iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

カードキーの修理はどうすればできる?故障時の対応方法まとめ

カードキーは、セキュリティ面に優れているとても便利な鍵です。お財布やパスケースに入れたまま、かざすだけで解錠・施錠できるもの、鍵穴に通すと鍵が開くものなど、種類によっても使い方が変わります。簡単に合鍵を作ったり複製できるわけではないので、トラブルやピッキング被害などの犯罪を防止することにも繋がります。


EDF Energy Quantum card and prepayment meter keys / lydia_shiningbrightly

セキュリティ性能が高いカードキーは修理費用が高い?

また、鍵の元から交換せずとも、新しいカードキーを準備するだけなのでカードキーを玄関の鍵に使う賃貸物件も増えています。ホテルや会社のセキュリティとしても使われることがあり、カードキーの需要は年々伸びています。

ただし、セキュリティが高くなるとその分、故障時や不具合が起きた際の修理費用は高額になります。また、カードキーは電気を使っていることもあり、通常の鍵とは違った故障が起きる可能性もあります。

使い慣れていない鍵だといざというときに慌ててしまい、対処方法を誤ってしまうこともありますよね。カードキーの修理が必要になったときにどうしたらいいのか?故障したときに困らないようにその対応方法について説明していきます。カードキーにしようか悩んでいる人もぜひ参考にしてみてくださいね。

カードキーの故障で一番多い磁気不良

カードキーには2種類あります。カードキーが誕生した1960年代は「磁気」を使用したカードキーが一般的なものとして出回っていました。製造も簡単で余計なコストがかからないこと、今までの鍵とは違う画期的な作りもおしゃれだと話題になりました。

磁気タイプかICチップタイプか

今でも磁気タイプは使用されていますが、カードキーをつかう人が増えてきた今「ICチップ」を使ったカードキーの割合が増えています。カードキーに何かしらの不具合や不調を感じた時は、まずはカードキーが磁気タイプなのかICチップタイプなのかを確認してみてください。どちらなのかによってカードキーの故障の原因が変わります。

磁気不良はどうやって起こる?

例えばカードキーを鍵穴に通したりかざしても反応がない原因の多くが「磁気不良」によるものです。見た目には明らかな破損があるわけではないので、いざ使おうと思ったら反応せず不具合に気づくことが多いです。磁気不良の多くは、磁気カード同士が触れていたことによって起こります。

一度弱くなった磁気は戻らない

お財布の中にカードキーを入れている人も多いのではないでしょうか。お財布の中に入っている他の磁気を使ったクレジットカードやキャッシュカードなどの影響を受けてしまうことがあります。また、スマホケースでカードを入れられるタイプのものでも、同じような磁気不良や金属製品との相性で磁気不良が起きることがあります。

磁気不良が起きたカードキーは、は新しく発行する以外に直す方法はありません。一度弱くなってしまった磁気はもとに戻ることがないのです。

磁気以外で起きるカードキーの故障の原因は?

磁気タイプのカードキーでも、表面上の明らかな破損や、水没などで故障してしまうことがあります。多少の破損で問題なく使用できればいいのですが、鍵が解錠・施錠できないなら修理に出すなり対応をする必要があります。

汚れで読み取りできない

ICチップタイプのカードキーは、磁気を使って鍵を解錠・施錠しているわけではないので磁気不良による故障は考えられません。ICチップが表面に見えているタイプは、鍵穴(カードリーダー)に通して情報を読みこみ、解錠・施錠を行います。

読み取るカードリーダー自体が破損していることも考えられますが、もしかするとカードのICチップに汚れがつき、情報を読み込めなくなっているのかもしれません。一度カードキーの表面を確認し、汚れている場合は優しく拭き取ってあげましょう。意外と多い故障の原因でもありますので、一度見直して確認してみてくさい。

表面では破損が確認できない故障

また、ICチップが表面に出ていないタイプのカードキーは、一緒にアンテナが付いていおり、無線通信の機能を使って鍵の解錠・施錠を行います。主にかざしたりタッチをするだけのカードキーに多い故障は、無線通信の接触的な問題か、ICチップの破損があげられます。

表面からは故障かどうかを気づきにくいのですが、おかしいなと感じることがあればカードキーのICチップに故障があると考えるのが妥当でしょう。

カードキーは故障しやすいの?

カードキーは通常の差し込むタイプの鍵とは違いとても薄く、どこでも簡単に持ち運ぶことができるのでお財布やパスケース・スマホケースなどに入れて使えるのもポイントです。

磁気同士の接触、水濡れ、衝撃

ただし、薄く繊細な作りになっているため雑に扱ったり、磁気タイプのものを他の磁気カードと一緒に入れるなど、取り扱い方を間違えるとと故障に繋がることがあります。

磁力を使ったものは私達の生活のなかには思っている以上に多く、磁力同士を離しているつもりでも接触しており、気付いたら故障していたケースもあるのです。基本的には精密機器のため、重いものを載せたり水濡れによっても故障してしまうことがあります。

磁気、金属を避けて大切に取り扱おう

小銭の近くに入れるのも金属に当たるのでカードキーの故障に繋がることがあります。カードキーの正しい使い方を身につけた上で使用しましょう。取り扱い方法によって避けられる故障も多いので、余計な修理費用や新規発行手数料がかからないよう、丁寧に使っていくことが大切です。

カードキーの修理はどうすればいいの?

