iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneの画面浮きをそのまま放置するとどうなる?自力でテープで直す方法も

長く愛用し続けた端末に生じやすいiPhoneの画面浮きは、初期段階では操作性に問題がないことから、そのまま放置されるケースの多いトラブルです。自己流の方法でiPhoneの問題解消するユーザの増えた近頃では、「iPhone画面浮きはテープを使って自力で直す」といった少し斬新な方法もネット上で公開されています。またこうした記事に目を通してしまうと、自分のiPhoneに生じたトラブルを楽観的に捉えて、修理店に行くことをやめてしまうユーザも少なくない実態があるようです。

今回は、その原因を考えると意外と危険な状況であるとされるiPhoneの画面浮きについて、そのまま放置することで生じる問題と、理想的な対処方法を皆さんと一緒に考えていきます。


macgyver-style iphone tripod / 3n

iPhoneの画面浮きとは何ですか?

iPhoneの画面浮きとは、その名のとおり、スマホ端末のディスプレイが浮いたように感じられるトラブルの総称です。この症状の起こったiPhoneユーザの多くは、画面浮きが生じていると認識するまでに下記のような感覚を受ける傾向が高いと言われています。

持ったときの違和感

まず画面浮きが生じたばかりのiPhoneを持つ人たちが最初に感じるのが、自分のスマホとは思えない端末の厚みです。iPhoneの画面浮きが進むと、端末のまわりを囲むフレームから画面が外れそうにも見える状態になるため、多くのユーザが「物理的に自分のスマホが壊れてしまうのではないか?」という危機感を抱く実態があります。

これに対して画面浮きが生じ始めたばかりの時期は、数ミリの厚みがプラスされることにより、「自分のiPhoneのような気がしない」といった印象を抱かれるケースが多いようです。

左右差

ちなみに、後述するある原因で生じた画面浮きには、右側と比べて左側のディスプレイだけが傾く、盛り上がるという特徴があります。左右同じ幅で画面が浮いて若干の厚みが出た場合、多くの人が楽観的に捉えてしまいます。

これに対して明らかにiPhoneの左側だけに画面浮きが生じていて、日々そのトラブルが悪化している場合は、その異常性に大半の人が何らかの修理業者に相談をする実態があるようです。

画面浮きぐらいなら、テープを使い自力で直す対処法で十分ですよね?

今生じている症状によって、自分のiPhoneの使い勝手が悪くなったと感じる人の中には、両面テープや輪ゴムなどを使って「浮いた画面を元に戻そう」と考える方々も少なからず見受けられます。ちなみに両面テープを使った対処法は、専門店に持ち込む前の応急処置として一部修理業者のサイトでも紹介されています。その流れとしては、浮いた画面のまわりでパーツのない部分に両面テープを貼り、はみ出た部分をカットするという形となります。

接着剤を使った方が効率的なのでは?

両面テープの代わりにアロンアルファなどの接着剤を使うのは、絶対にNGです。どんどん盛り上がっているiPhoneの画面に不安を覚えた場合、「接着剤を使ってしっかり固定した方が、この画面浮きにブレーキがかかるのではないか?」といったことを考えるユーザも少なくない実態があります。

しかしiPhone内部の構造に詳しいとは言えない素人が推奨されない接着剤などを使ってしまうと、大事な基盤にその成分が流れ込み、スマホ本体が壊れてしまうこともあるのです。

iPhoneの画面浮きをそのまま放置するとどうなる?

ネット上でも多く公開されているテープを使ったiPhone画面浮きへの対応は、あくまでも応急措置です。そのことを知らずに「これで大丈夫!」といった楽観的にとらえていると、下記の症状により二次被害とも言えるトラブルが生じる可能性が高まります。

隙間からホコリや水分が入る

iPhoneの画面浮きの放置で最も注意すべきなのは、フレームと画面の間に生じた隙間からホコリや水分が入り込んでしまうトラブルです。この隙間によって内部基盤などが露出に近い状況となったiPhoneは、料理中に出た水蒸気やちょっとした雨により、水没反応が生じる可能性が高まります。またこうした水分やホコリの混入は、大事なiPhoneの内部にサビなどの物理的損傷を与えることもあると言えそうです。

タッチ操作ができなくなる

画面が浮く過程でそれぞれのパーツをつなぐコードなどに断線が生じれば、当然iPhoneは正常に動かなくなります。その中でも非常に多く見受けられるのが、タッチパネルやカメラの操作、起動が全くできなくなるトラブルです。

こうした状況により操作不能になったiPhoneは、修理店に持ち込む前に必ずおこなうべきバックアップもとりにくくなります。また故障箇所が増えれば、それだけ多くの修理代金がかかってしまうととらえてください。

発熱する

iPhoneの画面浮きを長きに渡って放置していたユーザの中には、普段とは全く異なるレベルの発熱に驚かされる方々もいるようです。ゲームを長時間おこなうなどの理由でも生じるケースの多いiPhoneの発熱は、それ自体に大きな問題はありません。しかし見た目上、明らかにおかしいと感じられるレベルの画面浮きとともに尋常ではない熱が生じているときには、注意が必要だと言えそうです。

文鎮化する

画面浮きの放置でいちばん怖いのは、最悪の場合、大事なiPhoneの電源すら入らなくなる文鎮化が起こるケースもあることです。タッチパネルやホームボタン、カメラが動かないといった部分的な故障の域を遥かに超えたiPhoneの文鎮化は、多くのユーザを絶望に陥れる存在です。また修理にたくさんのパーツ交換が必要となる文鎮化の場合、初期の画面浮きと比べて早く直すことも難しくなってくると言えそうです。

そもそも、iPhoneの画面浮きはなぜ起こるのでしょうか?

