iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadのバッテリー交換・液晶画面割れ修理は自分で出来る?

Apple社のツートップ製品ともいえるiPhoneとiPad。どちらの製品も日本でのシェアが大きく、もはや知らない人はいないといっても過言ではないでしょう。

タブレット端末のiPadは、発売当初はその画面の大きさ以外にはあまりインパクトがなかったように思います。

しかし、性能を高め多様なモデルを展開することで、プライベートや仕事を始めとして今やさまざまなシチュエーションで使われています。

そんな社会にあって当然となったiPadですが、やはり機械である以上、故障はつきものです。

iPadが壊れたら、通常はAppleストア・Apple正規サービスプロバイダ―(家電量販店など)・キャリアショップ・一般修理店などに修理を依頼することができますが、やはり気になるのは修理代金。

製品保証期間外であったり、AppleCareに加入していなかったりすることで、修理による金銭的な負担は増えます。どうにかして金銭的な負担を軽減できないか・・・そんな声に応えるには、最終手段として自分で修理するという方法があります。

ここでは、具体的にiPadのフロントパネル・液晶パネル・バッテリーの交換に絞って、iPadを自分で修理する方法をみていきましょう。

tablet-1137688_640

iPadを自分で修理するにあたっての注意点

iPadを自分で修理する場合には、いくつか注意すべき点があります。

故障の原因が不明な場合は、自分で修理するのは避けた方がよいでしょう。例えば、画面が映らなくなったからといって、基盤に問題がある、あるいは液晶ディスプレイに問題がある、はたまたバッテリーに問題がある・・などと決めつけるのはいささか性急です。

故障の原因は調べてみなければわからず、そして必ずしも原因が1つということもありません。そのため、原因が特定している故障に対してのみ、自分で修理するのが賢明です。

また、自分で修理する場合には、それなりの器用さも必要となってきます。

部品が外れないからといって強引に力ずくでこじ開けてしまったり、扱いが乱暴であったりすれば、iPadは一層深手の傷を負うことになり、直るどころか、症状が余計に悪化してしまいます。

とくにiPadの場合は、iPhoneを修理するよりもテクニックが必要になるので、あまり自信がない方は修理委託したほうがよいでしょう。

その他にソフト面の問題として、修理内容によっては電波法という法律に違反するおそれがあります。

電波法とは、電波の適正利用を図るために制定された日本の法律で、iPadには「技適マーク」という電波法に準拠していることを示す認証マークが付されています。

許可を得ていない者が技適マークのある機器に対して勝手に修理を行った場合は、技適マークを外さなければならず、また技適マークのない無線機器を使うことで法律に抵触するおそれがあります。

安心して修理を行うためにも、修理前には総務省などの関係省庁に問い合わせておくのが無難でしょう。

しかし、わざわざ総務省などに問い合わせるのは手間ですよね。当サイト最安修理ドットコムには、どの修理店が総務省から認可を受けた登録修理業者なのか一目でわかるようになっています。

上記で述べたことについて不安な方は、当サイト上の「登録修理業者」マークがある修理店に依頼するといいでしょう。

iPadを修理する前の準備

さて、iPadを自分で修理する場合には、いくつか用意しておくものがあります。

修理は基本的に「新品への交換作業」となりますので、まずは新しい部品・専用のドライバー・ヘラ・サクションカップ(汎用的な吸盤でも可)・両面テープ(接着剤)・ドライヤーなどが必要になります。

実際に専用工具などの詳細がわからない場合は、iPad修理工具キットのようなものがインターネットでも購入できますので、検討してみるのも一手でしょう。

なお、新品部品はインターネットで購入するのが便利ですが、オークションなどでは品質に問題があることも珍しくないので、なるべく信用できる業者や売り手から調達するようにしましょう。

iPadを分解する

iPadを修理する場合、たいていは初めの一歩として接着剤でくっついているフロントパネルを取り外すことになります。フロントパネルを取り外すことによって、さまざまな部品を交換することができます。

