iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Huawei(ファーウェイ)スマホのバッテリー交換費用を徹底比較

1987年に設立された中国のスマホ企業として、日本のみならず世界からも注目されている「ファーウェイ」は数々のヒット商品を生み出し、スマホの販売シェアでは韓国のサムスン電子、米国Appleに続く企業として知られています。

SIMフリースマホのなかでもカメラの機能や性能などにこだわり「美しく撮る」ことを実現し、安くないと売れないというSIMフリースマホ業界の常識を一新しました。


Huawei Ascend G750 / JohnKarak

ユーザー急増中のファーウェイ

もともと2012年よりドコモから販売されていたものの品質上の問題もありなかなか定着していませんでしたが、その問題点を解決したことで日本でも一気にファーウェイユーザーが増えていきました。SIMフリースマホといえばファーウェイといっても過言ではない程、今では人気機種となっています。

そのファーウェイですが、スマホならではの「バッテリーの寿命」という問題は否めません。

購入当初は100%に近い状態に充電できても使っていくうちにバッテリーの充電力が弱くなってしまうものです。ファーウェイの場合、バッテリーの交換はできるのでしょうか。また交換するならどのような方法で行ない、どのぐらいの交換費用がかかるのでしょうか。これからファーウェイのスマホを検討している人も是非とも参考にしてみてくださいね。

買取サイトを利用してみる

思い切って買い替えも検討してみましょう。面倒な手続きなくスマホを即現金化してくれる「スママDASH」は、水没や画面割れなどのジャンクスマホも買取してくれ、査定申し込みから0秒で買取金額を提示してくれます。そして、端末に残っているデータも無料で消去してもらえ、シリーズによっては高値で買い取ってくれる可能性もあります。売却金を資金にして、新しいスマホを購入しましょう。

参考:ジャンク品も買取!CASHのようなスマホ端末の即現金化サービス「スママDASH」がリリース

ファーウェイのスマホのバッテリーが壊れる前に加入したい保証

ファーウェイでは、購入日から14日以内にバッテリーの不調が起きた時は原則として新しい機種に交換してくれます。これは無償対応になり、ファーウェイの外観のちょっとした傷などはできませんが、初期に何か不具合を感じたときには是非とも利用したいサービスですよね。

1年以内は無料修理

購入日から1年以内であれば、何かしらの不具合が生じた時に修理も承ってくれます。

ただし充電用の機器は半年となり、これはファーウェイのどの機種に関わらず統一しているようです。1年を経過すると有償修理になりますので注意してくださいね。

ファーウェイ安心保証

ファーウェイでは毎月の負担金はありますが「ファーウェイ安心保証」という自然故障に関するサポートも行っており、条件を満たした場合、交換修理を有償で行なうサービスもあります。これは購入から1年後に使える保証として加入する人が多いようです。

加入条件はファーウェイを購入してから10ヶ月以内であること。購入時は検討して10ヶ月以内に返答すれば後からでもこの保証を付けることができます。ファーウェイの購入先が家電量販店や通信販売だとしても使える便利な機能ですので、ファーウェイを長く使いたいと考えている人にはおすすめです。詳しい加入方法については「保証パック」を購入しポスト投函するだけのかんたん作業になります。

ファーウェイのバッテリーが壊れた時はどうするの?

ファーウェイのバッテリーがいきなり充電できなくなってしまった、さっき充電したはずなのにもう電池がないなど、スマホを使っているとバッテリーの消費に悩まされるようになります。

問い合わせ先

ファーウェイの場合、まずは保証に加入しているのかどうかでも変わってきます。

保証に加入しているのかどうかわからなくなってしまった時は一度問い合わせをしてみるといいでしょう。いくつかの相談窓口がありますので、好きなものを選んでください。

  • ・電話:【0120-798-288(フリーダイヤル】受付時間9:00~20:00(年中無休)※ただし土日の電話は繋がりにくいので、できるだけ平日の問い合わせがおすすめ
  • ・LINE ※QRコードで友達機能追加後に使えるようになります。
  • ・チャット ※名前と相談内容を入力後使えるようになります。
  • ・メール:【Support.jp@huawei.com】宛に件名やメッセージを入力します。
  • ・サービスセンター:東京の銀座と大阪の梅田の2箇所にのみファーウェイのサービスセンターがあります。2016年にできたばかりでファーウェイの修理受付や操作内容、充電やアクセサリの販売などを行っています。

宅配修理は送料無料

また、実際に修理に出す時も「宅配修理」にて保証期間に関わらず送料無料で修理に出すことができます。ファーウェイにスマホを送る場合は着払いにするのを忘れずに。元払いにしてしまうとお金の返金はありません。

このように、ファーウェイはバッテリーの故障や交換に対応してくれる方法が多く、手厚いサポートも人気の秘密です。SIMフリースマホだと購入時のアフターサポートが弱いというイメージがありますが、これならキャリアのスマホともなんら変化なく使うことができそうです。

ファーウェイのバッテリーが壊れた時にかかる費用

ファーウェイのバッテリーが壊れた時にかかる費用は、ファーウェイのどの機種を使っているのかによって変わってきます。もちろん、その他の故障が見つかった場合は余計に費用がかかることもありますので、あくまでも目安であると覚えておいてくださいね。

