iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

提供記事

iPhoneのデータが消えた!復元するにはどうしたらいい?

iPhoneに保存していたデータを誤って消してしまったり、デバイスの故障や紛失で消えてしまった…なんてことありますよね。しかも、まだバックアップを取っていない状態でそんなトラブルが起きたら大問題。もう諦めるしかないのでしょうか。

今回はiPhoneのデータ復元の対処方法についてまとめてみました。

iPhoneのデータが消えてしまったら

なんらかのトラブルによりiPhoneのデータが消えてしまったら、まずは落ち着いてバックアップからデータを復元させましょう。デバイス本体でバックアップを取っている場合はiCloud、パソコンで取った場合はiTunesから復元します。

復元が成功するとバックアップが作成された当時のデータがiPhoneに戻ることになります。データ消失直前のデータが復活するわけではないので注意しましょう。

iCloudからの復元方法

iCloudからの復元は、デバイスの初期化が必要となります。

  1. 1.「設定」アプリを開く
  2. 2.「一般」を選択
  3. 3.「リセット」を選択
  4. 4.「全てのコンテンツと設定を消去」を選択
  5. 5.ポップアップが表示されるので「iPhoneを消去」を押下
  6. 6.消去の確認されますが、再度「iPhoneを消去」を押下
  7. 7. Apple IDのパスワードを入力し「消去」を押下

これで初期化が完了します。

初期化が完了したらiCloudからバックアップを復元します。

  1. 1.iPhoneを起動
  2. 2.言語など各種初期設定をする
  3. 3.利用するWi-Fiネットワークを選択
  4. 4.Wi-Fiのパスワードを入力して「接続」を押下
  5. 5."Appとデータ"の画面で「iCloudバックアップから復元」を押下
  6. 6.Apple IDとパスワードを入力してiCloudへサインイン
  7. 7.利用規約を確認し、「同意する」を押下
  8. 8.画面が切り替わるまで待機するとバックアップ済のデータ一覧が表示されるので、復元したいデータを選択
  9. 9.復元完了まで待機

iPhoneが起動し、残りの初期設定を終えると復元完了となります。

iTunesからの復元方法

次に、iTunesからの復元方法を紹介します。

  1. 1.パソコンでiTunesを起動(iPhoneはまだ接続しない)
  2. 2.画面左上部の「編集」を押下し、設定をクリック
  3. 3."一般環境設定" が立ち上がったら「デバイス」を選択
  4. 4.「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を押下
  5. 5.iPhoneの「iPhoneを探す」をオフにする
  6. 6.PCとiPhoneを接続
  7. 7.iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」とポップアップが表示されたら「信頼」を選択
  8. 8.「このバックアップから復元」を押下し、右隣のタブから復元したいバックアップデータを選択
  9. 9.「続ける」を押下

これでiTunesのバックアップから復元が開始されます。復元が完了すると、デバイスが勝手に再起動します。

バックアップをとっていない場合は復元できないのか

何らかのトラブルによって急にデータが消えてしまった場合、基本的にはバックアップが取られていないとデータを復元することはできません。これはAppleや携帯キャリアの修理店に修理を依頼しても同様です。

専門の業者に復元を依頼する手もありますが、平均20,000〜30,000円ほどの修理費用がかかってしまいます。中には専門業者でも復元できないこともあり、その際には修理費用ではなく分析費を支払うことになります。

「PhoneRescue」なら安く早く安全にデータを復元

専門業者が可能なように、実はバックアップが取れていないデータを自分で復元する方法があります。それはデータ復元ソフトを使用するという方法。現在は数多くの復元ソフトが販売されていますが、特におすすめしたいのが「PhoneRescue」というソフトです。

「PhoneRescue」はiMobieが扱うiOSのデータ復元や修復を行ってくれるソフトで、データ誤削除などのハプニングのみならず、パスワード忘れやウイルス感染などさまざまな状況から消えてしまったデータを救い出してくれます。

同ソフトは使用料がかかりますが、購入前には無料でお試し版を体験することができるので、まずは実際に復元できるかどうか確認してから有料版を購入しましょう。

復元ができるデータ

PhoneRescueで復元できるデータは以下の内容です。

  • 【個人データ】
  • ・連絡先
  • ・メッセージ
  • ・通話履歴
  • ・カレンダー
  • ・メモ
  • ・リマインダー
  • ・Safariの履歴やブックマーク
  • ・ボイスメール
  • ・ボイスメモ

  • 【メディアファイル】
  • ・写真
  • ・ビデオ
  • ・音楽
  • ・iBooks

  • 【アプリ】
  • ・アプリ上の写真や動画
  • ・その他のアプリデータ
  • ・LINE

PhoneRescueのライセンス使用料

PhoneRescueを使用するにはライセンス使用料が発生します。

使用するPCの台数によって金額が異なり、

  • シングルライセンス:PC1台 / 4,980円(税抜)
  • マルチライセンス:PC5台 / 6,980円(税抜)
  • ビジネスライセンス:PC10台まで / 20,980円(税抜)※PC10台以降は使用するPCの台数によって異なります。最大60,980円(税抜)。

2018年7月現在は上記の値段で利用することができます。

専門の業者に復元を依頼した場合の高額な費用を考えると、かなりリーズナブルだと言えるのではないでしょうか。

PhoneRescueの強み

PhoneRescueは累計570万人の利用実績があります。

テストチームが同ソフトの検出率と復元率を調査したところ、なんとデータの復元率は98%でした。これは他の復元ソフトと比較してもかなりの高確率となります。

どんなトラブルにも対応できる3種の復元モード

PhoneRescueは、

  • ・iOSデバイスから
  • ・iCloudバックアップから
  • ・iTunesバックアップから

とあらゆる保存データから復元することが可能です。

バックアップをきちんと取っていても、ファイルの破損などによりデータが読みとれないことがあります。そのようなトラブルに対応できるよう、PhoneRescueは複数の復元モードでデータ復活の可能性を高めました。

デバイスのみでデータ復元が可能

ほとんどの復元ソフトは、iCloudやiTunesからPCへデータを復元します。

しかしPhoneRescueは連絡先や通話履歴、メッセージ、Safari履歴といった個人データであれば、コンピュータを介さなくともデバイスに直接データを復元することが可能です。この復元方法は革新的であり、PhoneRescueが世界で初めて実現しました。

壊れたデータも復元可能

PhoneRescueは、iOS修復ツールも備えており、

  • ・アップデート中のフリーズ
  • ・デバイスの文鎮化
  • ・リンゴループ

など、データ復元以外のさまざまなトラブルも対処します。

何らかの不具合が起きた際、業者に分析を依頼して費用がかさむことを考えると、PhoneRescueを持っていた方が確実にお得だと言えるでしょう。

安心の保証サービス

なかには復元ソフトをオンラインで購入することに不安を感じる方もいるかもしれません。ですが、PhoneRescueならiMobieのサポートセンターへ直接質問をしたり、製品の交換・返品などのサポートを受けることができます。

製品ににご満足いただけない場合は、購入日から60日以内であればiMobieの返金ポリシーに基づいた全額返金を受けることもできるので、万が一の場合も安心です。

まとめ

今回はiPhoneのデータが消えてしまった際におすすめなデータ復元ソフトについて紹介しました。iMobieが販売するPhoneRescueは海外ソフトですが、日本語も対応しているので安心です。バックアップの復元ができない際は、ぜひ同ソフトを使ってみてはいかがでしょうか。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加