iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadが起動不能時に自力で直す方法と修理の流れ

iPadはiPhoneなどの電話と違い、いつも使うわけではありません。必要なときだけ使用する人もいます。

そのため、急に起動不能になりiPadが起動しないなどの症状が出ることも多いようです。今回は、iPadが起動不能になったときの対処法や修理について調べました。


iPad / Mitch Bennett

iPad起動不能時の基本的な対処法

タブレット型のiPadはここ数年で普及しましたが、液晶画面が大きいので取扱いには十分注意したほうがいいでしょう。画面に問題が無くても、衝撃や水濡れなどで気づかないうちに故障していることがあります。

iPadが起動しないとき、基本的な対処法を試して故障しているかどうか確認しましょう。

まずはデバイスをリセットする方法です。スリープボタンとホームボタンを両方同時に10秒以上長押しします。アップルマークが表示されてリセット完了です。これでiPadが正常に起動したら解決です。

上記で解決しなかった場合、バッテリー切れの可能性もあります。iPadを長期間使わなかった場合はバッテリー切れが原因だということが多いようです。

知らないうちにiPadのバッテリーが切れていた可能性もあるので、「iPadが立ち上がらない=故障」とすぐに捉えず、まずは充電をしてみましょう。

iTunes接続やアプリの問題による対処法

USBコードを使ってパソコンのiTunesに接続すると、自動で電源が入ります。この方法は電源ボタンが使えなくなっている場合に有効です。

また、アプリに問題がある場合はiPad本体を再起動する方法があります。iPadの本体上部にある「スリープボタン」を長押しし、スライドで電源を切りましょう。

その後、「スリープボタン」を長押しして再起動できます。

本体を再起動するのではなく、アプリの強制終了もできます。「ホームボタン」をダブルクリックし、左右にスワイプ、終了したいアプリを上へスワイプすれば、強制終了になります。

最後は、保存していたデータを元に「復元」を行うといいでしょう。

iPad初期化による対処法

上記の対処法をしてもiPadが起動しない、Appleのロゴマーク画面のまま動かない、または再起動を繰り返すなどの症状がある場合は初期化をして解決する可能性もあります。

ただ、初期化をしてしまうとiPadのデータが消えてしまうのでバックアップを日頃から取っていない方は注意しましょう。

初期化の方法は、iPadをMacにつなぎ、iTunesのメニューにある「iPhone/iPad を復元」で初期化ができます。

この方法で初期化をするには、パソコンは必ずMacであること・設定画面の「iPhone/iPadを探す」項目がOFFになっていること・iTunesの自動同期設定もOFF担っていることという条件が必要です。

これらの条件全て満たし、データが消えても問題ない方は最終手段として初期化をしてみましょう。

復元を行ってもおかしいな、と思ったら修理を依頼する

リカバリーモードでデータの復元ができないときや、復元できたけれど、何か動作に不具合がある場合は、修理を依頼するしかありません。今まで解説した方法でも全く起動しない場合は、Appleストアやスマホ修理専門店へ持ち込むしかありません。

Appleの場合は、Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store、オンライン修理サービスを利用するといいでしょう。ただし、Appleや各キャリアの保証サービスに入っていたほうがいいでしょう。

Appleやキャリア会社の保証サービスに加入している場合

AppleCare+ for iPadまたは各キャリア会社の保証サービスに加入していれば、今回のようなiPadが起動しないときの修理費用は安くすみます。

iPadの購入から1年以内にiPadが起動しないという故障があった場合は、基本的に無料で修理対応してもらえるので、そのような場合はまずはAppleへ問い合わせましょう。

参考:iPhoneやiPadの無償交換サービスを受けたい人は保証期間を調べよう

iPadが起動しないときの修理費用

AppleCare+ for iPadや各キャリア会社の保証サービス未加入のiPadが起動しないとき、「故障」と判断され修理対応になってしまうとその修理代は決して安いとは言えません。

特にApple正規店へ修理を依頼するとどのiPadモデルでも数万円の修理費用がかかるので注意しましょう。

また、iPadに大切なデータが入っていてバックアップを取っていなかった場合は、データが消えてしまう可能性があることを念頭においてください。

保証対象外のiPadを修理するなら一般修理店が安い

自分でできる対処法を試してもiPadが立ち上がらず保証にも入っていない。そんな時は一般修理店へiPadの修理依頼することを検討してみましょう。

何らかの保証に加入していればiPad修理代が安くすみますが、何の保証にも入っていないiPadはApple正規店より一般修理店の方が安い可能性が高いです。 修理店によって修理の値段は変わってくるので、よく確認することをおすすめします。

参考:故障したiPadの修理代相場を知っておき、もしもの時は安く修理しよう

修理に出す前にiPadのバックアップを取っておく

iPadが起動しないという症状が自力で解決しなければ、修理に出すしかないでしょう。しかし、修理に出してしまうとiPad内のデータが消えてしまうことがあります。

特に、一般の修理店ではデータそのままでiPadを修理してくれるところもありますが、Apple正規店になるとデータが消えてしまう可能性が高いです。

せっかくiPadが起動しない症状が直っても、iPad内に入っていた大切なデータが消えてしまったら悲しいですよね。このようなことがないよう、事前にバックアップを取っておきましょう。

iPadのバックアップ方法は主に2通りあり、パソコンにつなぎiTunesでバックアップを取る・iCloudでバックアップを取るのどちらかです。

iPadが正常に動作しなかったり起動しない時はiCloudでのバックアップは難しい場合がありますが、iTunesでの方法あればパソコンにつないでできるので、ぜひ試してみてください。

参考:
池袋でiPad修理ならビックカメラよりダイワンテレコムがおすすめ!
大阪でiPadの修理業者を探しているなら実績豊富なキャッスルがおすすめ!

まとめ

iPadはいつも使うわけではない場合、放電してしまい起動不能になっていることもあります。

また、電源が入るなら再起動やリカバリーモードでの復元も試してみましょう。それでもだめなら修理で直営店かスマホ修理専門店へ持ち込むしかありません。

一般修理店への依頼を検討している方は当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみてください。全国に数多くある一般修理店が集っているので、修理店を探す時は非常に便利です。

各修理店のiPad修理代を調べることができるので、どの修理屋さんが安く起動しないiPadを修理してくれるのか知ることができます。具体的に修理代を知りたい方は、無料見積もりをしてみてください。

また、当サイトを見てもお住いの地域にいい修理店がなかったり、iPadをわざわざ店頭まで持って行かず楽に修理依頼したいという方は「郵送修理」をしてみてもいいでしょう。

一般修理店に起動しないiPadの修理を依頼する際は、納得できる修理店を見つけてくださいね。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加