iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadの液晶画面が映らない時に直す方法とは?対処法を優先順にまとめてみた

人気タブレット端末「iPad」。仕事からプライベートまで、愛用している方も多いですよね。そんなiPadの画面が急に映らなくなってしまった場合、どのような対応をすればいいかご存知でしょうか。

今回は、そんな緊急事態に備えて「iPadの画面が映らない時の対処法」として代表的なものをいくつか紹介していきます。


iPad / leolambertini

iPadにトラブルが起きた際にまずやるべきこと

どのような電子機器でも、長く使っていれば何らかのトラブルが出てくるもの。これは、iPadに関しても例外ではありません。

iPadの画面が真っ暗で映らなくなった時など、iPadの画面トラブルが起きた際に試すべき対処法を紹介します。

電源を落とし再起動

あらゆるApple製品の共通トラブルシューティングとして、「ひとまず電源を落として再起動する」という方法があります。まずはスリープ/スリープ解除ボタンを長押ししてみてください。

スライドボタンが表示された場合は、通常通り電源を落とし、再起動してみましょう。もしも、スライドボタンが表示されない場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に10秒ほど押してみてください。

そうすることで、iPadを強制的に再起動することができます。画面にAppleの「リンゴマーク」が出たら、再起動完了です。

充電してみる

画面が映らないのではなく「電源が落ちている」可能性もあります。その場合、iPadを充電器に接続することで反応を確認してみてください。

「空の電池マーク」が出てきた場合は、十分な充電がなされていないということですのでそのまま充電を続けてみましょう。起動に十分な充電が行われれば自動的に電源がつくと思いますよ。

初期化してみる

以上の対応方法を行ってもiPadの画面が依然として映らない場合、本体内のシステムが破損していることが考えられるでしょう。こういった時は、一度iPadを初期化してみることで直る可能性がありますので試してみてください。

初期化を行なう際は必ずバックアップをとっておく

初期化すると、今までiPadに入っていたデータが全て削除されます。一度消えてしまったデータは復元が難しくなりますので、初期化する前に必ずバックアップを取りましょう。

iPadの画面がつかなくて真っ暗な状態ではバックアップを取ることができないので、もし日頃からバックアップを取っていなかった場合、データが消えてしまうことを覚悟してください。

パソコンに繋げてiTunesを開く

初期化するためには、まずiPadをパソコンに繋げてiTunesを開きましょう。iPadの情報の部分に「復元」というボタンがありますので、そこを押して下さい。すると、iPadの初期化が始まりますので少し時間を起きましょう。

うまくいけば、購入当時と同じような画面が表示されるはずですよ。

それでもだめなら修理依頼をする

これらの対処法をためしてみても画面がつかない場合は、修理に出すことを考えてみてください。画面が真っ暗なのにiPadからは音がしたり、Appleのロゴ(リンゴ)マークで止まったりなどの症状がある場合も、修理依頼したほうがいい可能性があります。

iPadの修理は、基本的に購入店舗(大型電気店など)では実施していません。Appleの公式に依頼するか、一般の修理業者に頼むかの2択になるでしょう。ここでは、それぞれの特徴をまとめて紹介していきます。

参考:iPad故障時の修理の流れ

Apple公式修理サービス・AppleStoreに依頼する場合

公式に依頼する場合、まずは「Appleサポート」にコンタクトを取りましょう。製品のシリアルナンバーとApple ID、及びパスワードを伝えれば問題解決に対する回答や、修理の案内をしてくれるでしょう。

修理に出す場合、おおよそ5日程度かかるとされています。料金は「購入からの期間」「Apple Care+に加入しているか」「どのような修理を行なうのか」で変わってきますので問い合わせてみましょう。

修理業者に依頼する場合

一般の修理業者は、店舗によって料金が大きく異なってきます。どのような修理内容であっても、軒並みApple公式よりも安い料金で対応してくれるでしょう。業者を選定するにあたって、料金の他に「保証」に関しては入念に確認しましょう。

Apple公認店舗以外での修理を行った場合、それ以降公式の保証サポートを受けられなくなってしまうので、店舗での保証に頼る必要があるのです。店舗によっては「永久保証」もありますので、しっかりチェックしておきましょう。

一般の修理業者は全国に非常に多くあるので、どの修理業者がいいか探すのは大変です。そんな時はぜひ当サイト最安修理ドットコムを使ってみてください。

全国各地の修理業者が集っており、修理費用の比較はもちろん評判の良し悪しを調べることもできます。

参考:
大阪でiPadの修理業者を探しているなら実績豊富なキャッスルがおすすめ!
池袋でiPad修理ならビックカメラよりダイワンテレコムがおすすめ!

iPadの画面が映らないときの修理料金

Padの画面が真っ暗で映らない場合、気になる修理費用はいくらなのかみていきましょう。

Appleの公式修理では、月額600円のApple Care+に加入しているかどうかで料金は変動します。

ただ、iPadの画面が映らなくなった原因がApple側にあった場合は無料ですが、故意や過失の場合はApple Care+に加入していても、1回のサービス利用につき別途料金が必要になるので覚えておきましょう。

しかし、当サービス保証対象内で修理可能だった場合は、iPad miniやiPad ProなどのどのiPadでも一律4,400円(税別)で修理してもらえます。

Apple Care+未加入でApple公式修理を依頼する場合、どのiPadモデルを使用しているかによって料金は変動します。最安料金はiPad miniで税別22,800円、最も高いiPadモデルはiPad Proでなんと税別66,800円もかかります。

一方、一般の修理業者に画面が映らないiPadの修理を依頼すると、最安料金はAppleの公式修理同様iPad miniでしたが、修理費用は税別13,000円と公式修理よりも安いです。また、iPad 2やiPad 3、iPad 4などもiPad miniと同じ料金で最安値です。

さらに、一般の修理業者で修理料金が高いiPadのモデルはApple正規修理同様iPad Proですが、値段は税別44,000円と公式修理よりも安い値段です。

ただ、これらの料金は依頼する修理業者によって異なり、iPadの状態にも料金は変わるので、あくまでも参考としてみてください。自分のiPadの修理料金がいくらになるのか実際に知りたい方は、事前に見積もりをしてもらうといいでしょう。

まとめ

iPadの画面がつかないという時、上記のような対処法を取れば多くのケースで直ることが予想されます。それでも直らなかった場合、修理を検討してみてはいかがでしょうか。

どのような対応をとるとしても、共通して大切なこととして「バックアップをとっておく」ということが挙げられます。今回のような「iPadの画面が真っ暗で映らない」などの故障した時に困らないように、定期的にバックアップを取ることを意識してみてください。

当サイト「最安修理.com」には、たくさんの修理業者を掲載しています。もしも一般業者での修理を考えているのであれば、あらゆる業者のページをチェックしてみてください。

iPadの修理はAppleの公式修理よりも安く修理してくれる修理業者が多いので、大切なiPadを修理に出す際は値段だけでなく「安心・安全」な修理業者を選んでくださいね。

修理料金、保証期間など条件面の他に「配送修理」を行なっているショップもありますので自分の生活スタイルにあった店舗を見つけて、納得のいく修理につなげると良いでしょう。

また、当サイトでは「郵送修理」も受け付けています。iPadを店頭まで持っていくのは面倒という方やお住いの近くにいい修理業者がなくて困っている方など、どのような方でも気軽に試してみてください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加