iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

フランチャイズでスマホ修理業者に!FCのメリット・デメリット

フランチャイズでスマホ修理業者に!FCのメリット・デメリット

「フランチャイズ」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

しかし、単なるチェーン店との違いがわからない人も多いのではないでしょうか。

フランチャイズは、自力で開業するよりも費用やノウハウの点でメリットがある営業スタイルです。

スマホ修理業者のように、専門的なスキルを要する業界ならなおさら、開業の過程が楽になります。

修理の知識がなくても、フランチャイズに加盟すれば、研修を受けさせてくれるなど、開業までの道のりをサポートしてくれるでしょう。

ここでは、スマホ修理店をフランチャイズ開業する方法やメリット・デメリットを紹介します。

そもそもフランチャイズの意味とは?

新たに店舗を開業するとき、すでに本部がパッケージングしたノウハウを譲り受けられる仕組みが「フランチャイズ」です。

フランチャイズ店として開業すれば、自力でゼロから店舗を開くよりも、軌道に乗るまでの期間を短縮させられます。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズに加盟することで、店舗は本部から名前を使う権利を得られます。

経営方針・商品選定・集客キャンペーンの開催など、あらゆる場面で本部からのバックアップを受けられるのもフランチャイズの特徴です。

そのかわりに、店舗は定期的に本部へ「ロイヤリティ」を支払わなければなりません。

「ロイヤリティ」とは、加盟店が本部から名前やノウハウを得るかわりに支払う代金です。

多くの契約では「売上の〇〇%」という形でロイヤリティを支払います。

ほかに月額固定、ロイヤリティ不要な場合もあり、企業によってさまざまです。

フランチャイズ展開は、加盟店はもちろん本部にもメリットがある仕組みです。

ロイヤリティを得られるだけでなく、自社の名前を持つ店舗を効率的に増やせるため、一般的なマーケティング戦略として浸透しています。

フランチャイズのビジネスモデル

フランチャイズの特徴は、本部と加盟店とが異なるビジネスモデルで発展することです。

そもそもフランチャイズは、あくまで店舗がグループ内に加盟する流れなので、親会社と子会社という関係にはなりません。

本部と加盟店はビジネスパートナーの関係であり、加盟店には一定の範囲で独自性があります。

一方で、契約内容はノルマが細かく決められていることがほとんどです。

期待された成果を上げられなければ、契約が更新されないまま打ち切られることも珍しくありません。

フランチャイズと混同されやすいビジネスモデルに「チェーン」があります。

チェーンの場合は、親会社と子会社の関係にあたり、親会社に所属している人間が子会社の経営を行います。

チェーンは本部から独立していないため、本部の指示に従って経営を行うのが原則です。

フランチャイズで開業するメリット・デメリット

フランチャイズはパッケージ化されたノウハウを学べるのが大きな魅力です。

しかしメリットばかりではありません。

ここでは、フランチャイズ開業するメリットとデメリットを紹介します。

フランチャイズで開業するメリット

フランチャイズ開業する第一のメリットは「開業資金」です。

個人で開業したい場合、資金は自力で捻出しなくてはなりません。

貯金をするのは時間がかかり、銀行などから融資してもらうにも社会的信用を証明する必要があります。

最初から望んでいた規模の店舗を持てる経営者はごく一部でしょう。

しかし、フランチャイズなら開業資金の大半を免除されることも珍しくありません。

インフラなどの設備投資、人件費や宣伝費も本部が調達してくれるので、開業のハードルが下がります。

ただし、本部がどれだけの費用を背負ってくれるのかは企業によって異なるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

次に「ブランド力」も大きなメリットです。

マーケティングの世界では、「CMで見たから」「なんとなく名前を知っていたから」という理由で商品が売れることも少なくありません。

ブランド力は店舗の成功を左右します。

フランチャイズ開業なら、開店からすぐ、大幅に売上を伸ばすことも不可能ではありません。

本部からの「充実したサポート」もメリットのひとつです。

個人経営では、経営上で何らかの不安が生じても、即時にサポートを得るのは困難です。

しかし、フランチャイズならば継続的に本部からの支援を受けられます。

疑問点が生じたらすぐ相談できるので、スピーディーに問題を解決できます。

フランチャイズで開業するデメリット

デメリットには「ロイヤリティ」があります。

フランチャイズ店は、利益の全てが収入にはなりません。

決められたロイヤリティを支払い続ける義務があります。

ロイヤリティが高く、利益を出すことが難しいケースもあるようです。

「オリジナリティの出しにくさ」も考えたい部分です。

フランチャイズ店はチェーンよりは独立性があるとはいえ、本部が細かい取り決めを設定しているケースも少なくありません。

経営者の意見がなかなか反映されないこともあるでしょう。

加盟店に許される自由度は、企業によってさまざまです。

事前に確認しておくことをおすすめします。

フランチャイズのスマホ修理業者になるには?

