iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

画面割れなどARROWS故障時は注意?修理代相場・おすすめ修理屋さんまとめ

富士通が発売しているARROWS(アローズ)は、ハイスペックを売りにしているスマートフォンです。ARROWSを使用した人は、他のスマホは持たないとも言われています。そのため、故障したら修理に出したい人が多いのでは多いのではないでしょうか。

ここでは、修理時の注意点、修理代相場、修理できるお店情報をご紹介します。


Fujitsu ARROWS-V F-04E. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ARROWSの修理・故障時の注意点

ARROWSを修理に出す時には、いくつかの注意点があります。データが飛んでしまって嘆かないためにも修理に出す前に準備をしておきましょう。

データのバックアップ

修理の前に絶対にやっておくべきことは、やはりデータのバックアップです。バックアップ方法は、主に3つあります。
1、携帯ショップに設置されている機器からCD-RやDVD-Rに保存
2、SDカードに保存
3、クラウドに保存
上記の中からやりやすいものを選択しましょう。

参考:スマホのバックアップは自分で出来る?方法を徹底解説

おサイフケータイの預かり入れ

おサイフケータイを利用中の人は、預かり入れをしておいてください。修理に出すと残高が残っていてもすべて0円になってしまいます。修理から返ってきたARROWSですぐに電子マネーが使えるようにするためにも、預かり入れは重要です。

アカウントを書き写す

普段は、IDやパスワードを自動記録しておいたり、自動的にログインできるように設定したりしていると思います。しかし、修理から返ってくるとすべて初期化されてしまっているので、記録もなくなります。

SNSやアプリにログインできないことがないように、修理に出す前にはアカウント名・ID・パスワードをノートなどに書き写しておきましょう。購入したアプリがある場合は、決済したアカウントでログインできないと認証してもらえないので、どのアカウントで購入したかも合わせて明記しておくようにしてください。

アプリの引継ぎは自分でやるしかない

アプリのデータも修理に出すと、すべて消去されてしまいます。データを引継ぐことは可能ですが、その際には、ユーザーIDとパスワードが必要になります。修理前と同様に使用したい場合は、アプリごとにIDやパスワードを紙に書いて保管しておきましょう。

修理に出す方法は3つ

ARROWSを修理に出す際には、2通りの方法があります。どちらにするかは契約内容や緊急性で異なってきます。

メーカーに修理を依頼する

1つ目は富士通にメーカー修理を依頼する方法です。宅配業者を経由して、端末を預ける形です。保証期間外や無料修理規定外などの場合は、修理料金が発生する場合があります。基本的に1年以内で規定以内であれば無料での修理も可能です。

携帯ショップに持っていく

2つ目は、携帯ショップに持っていく方法です。この方法は、各携帯会社が設けている故障に対応する安心サポートなどのプランに加入している必要があります。加入済みであれば、0円~5,000円、未加入は高額な修理代金を請求可能性があるので注意が必要です。

また、修理から戻ってくるまでに約2週間はかかり、代替機を貸してもらえますが、使いづらいという意見も聞きます。

参考:SoftBankのスマホ修理は高い?保証サービスの内容は?

auのスマホ修理は高い?サポート加入時の料金は?調べてみた

スマホの修理専門店に持ち込む

3つ目は、スマホの修理専門店へ持ち込む方法です。こちらは、即日対応が可能で、最短30分で修理完了の専門店もあります。また、データが消えないように修理してくれるコースもあるので、時間がない人やデータ移行が面倒な人にはオススメです。

修理できるお店情報

ここでは、スマホ修理専門店のお店情報をご紹介します。修理出すときに参考にしてみてください。

スマホステーション

郵送修理と店頭修理の2種類があり、東京(吉祥寺、虎ノ門、代々木)、埼玉(富士見)、千葉(柏)、神奈川(横浜)、西日本では、長崎県、滋賀県、福岡県に店を構えています。スマホのデータを残したまま修理を行い、復旧率は92.5%と高めです。修理時間はAndroidは最短3時間、iPhoneなら1時間前後で完了しますので、急ぎの人にはおすすめです。