しかし、この作業こそ、iPadの修理で最もハードルが高いところでしょう。

まず、iPadの四方のフレーム箇所をドライヤーなどで温めます(温め過ぎには要注意)。温めることで接着力が弱まるので、サクションカップや吸盤などでフロントパネルを引き上げるようにします。

隙間ができたら、ヘラなどの薄いものを差し込み、溝を作るようにします。繰り返し、ゆっくりと、慎重に剥がしていきます。

剥がし終えても、フィルム状のケーブルが本体とつながっているので、無理に引き剥がさないように注意しましょう。

フロントパネル・液晶パネルを交換する

液晶パネルを固定している四隅のネジを外したら、液晶パネルと本体を接続しているケーブルを取り外して、液晶パネルを取り外します。ここで新しい液晶パネルに取り換えることができます。

また、フロントパネルを交換する場合は、さらにフロントパネルと本体に接続されているケーブルも同様に取り外します。

あとは、逆の手順で元通りに組み立てていき、最後に両面テープ(接着剤)を使用して、元通りにパネルを本体にくっつけます。

参考:iPadの液晶画面が映らない時に直す方法とは?対処法を優先順にまとめてみた

バッテリーを交換する

iPadのバッテリーは、もっとも奥深くにあります。そのため、フロントパネル・液晶パネルを取り外したのち、基盤に取り付けられている2か所の配線を引き抜くように取り外します。

すると、基盤が取り外せて、残る巨大なバッテリーに手をつけることができようになります。

バッテリーは、ケースに両面テープでくっついているので、ヘラなどを差し込んで、慎重に取り外します。あとは、新しいバッテリーに交換し、逆の手順で戻しましょう。

その他部品の交換も、基本的にはこの延長線で行うことができますが、なるべく事前に詳細を確かめてから手を付けるようにしましょう。

参考:iPadをバッテリー交換する際の目安とAppleの保証サービスについて

保証サービスに加入していれば無償交換となる

AppleCare+や各キャリア会社独自の保証サービスに加入していた場合、故障内容によって無償交換してもらえることがあります。

また、iPad購入から1年以内であれば、保証未加入の場合でも無償交換の対象となるので、修理したいiPadが対象内であるかどうか確認しましょう。

参考:iPhoneやiPadの無償交換サービスを受けたい人は保証期間を調べよう

自分で修理をする前にiPad修理費用の相場を知っておく

iPadの修理代をいくら抑えたいからとは言え、自分で修理をして失敗してしまった場合、修理前に比べて損失は大きいです。

そうなれば、仮に最初からiPadの修理依頼をしていれば5,000円程度で済んでいたとしても、自分でiPadをいじり余計な修理工程を増やしてしまったが故に、修理代に5,000円以上の金額を支払うことになるという可能性も十分あります。

そのため、自分でiPadのバッテリー交換や液晶画面修理などをする前に、「一般修理店で修理をした場合の修理代」と「iPadを自分で修理して失敗した場合のリスク」をよく考えるといいでしょう。

参考:iPadガラス割れ修理の費用相場・料金・注意点まとめ
故障したiPadの修理代相場を知っておき、もしもの時は安く修理しよう

まとめ

今回は、画面割れしたiPadの液晶画面を自分で修理する方法・iPadのバッテリー交換を自分でする方法をご紹介しました。

iPadを自分で修理する場合は、たとえ修理過程がうまくいったとしても、いざiPadを使おうとしたら「うまく機能しない」という状態に陥る可能性もあることを念頭におきましょう。

また、iPadを自分で修理をするなら完全に自己責任となるので、色々なリスクを考えると専門店に修理依頼をするべきと言えます。

iPadのバッテリー交換や液晶画面修理を一般修理店で依頼したい場合は、当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみてください。

こちらには全国に数多くある一般修理店が集っており、修理代や各店舗の口コミなどを見ることができます。

保証未加入のiPadはApple正規店よりも修理代が安いので、街の修理屋さんだと修理代がいくらになるのか、ぜひ当サイトで確認しましょう。

店頭までiPadを持っていく手間が省ける「郵送修理」も受け付けています。近くに良い修理店がない方なども気軽に試してみてください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加