iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneでリンゴループが起きる原因は?点滅時の対処法を解説

スマホユーザーは年々増加傾向にあります。
特に日本ではApple製iPhoneが高い人気を誇っていて、新たな機種が発売されるたびに買い替えるユーザーも少なくありません。
そうしたヘビーユーザーだとアップルマークがついたり消えたりする現象を体験したことがあるのではないでしょうか。

このアップルマークが点滅する状態を「リンゴループ」と呼びます。
ここでは、リンゴループが発生する原因や対処方法、修理の依頼先ごとのメリット・デメリットなどをご紹介します。

リンゴループとは

iPhone

「リンゴループ」とは、iPhoneを起動したときや再起動したときなどに、Appleのロゴであるリンゴマークがついたり消えたりする現象です。
画面に浮かび上がったロゴが消えず、いつまでたってもホーム画面に移動しないため、初めてこの現象に直面するユーザーだと「iPhoneが壊れてしまった」とパニックになる方もいるかもしれません。
では、リンゴループはいったいどうして発生するのでしょうか。

リンゴループが発生する原因

頭を抱える

リンゴループの発生の原因はひとつとは限りません。
しかも、まだわからない部分も多く、現時点では可能性が高い要因や共通して見られる症状から原因を予測するにとどまっています。
代表的なリンゴループの原因をご紹介します。

本体がダメージを負っている

iPhoneには、さまざまな精密部品が使われています。
そのため、衝撃に強いとはいえず、ちょっとした衝撃や環境の変化で大きなダメージを負ってしまう可能性があります。
たとえば、高所から誤って落とした後、お風呂で使用していて水没させてしまった後でリンゴループが発生したケースも確認されています。

バッテリーが劣化している

iPhoneを使えば使うほど、当然のことながらバッテリーは劣化します。
劣化したバッテリーを使い続けていると、電力の供給状況に問題が発生し、システムにダメージが出ます。
それが原因となって、リンゴループが発生するといわれています。

参考:iPhoneの寿命はどのくらい?本体とバッテリーを長持ちさせる方法

アップデート中の中断

iOSの新しいバージョンが発表された場合、通常はアップデートを行います。
このアップデートが、途中でバッテリーが切れる、Wi-Fiの回線が切れるといった理由で中断されしてしまうとリンゴループが発生するケースがあります。
そのため、アップデートが中断されないよう注意しなくてはなりません。

対処方法

対処法を探す

リンゴループが発生したからといって、すぐに修理に出す必要はありません。
修理が必要となるケースもありますが、自分でできる対処法もいくつかあります。
まずは、自分でできる対処法を試し、それでも改善されないときには修理を検討しましょう。

セーフモードで起動する

ソフト面に問題が発生し、iPhoneに不具合が生じたときは、[セーフモード]で起動します。
ボリュームの[+ボタン]と[電源ボタン]を長押ししながら起動する方法ですが、これによってリンゴループが改善されることがあります。

セーフモードで起動してリンゴループが発生しない場合は、直前にインストールしたアプリに原因がある可能性が考えられます。
一度[アプリを削除]し、通常通り起動できるかどうか試してみましょう。

simカードを一度抜いてみる

simカードが酷く汚れている、破損しているなどの理由で、リンゴループが発生している可能性があります。
一度電源を落とし、simカードを抜いてみましょう。
その状態でリンゴループが発生しなければ、原因はsimカードにあると判断できます。

それでも発生するのであれば、本体やソフト面に問題があると考えられます。
修理店やアップルストアでの修理を検討しましょう

iTunesへ同期させる

音楽を取り込むときなどに、iTunesと同期させることが多いのですが、実はリンゴループの改善に役立つことがあります。
通常の同期と同じ流れで問題ないので、改善されないときは試してみましょう。

ただし、この手法はあくまで「改善できればラッキー」程度のものです。
この方法で改善されたといった話があるだけで、なぜ改善されるのかはよくわかっていません。

リカバリーモードを使う

リカバリーモードは、iPhoneを初期化するモードです。
工場出荷時の状態にするため、端末内部がすべてリセットされ初期状態に戻ります。

当然ですが、端末に保存されているデータやインストールしたアプリも、すべてなくなってしまうため注意が必要です。
リカバリーモードは最終手段として考え、必ず事前にバックアップを取っておきましょう。

復元ソフトの利用

起動障害から修復するソフトを利用することで、リンゴループが改善されることがあるようです。
代表的なソフトだと「dr.fone」が挙げられます。
ただし、このソフトは複数端末のデータを復元するソフトであり、iPhone1台のリンゴループを改善するためだけに購入するのはコスパが悪いといわざるを得ません。

Apple保証サービスで修理

Apple製品

Apple製品を購入した場合、1年の保証がついてきます。
過失や不適切な使用による故障ではない場合、無料で修理に対応してもらえます。
1年を過ぎている場合でも、AppleCare+に加入していれば補償が受けられる可能性があります。
まずは、AppleCare+に加入しているかどうかを確認しましょう。

参考:AppleCare+加入状況をチェック!詳しい確認方法を解説

メーカーでの修理

Apple看板

Appleストアのジーニアスバーや、正規サービスプロバイダに修理依頼すれば、症状を改善してもらえるでしょう。
ただ、メリットもあればデメリットもあるため、どちらもきちんと覚えておいてください。

メリット

直営のジーニアスバーやメーカーから認定を受けた正規サービスプロバイダは、Apple製品の扱いに長けたエキスパート集団が所属する修理窓口です。
そのため、症状の原因を詳細に探り、確実な修理をしてもらえる点が最大のメリットです。