また、6ヶ月間のスマホ修理保証があり、PL保険(生産物賠償責任保険)にも加入しているため、サービスが充実しています。修理代金も携帯会社、メーカー、機種名を選択でき、様々な修理代金を細かくサイトに書いているので、おおよその代金の予想がしやすいです。

スマホ修理工房

店頭と郵送修理があります。保証が付いていますが、3ヶ月間なので、スマホステーションより短いです。スマホ修理工房の一番の特徴は、修理中にデータが消えたことが一度もないということです。データが消えることを何としても避けたい方にはオススメです。修理時間は、部品交換では15分~1時間程度、水没などの場合は7~8時間かかるといわれています。

また、店舗数が他を圧倒するほどあり、全国に68店舗出店しています。東京では、池袋に本店を構え、渋谷、新宿、秋葉原などにあるので、利便性に富んでいます。

スマートまっくす

データをそのままで修理ができ、修理復旧率は95%以上と高い水準を保っています。また、成功報酬制のため、復旧の確認が取れた場合のみ料金が発生するので、安心です。修理時間は、水没修理でも2時間~半日で修理が完了するので、比較的早いといえます。

店舗は、東京(原宿)、滋賀県、大阪にそれぞれ一店舗ずつ構えおり、店舗数が少ないので、郵送に力を入れています。全国送料が往復無料や無料の宅配キットのサービスを行ない他社と差別化を図っています。

修理代の相場

では、実際に修理に出した際の修理代はいくらかかるものなのでしょうか。お店によって金額は異なってきますが、大まかな相場を下記でご紹介します。

水没修理:4,800円~12,800円
ガラス割れ(ディスプレイユニット):8,800円~34,800円
バックパネル:13,800円~14,800円
電源ボタン:18,800円~19,800円
音量ボタン:18,800円~19,800円
バッテリー交換:15,800円~16,800円
アウトカメラ:11,800円~12,800円
インカメラ:11,800円~12,800円
音声マイク:12,800円~
バイブレータ:9,800円~11,800円
データ復旧:29,800円~39,800円

液晶割れやデータ復旧は修理にかかる料金が高くなっていることが分かります。

参考:arrows(アローズ)スマホのバッテリー交換費用を徹底比較

スマホ買取サービスも活用できる

故障しているスマホでも買取可能なサービスの紹介。画面割れや水没、多くの人が経験あるのではないでしょうか。しかもこの場合、修理代がかなり高額だったり、買取も取り扱ってないところがほとんどです。

こんな困った状態になったとき検索してほしいのが、ネットで即時現金化してもらえる「スママDASH」。スママDASHでは、必要な端末の情報と、写真の撮影で査定申込ができ0秒で買取金額を提示してもらえ、個人情報も無料でデータ消去してもらえるサービスもあり安心です。今持っているスマホが数万円で売れる可能性も。修理にだすか迷ったら、スママDASHで検索してみましょう。

参考:ジャンク品も買取!CASHのようなスマホ端末の即現金化サービス「スママDASH」がリリース

まとめ

ARROWSを修理に出すときは必ずバックアップを取り、IDやパスワードなどは紙に書き写しておくと、修理後すぐに使うことができるでしょう。修理代相場は、業者や故障具合により変動してくるので、今回ご紹介した金額はあくまでも参考にとどめておいてください。修理専門店にもそれぞれ特色があります。

修理時間、利便性、安全性を問われる専門店ですが、今回ご紹介したお店の中で総合的に見ると、スマホ修理工房が高評価といえます。その他の修理店を探すなら当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみましょう。こちらには全国各地の修理店が集っており、お住いの近くの修理店を簡単に探すことができます。口コミも掲載しているので、評判を参考にするのもいいでしょう。

参考:国内最大規模のおすすめ修理屋さん

上記で紹介した修理屋さん以外に、日本全国の店舗で対応可能なお店を紹介します。東京、大阪、名古屋、沖縄に店舗を展開するスマホ修理王はARROWS修理において、かなりの安さと高品質の修理対応を実現しています。手持ちのARROWS端末の状態を伝えると無料で見積もり結果を教えてくれます。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加