GALAXYスマホの故障時に修理してもらうには?料金相場や修理専門店を紹介

GALAXYスマホの故障時に修理してもらうには?料金相場や修理専門店を紹介

愛用のGalaxy(サムスン)スマホの動作に異変が生じた時、ほとんどの人が故障という最悪の状況を想定してパニックに陥ってしまう傾向があります。
またそのGalaxyスマホ内にかけがえのない写真などのデータが入っていれば、内部の状態や復旧に対する不安でパニックは更に増大すると言えるのです。

今回はGalaxy(サムスン)スマホのが故障して「自分は一体何をすべきなのだろうか」と混乱してしまう皆さん向けに、修理前に行っていただきたい準備とポイントをわかりやすく紹介していきます。

気になる修理費用の相場や修理専門店についてもみていきましょう。

サムスンのGalaxyスマホでよくある故障事例

毎日使うスマホはふとした時に落としてしまったり、使っていくうちになんらかの不具合が出てくることもあります。
最初に、Galaxyスマホでどんな故障が多いのかをみていきたいと思います。

画面割れ

スマートフォンの故障で最も多いのが、画面のガラス割れです。
スマホの液晶画面は強化ガラスでできていますが、落としたり衝撃によりヒビが入ってしまったり、画面がバキバキになってしまうこともあります。
そのまま使っているという方もいるようですが、使い続けていくうちに指を傷つけてしまったり、画面表示に問題がでてきてしまうことも。
画面に線が入ってしまったり、シミができるなどの不良が出てくるケースもあります。
またギャラクシーの画面が真っ暗だったり スマホの内部に影響してしまう可能性もあるので、galaxyの画面割れ修理は早めに修理した方がいいでしょう。

液晶画面のトラブル

スマホの液晶画面が映らなくなってしまうトラブルは、スマホ自体使えないという問題に陥ります。
その場合は、まず初めに電源が切れていないかを確認しましょう。
十分に充電したり、電池パックを交換できるタイプのGALAXYの場合は、電池パックを一度抜いて再セットしてみてください。

またボタンが反応しないときは、電源ボタンと同時に「ボリュームダウンボタン」を長押しすることで、強制的に再起動をかけることができるので試してみてください。
電源ボタンのみでの操作ができない場合は、この方法で電源を落とすことができます。

液晶の一部のみが映らないという症状は、内部が故障している可能性が高いです
またギャラクシーの画面が真っ暗だったりつかない場合は、早めに修理業者でみてもらってください。

バッテリーの不良

「充電ができない」「充電しているのに充電中の表示がでない」「充電に時間がかかりすぎる」などの充電に問題があるケース。
その時は、まずACアダプタや充電ケーブルが故障していないかを確認しましょう。
他の充電器やパソコンからスマホを充電してみて問題なくできれば、ACアダプタか充電ケーブルに問題があります。

他の充電器やパソコンからも充電ができないときは、スマホ本体に問題があるケースがほとんど。
取り急ぎ再起動を試してみましょう。
それでもgalaxyが充電できないときは、修理業者にみてもらった方がいいでしょう。

Galaxyスマホの修理依頼を依頼する方法|正規か修理専門店か

実際にGalaxyスマホの修理をするときは、どこに依頼するのがいいのでしょうか。
方法としては、「スマホ修理専門のショップ」と「正規店」に持ち込む2通りがあります。
それぞれの違いについてみていきましょう。

スマホ修理専門のショップに持ち込む|即日修理ならココ

スマホ修理専門店に依頼する一番のメリットは、修理のスピードです。
通常各キャリア会社へ修理を依頼する場合は、修理が完了し手元に戻ってくるまでに約1週間程度かかります。
それに比べて一般の修理業者の場合は、即日対応してくれるところが多くあるので、修理を依頼しに持ち込んだその日中にGALAXYが戻ってきます。
そのため、使い慣れていない代替機を使用することもなくなり、大切なGALAXYを早く元に戻してほしい方におすすめです。

