iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

FREETEL修理時の注意点・費用相場・おすすめ修理屋さんまとめ

FREETELのスマホは、国内SIMフリースマホのマーケットシェア56%という高いシェア率を誇っています。FREETELは、格安スマホメーカーでもあり、MVNOでもあるため、充実したプランを用意している点が魅力的です。

高機能でサイズ感も良いといわれ、今注目を集めています。現在、格安スマホを使う人が増えたとはいえ、従来のスマホとは違う面が多々あり、修理に出すときなどに問題が発生している傾向が強いです。

今回は、修理に出したいときに慌てずに対処できるように、修理時の注意点、修理代相場、修理できるお店情報をご紹介します。


Freetel MIYABI / Kouki Kuriyama

FREETEL修理時の注意点

FREETELを修理出す前には、それなりに準備が必要になってきます。その注意点を下記でご紹介しますので、準備ができたら修理に出しましょう。

バックアップを必ず行なう

修理に出す際は、必ずバックアップをする必要があります。修理に出すと初期化されてしまうため、データはすべて消去されてしまうためです。バックアップ方法は、SDカードへ移行、グーグルアプリと同期させる方法があります。FREETELのホームページにやり方が掲載されているので、参考にするとスムーズにできるでしょう。

参考:スマホのバックアップは自分で出来る?方法を徹底解説

アカウント名・パスワードを紙に書き写す

グーグルに同期させてバックアップする際には、リフレッシュ品でもグーグルにログインできなければ、バックアップはできません。そのため、アプリやSNSなどのアカウント名やパスワードは、必ずメモに取っておいてください。

修理以外の方法も検索してみる

修理の他に買取も考えてみてはどうでしょうか?「スママDASH」 では、故障したスマホいわゆるジャンクスマホも買取対象となっており、シリーズによっては数万円で買取してもらえ、画面割れや水没なども即日現金化してもらえます。

個人情報も無料でデータ消去してもらえ安心でき、査定申込も難しい手続きなく、誰でも簡単にできるので初めての人も利用しやすいのが特徴となっています。修理で迷ったらジャンクスマホも買い取ってくれるスママDASHを検索してみましょう。

参考:ジャンク品も買取!CASHのようなスマホ端末の即現金化サービス「スママDASH」がリリース

修理に出す方法

格安スマホでは、修理は望めないと考えている人もいるようですが、そうではありません。保証サービスに入会していれば、それなりの保証をしてもらえます。

FREETELが行っている保証に入会している場合

FREETELの場合は、修理は行っていません。修理をするのではなく、リフレッシュ品と交換という形をとっています。リフレッシュ品はFREETELが回収した端末を、新品同様に初期化したもので、完全な新品ではありません。

FREETELは補償サービスを提供しており、故障や破損などのアクシデントに利用が可能になっています。特にPREMIUM保障では、メーカー保証が切れている1年経過したスマホでも自然故障、水濡れ、故障、破損、紛失、盗難は対象になっているので、入っておいた方がいいでしょう。

ちなみにスマホ本体の交換は2回、充電器やバッテリーなどのアクセサリーの交換は1回まで、つまり最大3回まで交換が可能になっています。

保証期間は、購入方法で異なってきており、店頭でのパッケージ購入版(一括購入)は2年間、FREETEL eshopでの購入版(月額プラン)は加入している限り保証期間に該当する仕組みになっています。何年使うつもりなのか考えてから、どちらのタイプにするか検討してみてください。

他社MVNOに入会

楽天モバイル、BIGLOBE、mineoなどのMVNOに加入していれば、それぞれのサービスを受けられます。月額制の保証サービスを導入しており、水没、落下による故障にも対応が可能になっています。

保証期間は、2年間で、その間の修理・交換であれば、3,000円~5,000円の交換代金で行ってくれます。年間の修理に出せる上限回数が決まっているので、しっかり確認しておいてください。また、代替機の貸し出しも行っている点も特徴のひとつです。

参考:格安スマホに保証はある?修理保険サービスをMVNO別に調べてみた

格安スマホ(MVNO)は故障時に修理してもらえるのか?

メーカー保証

プラスワンマーケティングによるメーカー保証は1年間ついてきます。修理に出すときは、購入時の納品書やレシートが購入時の証明書になるので、誤って捨てないように保管しておいてください。万が一、保証期間が終了してからの修理になると、有償での本体交換になるので注意しましょう。

スマホ修理店に出す

スマホ修理店への持ち込みなどの方法でも修理が行えます。即日対応をしてくれる場所もあるので、時間がない時などに活用するといいでしょう。

修理代相場

それでは、実際にどのくらいの修理代金がかかるのか、相場を見てみましょう。

FREETELに修理に出す

水没・液晶の破損:7,000円~12,000円
保障に加入時は2,000円~3,600円で交換

専門店に修理に出す

水没修理作業:4,800円~12,800円
データ復旧:29,800円~39,800円

専門店での取り扱い実績は、まだまだ少ないのが現状のようで、修理に出すのは難しいとみられます。また、裏返せばFREETELのリフレッシュ品への交換という対応がユーザーに支持され、専門店に持って行くまでに至っていないのかもしれません。

参考:FREETEL(フリーテル)スマホのバッテリー交換費用を徹底比較

修理できる専門店情報

FREETELの修理を請け負っている専門店は、少ないようですが、下記の修理店では行っているので確認してみてください。

スマホステーション

データを消さずに修理をしてくれています。復旧率は92.5%になっているので、データが消える心配は低いといえます。データのバックアップすらできずに故障してしまった際には活用すると便利でしょう。しかし、店舗数が少なく都内でも3店舗しかありません。お店を見つける方が手間がかかるかもしれません。

スマホ修理王

日本全国数店舗で対応可能なお店を紹介します。東京、大阪、名古屋、沖縄に店舗を展開するスマホ修理王はFREETEL修理において、安さと高品質の修理対応を実現しています。手持ちの端末の故障状態を伝えると無料で費用見積もりしてくれます。尚、郵送での修理対応もしていますので、店舗が無い場所でも受付が可能です。

そのほかの専門店を探す

上記以外のスマホ修理店を探すなら当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみてください。こちらには全国各地の修理店が集っているので、お住いの近くの修理店などを簡単に調べることができます。

まとめ

FREETELはメーカー保障や保証サービスが充実しているといえます。修理というスタイルではなく、リフレッシュ品との交換をしている点は他社では見られない方法です。この方法により、修理を待つ時間も短縮されている点が支持率にも関係しているのかもしれません。

そのため、専門店の利用が少ないと考えられます。格安スマホは、できるだけ保証サービスに入っておいた方が、手間もかからずに修理に出せるので、購入時に加入することをおすすめします。

スマホ修理王では郵送修理も利用できる

日本全国にあるスマホ修理王は、店頭まで持っていく手間の省ける郵送修理にも対応しています。お近くに良い修理店がなかったり、郵送で対応したいときはぜひ試してみてください。

お名前 (必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

希望の修理形式

渋谷(神南)で店頭修理
上野・御徒町で店頭修理
日暮里・神田・浅草で店頭修理
大阪心斎橋で店頭修理
名古屋栄で店頭修理
郵送で修理

型番(必須)

故障の症状・状況

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加