iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneでApple(リンゴ)マークがついたり消えたり点滅する際の対処法

iPhoneヘビーユーザーの中には、Appleマークがついたり消えたりする現象を経験した方がいるかもしれません。いわゆる「リンゴループ」の名称でご存じの方もいるでしょう。この現象が起こると、いつまでたってもホーム画面に移動せずAppleマークのループが続くことになります。もし、このような現象が起こってしまった場合、対応策はあるのでしょうか。

そもそも、なぜリンゴループは発生するのか

Appleマークがついたり消えたりする現象が発生する理由ですが、その詳細は分かっていません。しかし、実際に現象に遭遇したユーザーの意見をまとめると、以下のような状況が見えてきました。

アップデート失敗

もっとも多い理由の一つが、iOSのアップデート失敗によるものです。

  • ・iTunesにつないでアップデートをおこなっていた際、気が付いたらケーブルが外れていてアップデートできなかった
  • ・Wi-Fiに接続してアップデートしていたら、Wi-Fiが何らかの理由で切れてしまい、アップデートできなかった
  • ・夜間の自動アップデート中にバッテリーが切れてしまい、ネットワークが切断されてしまった

上記に共通しているのが、一時的にアップデートが中断してしまうことによりリンゴループが発生するという状況です。リンゴループを引き起こさないためには、アップデート時に回線が途切れないよう配慮する必要があると言えそうです。

バッテリーに何らかの不具合が起こる

iPhone本体の問題ではなく、バッテリーが劣化・故障することで電力に不安が生じた際にリンゴループが起こるケースもあります。予期せぬシャットダウンが起こることで、システムが破損してしまうリスクがあるのです。

特に、先に述べた「アップデート中」にこのような事態が起こるとリスクはより高まります。仮にアップデートが完了していたとしても、システム自体に何らかの不具合が生じているとiPhoneの正常な作動は望めません。

この場合は、Apple側に事情を説明して修理を受けることでシステムが改善される可能性があります。AppleCare+に加入している方は、一度Appleのスタッフに相談してみるのもよいでしょう。

本体への強いダメージ

iPhoneの故障の原因として多いのが、本体を高いところから落としてしまったり、水没させてしまったりするケースです。

端末は精密機械ですから、当然衝撃に対してそれほど強い耐性を持っていません。コンクリートなどに落とした衝撃で内部基盤が破壊されてしまうと、リンゴループにつながる場合があるようです。もっとひどいと電源自体がつかないケースも考えられますから、不具合が見られたら、その時点で修理を依頼すべきでしょう。

また、水没や水漏れにより本体に水が入ってしまった場合は電源をつけたままにしたり、新たに電源を入れると、それが理由で不具合やリンゴループが発生してしまう可能性もあります。

端末が水に触れてしまったら、速やかに電源を切って端末を乾燥させることにより不具合を未然に防げるかもしれません。水没させてしまい、慌てて電源を入れることだけは避けましょう。

自分で試してみたいリンゴループ対処法

ここからは自分で試せるリンゴループへの対処法について、いくつかご紹介していきます。

SIMカードを一度抜いて差し直し、再び起動する

初歩的な対応ですが、軽度の異常であれば問題なく作動するケースもあります。一度SIMカードを抜いてから、再び差し直して再起動しましょう。

もしこの対応で作動できればとりあえず問題はなくなるはずですから、その後何度もリンゴループが生じるのであれば修理を検討しましょう。

セーフモードを使って起動する

iPhoneのボリュームボタンのプラス側を押し続けると、セーフモードで起動できます。セーフモードとは、iOS自体に不具合が生じた際に、Appleが提供しているiOSの基本機能のみでiPhoneを起動するモードです。このモードで起動すると、通常起動に最低限必要な機能・アプリ以外は無効となります。

アプリ間の干渉によって不具合が起こることもありますから、もしこのモードで問題なく起動できたとしたら、リンゴループを起こす直前にダウンロードしたアプリに原因がある可能性があります。よって、そのアプリを削除してから再起動して問題なく動けば、今後も問題なく利用できる可能性は高いでしょう。

システム更新・復元をおこなう

もし、自宅にiTunesを使える環境があるなら、iTunesを使ってiOSのアップデートをおこなうことにより、復帰する可能性があります。バッテリーの残量やWi-Fi環境の問題からアップデートが中途半端になってしまった際は、一度検討してみましょう。特に、アップデートの内容が不完全であることからリンゴループが発生している場合は、このような方法で対処することが可能です。

iTunesを使うポイントとして、WindowsのPCを使ってアップデートに失敗した場合はMacに、Macを使ってアップデートに失敗した場合はWindowsを使うと成功する可能性が高まるようです。

街の修理店に修理を依頼する場合

自力でできることは試したけれど、どうしてもリンゴループから抜け出せないなら、民間の修理店などに修理を依頼するのも一つの解決方法です。どのような形で依頼するとスムーズなのでしょうか。

まずは修理を依頼する前に電話連絡

iPhoneの修理店は多く、経験が豊富であればあるほどiPhoneが問題なく動く可能性は高まります。特に都心部であれば修理店がひしめいているエリアが存在し、修理事例も多いことから、頼りになるケースが多いようです。

自分が目星をつけたお店のクオリティを知る意味でも、まずは電話で問い合わせ、状況を説明してみることをおすすめします。具体的には以下のような情報を伝え、対応できるかどうかを事前に確認します。

  • ・自分がリンゴループにおちいった場面
  • ・リンゴループが発生する前にとった行動
  • ・自分で修復を試みた方法

上記を伝えたうえで、対応できると判断してくれた修理店へ実際に端末を持って行き相談してみましょう。

意外な原因となるバッテリーとコネクタ

自分で改善を試みたものの、PC側がiPhoneを認識せず自力ではどうしようもない場合もあります。このような状況に遭遇した際は、バッテリー・コネクタをチェックします。

修理店ではバッテリーのコネクタ自体を外して放電してくれるため、放電後にアップデートを試みると問題なく起動するケースもあるようです。また、PCがiPhoneを認識しなくても、バッテリーを交換することでリンゴループから抜け出せたり、コネクタに損傷があるなら損傷した部分を修理することで状況が改善するようです。

データのバックアップがあるなら復元を試す

修理店に依頼してもリンゴループが解消されないなら、iTunesを使って「復元」作業をおこなうことになります。この作業ではiPhoneに入っていたデータは全て失われてしまうため、注意が必要です。基本操作は以下の通りです。

  1. 1.iPhoneの電源を切る
  2. 2.PCでiTunesを起動する
  3. 3.ケーブルを使ってiPhoneとPCを接続する
  4. 4.ホームボタン・電源ボタンを押し続ける
  5. 5.リンゴマークが表示されたら、ホームボタンは押し続け電源ボタンから指を放す

この流れでiPhoneは初期化され、最新のOSにアップデートするモードに移行します。ここまで試してダメだったら、残念ながら本体の交換が必要になるでしょう。

おわりに

iPhoneを普段通り使っていたのに、いきなりAppleマークが点滅すると端末がどうなってしまったのか不安になりますね。しかし、ユーザー全体として見れば決して珍しい問題ではありませんから、段階を踏んで対処すれば何らかの解決策が見えてきます。焦らずゆっくりと、自分にできる対応策から取り組んでみてください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加