iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadが故障した時の修理方法は?費用についても解説!

iPadが故障した時の修理方法は?費用についても解説!

圧倒的な人気を誇るApple製品ですが、中でもiPadやiPhoneといったモバイル端末はますます欠かせないものとなっています。
そのため、万が一故障してしまった場合、日常生活に与える影響は大きいでしょう。

この記事では、iPadが壊れてしまった際の修理方法を詳しく解説!
Appleと修理業者のどちらに修理を依頼したら良いのか、メリットとデメリット、そして修理料金を比較しています。
また、iPad修理に最適な修理店も併せて紹介しているので、iPadをもう一度使えるようにするためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

iPadを修理する3つの方法

まずはiPad修理の大まかな流れを説明しましょう。
iPad修理の方法には、「修理窓口に本体をはじめ必要な物を持参する方法」「Appleリペアセンターへ郵送する方法」「自分で修理をする方法」の3通りがあります。

1.修理窓口に持参

iPadを正規修理窓口に持参して修理を依頼する場合、持ち込み先はApple Store、Apple正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラ、ビックカメラグループ、クイックガレージ)のいずれかになります。
正規修理窓口のない家電量販店や携帯キャリアショップでは修理を受け付けていないので、事前に公式サイトなどで受付可能な店舗をチェックしておきましょう。

またApple非正規の修理店でも修理を受け付けています。
正規修理窓口では来店時に予約が必要となりますが、非正規の修理店では予約不要で受け付けてくれるところもあります。
なお来店の際はスムーズな対応のため、Apple ID、パスワード、購入時のレシートや身分証などを一緒に持っていくと良いでしょう。

2.配送修理

修理店に持参する時間がない場合などは、配送で修理を依頼する方法もあります。
オンラインまたは電話で配送修理を依頼すると専用の梱包箱が送られ、指定の配送業者がiPadを引き取り、Appleリペアセンターへ配送し修理が行われます。
非正規修理店で配送修理を受け付けている店舗もありますが、修理パーツの信頼性や保証内容によって費用に差が生じます。
そのため、依頼する前に電話や公式サイトでサービス内容を確認しておくのがおすすめです。

3.自分で修理をする

iPadは自分で修理をすることもできます。
ただし専用の道具とスキルが必要となるため、修理経験のない人は失敗する可能性が高いでしょう。
また修理を失敗してしまった場合、二度と使用できなくなってしまうことも。

修理の腕に自信がなければ、iPad故障時の修理の流れを把握した上で、Appleや修理業者に修理を依頼することをおすすめします。

iPadを修理に出したらデータはどうなる?

パソコンなどを修理に出すと、データが消えてしまうというケースは多々あります。
では、iPadはどうなのでしょう?

結論から言うと、Appleに修理を依頼した際にはデータが消えてしまう場合が多く、修理業者に依頼するとデータを消さずに修理できる場合があります。

まずAppleに修理を依頼する場合ですが、公式ホームページでは以下のように記載されています。

iPad を修理サービスに出す前に、必ずデータをバックアップし、事前の諸準備をしておいていただきますようお願いいたします。交換する場合、交換機 (交換品としてお届けする iPad) にはお客様のデータは一切入っておりませんので、お客様ご自身でバックアップから復元していただく必要があります。

引用元:Apple

修理内容によってはデータが残る場合もあるそうですが、個人情報保護の観点に加え、iPad本体・部品の交換を行うためデータは消えてしまう可能性が高いのです。
そのためAppleに修理を出す際には、バックアップを忘れずに行いましょう。

一方で修理業者は、依頼内容に柔軟に対応してくれます。
ただし完全にデータを保護してくれるわけではないので、バックアップはしておきましょう。

Apple保証サービスで修理

すべてのApple製品には、「Apple製品1年限定保証」と「無償テクニカルサポート(購入後90日間)」が付いています。
しかし、バッテリーの通常劣化や事故などの外的要因による損傷には適用されません。

有料の任意保証サービスとして、限定保証および無料電話サポートが2年間適用される「AppleCare+」が用意されています。
バッテリー交換(適用条件あり)や画面の損傷も保証対象となり、割安価格で修理を受けることができるのです。
iPhoneではiPhone本体交換サービスの「エクスプレス交換サービス」も、Apple Care+の特典として存在します。