また、メーカー修理でAppleCareの補償を受けられれば、修理費用が割引もしくは無料になるため、負担なく修理ができます。
正規品を利用していることから不具合が再発しにくいのも見逃せないポイントです。

デメリット

Appleストアや正規サービスプロバイダは、交通の便の良い場所や大都市圏に集中しています。
そのため、住んでいるエリアによっては、店舗への持ち込みができないケースが考えられます。

また、店舗数が多くないため、休日は多くの人で混雑する傾向にあります。
その場で修理してもらえることもありますが、修理内容によってはしばらくメーカーに預けなくてはならないため、注意が必要です。

キャリア別サービス

かつては、Appleストアや正規店でないとiPhoneの修理サービスを受けられませんでした。
しかし、現在ではdocomoやau、Softbankなど、大手キャリアの店舗でもiPhoneの修理を受け付けています。

ただし、すべての店舗で受け付けているわけではないため、注意が必要です。
現在、キャリアでAppleを修理している店舗は東京や名古屋、大阪など大都市にしかありません。
事前に店舗を確認してから来店しましょう。

また、大手キャリアのdocomoは公式と同等の補償サービス「AppleCare+ for iPhone」を用意しています。
auの「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ 」では、Apple公式サポートに加えて紛失盗難補償と無料iCloudストレージを4年間提供しています。
Softbankの「あんしん保証パック with AppleCare Services」は、AppleCare+ 同等の保証に加えて、自然故障(無料)と物損(一部負担)の修理や配送交換サービスを備えた手厚い補償が特徴です。

修理店での修理

修理

街のいたるところで目にするようになったiPhoneの修理店は、駅チカや繁華街の中で営業しているお店も多いため、選択肢のひとつとなる修理先です。
そこで、一般の修理店を利用する場合のメリットとデメリットも把握しておきましょう。

メリット

Appleストアほど混雑することは少ないため、待ち時間なく対応してもらえます。
即日修理できる修理が多く、早い場合だと30分程度でリンゴループが解消されるケースもあります。

店舗数も多いため、近くにAppleストアや正規店がない人も利用しやすいでしょう。
正規窓口で修理してもらう場合に比べて、リーズナブルな料金設定になっていることが多いのもメリットです。

デメリット

現在、多くの修理店が営業しており、店舗によって技術や知識レベルが異なります。
そのため、満足いく修理が受けられない可能性があります。

また、非正規店で修理を受けてしまうと、今後Appleの保証を利用して正規店でのサポートが受けられません。
そればかりか、正規品として下取りしてもらえなくなる可能性もあるため、補償サービスが利用できる場合は利用を控えましょう。

おすすめ修理店

いくつもある修理店から、安心して依頼できるお店を見つけるのは至難の業かもしれません。
ただし、いくつかのポイントを知っておけば、安心して修理を任せられるお店が見つけやすくなります。

修理店を選ぶときは、総務省の登録修理業者として登録しているかどうかをチェックしましょう。
2015年から、登録修理業者制度がスタートし、優良な業者の多くは登録しています。
厳しい審査基準をクリアしなくてはならないため、お店選びの判断材料になります。

こうした判断材料を比較した結果からおすすめする修理店は「iPhone修理救急箱」です。
首都圏を中心に約40店舗を展開している登録修理業者の大手チェーン店で、地域最安値に挑戦しながらも、画面修理は6ヶ月、バッテリーその他の修理には3ヶ月の補償がついてきます。

こちらの業者をおすすめする理由は郵送修理専門の窓口がある点です。
最寄りに「iPhone修理救急便」がなくても、首都圏で活躍できるだけの技量と知識を持ち合わせたスタッフの修理を全国どこからでも受けられます。

モバイル保険に入っておけば“もしも”のときに安心

モバイル保険

「モバイル保険」は、スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォン、スマートウォッチ、携帯ゲーム機、ノートパソコンなどが、万が一故障した際に補償するモバイル機器専門の保険サービスです。

スマ-トフォンの画面割れや水没、カメラ機能の故障、盗難にあってしまったなど、持ち歩く機会の多いモバイル端末は、なにかとトラブルが多いもの。
端末機が故障した際、買い換えるのは高額なので「出来るだけ費用を抑えて修理したい」という人も多いのでは?

モバイル保険に入っていれば、月額700円で年間10万円まで何度でも修理費用保険金が補償され、事故が発生した時の自己負担額がありません。

さらに、一つの契約につき3台まで補償されるのも嬉しいポイント。
スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォンなど3台の組み合わせは自由に選べます。

モバイル保険サービスの流れ

  • 故障:補償対象の端末が事故にあった
  • 修理:修理店で端末の修理
  • 保険金申請:WEBから簡単に申請可能
  • 保険金受領:申請内容を審査し、5営業日以内に保険金が振り込まれる

面倒な手続きなしで保険金が申請でき、5営業日以内に振り込まれるので、とってもスピーディー。
緊急の場合も安心ですね。

モバイル保険を検討する

まとめ

iphone

iPhoneのリンゴループは、さまざまな原因で発生します。
何が原因とはっきりいえませんが、とりあえずは自分でできる対処法を一通り試してみましょう。

いろいろ試しても改善が見られないときは、メーカーや修理店への依頼を考えてください。
特に修理店を利用する場合は、「最安修理ドットコム」など料金や評価を比較できるサイトを利用して、最適な店舗を見つけましょう。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加