即日修理できる修理専門ショップを探せます。

正規店での店頭修理を依頼する

Galaxyスマホを正規店の店頭修理修理に出したい場合は、原宿にある「Galaxy Harajuku」1店舗のみで受付しています。
ホームページからオンラインで申し込み、または店頭にて直接予約。
Galaxy Harajukuの地下1階にて店頭修理を行っています。

メリット

予約状況や修理の内容によりますが、持ち込んだ当日に修理できます。
初期化せずに修理可能ですが故障個所によっては初期化が必要なので、バックアップはあらかじめとっておきましょう。
また、店頭持ち込み修理をする前に確認しておくべきこともあるので、ホームページで確認してから出向いた方がいいです。
修理できる端末が決まっているので、ご自分の端末が該当するかどうか確認してから予約してください。

デメリット

店頭修理できるところが1店舗しかないので、なかなか予約がとれなかったり、待ち時間が長くなってしまうケースもあります。
また東京近郊に住んでいて、原宿に行ける人だけに限定されてしまいます。

Galaxy Harajukuに行けない方はオンラインで依頼し、郵送での引き取り後に修理という流れ。
その場合は数日間はかかってしまうでしょう。
またドコモなどのキャリアショップでの受付も可能ですが、同じく時間はかかってしまうのが難点です。

修理は自分でもできる?

スマホが故障してしまったときに、安く済ませたいと「自分でも直せないものか」と考える方もいるでしょう。
実際に修理費用はかなり安くすみますが、自力で修理するにはかなり高度な技術が必要です。
独自に修理方法を調べないといけないうえに、失敗すれば端末自体使えなくなるというリスクも伴います。
ただ「どうしてもgalaxyの画面割れを自分で修理したい」などの方は、パーツを購入できるサイトもあるので試してみてもいいかもしれません。

自分での修理に失敗してしまった際は、公式の保証は受けられなくなるので、スマホ修理専門のショップにすみやかに持っていきましょう。

Galaxyスマホのメニュー別修理相場を調べてみました

Galaxyスマホの修理料金は、「端末の種類」と「修理メニューの種類」のどちらかで分類されているのが一般的です。
料金設定が高めのショップではGalaxySやGalaxySVといった商品ごとに価格が異なるため、「新しいものは修理代も高い」と考えておいたほうがよいでしょう。
また修理メニュー別の料金相場については、USBコネクタやSIMスロット、イヤホンジャックの交換といった技術と修理工数のかかるものが必然的に高額になる傾向があります。

修理内容金額作業時間
ガラス割れ修理15,800円〜39,800円円40分~60分
ガラス割れ+液晶破損修理16,800~59,800円60分
バッテリー交換修理7,800円〜12,800円30分~60分
充電コネクタ修理9,800円〜25,800円40分~80分
バックパネル交換修理7,800円〜17,800円30分~60分
カメラレンズ修理7,800円〜9,800円30分~40分
各種ボタン修理7,800円~10,800円30分~40分
リアカメラ修理8,800円〜16,800円30分~50分
各部品交換7,800円〜
基盤修理21,800円〜5日以内
データ復旧31,800円〜5日以内
水没復旧7,800円〜120分
自己修理失敗7,800円〜120分

出典:スマホ修理本舗

サムスンのGalaxyスマホの修理前に行うべき6つの準備

「いつも使っているgalaxyのタッチパネルが反応しない」「突然フリーズする」「galaxyのホームボタン効かない」といった変調が出ている場合は、故障の予兆と捉えて修理に出す準備を早めに行うのが理想です。

「まだ使えるから大丈夫」と楽観視していると、突然電源が入らなくなることもありますので、大事なアプリやデータを守るためにもこれから紹介するポイントを早めに実践するようにしてください。

ファイルのバックアップを行う

Galaxyスマホに異変を感じた時に最初に行うべきなのは、「動くうちにgalaxyのバックアップを取ること」です。
ハードウェアトラブルによる故障はある日突然訪れますので、「JSバックアップ」などのアプリを上手に使って、定期的にパソコンやクラウドにデータバックアップを行う習慣をつけるとよいでしょう。

