iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

HUAWEIのSIMフリーモデルならワイモバイルショップで修理の依頼ができる!

simフリーのスマホを購入してMVNOと契約している場合、スマホの保証や修理、問い合わせ先は、当然のことながらスマホのメーカーとなります。ということは、simフリーのスマホを選ぶ際には、メーカーのサポート体制もチェックしておきたいところです。

その点、中国のエレクトロニクスメーカー、HUAWEI(華為=ファーウェイ)が、スマホの修理を全国のワイモバイルショップから申し込むことができる体制を整えたのは、ユーザーにとっても朗報と言えます。ここでは、このHUAWEIの製品サポート体制について、改めて説明していきましょう。


Huawei P10 launch event / Janitors

「宅配」と「持込」のどちらかを選べるHUAWEIのメーカー修理

HUAWEIのスマホが故障した際には、通信事業者モデルを除き、まずはメーカーへの問い合わせが必須となります。特にHUAWEIには落下や水没にも適応した2年間の有償保証サービスがあるのですが、このサービスを購入した方は、製品の保証期間内に何か起きたら、必ずメーカーに問い合わせるべきです。

そして修理が必要ということになった場合、HUAWEIへの修理依頼の方法は、「宅配修理」と「持ち込み修理」のどちらかを選ぶことになります。前者は電話やメール、チャット等を使用して申し込む場合と、Webサイトから申し込む場合とがあります。「持ち込み修理」には、「ファーウェイ・カスタマーサービスセンター」(店頭修理)と、「ファーウェイ・サポートカウンター」(修理取次のみ)のどちらかに、直接製品を申し込むことになります。

店頭修理を実施する「カスタマーサービスセンター」は全国に2か所だけ

東京・銀座と大阪・梅田の2か所に設置された、「ファーウェイ・カスタマーサービスセンター」では、製品の店頭修理を受け付けています。

国内で販売されたsimフリースマホやタブレット製品を対象としており、修理を店頭で受け付けてもらえるうえに、修理開始からおおむね30分~1時間程度で修理が可能という、公式サポートとは思えない大変スピーディーな対応をしています(できない場合もある)。それだけに、2018年3月現在で日本に2か所しかないのが、HUAWEIのsimフリースマホのユーザーにとっては残念なところ。この弱点を補ってくれるのが、「ファーウェイ・サポートカウンター」のシステムです。

(関連記事:HUAWEIの修理はメーカー直営のカスタマーサービスセンターがいい?

全国のワイモバイルショップが「ファーウェイ・サポートカウンター」に

「ファーウェイ・サポートカウンター」とは、全国のワイモバイル(Y!mobile)ショップが、simフリーのHUAWEI製品の修理を取り次いでくれるというサービスです。つまり、ユーザーは全都道府県に多数あるワイモバイルショップに、HUAWEI製品を持ち込んで、修理の依頼をすることができるのです。

修理の取り次ぎですから、最短でも1週間前後の日数はかかるものの、代替機の貸出サービスも実施しており、長い修理期間も困りません。予約も不要で相談も無料。なにより、対面で状況を説明したうえで修理に出すことができるのは、特にスマホの扱いに慣れていないユーザーにとっては、ネットや電話での宅配修理依頼にはない安心感があります。

「サポートカウンター」で受け付けるのはsimフリーのスマホ

「ファーウェイ・サポートカウンター」で修理受付可能なHUAWEI製品は、simフリーの端末(スマホかタブレット)のみです。simフリー端末であれば、どのお店で購入したものでも受付可能です。

反対に、ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイルから販売された端末は受け付けてもらえないので、注意しましょう。

修理期間は最短でも1週間近くはかかる見込み

HUAWEIのウェブサイトには、「ファーウェイ・サポートカウンター」で修理受付を取り次いだ後、「修理品が修理拠点に到着後、原則として3〜4営業日後に修理完了品をお客様宛に発送いたします」と記載されているので、トータルで考えると修理を出してから返送されるまで、最短でも1週間近くかかることになります。あくまでも取り次ぎサービスなので、こればかりは致し方ありません。その分前述のとおりに、代替機貸出サービスが行われています。

また、有償修理となる際には修理金額の見積連絡があり、ユーザーが金額了承後の修理着手となるので、さらに時間がかかるケースも考えられます。修理依頼後は、スムーズに連絡が可能な状況にいられるようにしたいものです。

「ファーウェイ・サポートカウンター」に持ち込む際の注意点

ワイモバイルショップは全国に多数の店舗があるので、HUAWEIユーザーは気軽に修理依頼をすることができます。その際、気を付けたいのが以下の2点です。

代替機の状況を問い合わせる

修理申し込みの際に、代替機が確保できるかどうかは、問い合わせたほうがよいでしょう。前述のように、修理期間は1週間程度は覚悟しなければなりませんので、代替機のあるなしは重要です。

