iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

アシュリオンジャパンは修理補償で有名?

スマホは私たちの生活に欠かせないものです。日本での普及率もグングン増しており、現在は7割近くになっているほどです。そんな便利なスマホですが、いつも使っているとどうしても故障のトラブルに見舞われてしまうことも多いですよね。万が一スマホが故障してしまったときでも、スマホの補償サービスに入っていると安心です。

本コラムで紹介するアシュリオンジャパンは、スマホの修理補償に特化している会社です。アシュリオンジャパンの修理補償について紹介するので、ぜひ参考にしてください。また、この記事は2017/09/03に記載されたものです。


Asurion_and_highfield / stu_pendousmat

アシュリオン社(Asurion L.L.C.)とは

アシュリオンジャパンという名称自体をあまり聞き慣れていない方も多いと思いますが、実は日本の大手携帯キャリアメーカーと意外なところで提携しています。まずはアシュリオンジャパンとそのサービス内容について紹介していきます。

世界に展開しているアシュリオン

アシュリオン社(Asurion L.L.C.)は、アメリカのテネシー州を本拠としている会社です。1994年に設立され、アシュリオングループはアメリカを始めとする世界14カ国、49拠点で事業を展開しています。ユーザーの数はなんと2億8,000万人にものぼり、世界的にたいへん大きな保険会社なのです。

アシュリオン社の事業内容は、携帯電話の補償サービスや家電製品の補償サービス、家電・携帯電話の修理プログラムを提供となっています。

アシュリオンジャパンは携帯電話補償サービスが専門

アシュリオンジャパン株式会社(Asurion Japan K.K)は、東京の六本木に本社を構えるアシュリオンのグループ会社です。2004年2月に設立され、従業員数は170人。

日本ではNEW Asurion Asia Pacific Japan 合同会社の下に、アシュリオン・ジャパン株式会社と株式会社アサイアンが携帯電話補償サービスを提供しています。ちなみに、アシュリオンジャパンでは家電製品の補償サービスは行っていません。

修理事業分野にも貢献

アシュリオンジャパンは補償サービスだけでなく、修理サービスの事業にも力を入れています。国内・海外メーカー問わず様々な端末を対象に修理を行っており、リーズナブルで高品質な価格の修理技術力を誇っています。

特にアシュリオン・テクノロジー・ジャパンは「登録修理業者制度」に認定されており、より確かな技術でiPhoneの修理サービス業界に貢献しています。登録修理業者制度とは国が認める事業者です。そのためアシュリオン・テクノロジー・ジャパンは、より確かな技術力を持っていることが分かります。

さらにリユース・リサイクル事業にも注力していて、環境保全への取り組みも行ってます。アシュリオングループは、修理・補償サービスだけでなく様々な携帯に関連するサービスを手掛けているのです。

アシュリオンジャパンの他にも国内にグループ会社がある

アシュリオンジャパングループの他にも、日本にはアシュリオンのグループ会社が3社あります。株式会社アサイン・Asurion Technology Japan株式会社・Asurion Technology Kakegawa 株式会社の3社です。

特にグループ会社の一つであるAsurion Technology Japan株式会社は、2014年1月にパナソニックの子会社であるパナソニック モバイルテクニカルサービス株式会社と契約して携帯電話修理事業を受託しています。

ドコモの修理補償も受託している

日本の三大キャリアであるdocomo(ドコモ)が提供している「ケータイ補償お届けサービス」も、アシュリオンジャパンが業務受託している修理サービスです。

こちらは、2015年に利用者数が4,000万人を突破した人気のサービスです。スマホ以前のガラケーが最盛していた頃からあるので、継続して利用している方も多いのではないでしょうか。次に「ケータイ補償お届けサービス」の内容について詳しく紹介していきます。

「ケータイ補償お届けサービス」の料金

このサービスは携帯電話が故障・紛失したときにドコモのケータイ補償お届けサービスセンターへ電話をすると、最短で翌日に同じ機種・色の新品同様の携帯電話が配送されるサービスです。

