iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadのパスワードを忘れた際の解除方法・初期化を詳しく解説

最近は、指紋をはじめとしたバイオメトリクス認証が主流になり、パスコードを必要とする場面は少なくなっています。
しかし、「iPad」を使っているうちに何かの拍子に電源が切れたときや、iPadを再起動したときは、指紋認証と同時にパスコード入力を求められます。
とはいえ、普段使う機会がないパスコードやパスワードを思い出せない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPadのパスコードを忘れた場合の対処方法として、初期化や復元の方法を解説します。
今まさに困っている方は、ぜひ一読ください。

iPadにおけるパスワードの種類

iPad

iPadを不自由なく使うためには、パスワードの種類について知っておく必要があります。
そこで、普段あまり使わないものも含めて、iPadの使用で必要になる3種類のパスワードについて今一度確認していきましょう。

パスコード

「iPhone」同様、iPadも指紋認証によるログイン方式が普及しています。
そのため、パスコードでログインする機会が少なくなり、いざパスコードが必要になった時に忘れていることがあります。
特に、iOSのアップデート時は絶対にパスコードが必要になります。

アップデートがおこなわれるとiPadは自動的に再起動し、パスコードによるロック解除を要求されます。
パスコード入力を6回続けて間違えると、デバイスからロックアウトされ、iPadを使用できないというメッセージが表示されます。

パスコードを思い出せない場合はiPadをリセットすることになりますが、その場合はデータや設定もすべて削除されます。
iPadから消失したデータは、バックアップをとってあるもの以外は「Apple社」でも復元できません。

Apple ID

「Apple ID」は、Apple製品とさまざまなサービスにサインインする際に使用するアカウントです。
Apple IDとパスワードがあれば、Appleのサービスをすべて利用できます。

また、Apple IDには、連絡先や支払情報、セキュリティ情報などが記録されています。
Apple公式サイトでは、Apple IDで最もよく使われるサービスとして以下を挙げています。

  • App Storeおよび Apple Arcade
  • Apple Books
  • Apple Musicおよび音楽の購入
  • Apple Store(オンライン)
  • Apple Pay、Apple Card、Apple Cash
  • Apple Podcast
  • Apple Store 直営店のサービスやプログラム(コンシェルジュ、Joint Venture、ワークショップ、ジュニア向けプログラムなど)
  • Apple Store App
  • Apple サポートコミュニティ
  • Apple TV、Apple TV+、Apple TV チャンネル
  • FaceTime
  • ファミリー共有
  • 探す
  • Game Center
  • iCloud
  • iMessage
  • iTunes
  • Apple でサインイン
(2020年4月30日現在)

スクリーンタイム・パスコード

iOS11以前のバージョンでは機能制限パスコードと呼ばれていましたが、iOS12以降は”スクリーンタイム・パスコード”と名称を変えています。
これはiPadのスクリーンタイムを設定変更する際に必要となるパスコードです。
スクリーンタイムの時間の延長や設定内容の変更を保護するのに便利です。

たとえば、子どもが使用するiPadに、コンテンツとプライバシーの制限を設けることが可能です。
また、ファミリー共有を使えば、保護者のデバイスから直接、子どものiPadのスクリーンタイム・パスコードを設定したり、レポートを確認したりもできます。

パスコードを忘れた時の対処法

鍵

iPadのパスワードは複数ありますが、問題はパスコードを忘れてしまった場合です。
設定者が思い出す以外に手立てがないので、どうしても思い出せない場合はiPadを初期化することになります。
バックアップがなければ、iPad内のデータを取り戻す方法はありません。
ここではiPadを初期化する方法と手順をご紹介します。

「iTunes」を使って初期化

iPadがiTunesで同期している場合は以下の手順で、iPad内のデータとパスコードを消去します。
事前にiTunesが最新のバージョンになっているか、自動同期が停止状態になっているか、[iPadを探す]がオフになっているかを確認してください。