ちなみにAppleCareが高すぎるのか?を検証したところ、10万円以上のMacBookならAppleCare+に入るとお得であることがわかりました。
iPadの購入時に加入しなかった人や適用から外れてしまってもAppleCare+に途中加入する方法もあるので、心配な方は加入を検討してもよいかもしれません。

メーカーで修理する

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダ(以下「Apple正規修理店」と表記)によるiPad修理の概要や特徴を解説します。
メーカーの修理は日数がかかりますが、正規店なので安心して依頼できるのがポイントです。

メーカーで修理する3つのメリット

メーカーに修理を依頼するメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  • 信頼性が高い
  • 保証に加入していれば、修理費が安価
  • 修理進捗を随時確認できる

まず1つ目が、信頼性の高さ。
正規の修理店なので、修理や部品交換に純正パーツが使用されます。
そのため修理後不具合などが起きにくく、長期間使用することができるのです。

また、ガラス破損やバッテリー交換といった発生頻度の高い修理の場合、AppleCare+やキャリアサポートに加入していれば格安で修理することができます。
ただし、修理内容によっては保証の対象外となるので注意が必要です。
iPadの保証内容と期間については、しっかりと把握しておきましょう。

最後のメリットは、修理の進捗状況を確認できることです。
Appleの公式サイトからマイサポートにサインインすると、修理の状況確認ができるので安心ですね。

メーカーで修理する2つのデメリット

次に、メーカーで修理するデメリット2つを解説します。

  • データが消えてしまう
  • 修理に時間がかかる

すでに紹介したとおり、Apple正規修理店にiPad修理を依頼するとデータが消えてしまうことが多いです。
なぜならApple正規修理店では、iPad本体を交換する場合があるためです。
加えて個人情報保護のため、修理前にデータを消去(初期化)することになっています。
修理後は工場出荷時の状態に戻っており、バックアップをとっておかないと仕事上の情報データなどがすべて消えてしまうので注意しましょう。

またApple正規修理店は店舗数が限られているため、常時混雑していることがあります。
来店前に予約が必要なうえ、修理完了までにおおむね3日~2週間前後を要するのです。
遠方からの郵送修理の場合は、さらに日数がかかるケースがあるので事前に確認しておくのが良いでしょう。
なおAppleCare+の特典として、申し込み後、約2~3営業日でiPad交換機が届く「エクスプレス交換サービス」が利用できます。

利用可能なキャリア別サービス

ガラス修理の修理料金

AppleCare+加入時のガラス破損による修理料金は、税込4,400円です。
これはApple Store、Apple正規サービスプロバイダの共通価格となっています。

AppleCare+の加入費は安くはないので、修理費用で4,400円もかかるのは高いと思う方もいるでしょう。
例えば、2021年5月に発売したiPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代) の場合、AppleCare+に加入していないと修理費用が91,080 円もかかるのです。
修理費用が格段に抑えられることがわかりますね。

iPadの画面修理にかかる相場について紹介している記事もあるので、自分のiPadがガラス修理にいくらかかるのかを確認してみてください。

バッテリー交換の修理料金

AppleCare+加入時やApple製品限定保証適用時には、通常使用による劣化の場合を除き、無償でバッテリー交換を行うことができます。
ビックカメラではAppleCare+加入時、バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化した時点で無償交換が可能です。
クイックガレージではAppleCare+を取り扱っておらず、バッテリー交換の際は本体交換となり税込14,000円が発生します。

メーカーでバッテリーを交換してもらう前に、iPadのバッテリー交換のタイミングについても知っておくとよいでしょう。

水没した場合の修理料金

Apple製品の防水機能は、年々向上しています。
しかし、長年使用していると水が入りやすくなり故障してしまうことも。
iPhoneが水没した際にかかる修理費用について紹介している記事をぜひ参考にしてみてください。