また写真などの各種データをGalaxy本体に入れている場合は、容量大きめのSDカードを挿入して保存先を変更するのもおすすめです。

SNSのIDとパスワードをメモしておく

戻ってきたGalaxyを使って再びFacebook、Twitter、Instagramなどにログインするためには、SNSのIDとパスワードを手帳などにメモしておくことがおすすめです。

何でも自動ログインできてしまう今の時代は、「端末が変わったらSNSに入れなくなった」というトラブルが多く見受けられますので、手帳やノートといったアナログな場所に大事な情報をメモする習慣も必要と言えるでしょう。

バッテリーの抜き差しをしてみる

落下やハードトラブルによって突然Galaxyスマホの起動ができなくなった場合は、何度かバッテリーを抜き差ししてみてください。
この方法にトライして1度でも正常に起動できたら、その間にデータやSNSのIDパスワードを必ずバックアップするのが理想と言えます。

また水没の場合は、乾燥剤を入れたボックスの中で保管することで、一時的に復旧するケースも見受けられますので、バックアップと修理代の節約のためにチャレンジしてみても良さそうです。

修理方法を選ぶ

Galaxyスマホの場合は、「携帯電話会社に持ち込む方法」と「スマホ修理専門のショップに持ち込む方法」という2つの修理方法があります。ユーザーの責任のないハードウェアの不具合などによる故障の場合は、「安心パック」などの修理保険の適用によって5,000円程度で修理を行えます。

これに対して水没や落下といった明らかにユーザー側に責任のあるトラブル時には、修理保険の適用が難しくなるため、30分〜1時間ほどで対応をしてくれる修理専門のショップに依頼をした方がいいかもしれません。

ショップに代替え機の有無を確認する

預かり修理を依頼する場合は、ショップから古い代替え機が貸し出される形となります。
「このメーカーのスマホじゃないと使い方がわからない」などの要望がある場合は、ショップに問い合わせをして代替え機の有無を確認するようにしてください。

またauでは「交換用電話機お届けサービス」を実施していますので、直接ショップに行かずに修理をする方法を選んでもよいでしょう。

新しい保護シールを購入しておく

携帯電話の預かり修理に出すと、必ず保護シールが剥がされた状態で戻ってきます。
返却されたスマホを使う前には再び保護シールを貼る必要が出てきますので、すぐに使用するためにも保護シールの新規購入をしておくようにしてください。

まとめ

大事なGalaxyスマートフォンが壊れた時に行うべき対応をきちんと把握しておくと、LINEのトーク履歴や写真といった思い出も大切に持ち続けることができます。
また故障時に行うべき行動がわかっていれば冷静な気持ちで修理ショップ探しが可能となります。
安く効率よく修理依頼をするためにも、ここで紹介したポイントを抑えておくようにしてください。

国内最大規模のおすすめ修理屋さん

東京、大阪、名古屋、沖縄に店舗を展開するスマホ修理王はGalaxy修理において、安さと高品質の修理対応を実現しています。
評判の修理屋さんなのです。手持ちの端末の状態を伝えると見積もり金額を教えてくれます。以下から確認してみましょう。

上記の修理屋さん以外の業者を知りたい方やいくつかの修理屋さんの無料見積もりをしてみたい方は、当サイト「最安修理.com」を使ってみてください。

こちらには全国各地の修理業者が集っており、無料見積もりでどこが一番安く修理してくれるのか調べることができます。
また、各業者の口コミも掲載されているので費用を見比べるだけでなく評判を見比べることもできます。

大切なGALAXYを修理に出すなら、費用が安いだけでなく評判がいいかどうかも大切な判断材料となるでしょう。

修理価格サイトのご紹介

全国の修理店をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

北海道・東北

北海道 宮城県 青森県 岩手県 福島県 山形県 秋田県

関東

東京都 神奈川県 埼玉県 栃木県 群馬県 千葉県 茨城県

中部

新潟県 長野県 山梨県 富山県 岐阜県 石川県 福井県 静岡県 愛知県

関西

大阪府 京都府 奈良県 兵庫県 三重県 滋賀県 和歌山県

中国・四国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加