下記のように複数の原因が考えられるiPhoneの画面浮きは、専門知識のない素人の皆さんには対処の難しいトラブルです。またこのように具体的に考えられる画面浮きの原因に目を通すと、テープを使って自力で直す方法や長きに渡る放置は基本的にNGとなる理由も納得できることでしょう。

バッテリー膨張

iPhoneの画面浮きで最も多い原因は、経年劣化したバッテリーが膨みディスプレイを押し上げてしまうことです。バッテリーの膨らみが重症化すると、画面と基盤をつなぐコードなどが圧迫されてタッチパネルやカメラなどの操作が難しくなります。ちなみに従来型のiPhoneの構造から考えても、この原因による画面浮きは、バッテリーの入っている左側に著しい症状がおこる傾向があるようです。

落下などの衝撃

iPhoneを誤って落とすなどの衝撃によりフレームに歪みが生じると、バッテリーの劣化や膨張がなくても、画面浮きに似た症状が起こるケースもあると言われています。

この原因では、バッテリー膨張時のように直近でさらに画面と外枠の隙間が広がる可能性は低いです。しかし隙間といった部分での重症化リスクがなくても、そこから水や埃の混入が生じる可能性を考えると、早めの対処が必要だと言えそうです。

悪徳もしくは修理が下手な業者によるトラブル

修理コストを下げるために品質の低い格安パーツを使っていたり、修理スタッフの腕があまり良くない専門店でiPhoneの画面交換などをした場合も、稀に画面浮きの症状が生じるケースがあるようです。

安さや手軽に利用できるなどの理由で街の修理業者で非純正パーツへと交換されたiPhoneは、不正改造による損傷という判断によりApple Storeなどでの保証サービスが受けられなくなります。パーツの品質に問題がある場合は、同じショップに再修理を依頼しても、また同じトラブルに見舞われる可能性もゼロではないと言えそうです。

iPhoneの画面浮きが生じたときにはどう対処をすれば良い?

ここまでご紹介したとおり、iPhoneの画面浮きは一般の皆さんにとって原因の特定が難しい上に、大きなトラブルに発展しやすい現象です。最悪の場合文鎮化になる可能性もあるため、画面浮きと思われる違和感を覚えたときには症状が悪化しないうちに早めに修理の相談をする必要があります。

キャリア会社の店頭で相談をしてみる

ドコモやau、SoftBankなどで買ったiPhoneは、キャリア会社の店頭で修理依頼をすることができます。店舗サービスの充実する近頃では、丸の内や名古屋のドコモショップでもiPhone店頭修理の対応を始めているようです。

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込む

保証サービスAppleCare+に加入している人には、メーカー側の各種条件を満たすことにより無償でバッテリー交換にも対応できるApple StoreやApple正規店の利用もおすすめです。ちなみにこうした正規店では、バッテリー膨張が原因で画面浮きが生じた場合、バッテリー交換ではなく本体まるごとの交換対応をおこなっているようです。

Appleサポートに相談をする

自宅近くにApple Storeなどの正規店がない場合は、Appleサポートの電話やチャットなどから修理や交換の申し込みをおこなってみてください。良心的なサービスで定評のあるAppleサポートは、お客様にとって負担の少ない流れでチェックや手続きなどを進めていきます。そのため、電話やメール、チャットといった対面式ではない対応であっても、ストレスなく画面浮きiPhoneを修理や本体交換に繋げられるケースがほとんどとなるようです。

街の修理屋さんに持ち込む

中古品だからAppleCare+に入っていない、とにかく安く早くiPhone画面をどうにかして欲しいといった場合は、街のiPhone修理店に持ち込む手段もあります。前述のとおり、こうした正規店ではないショップでパーツ交換をした場合、それ以降保証サービスを使ったApple Storeなどでの修理は難しくなります。

しかしiPhone5やiPhone6といった古いモデルなら2,500円~5,000円ほどでバッテリー交換のできるところの多い街の修理屋さんは、保証サービスを使えない皆さんにとって使い勝手の良い選択肢となりそうです。

まとめ

多くのユーザから楽観視されがちなiPhoneの画面浮きは、そのまま放置することで文鎮化などの重度のトラブルを招くと考えられます。そのため、少しでも自分のiPhoneに画面浮きと思われる症状がでてきたら、自力でテープで直すなどの方法は考えず、早めにスマホ修理の専門家に相談をする必要があると言えるでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加