iPhoneなどに代表されるスマホは、従来の携帯電話(ガラケー)と比べて、「液晶が割れやすい」などの問題が発生しやすい傾向です。

そのため、スマホ修理事業者の需要が伸びているのです。

また、正規店では対応できる作業が限られているため、あえて非正規店に修理を依頼するユーザーもいます。

新規参入するなら、狙いどころの業界です。

しかし、フランチャイズの開業の仕方がわからない人も多いことでしょう。

ここからは、フランチャイズでスマホ修理業者になるための流れを紹介します。

1.企業を探して契約をする

スマホ修理業者としてフランチャイズに加盟するには、まず店舗経営者を募集している企業を探します。

説明会などに参加し、概要を掴んだら具体的な開業準備の話を進めましょう。

経営者側で用意する資金額などをすり合わせ、条件に納得できたところで契約をします。

2.研修を受ける

本部と加盟店との間で正式にフランチャイズ契約が結ばれると、本格的にノウハウの引継ぎが始まります。

ノウハウに関する教育は、研修やセミナーによって行われることがほとんどです。

加盟店の経営者は定められた研修を受けることが義務付けられており、カリキュラムを修了するまでは開店できません。

スマホ修理業者は、技術はもちろん、仕入先や料金プランなど経営者が覚えておくべきポイントが多々あるため、念入りに研修が行われます。

また、本部のサポートがあるとしてもフランチャイズ店舗は独立した事業として扱われます。

つまり、店舗経営者自身で利益を出す仕組みを考えなければなりません。

研修期間は、経営者の自覚とスキルを促すためにも重要です。

3.本部と協力しながら経営を行う

開業したら、本部に経営状況を報告しながら事業を行います。

トラブルがあったときには、本部に相談しながら改善を図りましょう。

そして、課せられたロイヤリティを支払い、契約更新につなげられるよう努力を重ねていきます。

なお、開店後も本部から指導員が派遣されて店舗状況の監査が行われるため、経営者は加盟店に相応しいクオリティを維持しなければなりません。

指導内容は経営戦略だけにとどまらず、アルバイト従業員の接客態度や内装など、多岐にわたります。

ちなみに、アルバイトの募集や教育も経営者の仕事です。

ただ、教育マニュアルは本部が用意するため、経営者の負担はそれほど大きくありません。

目の前の仕事に集中できる環境を生み出せるのは、フランチャイズならではの魅力です。

フランチャイズで注意するポイント

スマホ修理業者のフランチャイズを募集している企業はいくつもあり、どのフランチャイズ店に加盟するか迷っている人もいるでしょう。

ここでは、フランチャイズ加盟するにあたって企業を選ぶ際に注意したいポイントを解説します。

サポート体制

まずは、「サポート」がどれだけ整っているかを事前に確かめましょう。

スマホ修理のように、専門的な技術を顧客から求められる店舗であれば、本部からのサポートは必須です。

スマホの修理の仕方はもちろん、部品の仕入れ方法まで、細かい研修やサポートがあると安心です。

宣伝力

次に、「宣伝力」です。フランチャイズ店舗は大企業の知名度を借りられるのが強みのひとつです。

逆をいえば、本部が積極的に宣伝をしてくれないと、フランチャイズで開業する意味合いが薄れます。

集客が捗らないまま赤字が続けば、早い時点で閉店せざるをえなくなるケースもあります。

ホームページなどで本部が宣伝してくれるかをチェックしておきましょう。

あわせて、そのホームページへのアクセス数も確認しておくと安心です。

ブランド力

そもそも本部のブランド力もじっくり検討しておくべきです。

競合他社よりもブランド力で劣る企業なら、フランチャイズ開業するメリットも小さくなります。

業界内で立ち位置を確立しており、多くの優良顧客を有している本部であれば、開業後すぐにリピーターを獲得することも難しくはありません。

部品の仕入れに関する方針

「部品の仕入れルート」も注意したいポイントです。

スマホ修理では、パーツを新品に交換するケースが多々発生します。

しかし、低品質のパーツを仕入れていると、同じ不具合が再発しやすくなるのです。

不具合が続くと顧客からの評判が下がり、リピーターが減ってしまいます。

信頼できる部品の仕入先の確保は、本部に求めるべき条件のひとつです。

逆に、部品の仕入れを強制していないかも確認しましょう。

強制がある場合、他社製品に乗り換えると契約違反になります。

ロイヤリティとルール

ロイヤリティやルールが厳しすぎないかもチェックすべきポイントです。

ロイヤリティを払っても利益が出るかどうか、新しい施策を行いたいときに許可が出るかどうかなど、本部との関係をよく確認しましょう。

これらの注意点は、契約前に確認することが大切です。

不明点は説明会などの場で直接質問し、疑問点を抱えたまま開店に踏み切らないようにしてください。

おすすめのフランチャイズを紹介

最安修理ドットコムでは、フランチャイズで出店したい修理店を募集しています。
今回はおすすすめのフランチャイズを紹介します。

キャッスル

「キャッスル」には、大きく分けて2つの開業支援プランがります。“時間がなく、どこからはじめればいいか分からない”という方に向けた、充実のプランと、“現在は別の仕事をしており、新しくスマートフォン修理業を副業でやりたい”という方に向けたプランです。自分の状況に合わせた内容を選ぶことができるのです。どのような開業支援を受けることができるのか、一度問い合わせてみると良いかもしれませんね。