仮に水没してしまった場合、まずはiPadが水没した時の対処法を試してみてください。

「お米や冷凍庫に入れると水没による故障が直る」という噂を検証している記事もあります。

修理店で修理する場合

Apple非正規修理店として、様々な業者が全国に数多くの店舗を展開しています。
Apple正規修理店とは性質の異なるサービスを提供しているのが特徴です。

修理店で修理する3つのメリット

修理店に修理を依頼するメリットとして、以下の3点があります。

  • 即日対応が可能
  • データ保護をしてくれる
  • Apple正規修理店より安い場合もある

Apple非正規修理店の強みの1つとして、最短で即日対応してくれるという点が挙げられます。
修理内容にもよりますが、画面割れ修理やバッテリー交換なら即日対応してくれるのです。

また、データを初期化せずに保護してくれるというのも魅力的な点。
例えば出張先で仕事用のiPadを損傷してしまい、早めの修理が必要といった場合に、大切なデータを消さずにその日のうちに修理を終わらせる、といったスピーディーな対応が受けられます。

3つ目のメリットは、Apple正規修理店よりも安く修理を行ってくれる場合があることです。
修理店によっては事前見積もしてくれるため、安くかつ安心して修理を依頼できます。

修理店で修理する3つのデメリット

Apple非正規修理店で修理するデメリットも3点あります。

  • 保証が短い
  • 修理の質が低い可能性がある
  • 中には悪徳業者もいる

デメリットの1つ目は、保証期間が短いということ。
正規修理店に比べると一時的な処置にとどまっていることが多く、メーカー保証から外れてしまう可能性もあるのです。

また正規修理店ではないので、純正パーツではなく互換パーツが修理に使用されます。
修理の質は修理業者の腕次第となるため、業者によっては修理後すぐに故障してしまうことも。

中には多額の修理費を要求したり、トラブルの際に連絡がつかなくなる悪徳業者もいるので注意が必要です。
修理店の実績や事前見積の有無を確認するようにしましょう。

また、非正規修理店でiPhoneを修理してもらうメリットとデメリットは何があるのかも紹介しているので、iPadと比べてどうなのか、ぜひ参考にしてみてください。

あなたにピッタリな修理店を探すポイント5つ

Apple非正規修理店は信頼性に欠けるものの、即日で対応してくれるなどのメリットもあります。
信頼できるApple非正規修理店に修理を依頼できればよいのですが、見分け方があるのでしょうか。

ここからは、信頼できる修理業者を探すポイントを紹介します。
ぜひ参考にして、自分にピッタリな修理店を探してみてくださいね。

  • 登録修理業者であるか
  • 修理スタッフの経歴がわかるか
  • 対応機種が幅広いか
  • 修理料金が公開されているか
  • 実店舗を持っているか

まずわかりやすい指標として、「登録修理業者」というものがあります。
電波法や電気通信事業法による基準をクリアし、総務省から認められた修理業者のことです。
優良とされる非正規店舗では、公式サイトなどに登録修理業者である旨が明記されていることが多いのでチェックしてみましょう。

また、公式サイトなどに修理店について詳しい情報が記載されているかも、優良な修理業者を見分ける重要なポイントです。
例えば、修理スタッフの経歴が詳細に記されているなら、信頼のおける店舗候補に挙げられます。
さらに、対応機種が幅広く修理料金が明瞭に設定されている場合も、優良店舗の可能性が高いでしょう。

修理業者が実店舗を持っているかどうかも、信頼できる修理業者を探す参考になります。
中には実店舗を持たずに出張修理を行う業者もいますが、トラブルの際に連絡がつかなくなるケースもあるので注意が必要です。

おすすめ修理店

信頼性の高さという面では、以下の修理業者などがおすすめです。

これらの修理業者の特徴は、登録修理業者であることはもちろん、日本全国に複数店舗を持っていることです。
すぐに修理をしてもらいたいときにも店舗に立ち寄りやすいですし、サイトにも店舗情報や修理内容が詳細に記載されています。

ただし店舗によって修理技術の差があるので、最安修理ドットコムで各店舗の口コミも参考にしてみてください。
また修理店リストでは登録修理業者にマークを付けているので、自分にピッタリな修理店を見つけてみてください。

ガラス修理の修理料金

ガラス修理では、非正規店舗の場合おおむね10,000円前後もしくはそれ以上の料金がかかります。
ただし複数の業者が出店しているエリアや、独自のキャンペーンなどによって安価に修理が受けられる場合があるため、詳細は店舗にお問い合わせください。

