iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【2018年度】家電量販店の家電修理の保証内容を比較【保存版】

インターネットが発達した昨今は、Webで買い物をする人も増えましたね。しかし、いざという時に保証があり安心できるからという理由で家電量販店を利用する人も多いです。実際のところ、家電量販店の保証内容はどのような違いがあるのでしょうか?今回は、代表的な家電量販店の修理保証内容を比較してみました。


Japan 2005 / timomcd

各量販店の家電修理の保証内容

各量販店の修理保証内容を比較するために、保証対象製品・保証加入料・保証期間・保証限度額・保証回数制限の5つの項目を調べてみました。なお、2018年3月時点での内容となりますのでご注意ください。

ヤマダ電機

  • 保証対象製品:ヤマダ電機指定機種(テレビ、レコーダー、ビデオカメラ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、オーブンレンジ、炊飯ジャー、クリーナー、マッサージ機)
  • 保証加入料:無料
  • 保証期間:メーカー保証+ヤマダ保証。合計6年間・4年間(ヤマダ独自の「6年間無料保証」もしくは「4年間無料保証」というアイコンマークがある商品を購入すると、メーカー保証に加えてヤマダの無料保証が付き、購入から6年または4年保証されます)
  • 保証限度額:1年目はメーカー保証、2~3年目は技術工料、部品代、出張料のみ、4年目以降は技術工料のみ
  • 保証回数制限:なし
  • 参考URL:https://www.yamada-denkiweb.com/info/wcontents/muryouhosyou.html

コジマ

  • 保証対象製品:コジマ指定機種(エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、オーブンレンジ、炊飯ジャー釜、食器洗い乾燥機、クリーナー、テレビ、一体型コンポ、椅子式マッサージ機など)
  • 保証加入料:無料
  • 保証期間:5年/税抜50,000円以上の対象商品(一部30,000円税別~)、10年/税抜95,000円以上のエアコン、冷蔵庫
  • 保証限度額:5年保証/お買上げ金額の80%、10年保証/5年目までは5年保証と同じ、6年目以降は購入金額の30%
  • 保証回数制限:なし
  • 参考URL:http://www.kojima.net/information/kojimaclubinfo/02/0210_2.html

エディオン

  • 保証対象製品:税別5,000円以上の指定商品から100品種以上
  • 保証加入料:クレジット機能有りのエディオンカード/年会費980円(税別)、クレジット機能無しのIDカード/年会費2,000円(税別)
  • 保証期間:5年/税別5,000円以上の対象商品、10年/税込100,000円以上の冷蔵庫、エアコン
  • 保証限度額:修理金額の累計が商品購入額に達するまで
  • 保証回数制限:修理金額の累計が商品購入額に達するまで
  • 参考URL:https://my.edion.jp/card/service/edion_guarantee.php

ケーズデンキ

  • 保証対象製品:ケーズデンキ対象商品(テレビ(ポータブル・車載用を除く)、ブルーレイレコーダー(ポータブル・車載用を除く)、ビデオカメラ、ミニコンポ、単品コンポ、冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジなど)
  • 保証加入料:無料
  • 保証期間:3年/購入金額税別30,000円以上の商品、5年/購入金額税別50,000円以上の商品、10年/購入金額税別100,000円以上の商品
  • 保証限度額:なし
  • 保証回数制限:無制限
  • 参考URL:http://www.ksdenki.com/shop/pages/introduction_free_warranty.aspx

ビックカメラ

  • 保証対象製品:ビックカメラが指定する税抜13,800円以上の商品(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機など)
  • 保証加入料:購入金額(税込)のポイント5%
  • 保証期間:3年/パソコン・パソコン周辺機器・プリンタ・ポータブルオーディオ機器・ゲーム機(一部の商品を除く)、5年/3年保証以外の家電製品(一部の商品を除く)、10年/税抜95,000円以上の冷蔵庫・エアコン
  • 保証限度額:3年保証・5年保証ともに購入金額の80%、10年保証は5年目までは5年保証と同じ、6年目以降は購入金額(税込)の30%
  • 保証回数制限:無制限
  • 参考URL:https://www.biccamera.com/bc/c/info/guarantee/index.jsp

ヨドバシカメラ

    保証対象製品:購入金額が税込10,000円以上のヨドバシカメラが指定した商品(パソコン、デジタルカメラ、デジタルオーディオ、DVDレコーダーなど)
  • 保証加入料:購入金額の5%
  • 保証期間:5年
  • 保証限度額:購入日~1年未満 /100%、1年~2年未満/80%、2年~3年未満/70%、3年~4年未満/60%、4年-契約終了日まで/50%
  • 保証回数制限:無制限
  • 参考URL:https://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/guarantee/

各量販店の比較結果

家電の保証に強いのはケーズデンキ

内容を比較してみると、ケーズデンキが一番オススメできることがわかります。保証限度額の条件がなく、保証期間内なら何度でも利用できる点も購入者側にとってはかなりお得な保証であることがわかります。

なお、保証の加入に関しては、面倒な手続きも必要ありません。保証対象となる故障も幅が広いので、家電をよく使う方はケーズデンキでの購入を検討してみると良いでしょう。

年会費はかかるがエディオンも優秀

エディオンは年会費がかかりますが、対象商品が多く補償範囲も幅が広いので、手厚い保証をしてくれる量販店と言えます。クレジット機能が付いていることに抵抗がなければ、クレジット機能有りのディオンカードに加入することがオススメです。

年会費はわずか980円で、金銭的負担も少ないです。クレジット機能が付いていても使わなければ良いだけなので、普段クレジットで買い物をしないという方も安心でしょう。

ビックカメラとヤマダ電機も奮闘

ビックカメラは購入金額の5%を支払うことになりますが、多くの商品に保証を付けています。ヤマダ電機は3年目まではしっかり保証をしてくれていますので、他の量販店と比べても遜色ないでしょう。ただし、対象商品が少ない点が残念です。