  1. iTunesが入ったPCにiPadを接続します。
  2. iTunesを開きます。iPadのパスコードの入力を求めるメッセージが出た場合は、他のPCで試します。
  3. iPadがコンピュータに表示されたら選択します。
  4. iTunesでiPadを同期し、バックアップが作成されるまで待機します。
  5. 同期・バックアップが終了したら、[iPadを復元]をクリックして、初期化します。
  6. 復元中に[設定]の画面が表示されたら[iTunesバックアップを復元]をクリックします。
  7. iTunes内に表示されたiPadを選択し、バックアップの内容(日付・サイズなど)を見比べて適切なものを選択し、復元します。

「iCloud」または「iPhoneを探す」で初期化

[iCloud]または[iPhoneを探す]から初期化する場合、PCやタブレットからリモート操作し、iCloud上にある最新データの復元が可能です。
[iCloud]からiPadを初期化する手順は以下のとおりです。

  1. PCなど初期化操作をする端末でhttps://icloud.com/#findへアクセスし、iCloudへサインインします。
  2. [すべてのデバイス]をクリックし、初期化するiPadを選択します。
  3. [iPadの消去]をクリックし、データを削除します。
  4. 初期化したiPadの電源を入れ、[Appとデータ]画面が表示されるまで進みます。
  5. [iCloudバックアップから復元]をタップします。
  6. 復元するバックアップデータを選択します。
  7. 表示に従って進むとデータの復元が完了します。

また、パスコードが分からなくなったiPadの[iPadを探す]機能がオンになっていれば、[iPhoneを探す](iOS 13以降は[探す]App)アプリで初期化が可能です。
iPhoneやiPadなど、ほかのAppleの端末にインストールされたアプリから操作します。
[iPhoneを探す]でiPadを初期化する場合の手順は以下のとおりです

  1. [デバイスを探す]リストで、消去したいiPadをタップします。
  2. [このデバイスを消去]をタップしてから、[このデバイスを消去]をタップします。
    Macの場合は、パスコードを入力してロックをかけます。
  3. [消去]をタップします。
  4. Apple IDとパスワードを入力してから[消去]をもう一度タップします。

「リカバリーモード」で初期化

PCでiPadが認識されない、またはリカバリーモードであると表示される場合は、リカバリーモードを使った復元が必要です。
この場合もiTunesを最新バージョンにし、自動同期を停止してください。

  1. iPadをPCに接続して、iTunesを開きます。
  2. iPadを接続している状態で、iPadを強制的に再起動します。
  3. 「アップデートまたは復元を必要としている~」というメッセージが表示されたら、[復元]を選択します。
  4. ソフトウェアがダウンロードされます。
  5. ダウンロードが完了したらiPadを再び設定します。
  6. バックアップが存在する場合は、再設定時に「このバックアップから復元」の選択肢が出現します。

Apple IDを忘れた時の対処法

iPadを持った女性

Apple IDは通常、メールアドレスを設定します。
一度でもサインインしていれば、Apple ID を持っていることになり、Appleのデバイスの[設定]>[iCloud]または[iTunesとApp Store]に表示されます。
Apple IDがあれば、パスワードをリセットしてアクセスを復旧することも可能です。

しかし、Apple IDを忘れてしまい、なおかつデバイスでの確認もできない場合があります。
そこで、Apple IDを忘れた時の対処手順は以下のとおりです。

  1. Apple アカウントの管理ページhttps://www.icloud.com/を開きます。
  2. [Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?]をタップします。
  3. [Apple IDをお忘れになった場合は、こちらで検索できます]に進みます。
  4. 氏名とメールアドレスを入力し、Apple IDを検索します。

スクリーンタイム・パスコードを忘れた時の対処法

iPad

iPadの”スクリーンタイム・パスコード”を忘れてしまった場合も、一度リセットし、変更することで対処できます。以下がその手順です。

  1. [設定][スクリーンタイム]の順に選択します。
  2. [スクリーンタイム・パスコードを変更]を2回タップします。
  3. [パスコードをお忘れですか?]を選択して、スクリーンタイム・パスコードの設定時に使った Apple ID とパスワードを入力します。
  4. 新しいスクリーンタイム・パスコードを入力します。