詳しくは、キャッスルのフランチャイズ(FC)加盟時にかかる費用・評判は?という記事をご参照ください。

i+Remaker

「i+Remaker」は新規参入者が求めているポイントをおさえ、ビジネスパートナーとして開業の手助けを行ってくれる優れた業者です。初期講習やPOP・看板・販促物の提供による集客の手助け、安全で高品質なパーツをおろしてくれるといった手厚いサポートがうれしいですね。

i+Remakerのフランチャイズ(FC)加盟時にかかる費用・評判について詳しく記載している記事をご参照ください。

mobile.com

「mobile.com」のフランチャイズ(FC)は未経験の方でも比較的簡単に始められる体制が整っているので、知識技術がない方でも安心してビジネスを始めることができます。

例えば、事業を始めるに当たって必要なのは「1~2畳程度のスペース」「ウェブサイト」「修理部品」「人材」のみ。メインビジネス・サイドビジネス問わず、本気でやろうと思えば即収益化も夢ではありません。

詳しくは、mobile.comフランチャイズ(FC)加盟時の費用・評判は?という記事をご参照ください。

スマレンジャー

「スマレンジャー」のフランチャイズ(FC)は店舗ホームページの作成、更新を行ってくれたり、本部が修理代行サポートを行ってくれたりと、新規参入者の不安を解消してくれる大きな特徴があります。

詳しくは、スマレンジャーのフランチャイズ(FC)加盟時にかかる費用や評判は?という記事をご参照ください。

スマコレ

ブランド力を考えるのであれば「smacolle(スマコレ)」のフランチャイズがおすすめです。北海道、関東、関西、九州・沖縄といった広いエリアで展開しているスマホ修理業者なので、知名度は抜群。
さらにスーパーバイザーが定期的に運営を指導してくれるので、安心して新規参入できますね。

スマコレのフランチャイズ(FC)加盟時にかかる費用や評判を詳しく書いてある記事をご参照ください。

スマートリペア

地域密着型の営業スタイルをとる「スマートリペア」は、フランチャイズ(FC)加盟においても柔軟な対応を取ってくれます。

スマートリペアのフランチャイズ(FC)加盟時にかかる費用や評判を詳しく書いてある記事をご参照ください。

スマホ修理王

スマホ修理王のFC契約を行うと、最初にiPhone・androidどちらの修理にも対応できるような研修をうけることができます。
また、格安スマホ・格安SIMといった新たな契約スタイルが増えてきているため、修理に対応できることは大きな強みとなるでしょう。

スマホ修理王のフランチャイズ(FC)加盟時にかかる費用や評判を詳しく書いてある記事をご参照ください。

「iPhone修理のクイック」ではFC加盟相談受付中!

quick

iPhone修理クイックなら、出店希望の地域の検索ワード調査や流入の見込み数、売り上げの見込みなども立てられます。
修理に付随して、相性のいい副商材であるスマホ買取やガラスコーティングまで一括サポートが可能。
販路なども紹介できます。
広告運用実績もあるので、リスティングの運用もできますよ。

3つの特長

  • iPhoneの修理を行い8年以上の実績。店舗数が多いため成功事例やノウハウなどが多く、SEOも上位に位置できます。
  • iPhone修理だけでなく、付随するAndroidやゲームの修理、スマホの買取やガラスコーティングまで包括的にサポートが可能。
  • 修理用の部材は弊社スタッフが工場に出向き、色の調整などを行っているため、安価で高品質なパーツが利用可能。不良率も低いので安心です。

かかる費用

  • 相談は無料
  • 加盟費用は修理研修の内容により変動(加盟費込みで最低20万円~)
  • ロイヤリティは地域により月5,000円~、無理のない範囲でロイヤリティは相談可能。

iPhone修理店に興味がある方、まずは相談してみませんか?

FC加盟相談申し込みフォーム

下記の必要事項(*)をご入力いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。

法人個人

まとめ

スマホ修理事業に参入するには、は複雑な技術、知識が必要です。

部品の仕入先を確保するなど、事前準備も少なくありません。

そのかわり、開業すれば確かな需要が見込める業界です。

フランチャイズによって、ノウハウや資金面の不安を解消すれば、より開業しやすくなることでしょう。

実際に、多くの大企業がフランチャイズ店舗を募集して拡大を図っています。

フランチャイズに加盟する際は、サポート体制や宣伝力などをチェックして、二人三脚で歩めそうなところに加盟することが大切です。

十分なバックアップを得られる状態でフランチャイズ開業すれば、成功へと近づけるでしょう。

こちらの記事ではスマホ修理業の起業に必要な書類や手続き・注意ポイントを記載してます。

さらに修理店の集客方法や広告の注意点を解説している記事もありますので、あわせてご覧ください。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加