保証はあまり力を入れていないヨドバシカメラ

ヨドバシカメラは保証にあまり力を入れていないようです。この記事を書くために各量販店のHPを参照しましたが、ヨドバシカメラが一番保証に関するページの内容が薄い印象がありました。

一番HPに力を入れていたのはケーズデンキです。保証内容のみ比較するとヨドバシカメラはもう少し頑張って欲しい印象があり、充実しているとは言い難いです。

量販店で家電を購入する時のコツ

量販店に行くと所狭しと商品が並べられていて圧倒されますよね。欲しい商品が決まっているならともかく、「炊飯機がほしい」などの漠然とした考えで足を運ぶと色々と迷ってしまいます。量販店で家電を購入する時のコツをご紹介します。

コツ1.まずはカタログだけ貰う

店舗に行った際、その場で購入を決める方法もありますが、じっくり選びたい時はまずはカタログだけ貰っておく方法がオススメです。カタログには商品の詳しい案内が載っています。量販店の保証サービスなどについてもわかりやすく記載されているので、比較検討をするのに最適です。

ある程度、候補の商品を絞ってから量販店に足を運び、店員さんから詳しい説明を受けた方が、間違いのない商品を選べる確率が高くなります。

コツ2.実際に試してみる

商品の絞込ができたら、店頭に行き商品を試してみましょう。試してみることで実際のリアルな使用感がわかります。店員さんの説明も理解しやすいです。疑問点がある時は店員さんにその場で聞いて、疑問を解消することもポイントとなります。説明がわかりやすいかどうかも、その量販店を選ぶ一つの指標とすると良いでしょう。

その場で買う気持ちを掻き立てられることもありますが、いつ買うかまた何を買うかは自分で決めることです。店員さんの話術で焦って決めないように気をつけましょう。もちろん、その場で即決をすることで良い商品に出会える場合も多々あります。自分が納得できるタイミングで購入するかを決めましょう。

コツ3.比較検討する

商品を選ぶ時は、よく比較検討をすることが肝心です。特に家電は、購入してから数年単位で長く使用することになります。慎重に選ぶと良いでしょう。もちろん、保証内容などもしっかり検討することが大切です。

また、量販店ならではのタイムセールを利用する手法も効果的と言えます。店頭に足を運べばお得なセール情報などもゲットしやすいので、ベストな時期を考えて購入すると良いでしょう。

量販店の保証を利用する場合の注意点

一口に量販店の保証と言っても、各社対象の製品をどこまで保証をしているかは異なります。不具合が生じたら、量販店に保証対象内かどうか確認を入れてみましょう。店頭に持ち込めるものなら、持ち込んで実際に店員さんに見てもらいながら相談する方法が効果的です。保証対象内なら、無料で修理依頼を出すこともできます。

なお、万が一の事を考えて、修理依頼前の状態を写真に撮って残しておくこともオススメです。修理に出すと日数がかかりますし、移動をするので事故が起きないとは言い切れません。写真に残しておくと、いらぬトラブルを防ぐことができます。

量販店?ネットショップ?どちらで購入する?

家電を購入する時、ネットショップを利用するか量販店を利用するか悩む人も少なくありません。

ネットショップは手軽に購入できて価格も安いことが多く、配達をしてくれるなどのメリットがあります。反面、実際に商品を見たり店員さんから詳しい説明を受けることはできません。

量販店は実物を見ることができたり、延長保証や引取サービスなどを付けてくれるなど便利な点が多いです。反対にネットショップと比べると値段が高めだったり、比較検討をするために何店舗も回らないといけないというデメリットがあります。そのため、カタログやネットで欲しい商品の目星を付けて、量販店で実物を確かめ、購入はネットショップを利用するという人も多いです。

量販店とネットショップどちらを利用するかは、時と場合によるでしょう。自分が重視するポイントが何かによって、どちらを選んだ方が良いか変わってきます。選ぶのは自分ですので、納得できるまで検討してから購入をすると良いでしょう。

量販店のオンラインショップもオススメ!

量販店のオンラインショップを利用する方法もオススメです。実は、量販店のオンランショップは実店舗よりも価格が低いことがよくあります。ケーズデンキのように、オンランショップを利用した場合も長期保証を付けてくれる量販店も存在するので狙い目です。

量販店で実物を確かめた後、量販店のオンラインショップを利用して商品を購入すれば、実店舗とネットショップ、両方のメリットを最大限活かすことができます。決算期などのセール時期を狙えば、さらにお得に購入できる可能性もあるのです。どこで購入しようか迷っている方は、量販店のオンラインショップをチェックしてみることをオススメします。重い家電でも配送してくれるので便利です。

なお、家電を選ぶ時はキチンとサイズを測っておき、搬入できるかどうかもチェックしておくと一層良いでしょう。オンラインショップと実店舗とでは保証内容が違うこともあるので注意しましょう。

まとめ

量販店の保証内容は、お店によってかなり異なることがわかります。一番保証が充実しているのはケーズデンキでしょう。エディオンなども、購入者にとってメリットが大きいです。保証内容は新しい条件が加わることもあるので、自分が購入する時期の最新の保証内容をチェックしておくことが大切です。

近年ではネットショップを利用する人も増えています。量販店で実物を見た後に、ネットショップで購入するというあわせ技も有効です。また、量販店のオンラインショップはお得な商品が揃っていることが多く狙い目となっています。

家電は長く使うため、じっくり比較検討して自分のタイミングで購入することが肝心です。保証内容もよく吟味しておくと間違いないでしょう。こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加