幸いワイモバイルショップは多数あるので、最寄りの店舗で代替機が確保できなければ、別の店舗に問い合わせてみましょう。

修理品発送時、simカードおよびSDカードはユーザー側で保管

修理を依頼した際にお店の方からも言われると思われますが、修理依頼の際、simカードやSDカードはユーザー側で保管のうえで依頼することになります。画面割れなど明らかな修繕依頼であれば、できれば来店前にsimカードとSDカードは抜いておくことをおすすめします。

修理依頼前にデータのバックアップを必ずとっておく

これはどんなメーカーでも言えることですが、修理を出す際にデータのバックアップは必須です。修理の際、基本的に製品の初期化が避けられず、代替品に交換となってもデータの引き継ぎは行われません。HUAWEIスマホやタブレットの内蔵データのバックアップのやり方については、下記関連記事をご一読ください。

(関連記事:HUAWEI(ファーウェイ)のバックアップにはアプリケーションソフト「HiSuite」を使おう

記事未アップ:https://saiyasu-syuuri.com/admins/blogs/802/edit/

HUAWEIの修理料金はどうなっている?

HUAWEIでは、スマホの製品ごとの修理料金をウェブサイトで検索できるようにしています。提示しているのは概算の参考料金であり、実際の金額は修理受付の際に見積書で提示されることになりますが、ある程度の額が計算できるのは、ユーザーにとってうれしいサービスです。

以下に、その例を記載しました(全て税別価格)。なお、記載の料金は、2018年3月現在の保証サービス適用外の料金となります。

<HUAWEIスマホの概算修理料金の例>

  • ●HUAWEI Mate 10 lite (RNE-L22)
  • ディスプレイ交換……¥13,000
  • メイン基板交換……¥22,000
  • (フロント/リア)カメラ交換……¥9,000
  • リアケース交換……¥9,200
  • 全損交換……¥42,800

  • ●Honor 9 (STF-L09)
  • ディスプレイ交換……¥17,000
  • メイン基板交換……¥33,500
  • (フロント/リア)カメラ交換……¥10,500
  • リアケース交換……¥8,000
  • 全損交換……¥53,800

  • ●HUAWEI nova (Cannes-L12)
  • ディスプレイ交換……¥11,500
  • メイン基板交換……¥27,500
  • (フロント/リア)カメラ交換……¥7,000
  • リアケース交換……¥10,000
  • 全損交換……¥37,980

機種により異なりますが、ディスプレイ交換の料金などは、いわゆる街の修理ショップと比較すると、やや高い料金にも見えます。ただし、メーカー修理は部品も純正品を使用しているはずですから、修理後も安心して使用できるというメリットがあります。

(関連記事:Galaxyのバッテリーを交換する方法とおすすめの修理ショップを紹介

まとめ

「ファーウェイ・サポートカウンター」は、全国のワイモバイルショップに設置された、simフリーのHUAWEI製品(スマホやタブレット製品)の持込修理ができるサービス拠点です。ワイモバイルショップは全国各地に店舗があり、最寄りの店舗でHUAWEIスマホやタブレット製品の修理の取り次ぎをしてもらえるのは、ユーザーにとってもかなりメリットのあるサービスの1つではないでしょうか。

修理期間中は代替機をサービスしてもらえることも、非常に好感が持てます。対象となるのは、simフリーモデルとして販売されたモデルのみ。ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイルといった通信事業者モデルは対象外となるので、注意が必要です。

修理料金が高いと感じたら街の修理ショップに相談してみるのもアリ

HUAWEIのsimフリーモデルを、製品価格の安さに魅力を感じて購入した方も多いことでしょう。しかし先に掲載したメーカー修理の料金を見ると、概算とはいえ、高く感じるという方もいるのではないでしょうか。

そこで修理に出す際の別の選択肢としておすすめしたいのが、スマホの修理ショップです。街の修理ショップに修理を依頼をすると、以降は公式サポートを受けられなくなる可能性がありますが、修理料金も一様にメーカーサポートより安く設定されていることが多く、保証期間の終了したHUAWEIのユーザーにとっては、多くのメリットがあると思われます。

当サイト、最安修理ドットコムでは、こちらからHUAWEIをはじめとするAndroidスマホの修理ショップを、料金だけでなくユーザーの口コミなども比較しながら探すことができます。

スマホの修理専門店は、内蔵データの保持や救出など、細かいユーザー側の要請を受け入れてくれるお店も多く、HUAWEIのAndroidスマホやタブレットのユーザーにとっても、心強い味方となってくれるはずです。ぜひ自分に合った修理ショップを探してみてください。

忙しい方には「郵送修理」もおすすめ

お近くに良い修理業者が見つからない、店頭に持っていく時間がないという忙しい人には、「郵送修理」をおすすめします。「郵送修理」とは、郵送で全国から修理予約を受け付けるサービスのこと。

これなら店頭に持ち込むことなく修理を受け付けてもらえるので、毎日忙しくて修理ショップに行く暇がないという方には、特におすすめです。このように最安修理ドットコムでは、自分のライフスタイルに合ったショップや修理依頼の方法を選ぶことができます。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加