バックアップをとっておく

iPhoneとMacBook

iPadをバックアップしておけば、デバイスの交換や紛失、損傷などの際も大切な情報を再現できて安心です。
バックアップをとる方法は2種類あります。

iCloud でバックアップをとる方法

  1. デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。
  2. [設定][ユーザー名][iCloud]の順番でタップして進みます。
  3. [iCloud バックアップ]を選択します。オンになっていれば、電源が入っていてWi-Fi ネットワークに接続されている時に自動でバックアップされます。
  4. [今すぐバックアップを作成]をタップするとバックアップが開始されます。バックアップ中はネット接続が切れないように配慮しましょう。

コンピュータでバックアップをとる方法

  1. iPadをPCに接続します。Mojave 10.14 以前のmacOSであれば、iTunesを開きます。それ以降のOSであれば、Finderを開きます。
  2. PC上でiPadを選択します。
  3. iPad上のヘルスケアとアクティビティのデータを保存しておく場合は[デバイスのバックアップを暗号化]というチェックボックスを選択します。
    保存する必要がなければ、[今すぐバックアップ]をクリックします。

パスワードを忘れないためにできること

ポイント

パスワードを忘れてしまうと慌ててしまいます。
一番安心できるのはメモを取っておくことですが、アナログ的な保存はなくしてしまうと意味がありません。
最近は、パスワード管理アプリもありますので、活用してはいかがでしょうか。
ここでは、パスワードを忘れないための方法をいくつかご紹介します。

自分だけのルールを設定する

文字列や数字の並べ方に自分独自のルールを設けることです。
自分がパスワードとして使い回している共通ワードに、誰もが知るサイト名などを足し、さらに個人的な情報を加えると万全です。
例えば、「sakura」「google」を一定の場所で切り、「sa-goo-kura-gle」などのようにつなげ、最後に覚えやすい数字を追加します。

組み合わせを変えれば、バリエーションはいくらでも増やせます。
セキュリティの低いパスワードを頻繁に変えるよりも安全で、ルールさえ覚えていれば忘れにくいのもメリットです。

計算式を作る

記念日や親しい人の誕生日など絶対に忘れない数字を足したり、掛け合わせたりする方法です。
結果に出た数値は上からでも下からでも利用できますし、計算に用いる数字や計算式を変えていけば、いろいろ試すことができるでしょう。

自分以外の人の情報を活用する

友人や同僚などの生年月日や電話番号を利用するのもひとつの方法です。
直接自分の情報に結びつかないものであれば、セキュリティ面の心配も軽減できます。
ただし、複数の違う情報を使用すると、パスワードを取り違えてしまう可能性があるので注意が必要です。

iPadが故障した時には

壊れたiPad

iPadが故障した場合は、持ち込みか配送での修理になります。
Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダへ持ち込む方法もありますが、近くになかったり、修理金額が高かったりするケースもあります。
また、Appleでは配送も受け付けていますが、日数がかかることもあって躊躇する人も多いでしょう。

そうした際に活躍するのが、近くにあるiPadの修理店を検索できる「最安修理ドットコム」です。
さらに、修理にかかる費用の目安や保証期間なども比較できて便利でしょう。
口コミ情報も満載ですので、iPadが故障した時の参考にしてください。

まとめ

iPad

iPadには3種類のパスワードがありますが、いずれも忘れてしまった時は一度リセットして再設定する必要があります。
この時に問題になるのが、iPadに保存していたデータ類でしょう。

パスワードを忘れただけで写真やアドレスなどすべてを失わないように、バックアップは必ずとっておくことをおすすめします。
また、バックアップデータの抽出などを希望する際は、修理店に相談してもよいでしょう。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加