バッテリー交換の修理料金

バッテリー交換では、非正規店舗の場合おおむね10,000円~20,000円前後の料金がかかります。
こちらも修理店の多いエリアで安くなる傾向があるので、注意しましょう。

iPad修理に最適な修理店4つ|定番から安い費用の店舗まで

ここでは、iPad修理に最適な登録修理業者を4つご紹介します。

なお記載している価格は、iPadの液晶ガラスの交換にかかる修理費用です。
※2021年11月時点の情報です

修理店名修理費用営業時間再保証期間
クイック
新宿南口店
¥10,780~11:00~20:003ヵ月
ダイワンテレコム
名古屋栄店
¥8,690~9:00~20:00最長6ヵ月
iPhone修理ジャパン
川越店
¥10,780~11:00~20:003ヵ月
スマホスピタル
町田店
¥14,080~10:00~19:006ヵ月

【PR】外出自粛中や近くに店舗がない人は郵送修理がおすすめ

人混みに出ないようにしている、修理店が近くにない、忙しくて営業時間内に店舗に行けないという人は、「郵送修理」はいかがでしょうか。

端末を送付し修理対応後に郵送で戻ってくるので、非対面で不具合の起きたiPadを直してもらえます。
郵送日数があるため、店舗持込みに比べると直った端末が手元に届くまでに時間がかかりますが、端末が修理店に届いたら修理対応してくれます。
修理内容によりますが、メーカー修理より早く手元に戻ってくる可能性が高いでしょう。

郵送修理がおすすめ

  • 外出を控えている人
  • 家の近くに修理店がない人
  • 営業時間内に店舗に行けない人

iPadの郵送修理ならモバイアスへ

モバイアス

郵送修理に対応している店舗は全国にたくさんあるので、早く修理してもらいたいのに選ぶのが大変です。
大切な画像やデータが入っているiPadを修理に出すなら、安心できるところが良いですよね。

おすすめは「モバイアス」という修理店です。“4つの安心”で丁寧に修理対応してくれます。

郵送修理が気になる方は、お問い合わせください。

今すぐモバイアスで郵送修理

1.オープンな修理対応で安心

モバイアスはオープンで明るい雰囲気の店内で修理を対応する修理店。
持込修理の場合、希望すると目の前で修理を行ってくれます。
自分の目で確かめられるので安心して修理をお任せできますね。

2.高品質のパーツ使用で安心

同店は、“購入時と変わらない使用感”を基準としており、修理の際に使用するパーツの品質にこだわっています。
厳しい品質基準をクリアした高品質なパーツのみを使用し、確かな技術力で仕上がりの満足度が違います。

3.最大3ヶ月の保証で安心

まれにパーツと端末の相性が悪く、時間が経ってから修理をしたところに不具合が発生する可能性があります。

同店は、修理が完了してから最大3ヶ月の保証期間を設けているため、万が一のときでも安心です。
パーツによって保証が異なるため、詳しい保証内容は直接店舗へお問い合わせください。

4.市場調査で安心の価格設定

同店は、周辺店舗の市場調査をしてから価格設定をしています。
そのため、「他店に比べて高額すぎる価格だった」「よくわからない項目の明細内容がある」などはありません。