月額利用料金は機種によって異なりますが、280円または380円。故障した際の負担額は1回目の利用で5,000円、2回目は8,000円になります。

「ケータイ補償お届けサービス」の内容

補償回数は年に2回までとなっていますが、この補償サービスに加入するには端末購入と契約をしてから14日以内と限られています。

ケータイ補償サービスは2種類あり、端末の種類によってサービス内容が異なります。自分がどちらのサービスに加入しているかわからない方はこちらのフォームから必要事項を記入すれば確認することができます。

アシュリオンジャパン独自の補償サービスもある

アシュリオンジャパンは、業務受託だけでなく独自のサービスも展開しています。契約時限定の初期登録不要なサービスもあるので、ぜひ利用してみてください。

モバイル・プロテクション

モバイル・プロテクションは上記で紹介したドコモの「ケータイ補償お届けサービス」を指します。水漏れ・落下などによる破損、紛失、盗難、故障などのあらゆるトラブルに対応しており、迅速な対応が特徴です。

リモート・サポート

リモート・サポートは、電話1本でスマホに関する操作方法や機能を専門のオペレーターが丁寧に教えてくれるサービスです。スマホ初心者やお年寄りの方は、スマホの操作に最初は戸惑うことも多いでしょう。電話なら困った時に場所を問わず聞くことができるので便利ですよね。

このサポートの特徴はオペレーターがスマートフォン画面をPC上で共有し、さらにこちら側に代わって操作を手伝ってくれる点です。初心者の方でもわかりやすいサポートを受けることができます。

独自のAndroidアプリも!

アシュリオンジャパンは補償サービスだけではなく、アシュリオンジャパン・ホールディングス合同会社が配信しているAndroidユーザー専用アプリ「アシュリオンフレンズ」も提供しています。以下でその内容について紹介します。

どんなアプリ?

アシュリオンフレンズは「かんたんコール・お気軽チャット」「楽しい!便利!スマート通知」の2つの機能があります。「かんたんコール・お気軽チャット」は、日々進化しているスマートデバイスに関連した役立つ情報をお知らせしてくれるサービスです。

「楽しい!便利!スマート通知」

「楽しい!便利!スマート通知」はアプリから”相談する”をタップするとスマホの電話やチャットに繋がり、専門のオペレーターにスマートデバイスに関する質問をすることができます。

具体的な質問受付内容は、スマホの買い替え設定、生活を豊かにするアプリ・デバイス、Android~iOS間のデータ移行、バッテリー、データ領域、データ使用状況などのパフォーマンス管理などがあります。実際にオペレーターからスマホに関する具体的な解決方法を教えてもらうことができるので、スマホ初心者の方はぜひ最初に入れておきたい心強いアプリです。

他のサービスよりも使いやすい点

アシュリオンジャパンは、ドコモの補償サービスの受託から、アシュリオンジャパンオリジナルのサポートサービスまで幅広い携帯補償サービスを行っているようです。次では他のサービスよりも使いやすい点を具体的にまとめてみました。

申し込み期限日に余裕がある

au、ソフトバンクの3大キャリアメーカーの補償サービスは契約時のみ補償サービスの加入が可能ですが、ドコモの場合は購入から14日以内であれば契約時でなくても後から加入できます。

そのため、店員さんに加入を勧められても一度日を置いて検討することができますし、万が一申し込みを忘れてしまっても慌てることなく余裕を持って加入できるので安心ですね。

盗難・紛失までしっかりサポート

iPhoneユーザー向けのアップル社が行っている「Apple care +for iPhone」は故障のみサポート対象になっていますが、ドコモは盗難・紛失までしっかりサポートしてくれます。料金は11,880円です。

ただし、盗難・紛失した場合は補償が効かないため実費となり、端末の買い直しとなってしまいます。しかし、このサービスに加入していれば11,880円で新しい端末が手に入るので、特に携帯をなくしやすい方などはこのサービスに加入すれば心強いでしょう。

まとめ

今回はアシュリオンジャパンの修理補償について解説しました。アシュリオンは日本にも多くのグループ会社を持ち、日本の携帯業界を支えています。

ドコモの補償サービスや独自のアプリ開発など、私たちの身近なところでアシュリオンの補償サービスを利用することができ、その技術力は国も認めているほどのものです。スマホ初心者やスマホをよく紛失してしまう方などは、一度本コラムで紹介したサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加