iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone充電できないときに自分で直す方法と修理の方法

iPhoneがなぜか充電できないことがあります。そんなときに一時的に対処する方法をお伝えします。また、修理に出すべきか、自分で対処して直してしまうべきかの判断方法も解説します。

iPhoneが充電できない原因は?

iPhoneを充電するのは、ケーブルを差し込むだけの簡単作業です。本体部分の下にある箇所にケーブルを差し込むと充電開始の音が鳴りすぐに充電が始まります。

しかし、稀に充電ケーブルを認識しない場合があります。突然充電しなくなることもあるので、充電しているつもりでも実は全く認識していなかったという現象も起こることがあります。

iPhoneが充電できない原因はいくつか考えられます。この場合はコネクタの接続不良が原因です。コネクタ関連のトラブルは買い替えですぐに対応できます。ただし、iPhoneのコネクタ接続部分の故障も考えられます。

他には、バッテリーの寿命や一時的な不具合、電源プラグの故障なども考えられます。

原因別対処法

上記で述べたように、iPhoneの充電できない原因には「一時的な不具合」「接続不良」「接続部分の故障」「バッテリーの寿命」「その他の故障・不具合」の5つが挙げられます。それぞれの原因と対処法について詳しく見ていきましょう。

一時的な不具合

まずはiPhoneを再起動してみましょう。また、OSのアップデートがあるかどうかも確認し、まだしていなければアップデートしてください。一時的な不具合は、どちらかの対応で解決できることが多々あります。

接触不良

接続不良はiPhoneのコネクタ部分と充電器の2つが原因として挙げられます。iPhoneのコネクタ部分であれば修理が必要となり、充電器であれば買い替えが必要です。どちらが原因なのかは、違う端末にケーブルを挿すか、iPhoneに違うケーブルを挿すことによって判別します。どのiPhoneにケーブルを挿しても反応しなければ、充電器の問題と言えるでしょう。

表面からは見えなくても内部で断線することもあり、充電器が壊れていれば買い換えるだけで解決します。充電器の場合は電源プラグとケーブルのどちらか一方が故障している可能性があるので、これらも差し替えなどをして確認してみてください。

また、接続部分にホコリや汚れがあると認識しづらくなることがありますので、拭き取りましょう。

接続部分の故障

ケーブルの故障でないと判明した場合は、iPhone自体の故障が疑われます。まずは接続部分のコネクタを確認しましょう。充電が認識されたりされなかったり、ケーブルとの接続が不安定だとコネクタの不具合が考えられます。自力でできる対処法はホコリや汚れを拭き取ることなので、それでも直らなければ修理依頼するといいでしょう。

バッテリーの寿命

バッテリーは使用するにつれ劣化していくものです。バッテリーの寿命は電池の持ちが短くなるだけでなく、突然電源が切れてしまうこともあります。電源はまだ残っているはずなのに、iPhoneの電源が突然切れてしまうなどの症状はバッテリーの寿命が疑われます。

この場合は、iPhoneと充電器をつなげて数分待ってみてください。電源が0になってから充電をするとすぐに復活しないので、一見充電ができていないように思えても、しばらく経てば電源が復活するでしょう。

同じバッテリーを1年以上使用しているとバッテリーも膨張し、充電しにくくなってくることがあります。こちらはバッテリー交換で解決できます。

その他の故障、不具合

上記のいずれも当てはまらない場合もあります。例えば、他の充電器で試すとiPhoneは充電できる上、他のiPhoneでも充電器は使えるため、どちらも正常だと捉えられる場合です。

これはごく稀にある現象ですが、この場合は「電源プラグ」「ケーブル」「iPhone」の相性が関係していることがあります。特に、非純正品の充電器を使用するとどちらも故障ではないのに充電されないという症状が出ることがあるので、注意しましょう。

参考:iPhoneのバッテリーを交換する方法

こんなときは即修理に出そう

コネクタそのものの故障ならコネクタを購入すればいいわけですが、接続部分の接触不良やバッテリーの寿命は、修理・交換したほうが安心です。特にバッテリーの場合、使いすぎると膨張し発熱してきます。ごくまれに爆発するといった事故も起こっています。そのため、バッテリー交換をオススメします。

また、コネクタ接続部分の接触不良も場合によっては部品交換ですぐに対処することができます。こちらも修理対応で問題が解決できるでしょう。

いずれにしても原因がわかってしまうと、修理・交換したほうがその後のiPhoneの利用再開も早くなります。代替機の貸し出しも行っているので、できるだけスムーズに対処するようにしましょう。

バッテリーを長持ちさせるためのiPhoneの使い方

iPhoneの使い方一つで、バッテリーが長持ちします。電池は消耗品ですが、できれば2年以上同じiPhoneを使用していきたいところです。

バッテリーを長持ちさせる方法

バッテリーを長持ちさせるには、バッテリーを消費するアプリを使用しないときにはOFFにし、Wi-Fiや位置情報をOFFにするという方法が一番です。ただ、こうした方法はバッテリー消費に関しては有効な方法ですが、バッテリーの劣化を防ぐことはできません。

今使われているリチウムイオンポリマーバッテリーは、過充電や過放電を防ぐコンピュータが搭載されています。そのため、充電しながらの使用は避けましょう。さらに高温や衝撃には弱いので注意してください。

参考:iPhoneの充電が持たない場合に見直すべき3つの設定

定期的なiPhoneのバッテリー交換は必須!交換時の修理相場を知ろう

修理を依頼

iPhoneの故障やバッテリー寿命の可能性がある場合は修理に出しましょう。保証に加入していればApple公式店で安く修理してもらえます。即日対応を望む場合は一般のスマホ修理店へ依頼することをおすすめします。

一般修理店の場合は料金や技術力にばらつきがあるので、安心して依頼できる店舗を探しましょう。当サイト最安修理ドットコムには全国各地にある数多くの修理店が集っているので、簡単に探すことができますよ。お近くに良い修理店がなかったり、店頭まで持っていく手間を省きたいときは郵送修理も検討してみてくださいね。

まとめ

iPhoneが充電できないときには、コネクタの問題、接続部分の問題、バッテリーの問題などがあります。接続部分やバッテリーが問題ならあっさり修理・交換したほうがいいでしょう。バッテリーの消耗による充電不良は危険です。正しい使い方をすれば、バッテリーの使用期間も長くなります。

ダイワンテレコム横浜関内店がおすすめ

iPhoneが充電できなくてお困りの方は、ダイワンテレコム横浜関内店に修理依頼をしてみてはいかがでしょうか。こちらは神奈川県横浜市にあるiPhone専門の修理ショップです。バッテリー修理をはじめ様々なiPhoneの修理に対応しており、店頭・郵送・出張修理の3通りから選ぶことができます。さらに修理もスピーディに行なってくれ、店頭なら即日で修理を完了してくれることもあります。修理費用もリーズナブルなので、お困りの方はまず以下のフォームから問い合わせてみてください。

修理申し込みははこちらから

まずはお気軽にお問い合わせ。ダイワンテレコム横浜関内店へ修理依頼。

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

お使いの機種(必須)

故障の状態(必須)

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加