるため、近隣での修理費の目安を知り、修理店を比較検討する際にも便利です。

近隣に修理店が見つからない場合は、検索エリアを広げることで周辺エリアの最安修理店がヒットします。

また、総務省に届け出のある登録修理業者も簡単に見つけられます。

実際に利用した人のクチコミも確認できるため、修理店選びに迷ったときに、さまざまな観点から総合的に判断することが可能です。

モバイル保険に入っておけば“もしも”のときに安心

モバイル保険

「モバイル保険」は、スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォン、スマートウォッチ、携帯ゲーム機、ノートパソコンなどが、万が一故障した際に補償するモバイル機器専門の保険サービスです。

スマ-トフォンの画面割れや水没、カメラ機能の故障、盗難にあってしまったなど、持ち歩く機会の多いモバイル端末は、なにかとトラブルが多いもの。
端末機が故障した際、買い換えるのは高額なので「出来るだけ費用を抑えて修理したい」という人も多いのでは?

モバイル保険に入っていれば、月額700円で年間10万円まで何度でも修理費用保険金が補償され、事故が発生した時の自己負担額がありません。

さらに、一つの契約につき3台まで補償されるのも嬉しいポイント。
スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォンなど3台の組み合わせは自由に選べます。

モバイル保険サービスの流れ

  • 故障:補償対象の端末が事故にあった
  • 修理:修理店で端末の修理
  • 保険金申請:WEBから簡単に申請可能
  • 保険金受領:申請内容を審査し、5営業日以内に保険金が振り込まれる

面倒な手続きなしで保険金が申請でき、5営業日以内に振り込まれるので、とってもスピーディー。
緊急の場合も安心ですね。

モバイル保険を検討する

まとめ

Androidスマホが充電できないケースは、周辺機器の不具合が原因の場合もあります。

スマホ本体を修理に出す前に、まずは簡単な対処法を試しましょう。

それでも原因がわからない、本体の故障が考えられるという場合は、早めに修理を依頼しましょう。

少しでも充電できるうちに、データのバックアップを取ることをおすすめします。

最安修理ドットコムなら、地域の最安スマホ修理店や、登録修理業者が見つけられます。

公式サポートの修理を待っていられない、データを消したくない、というときは公式サポート以外の優良修理店の利用をぜひ検討してください。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加