以下は、iPadの郵送修理の価格です。※2021年11月時点の情報です

修理内容機種価格
ガラス修理iPad 5¥10,480
iPad 6¥14,480
iPad 7¥19,480
iPad 8¥22,800
iPad Air¥9,480
iPad Air2¥24,980
iPad Air3¥26,980
iPad mini¥9,480
iPad mini2¥9,480
iPad mini3¥9,480
iPad mini4¥19,980
iPad mini5¥24,980
iPad Pro 9.7¥24,980
iPad Pro 10.5¥24,980
iPad Pro 11
(2018)
¥40,400
iPad Pro 11
(2020)
¥42,800
iPad Pro 12.9
(2015)
¥31,600
iPad Pro 12.9
(2017)
¥64,980
iPad Pro 12.9
(2018)
¥42,300
iPad Pro 12.9
(2020)
¥42,300
液晶修理iPad 5¥12,480
iPad 6¥14,480
iPad 7¥29,980
iPad 8¥32,800
iPad Air¥11,480
iPad Air2¥25,980
iPad Air3¥29,480
iPad mini¥10,980
iPad mini2¥12,480
iPad mini3¥14,480
iPad mini4¥20,480
iPad mini5¥25,980
iPad Pro 9.7¥29,800
iPad Pro 10.5¥34,500
iPad Pro 11
(2018)
¥40,400
iPad Pro 11
(2020)
¥42,800
iPad Pro 12.9
(2015)
¥31,600
iPad Pro 12.9
(2017)
¥64,980
iPad Pro 12.9
(2018)
¥42,300
iPad Pro 12.9
(2020)
¥42,300
バッテリー交換iPad 5¥9,980
iPad 6¥9,980
iPad Air¥9,480
iPad Air2¥10,980
iPad mini¥9,480
iPad mini2¥9,480
iPad mini3¥9,480
iPad mini4¥9,480
iPad Pro 9.7¥15,180
iPad Pro 10.5¥16,280
iPad Pro 11
(2018)
¥18,480
iPad Pro 11
(2020)
¥19,580
iPad Pro 12.9
(2015)
¥16,280
iPad Pro 12.9
(2017)
¥16,280
iPad Pro 12.9
(2018)
¥18,480
iPad Pro 12.9
(2020)
¥20,680

※往復の送料は入っていません

今すぐ郵送修理を依頼

モバイアス 店舗・郵送修理対応の店舗

こちらの2つの店舗では、店舗内での修理はもちろん、郵送での修理も可能です。

お近くにお住まいの方、早く直したい方は直接店舗へ行って修理を依頼しましょう。

【モバイアス横浜店】
電話番号:045-534-5214
営業時間:11:00~20:00
住所:〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目1-8 エキニア横浜 4F
公式サイト:モバイアス横浜店ページへ
アクセス:横浜駅徒歩1分

【モバイアスイオン海老名店】
電話番号:046-234-2365
営業時間:10:00~20:00(最終受付19:30)
住所:〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-4-1 イオン海老名店3F
公式サイト:モバイアスイオン海老名店ページへ
アクセス:海老名駅から徒歩2分

iPadを修理する前の準備

最後に、iPadを修理に出す前にどのような準備をするべきかを紹介していきます。

iPadがちゃんと修理されるのが理想ですが、「もしも」の場合に備えておくことが大切です。
修理して後悔してしまうことがないよう、参考にしてみてください。

バックアップをとっておく

先に述べましたが、Apple正規修理店では修理時にデータを消去します。
大事な個人情報を失くさないためには必ずバックアップを取っておきましょう。
また非正規店舗でも、不測の事態によりデータが消えないとは限らないので、大切な情報がある際はやはり念のためにバックアップを取っておくのがおすすめです。

ちゃんとバックアップできるか不安だという方は、タブレットのバックアップ方法を解説している記事を参考に取り組んでみてくださいね。

故障前にモバイル保険に加入しておく

Apple公式の保証サービスとしてAppleCare+が用意されています。
しかし、それだけでは不安な方や、複数のモバイル機器と合わせて保証を受けたい方には「モバイル保険」の加入をおすすめします。

AppleCare+に比べて格段に安い月額700円の保険料でモバイル機器が合計3台まで保証されるのです。
モバイル保険のメリットとデメリットを紹介しているので、参考にしてくださいね。

ヘビーに使うほど起きてしまう落下による液晶画面のひび割れ、水没といった故障は、実費で修理するとかなり高額になってしまいます。

もしものときに備えて、「モバイル保険」への加入を検討しておくのをおくと安心です。

▼お申し込みはこちら▼

モバイル保険バナー

スマホ保険の比較をしている記事もあるので、併せてご覧ください。

まとめ

iPadを修理する際、Apple正規修理店に依頼すれば安心なのは言うまでもありませんが、一方で非正規修理店ならではのメリットも存在します。
Apple製品の普及により、今後ますます非正規店のサービス向上が見込まれます。
故障した際の状況や予算、緊急度などに合った業者を選ぶことをおすすめします。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加