カードキーが故障してしまった時に、修理はどうしたらいいのでしょうか。カードキーを使うのであれば、いざという時を踏まえた上で修理方法についてしっかりと把握しておくことをおすすめします。カードキーは精密機器であり、ちょっとした不都合でも故障してしまうことがあるので、自分では修理をせずに専門業者に依頼してください。

賃貸か持ち家化によって異なる対応

まずマンションやアパートなどの賃貸に住んでいる場合は、大家もしくは管理会社に連絡してカードキーが故障してしまったことを伝えてください。

また、賃貸物件は勝手に鍵の交換をすることが禁止されています。分譲マンションや戸建ては自己管理になりますので、まずはカードキーが修理や新規発行ができるかどうか、鍵のメーカー元に問い合わせをします。

保証期間内かどうか

作製・取付してすぐの保証期間内なら、無償で修理をお願いできることもあります。保証期間が過ぎていると、修理をしてくれる場合もあれば、新規発行する必要がある場合も出てきます。鍵のメーカーによって対応が変わりますので一度確認してみてくださいね。

専門業者に依頼しよう

鍵の修理を専門的に行っている業者であれば、どんなカードキーでも修理して使うことができます。もちろん状態だったり鍵の種類によって修理ができるものとできないものが出てきてしまいますが、早急に鍵の修理をしたいのであれば専門業者に依頼するようにしましょう。早ければ即日対応をしてくれることもあり、家の防犯面を考えると少しでも早く対応してくれるのは有り難いですよね。

カードキーの故障時に注意して欲しいこと

カードキーに不具合が出てしまった時に、修理の業者などを探す前に自分で直せるかどうか試す人も多いと思います。大家や管理会社に連絡をしたり、鍵のメーカーや修理業者に依頼すれば費用がかかりますし、何かと面倒に感じてしまうこともあると思います。

自己判断で対策すると、よりひどい故障状態にしてしまうこともあります。カードキーの故障は何もせずそのまま業者に任せるのが正解です。鍵の内部には精密機器がたくさん含まれていますし、勘で修理をしても直るものではありません。

鍵に潤滑剤や油をさす

カードキーのすべりを良くするために植物油や潤滑剤を利用する人もいます。なかには故障が直ったと紹介している人もいるのですが、鍵穴の内部にホコリがついて余計に動きが悪くなってしまうこともありますし、汚れてしまいICチップが使えなくなってしまうことも考えられます。正しい使い方でないと鍵の故障に繋がりますので自己判断で油をさすのはやめましょう。

最も悪い状態は水に濡れている上に潤滑剤をさしてしまうことです。汚れが定着してしまう原因にもなりますので、そのまま何もせず業者に任せてしまいましょう。

カードリーダー部分を掃除する

カードリーダーの動きが悪くなったからといってカードキーを読み込む部分のホコリを無理に落とそうとしたり、何度もカードキーを抜き差しして試すなど、無理に鍵を通そうとするのは止めましょう。必要な部品が折れてしまったり分解した時にどこかに紛失してしまうなど、余計に大きなトラブルに繋がることだって十分に考えられます。

カードキーの故障の際は、どんな状態だとしても絶対に余計な手を加えないことです。専門的な知識を持っていないにも関わらずついやってしまいがちなことではあるのですが、対処方法を間違えるとカードキーの本体ごと交換するしかなくなってしまうこともあります。

単体で持ち運ぶ

カードキーの故障原因が磁気不良だった場合は、同じ故障を繰り返さないように財布やパスケースなどに入れるのを控えましょう。磁気同士が近くにある状態では、必ず故障の原因となります。故障して家に入れなくなることを考えたら、できるだけ長く、故障すること無く使えたほうがいいですよね。

カードキーの修理はどのぐらいの費用がかかるの?

カードキーの修理を業者に依頼する場合、どのぐらいの費用がかかるのかヒヤヒヤしてしまうこともありますね。修理業者に依頼すると、「作業費」「出張費」の両方がかかってきます。基本的にセキュリティが高いものほど修理にかかる費用は高額になりますが、業者によってもその価格帯には違いがあります。

修理相場

カードキーの修理費用は10,000円~15,000円が相場です。これよりも高額な修理費用を請求してくる業者には、依頼を検討した方がいいでしょう。料金の明細を見ると一目瞭然ですが、出張費などが高額に請求されている場合があります。出張費は鍵の修理費用ではないので、できるだけ安く押さえたいポイントでもあります。

修理業者は比較してから決定しよう

カードキーの修理は、いくつか業者から見積りをもらい比較した上で作業内容や接客、料金形態などで納得できるところを探しましょう。

業者のなかには修理後に保証がついてくるところもありますので、万が一修理が必要になってしまったときにもおすすめします。料金の明細を開示しなかったり、高額な請求をしてくる業者の場合は依頼しないようにしましょう。

まとめ

カードキーが故障してしまった時に修理を依頼するにはどうしたらいいのかについて説明しました。カードキーの磁気タイプのものはどうしても故障しやすく、使っていくうちに何かしらの不具合が出てしまうことも珍しくありません。

急に家に入れなくなってしまったら誰でも慌てますよね。カードキーの修理を依頼できるような業者を日頃から探しておき、いざというときにすぐに依頼ができるように連絡先などに登録しておきましょう。カードキーの修理は業者でないと対応できませんので、急なときに依頼できる業者を探しておきましょうね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加