機種別のバッテリー交換費用

  • ・HUAWEI P10, HUAWEI P10Plus…7,000円
  • ・HUAWEI P10 lite…5,000円
  • ・HUAWEI P9…6,000円
  • ・HUAWEI P9 lite…5,000円
  • ・HUAWEI Mate9…6,000円
  • ・HUAWEI nova…5,000円
  • ※公式サイトより引用

他のスマホに比べて少し割安かな?という印象です。内蔵されていない電池パックの購入だけの場合、メーカーでも2,000円と比較的良心的な金額です。

サポートセンターでは即日バッテリー交換が可能

またSIMフリースマホはバッテリーの故障や修理の時に代替機がないことでも知られていますが、手元に戻ってくるまでに1週間以上時間がかかってしまうのが不便といった声もよく聞きます。特に今は家電などもない人が多いので1週間ファーウェイがない生活は考えられませんよね。

ファーウェイのすごいところは、銀座と梅田にあるサポートセンターでは持ち込みで即日バッテリーの交換をしてくれる点です。近くに住んでいる人はこのサービスを利用しない手はないでしょう。

ファーウェイのバッテリーの修理を一般修理店に依頼する場合は?

ファーウェイを一般修理店に依頼する場合はどうなのでしょうか。即日対応ができる店舗といっても限られた場所にしかないので、一般修理店にバッテリーの交換を依頼して即日・格安対応で修理や交換をしたい人も多いでしょう。

そんな時に頼りになるのが「スマホ修理工房」でしょう。スマホに関することなら、キャリアやSIMフリースマホのいずれでも対応できる優れたお店です。

地域No1の最安値修理を実現し、1円でも高い場合は割引などの対応もしてくれます。どこよりも早い修理時間を売りにしていること、幅広い対応力などが自慢で、ここまで何でも依頼できる修理業者は珍しいといえるのではないでしょうか。

一般修理店の素晴らしいポイントは、データの消去がないところでしょう。念のため修理に持っていく時はバックアップを取ってから持っていくと安心です。全国に店舗がありますので、直接持ち込みか宅配の好きな方法を選んでバッテリー交換を依頼しちゃいましょう。

ファーウェイのバッテリーの修理を自分で行なうことはできる?

ファーウェイは内蔵型のバッテリー構造となっています。自分で手軽に交換できるタイプではないので、結論からすると自分でバッテリーの交換をするのはおすすめできません。

万が一自分でバッテリーの修理をして壊れてしまうと、メーカーの修理対応が受けられなくなってしまいますし、内蔵型のバッテリーの場合は、よほど自分の腕に自信がある人でないと修理を行なうのはやめた方がいいのではないかと思います。

ですがバッテリーについて調べてみると、大手通販サイトのamazonなどで出品されていることもあり、自己責任で挑戦する分にはいいかもしれません。バッテリーの交換方法もインターネットでかんたんに調べる方法があります。

参考:スマホのバッテリー交換は自分で出来る?方法を徹底解説

ファーウェイのバッテリーを長持ちさせるコツとは?

ファーウェイにはもともと携帯電話のコストパフォーマンスを上げる為の機能として「バッテリーマネジャー」という適切化の機能がついています。これをきちんと設定することで、スマホならではのバッテリーの消費にまつわる問題を解決させることができます。

バッテリーマネジャー起動方法

  1. 1. 設定メニューを開いて「詳細設定」を選びます
  2. 2. 「バッテリーマネジャー」を選択します
  3. 3. 「電源プラン」を選択します
  4. 4. 「スマート」に設定して「ウルトラ省電力」を選びます
  5. 5. 右上にある「✓」をタップします
  6. 6. バッテリーマネジャーで最適化することでバッテリーの省エネに繋がります

その他の長持ちさせる方法

他にも、充電で満タンになったらすぐに充電器を外す、充電中はゲームなど容量が大きな操作はしない、スマホは熱に弱いので充電する時はケースから外し高温多湿の場所を避ける等々の方法でバッテリーの劣化を防ぐこともできます。

充電する時はできるだけこまめに充電するのも一つの方法です。充電がほとんどない状態の充電を繰り返すと放電の電圧が強くなり、バッテリーに負担がかかってしまうためです。

このように、バッテリーの使い方に注意することがファーウェイの寿命を伸ばすことに繋がるので是非試してみてください。

参考:スマホのバッテリーはどこで交換できるの?長持ちさせるコツとは?

まとめ

ファーウェイはバッテリー交換&修理を対応してくれる場所が多いこと、SIMフリースマホのなかでは比較的サポートも厚く良心的な値段であることも日本で人気がある秘密だといえるでしょう。これだけのサポートがあるSIMフリースマホの会社は他にはありません。

バッテリーは使用していれば必ず劣化するものです。ファーウェイは比較的バッテリーの持ちがいいことでも知られていますが、こういったサポートを知っているだけでより便利に、安心して使えるようになりますね。ファーウェイで迷っている人はサポート力の厚さもあわせて検討してみるといいかもしれません。

上記でご紹介したスマホ修理工房が近くになく他の修理店を探したい方は、当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみてください。こちらには全国各地の修理店がたくさん集っているので、きっと最寄りの修理店が見つかるでしょう。良い修理店が見つからないときは郵送修理を試してみてください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加